協働学習とは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

共通の目的を持つもの同士が、互いに対等の立場に立ってものごとを行うことを言います。

Next

協働学習とは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

協働の類語 協働の類語・類義語としては、互いに協力し合うことを意味する「協調」、互いに助け合うことを意味する「提携」、連絡を取り合い協力して物事を行うことを意味する「連携」などがあります。

Next

共同ではなく協働

「協働」という言葉は、比較的新しい言葉のようです。

Next

【協働】と【協同】の意味の違いと使い方の例文

そこで今回は、「共同」「協同」「協働」「協力」の意味と違いについて解説していきます。 両者の「考え方や取り組み方が異なっても、その異なる点をお互いが尊重していくこと」で、この調整力は磨かれていくのかなと思いました。 「稼働・実働・労働」 熟語 労働節【ろうどうせつ】 [中国語]LaodongJie [暦]メーデーの中国名。

Next

「連携」と「協働」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

「共異体」をタイトルとする書籍も出されています。 これを訳すときに、「協