ガンダム ヘッド 2。 【今日のスタート】ガンダムヘッドを組み立ててみた!『機動戦士ガンダム EXCEED MODEL GUNDAM HEAD 1』(エクシードモデル ガンダム ヘッド1)

リック・ディアス

ガンダム ヘッド 2

「 」 MS の一つ。 初出は、1985年に放送された『』。 作中の登場勢力のひとつである反地球連邦組織「」の量産機。 スポンサー企業である(AE社)と共同開発した機体で、旧軍の、に似た太めの体型が特徴。 軽量・高強度の新素材を装甲・構造材に採用しており、見た目に似合わない高機動性を発揮する。 当初クワトロ機はジオン時代からのパーソナルカラーである赤、一般機は黒を基調に塗装されているが、ほかのエゥーゴ兵士たちもクワトロにあやかって赤に塗装した結果、こちらの色が制式カラーとなる。 当記事では続編の『』や、その他メディアミックス作品に登場するバリエーション機・発展機の解説もおこなう。 7m 32. 2t 全備 54. また、アナハイム・ガンダムに分類される機体でもある。 開発はと同時期に行われた。 開発スタッフには旧ジオン公国系の技術者が多く参加しており 、ドムシリーズの最終量産型が直接の原型となったとされる。 加えて、の技術フィードバックも行われた。 特に、アナハイム・エレクトロニクスが0083年に開発した「」は直系の先行機と呼べるものである。 しかし、その外観から「ガンダムの名を使うのは、先代のガンダムに申し訳ない」「別のを使いたい」とするクワトロの希望により、宇宙用の機体を意味する「リック」 にの発見者 この名にはエゥーゴの活動が折り返し地点に到達したことから、という意味も込められている の「ディアス」を合わせ、 リック・ディアスとした。 また、連邦軍のものより高性能なセンサーを使用しているため、の下では連邦軍の機体より遠距離から相手を捕捉できる 高性能だが量産機としてはコストが高く 、大出力な機体特性と操縦性のタイトさは元ジオン出身パイロットにこそ好評だったが、連邦出身パイロットには不評だった。 エゥーゴ主力機の座はよりコストが低いに譲る。 本来の型式番号はMSA-099だが、開戦まではの目からエゥーゴの動きを欺くため、RMS-099とされた。 また、装甲には、スペースド・アーマー()、リアクティブ・アーマー()等、に使われている装甲がすべて使用されている。 機体各部のスラスターは装甲の内側に配置するジオン系列の特徴が見受けられる。 フレーム エゥーゴが保有していた試作型ムーバブル・フレームをアナハイム社の手で改良を加え、導入した。 同時に、本機にはエゥーゴ独自のブロックビルドアップ機構も導入されている。 ただし、本機のムーバブル・フレームはモノコック構造と混合した最初期モデルであり、のものほどの柔軟性はない。 また、フィールドモーターもガンダムMk-IIほどの性能ではなく 、後続のと比較しても、躯体のレスポンスやエネルギー消費においては劣る。 この方式はシステム小型化が容易なうえに可動部が少ないため、メンテナンス性に優れている。 このデバイスもまたアクシズから持ち込まれた技術の1つである。 緊急時にはコクピットブロックが射出される機能も備わっている。 ブースター・バインダー 通常バックパックが配置される背部には、ブースター・バインダーを2基備える。 これは背部に設置されたプロペラント(推進剤)タンク、作動肢、スラスターとスタビライザー兼用の装備。 のフレキシブル・バインダーの延長上に位置するものと考えられており 、取り外しが効くため、シールド や投擲武器 としても使用できる。 C-BAZ-531 )。 敵機の無力化・鹵獲のため、粘着榴弾などを装填可能。 不使用時にはバインダー基部をラッチとして固定され、背部にマウントされる。 ビーム・ピストル 社製 (型式番号: BP-L-86 )。 エネルギー・チャージ式とされるが 、のちののと共通のEパック式であるとする資料もある。 装弾数は10発 (18発 )。 不使用時は背部の「ライドレーザーラック」 に収められる。 ラックに搭載した状態でも対後方・対空武装として射撃可能であり、前腕に2本並べてマウントすることもある。 ビーム・ライフル 本来用の携行兵器だが、クレイ・バズーカを携行しない場合の標準装備となる。 ビーム・サーベル 不使用時はライドレーザーラック下部に装着されている。 のちのやも標準装備とする。 出力0. 4MW。 バルカン・ファランクス 頭部に装備。 2連装で、発砲時にはカバーが展開する構造となっている。 口径55mm。 古代ギリシャの戦法やそれにあやかった旧世紀のに倣って命名された。 トリモチ・ランチャー(多目的ランチャー) の指基部に設けられている。 トリモチや信号弾、照明弾などを射出できる。 漫画『』では、他機種と共通したマニピュレーターに手甲を被せ、その手甲にトリモチランチャーを内蔵しているというアレンジが加えられている。 バリュート を装備することにより大気圏への突入、に搭乗することにより重力下での空中戦もそれぞれ可能となっている。 第1話にクワトロの機体以下3機が登場。 クワトロ機のみ赤い塗装で、らの機体は黒い塗装だった。 では迎撃に現れた、などの複数機を相手に、機体の高機動性をもって対等以上に渡り合う。 その機体性能は、第5話にて連邦軍(実質)側の技師だったが深い関心を寄せるほど優秀なものだった。 フランクリンはクワトロ機をから奪取し、へ持ち帰ろうとしたところを、流れ弾により撃墜される。 映画版ではフランクリンの持ち出した機体は艦砲射撃により撃墜され、小説版ではフランクリンは本機を持ち帰ろうとしたところをに射殺される。 (テレビ版ではその少し前、ティターンズ艦艇強奪のためのグラナダ襲撃に際して)において、アポリーとロベルトがクワトロ機と同じ赤い塗装に統一された機体に搭乗する。 プラモデル『 RMS-099 リック・ディアス』の取扱説明書によれば、もともとエゥーゴはゲリラ的な活動を行っていたために本機を識別しにくい色にしていたが、ティターンズとの本格的な衝突に際して色を塗り替えたとされている。 劇中ではアポリー中尉の「味方に撃たれないため」と語る発言があるほか、ロベルト中尉の「大尉の色は人気がある」と語る発言からも、彼らの間で評判の高い色へと変更されたことが仄めかされた。 しかし、雑誌企画『』ではアーガマ隊所属機のカラーリングである設定がなされた。 で、ロベルト機はの駆るにより撃墜される。 アポリーが宇宙へ帰還してからは、地上に残された機体を引き継ぐ形でが搭乗する。 その後も士官級のパイロットの多くが搭乗し、アーガマの主力、ひいてはエゥーゴの中核を担う名機として活躍する。 それにより、エゥーゴのMSはツインアイとゴーグルアイ、軍のMSはモノアイタイプ といった具合に分けられた。 本機はアーガマの戦力としては登場せず、第4話の時点で格納庫に2機置かれていたが、劇中では使用されなかった。 それに対してネオ・ジオンのMSとしては、本機の派生機であるが登場し、劇中でエゥーゴ側と交戦している。 漫画『』では、白く塗装されたアスナ・エルマリート機が登場する。 となったティターンズ所属ののと交戦し、両機とも撃墜される。 漫画版『機動戦士ガンダムNT』では、コロニー・メーティスの防衛隊に配備されている。 アニメ『』の2話では、キャピタル・ガード養成学校の学術研究ライブラリー内にて「前世紀のクラシック・コレクション」として、カプールやゴッグ、ジェガン等他のMSとともに展示されている。 デザイン [ ] メカニックデザインは、永野護の描いた百式の初期稿を元に、永野護自身が再度デザイン・クリンナップを行っている。 その結果、『』で永野のデザインを支持したファンには受け入れられたものの、従来のガンダムのファンには「こんなのMSじゃない」と拒絶されたと永野は語っている。 設定画のうち、上方パース設定だけはが起こした。 その際、上腕を角ばった形に描いているが、実は永野は上腕を楕円のような形状と想定していた。 これは放送当時に発売されたプラモデルを永野自身が改造し、を製作した際に明かしている。 脚部は製戦車、に使われていたような構造であり、設定画の脚部のディテールアップ稿では、鋳造の湯口の穴の痕や装甲表面のザラザラとした質感も描き込まれている。 またハニカム装甲、チョバム装甲、爆発装甲のいずれもが採用されていることが設定画に謳われている。 5世代MSとも呼ばれる) [ ]。 なお、機体の性格上シールドは不要と言われているが、永野自身が描いた『月刊ニュータイプ』1994年1月号掲載のイラストでは、丸い小型のシールドを本機小隊が掲げて進軍する姿が描かれている。 ティターンズが同時期に開発したガンダムMk-IIと比較されることも多い。 ガンダムMk-IIがオフェンス面(攻撃力)で優れているのに対し、リック・ディアスはディフェンス面(防御力)に優れており、両者の性能は伯仲している。 アムロ・レイとシャア・アズナブルが共通して搭乗する 唯一のMS [ ]であり、漫画『』では、「ジオンの忘れ形見であるキャスバル・レム・ダイクンが設計に携わり、連邦のエースパイロットであったアムロ・レイが搭乗した」ということで、その点に注目したジオン残党も存在したとしている。 バリエーション [ ]• RX-098• RMS-099 MSA-099 リック・ディアス• MSA-099• MSA-099 リック・ディアス[ガンダムヘッド]• RMS-099 MSA-099• RMS-99• RMS-099B• RMS-099S (スーパー・ディアス)• MSA-099-2• RMS-099NT• MSK-008• MSK-008• MSK-008R• MSK-008R• MSK-008SR• DJ-1R• MS-110 プロトタイプ・リック・ディアス [ ] 諸元 プロトタイプ・リック・ディアス PROTOTYPE RICK DIAS 型式番号 RX-098 頭頂高 19. 0m 40. 5t 全備 59. 初出は『』第8号。 「 プロトタイプリックディアス」となしで表記されることが多い(初出含む)。 リック・ディアスの試作機。 エゥーゴからの「高性能量産型」という要求から開発されるが、時間とコストの節減から基本構造にアナハイム社で製造している連邦系MSと共通のムーバブルフレームを流用したことで、搭載可能なジェネレーターが限られ、出力不足の問題が生じる。 しかし、ジオン系の技術者が中心となって開発されたため、重MSであるドムに近いシルエットとなっている。 機動性および格闘戦性能を重視しており、サブ・モノアイや、着脱してシールドとしても使用可能なバインダー・スラスターを側面に装備した大型バックパックが採用されている。 ビーム・サーベルも、大型で高出力のものを採用しているが、これらは量産型では変更されている。 携行武装として、量産型同様クレイ・バズーカとビーム・ピストルが用意されているが、前者は量産型のものと形状が異なる。 塗装は濃淡ブラウンを基調に、一部ライト・ブルーとオレンジで塗り分けられている。 なお、コックピットの位置は明言されていない。 デザインは。 劇中での活躍 『SD CLUB』第12号掲載の短編小説「モビルスーツコレクション・ノベルズAct. 5 宿敵の幻影」では、上記の開発経緯のほか、シミュレーションでクワトロが搭乗し、最後にガンダムと対戦し勝利する。 リック・ディアス改 [ ] 雑誌『』No. なお、も本機と同じ名称で呼ばれることがあるが、別機体である。 プロトタイプ・リック・ディアスをベースとしているが、大きく外観が異なるのは頭部で、量産型の頭部に頭頂部カメラとV字アンテナが追加され、バルカン・ファランクスも内装している。 また、作中では本機とプロトタイプ・リック・ディアスが並んでいる描写がある。 宇宙世紀0087年のグリプス襲撃前に大気圏突入テストをおこなう。 ガンダムMk-IIのに似たブースターを装備し、パイロットはアポリーの予定であったが、直前にクワトロがアポリーを襲い、替わって搭乗する。 運用テスト中のプロトタイプガンダムMk-II(外観は通常型と同じ)と遭遇し撃破されるが、頭部の球形コックピット・カプセルによって大気圏突入を成功させる。 5m 頭頂高 18m 32. 5t 全備 61. リック・ディアスの突撃型 あるいは火力強化型。 背部のランダム・バインダーを、大型のグライ・バインダーに換装し 、火力と推力を強化している。 ほかに膝部と腰部背面装甲が原型機と異なり、隊長機は頭部バルカン・ファランクスのカバーが前面に張り出している。 グライ・バインダーは、出力4. 2メガワットのビーム・カノン とベクタード・スラスター、プロペラント・タンクからなる。 これによる最高速度は、原型機の1. 5-2. 5倍といわれる。 AMBAC肢としても機能するが、近接戦闘ではデッド・ウェイトとなることが多い。 携行武装はリック・ディアスのもののほか、ネーベ・ランチャーと呼ばれる多発式ロケット砲の標準装備も予定されていた。 当初の型式番号はRMS-099RSで 、クワトロ・バジーナの専用機として計画されているが 、彼が百式に乗り換えたため実現していない。 その後、リック・ディアス隊の中から選抜されたエリート・パイロット・チームに配備される予定だったが 、の際にサイド3の「隠れジオン派」によって奪取されたとも 、政治的取引によってエゥーゴからネオ・ジオンに譲渡されたとも 、エゥーゴの元ジオン系軍人が寝返った際にネオ・ジオンに持ち込んだともいわれる。 ほかに、数機がカラバのエース・パイロットの手に渡ったとする説もある。 劇中での活躍 第38話に登場。 に合流した「隠れジオン派」のを隊長とする「ディアス隊」の9機が出撃、サトウ機はのブリッジに肉薄するが、の密命を受けたのによって撃破される。 ほかに少なくとも4機がに撃破されている。 第44話では、マシュマーのやリゲルグとともに2機(いずれも頭部は隊長機仕様)がコア3のが滞在する建物の前に立っているが、マシュマーたちが出撃したあとの去就は不明。 らと共闘し、が搭乗するを撃破する。 ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威』では、軍の制式カラーである灰色に塗装されたシュツルム・ディアス(グレミー軍仕様)が登場する。 漫画『』では宇宙世紀0090年にが搭乗し、の援護をおこなう。 『』の後日譚を描いた「」では、ジオン共和国軍沿岸警備隊の隊長機として登場する。 コール・サインは「ウィンド・ワン」。 デザイン オリジナルのデザインは永野護。 その際の型式番号は「RMS-099RS」。 本来はエゥーゴのクワトロ専用機としてデザインされた機体で、永野のテキストでは「シャア専用突撃型」と記載されている。 既売のプラモデルに新規パーツを追加し、新メカとして劇中に登場させることを目的としたバンダイ主導のデザインコンペの際 [ ]、モデルグラフィックスから提出された案の中に永野の作例時の設定をベースとした、エゥーゴのベテランパイロット専用機という設定が存在していたが 、同作ではモノアイの機体はジオン、と視聴者に分かりやすいMSの配置が行なわれたため [ ]、敵役となった。 プラモデル 2004年12月発売のシリーズ『RMS-099 リック・ディアス(クワトロ・バジーナカラー)』にはシュツルム・ディアスをイメージさせる追加パーツが付属している。 そのパーツを装着したリック・ディアスは若干跳ね上がったカメラアイのひさし(バルカン・ファランクスのカバー前部)や従来より長い膝部のパーツ、追加されたバーニアを持つ姿となる。 4月にHGUCシリーズとして初インジェクションキット化された。 商品は劇中で複数の勢力によって運用された設定を反映し、ネオ・ジオン、エゥーゴ、カラバ、連邦軍のマーキングシールが付属する。 リック・ディアス[シュトゥッツァー] [ ] 雑誌企画『』に登場。 用に試作された増加装備を装着した機体。 ゾラがエゥーゴに参加する前に使用していたを参考に設計・開発された。 開発当初は装備追加による重量増で機動性に難を抱えていた[シュトゥッツァー]系MS共通の弱点を解決できずにいたが、のちに追加されたロング・シールドブースターを併用することにより機動性を強化・向上させることに成功し、さらに巡航形態にすることも可能になった。 ただし、リック・ディアス本体に可変機構はないため、[シュトゥッツァー]ユニットのバインダーを左右に展開し、ロング・シールドブースターを背中に装着させる。 リック・ディアス[ガンダムヘッド] ツインアイとアゴがあるガンダムタイプを連想させる頭部バリエーションもあるが、元ジオン軍であるゾラはこれの使用を拒み、ワイヤーカッターを追加しただけの通常型頭部のみを使用し続ける。 腹部にウインチユニット、背中にウイングバインダーを2基装備し、その中にミサイルが充填されている。 最終決戦仕様 最終決戦時には、ロング・シールドブースターを3基接続して推力・攻撃力・防御力をさらに向上させているが、いびつな性能の水増しによって極めてバランスの悪い機体となり、[シュトゥッツァー]のあつかいに長けたベテラン・パイロットであるゾラでなければ、機体のポテンシャルを引き出すのは難しかった。 武装プランの一例として、メガ・バズーカ・ランチャーの装備も考案されていた。 リック・ディアス[デルフォイ所属機] [ ] 雑誌企画『』に登場(型式番号:RMS-099 または MSA-099 )。 推力強化のために、腕部にバインダーを追加している。 機と機の2機が存在する。 カラーリングはと同様の白と青になっている。 機体デザイン 『刻に抗いし者』の著者・神野淳一が提示した文字設定を元に、モデラーのGASが製作した模型作例がそのまま正式デザインとなっている。 機体本体にスラスターやバーニアを追加したり、バインダーをシールドに見えるようなデザインアレンジを行なっている。 の大きいリック・ディアスの中距離支援仕様。 背部バックパックをキャノン砲付きのものに換装している。 作中ではアポリーが搭乗するが、登場はわずか3コマのみとなっている。 背部バックパックの換装に伴い、ビーム・ピストルおよびウエポン・ラックが廃止されている。 バインダーについては作中ではなく、巻末の説明では付いている。 キャノン砲は大口径短砲身が2門。 のキャノン砲に似ているが、作中ではビーム砲らしき描写がされている。 リック・ディアスS [ ] 諸元 リック・ディアスS 型式番号 RMS-099S 所属 エゥーゴ 頭頂高 18. 0m 材質 ガンダリウム合金 ビーム・サーベル クレイ・バズーカ バルカンファランクス ゲーム『』シリーズに登場。 Dディフェンサーとの連携運用を前提に開発された試作機。 Dディフェンサー装備のため、マウントラッチの増設などがおこなわれている。 単体の性能においても、通常のリック・ディアスを上回る。 武装は基本的にベース機から変更されていないが、クレイ・バズーカの代わりに長射程のロングレンジ・バズーカを装備する。 外観上の差としては、頭部カバーの形状が異なる。 Dディフェンサー と酷似した名称だが、単独での運用機能は持たされておらず、あくまで強化型バックパックという位置づけである(型式番号:FXA-04 [ ])。 0m 材質 ガンダリウム合金 ビーム・サーベル マシンガン クレイ・バズーカ ロングレンジ・バズーカ バルカンファランクス リック・ディアスSとDディフェンサーの合体形態。 スーパーディアスはと同様のシステムで運用され、ガンダムMk-IIとGディフェンサーと同様に背面で接合される、 Dディフェンサー D-DEFENSER と呼称される強化型バックパックを装備できるようになっている。 Dディフェンサーを装備した状態ではDディフェンサー組み込み式の2丁のマシンガンを使用する。 難航するの開発に対して、万一可変機の開発が挫折した場合の保険として、可変機構を持たずとも可変機並の高機動性を確保すべく、開発が進められた。 Dディフェンサーを装備した状態であれば、可変機並の機動性を発揮することが可能である。 劇中での活躍 漫画『』にてエゥーゴの新型MSとして登場。 ロングレンジ・バズーカによる狙撃任務に運用され、から脱出するティターンズ残党の宇宙艇や随伴するハイザックを狙撃する。 リック・ディアスII [ ] 諸元 リック・ディアスII RICK DIAS II 型式番号 MSA-099-2 全高 24. 05m 頭頂高 18. 52m 30. 7t 全備 58. 初出は『』第7号で、「リック・ディアス改」と呼ばれることもあるが、上記とは別機体である。 アナハイム社が、グリプス戦役におけるMSの性能向上に対応してリック・ディアスを改良した機体。 同機はコックピットが頭部にあるため、ジェネレーター系統の強化が容易であるという。 改良型ブースター・バインダーはスラスター8基を搭載するが 、バインダーだけでなく機体各所も大幅に改良されている。 携行武装の2連装メガ・ビーム・ガンは、のちにが装備するメガ・ビームライフルの試作型である。 試作機が1機完成したのみで、実戦投入はされていない。 デザインは。 レッテン・ディアス [ ] 雑誌「」の『』に登場(型式番号:RMS-099NT)。 リック・ディアスをベースとする量産型MS。 は簡易型の準サイコミュにも換装可能で、非兵の搭乗も可能。 固定装備として腕部有線式ビーム砲、バックパックにはが搭載されている。 頭部はシュツルム・ディアスに似たひさしのついたタイプ。 コックピットハッチのある位置にバルカンポッドのようなモジュールがあるが、コックピット位置などディアスタイプと共通か不明。 腕部有線式ビーム砲はに酷似した指で、武装保持には困難があったと推測される。 バックパックはのような大型のタイプ。 ビーム・ピストルは撤去されている。 ディジェ [ ] 諸元 ディジェ DIJEH 型式番号 MSK-008 全高 23. 0m 頭頂高 18. 4m 33. 9t 全備 51. 反地球連邦組織「」のメカニック・チームが 独自に開発した機体。 当時のカラバの工業力を総動員し 、またエゥーゴによる技術提供も受けて完成させている。 で地球に降り、「」に残されたリック・ディアスを設計のベースとしているが 、のちにアムロ・レイが搭乗する試作1号機 は同機のムーバブルフレームを用い 、ネモのアビオニクスなども流用することで 短期間での開発に成功している。 設計は旧ジオン系の技術者が担当しており、そのためか外観はに類似している。 機体本体は地上での運用に対応した設計になっており 、ジェネレーターは地上用に調整され 、機体の軽量化や冷却機能の強化が施されている。 総合的にも、ネモを上回るスペックを達成している。 実質的にアムロ専用のカスタムメイド機であり、一般兵が乗りこなすのは難しいとされるが 、わずかな仕様変更をおこない追加生産された機体が熟練パイロットに配備されている。 機体構造 頭部 リック・ディアスと同様にコックピットは頭部にあるが、ユニット全体が旋回可能となっている。 モノアイもリック・ディアスと同型であるが 、部品調達が不能となった際の予備として 、ツイン・アイ用のソケットも装備されている。 脚部 脚部には型のジェット・スラスターが採用され、ホバー走行が可能となっており 、優れた機動性と運動性を両立している。 アンテナ 可変MSやなどのとの連携を想定して、頭頂部に通信用アンテナ (ブレード・アンテナ )や、放熱板上部先端にレーダー・レシーバー (ロッド型マルチ・センサー )が装備されているが、ブレード・アンテナを装備していない機体もある。 武装 バルカン砲 連邦系MSの標準装備で、頭部に2門装備。 口径は60ミリ。 給弾はを介してランドセルからおこなわれる。 ビーム・ライフル のものと同型で 、更新用の生産品をそのまま流用している。 『機動戦士ガンダムNT』では、銃身の延長、バーチカルグリップやマウントラッチの追加、やと共通規格のEパックの採用などが行われた改良版を使用する。 クレイ・バズーカ 百式やリック・ディアスのものと同型。 ビーム・ナギナタ 「ビーム・なぎなた」と平仮名で表記されたり 、「ツイン・ビーム・ サード」とも呼ばれる。 ゲルググのものと同様、柄の両端からビーム刃を生成するツイン・ビーム・エミッターを内蔵。 片側のみで稼働する場合は、より太いビーム刃を形成できる。 左肩に装備されるウェポン・ラックはメガ・バズーカ用ともいわれるが 、開発の最終段階から テスト・パイロットとして参画したアムロが 、各種兵装などのテスト運用を前提として提案したとされる資料が存在するといわれる。 サーチライト 『NT』に登場。 隊長機の左肩に装着されており、に装備されたものと同等の機能を有する。 スナイパー・ライフル 漫画版『NT』にてヨナ機が装備。 劇中での活躍 第35話でのにおいて、ティターンズの付近に降下したのとクワトロの百式を出迎えるようにに乗り登場。 を中心としたティターンズの防衛隊と交戦する。 第37話ではのため、クワトロをの連邦議会に送り届ける。 ダカール演説成功後の第38話では、宇宙へと戻るカミーユとクワトロを守り奮戦、とのを撃退する。 しかしアポリーが搭乗する百式が宇宙から降下したため、クワトロはディジェを降りてアポリーと機体を交換する。 この時のアムロはリック・ディアスに搭乗しているが、続く第4巻ではアムロはディジェに搭乗しているように描かれている。 後の幽閉生活から解放されたニュータイプ、アムロ・レイ復活の象徴にしようとするの考えで、本機はガンダムタイプの外観になるよう技術者に依頼されるが、反ティターンズの同志でもあるジオン残党への配慮からジオン系の外観となったとされる。 なお本作では、本機の外観はアムロの意見により、SFS搭乗時の空力特性を優先して、リック・ディアスにもガンダムにも似ていない曲線的なデザインになったとされる。 漫画『』にはディジェは登場せず、アムロはに搭乗している。 漫画『』では、カラバに参加したら元親衛隊員3名が本機に搭乗していることを示唆する描写があり、3機(うち1機は右肩のみ)が1カットのみ登場する。 劇場アニメーション『』では、が所有するダークグレーの機体が複数登場し、その内の1機に主人公のヨナ・バシュタが搭乗する。 宇宙世紀0097年時点ではルオ商会が戦力として運用しているという設定。 デザイン メカニックデザインは。 藤田は、この機体がアムロの乗機として登場することを知らされずにデザインしたといわれる。 設定画には「機体ごとに通信アンテナの有無がある」との藤田による但し書きがある。 備考 地上用に特化された機体とされるが、宇宙での運用は特に否定されていない。 チャイカ [ ] 月刊誌『コミックボンボン』で連載されたの漫画『』に登場(型式番号:MS-110)。 アクシズの量産機。 デザインはディジェのものを多少変更したもので、アニメ版のに相当する機体。 初登場時はが操縦する(本作にディジェは登場せず、ガザCもイラストで描かれているのみである)。 武器はガザ系同様のナックルバスター。 ディジェのデザイン段階での経緯に沿う形で、近藤がディジェとして受け取った設定画を独自に設定変更して登場させた。 番組終了後、近藤は藤田に「やっぱりディジェはジオン系だよね」と言われ、喜ばれたという。 ディジェ(SR型) [ ] 諸元 ディジェ DIJEH 型式番号 MSK-008SR 全高 23. 8m 頭頂高 19. 2m 31. 3t 全備 48. 型式番号にサブタイプとして追加があるが、名称は「ディジェ」のままである。 各部装甲の削減により、原型機より運動性能は30パーセント向上している。 原型機では右肩のみであったアーマーを両肩に装備、バックパックとソールはのものに似ており、前者にはを2基装備。 専用のビーム・ライフルと、ネモと同型のシールドを携行する。 スペック表にバルカン砲が記載されているが、外観から頭部には確認できない。 一年戦争時に地球連邦軍に所属しMS27機の撃墜を記録した、カラバきってのエース・パイロットであるクレイマン・アパルト大尉が搭乗する。 キリマンジャロ基地攻略戦に参加した翌日、ダカール北部での連邦軍特殊部隊「ドラグゥン13」との交戦で撃破される。 ディジェSE-R [ ] 諸元 ディジェSE-R DIJEH SE-R 型式番号 SE. DJ-1R 頭頂高 18. 6m 28. 6t 全備 58. 3t 材質 ガンダリウム合金(推定) 不明 不明 有効半径 不明 不明 1987年発行の雑誌『』第22号が初出で、同誌のムック『B-CLUB SPECIAL15 機動戦士ガンダム MS大全集』でとともに『』の機体として分類された。 をベースに開発され、基本フレームは原型機の影響を感じさせるものの 、様々な革新的機能が搭載されており、とは別物ともいえる超高性能機となっている。 ゲーム『』『』『』シリーズにたびたび登場するが、タイトルごとに武装も異なり、百式やディジェと同じような装備のほか、ハイメガ粒子砲を装備している例もあった。 機体性能も高めである以外に特に傾向はなく、宇宙での運用もできる場合が多いが、『ギレンの野望』では地上用である。 テレビシリーズのガンダムからとして展開された 、『』の連載企画「」では「 」という革新的技術が登場し、これを搭載している機動兵器群はと呼ばれ、従来兵器を超越した性能をもつ。 『』の「メカニック図鑑」では、同システムの本機への搭載が明言されているが、ゲーム中の性能はMSとして特筆したものはない。 シャア専用ディジェ [ ] 宇宙世紀0090年を舞台とする漫画『』に登場。 宇宙世紀0090年に、シャアが指導者となって間もない軍に譲渡され、の初期テスト用に改修された機体。 アルレットはこの機体を「貧しいネオ・ジオンを憐んで寄付されたMSに、あり合わせの部品をくっつけて、テストに必要な性能をなんとか満たした機体」とシャアに語っている。 アームレイカー式に換装されたコックピットのシート下部に、開発されたばかりのサイコ・フレームが敷き詰められており、そのバックアップとしてバイオセンサーも装備されている。 モードを切り替える事で、サイコミュシステムが発動する。 赤系統のカラーリングに塗装し直した上でスラスターの追加など宇宙用の改修が施されており、バックパックの放熱フィンは外され用のグライバインダーを増設、腕部はディジェの肩にリック・ディアス系統の二の腕にと同型の前腕という構成となっている。 武装はギラ・ドーガと同型のビーム・ライフルを携行し、背面にピーム・ピストルを2基装備。 肩のラウンド・シールドやウェポン・ラックは取り外され、代わりにシュツルム・ファウストを装備したギラ・ドーガ用のシールドを両腕に装着している。 リック・ディジェ [ ] 諸元 リック・ディジェ RICK DIJE 型式番号 MSK-008R 全高 24. 0m 全備 56. 0m 全備 70. メカニックデザインは形部一平。 地球連邦軍外郭部隊「」への編入当初におけるアムロ・レイの搭乗機。 のちので主力機となるはまだ配備前であり、それ以前の主力機ではアムロの技量を発揮できないというロンド・ベル司令部の判断により用意された。 しかし、アムロを危険視する連邦内での意見から最新鋭のガンダムタイプの提供は見送られ、アムロのカラバ時代の乗機であるディジェを改修する案が採用された。 伝説的エースであるアムロの存在を印象付けるため、アムロがカラバの第18TFAS所属時に搭乗したを踏襲した朱色とグレーのツートンに塗られている。 おもに宇宙戦に適応した改修がなされており、リック・ディアスのものを発展させた背部バインダーや各部スラスターの換装、放熱フィンの材質変更などがおこなわれている。 コクピットの構造も変更され、側頭部への乗降方式から、頭部を後ろにずらして胸部上面のハッチを開ける方式となっている。 武装は改修前とほぼ同様のものに加え、裏面にグレネードを4発懸架可能な左肩シールド、グリプス戦役時代の対艦用高出力ビーム砲であるハイパー・メガ・ランチャーを装備する。 なおコックピットの構造変更に伴い、後頭部にはバルカン用の大型弾倉が取り付けられている。 リック・ディジェ改 [ ] 戦で受けた損傷の修復とともに改修を受けた姿。 予算や本来の補修パーツが不足していたことから、装甲や駆動系の一部をのパーツで代用している。 機体色は白とグレーに変更され、より「ガンダム的」な印象を強めている。 喪失した両肩のシールド付きショルダーアーマーをジェダと同規格のショルダーアーマーに変更したことで、被弾率が20パーセント上がっているが、腕部の反応速度は15パーセント近く向上している。 また、ラー・ザイムに配備されるまでにもさまざまな現地改修がおこなわれ続けている。 武装面では、低下した耐弾性を補うために用の大型シールドが追加されている。 アムロにとってはに搭乗していたころから使い慣れた装備であり、敵に投擲するなど、アムロが得意とする防御以外の運用を可能としている。 また、ドムタイプにガンダム系の機能を掛け合わせた機体とも呼ばれる。 クワトロ・バジーナによってアナハイムにもたらされたが原型とした媒体もみられる• 機種名の冠詞「リック」(RICK)は「MS-09R 」と同じく宇宙用を意味する が、宇宙戦専用であった「リック・ドム」と違い、本機の実際の仕様は汎用機であり、上の大気圏内・有重力下でも運用に支障はない。 ただし、「ディアス」に関しては「エゥーゴの活動が折り返し地点に到達した」云々といった記述は小説版にはなく、ブレックス・フォーラから意味を問われたクワトロ自身は「喜望峰の発見者でそういった名前の人がいた」といった程度の認識で、「ゴロで意味はない」とする趣旨の発言をする。 当時の地球連邦軍における型式番号の命名規則は、各開発拠点に割り当てられた10-19の数値の後に開発順で1桁の数字がつけられる方式がとられているが、09で始まる基地は存在しない。 MSA-009とする資料もある。 一方で、基本フレームは地球連邦軍の規格を流用し、経費削減と製造期間の削減を図ったとする資料も存在する。 第4話参照。 第13話参照。 ARMS GALLERY 03』では、スペックでの出力は百式のビーム・ライフルBR-M-87と同じ2. 8MWとされるが、本文ではM-87の出力はL-86の2倍とされている。 また、アニメ『』第3話にてこの使用方法が再現されている。 連載時のみでムックには未収録。 ただし、は除く(頭部のデザインがから挿げ替えられたため。 詳細はを参照)。 ビーム・ピストルの形状は『SD CLUB』第12号掲載小説の挿絵で確認できるが、上方からのみで量産型のものとの判別は難しい。 膝アーマーがのもので、下腕部の形状も通常機と異なる。 以上が「移動用ロケット推力」。 アムロ用の1機のみ開発されたとする資料もみられる。 出典 [ ]• 33, バンダイ, 2002年6月• 2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、38頁。 01, バンダイ, 1988年7月• 矢立文庫、2017年2月20日。 0083-0099』エンターブレイン、2003年12月、43頁。 4』講談社、2010年8月、29-32頁。 『電撃ホビーマガジン』メディアワークス、2000年8月号、57頁。 『ENTERTAINMENT BIBLE. 2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART. 2 グリプス戦争編】 』バンダイ、1989年3月、94頁。 『総解説 ガンダム事典 Ver. 5』講談社、2009年、238頁。 『マスターグレード MSN-00100 百式 Ver. 0』バンダイ、2015年5月、説明書。 『マスターグレード RMS-099 リック・ディアス』バンダイ、2004年5月、説明書。 『マスターグレード MSN-00100 百式』バンダイ、2001年3月、説明書。 ARMS GALLERY 03』バンダイ、2006年8月。 MJマテリアル ZGUNDAMメカニック設定集&作例集 31p。 『ファイブスター物語アウトライン』角川書店、2001年12月、104頁。 バンダイMJマテリアル Z GUNDAMメカニック設定集&作例集 30P。 『ガンダムMS列伝』、2008年7月、141頁。 『ENTERTAINMENT BIBLE. 25 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART. 4 MS開発競争編】』バンダイ、1991年2月、48-49頁。 5 宿敵の幻影」『SD CLUB』第12号、バンダイ、1990年5月。 2』学習研究社、1987年3月、91頁。 『ENTERTAINMENT BIBLE. 2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【グリプス戦争編】』バンダイ、1989年3月、52-53頁。 『機動戦士ガンダムU. 0084-0089』竹書房、2009年11月、168頁。 3」『ホビージャパン』2019年12月号付録、72頁。 『B-CLUB』第7号、バンダイ、1986年5月、47頁。 2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART. 2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、50-51頁。 2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART. 2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、50-51頁。 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年8月16日閲覧。 1」『月刊』2019年1月号、、2018年11月26日、 25頁。 機動戦士ガンダムNT パンフレット特別版, ・, 2018 , pp. 3,11,• 勝田哲也 2017年3月17日. 2019年8月11日閲覧。 『GREAT MECHANICS 22』、2006年9月、、近藤和久のインタビューより [ ]。 「DIJEH SE-R」食玩『FW GUNDAM CONVERGE 18』パッケージ、2015年3月。 , p. , p. ガンダムエース2019年11月号付録「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」アーカイブブックより• 14」『ガンダムエース』2019年7月号、KADOKAWA、32-33頁。 参考文献 [ ]• 『月刊ホビージャパン』1987年10月号、1987年10月1日。 『月刊ホビージャパン』1987年11月号、1987年11月1日。 『月刊ホビージャパン』1987年12月号、1987年12月1日。 関連項目 [ ]• - 追加で、リック・ディアスのガンプラを改造した「」が登場する。

次の

EXCEED MODEL SERIES|ガシャポンワールド

ガンダム ヘッド 2

高いシールド値、モジュール枠4枠所持 シールド値が1620と高い。 モジュール枠も4枠あるためシールド大破抑制モジュールを搭載可能。 アサルトライフルの切り替え時間が無い アサルトライフルは同種の武器のため武器切り替えが発生しない。 その為シールドを構えたまま継続的に攻撃可能。 アサルトライフルの性能が高い 他機体のマシンガンより高性能版のアサルトライフルを所持。 威力、ダウンポイントに優れているため射撃性能が高い。 シールドが無いと耐久性は低い。 機体性能が低い アーマーを始め、機体性能が同コスト帯に比べ低い。 機動性に乏しい。 ガンダム・ヘッド(サンダーボルト)の総合評価 シールドを構えたまま攻撃できる1vs1など局地戦に強い前衛機。 シールド状態のまま一方的に攻撃可能。 高いシールド値を最大限活かすことが出来る。 似た機体としてコスト280のネモ(ダカール配備機)が居る。 違いは武器の持ち替えが発生しない点。 当機体はシールド状態のまま継続的に攻撃可能。 特に1vs1といった小規模戦闘に強くちょっとした攻撃はものともしない硬さを誇る。 ただし、怯んだりよろけた際はシールドが発動しないため高ダウンポイント攻撃には注意が必要。 シールド大破抑制モジュールと相性がとても良く、緊急帰投を強化し迅速に復帰可能なカスタマイズをすることで戦線維持に大きく貢献できる。 アサルトライフルの性能が良く、威力ダウンポイントともに高いため相手のよろけ、ひるみを誘発させやすい。 グレネード・ランチャーのダウンポイントが高いのでグレネード・ランチャーからマシンガンでよろけさせ、格闘で決めると言ったコンボが可能 中近距離で立ち回りしやすい機体。 アサルトライフル(精密射撃)は発射時にシールドが発生せずその場で停止してしまうデメリットを持つ。 ダウンポイントが高く弾速が速いのでよろけた敵や鈍足機には中距離から積極的に狙っていこう。 近距離で使うとスキを晒してしまうので要注意。 ネモ(ダカール配備機)やジムII(TB)と同系統の硬さを活かした前線運用が出来る機体。 足回りに若干の難はあるものの癖の少ない武器が多いので扱いやすい機体。 ステータス コスト : 300 ダウンゲージ : レベル1 特徴 : 全体的に低い 武器 2連装ビーム・ライフル アサルトライフル 3点式アサルトライフル アサルトライフル(精密射撃) ビームサーベル 【金設計図】グレネード・ランチャー ハンドグレネイド 主な武装例 基本武装 アサルトライフル 3点式アサルトライフル 2連装ビーム・ライフル グレネード・ランチャー ビームサーベル 2連装ビーム・ライフル 強化のコツ• 機体 アーマー、最高速度を優先、ブースト容量も最高速度の低めな当機体には必要。 ビームライフルを持つ場合は積載量の強化もしっかりと行う。 緊急帰投を上げるほど戦線復帰が早くなるので緊急帰投もしっかり強化しよう。 ブーストチャージは伸びが悪いので余裕があれば。• 武器 【2連装ビーム・ライフル】 威力、リロード、射程距離 【アサルトライフル】 連射速度(1459以上)、威力、リロード、射程距離 【3点式アサルトライフル】 威力、リロード、射程距離 【グレネード・ランチャー】 リロード、威力、効果範囲 オススメモジュール例• 各種耐性モジュール• 移動射撃補助 機体解説動画 攻略記事リンク•

次の

一番くじ倶楽部

ガンダム ヘッド 2

, Ltd. All Rights Reserved. All rights reserved. ,LTD. , Ltd. All Rights Reserved. All rights reserved. , Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved. , Ltd. Entertainment Inc. All Rights Reserved. , LTD. , LTD. APPROVAL NO. , INC. ALL RIGHTS RESERVED. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. BRICKSTUDIO. All rights reserved. , LTD. ,Ltd. Ltd. All Rights Reserved. ,LTD. Entertainment Inc. , Ltd. All Rights Reserved. , LTD. APPROVAL NO. All rights reserved. Rabbids, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U. , LTD. APPROVAL NO. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

次の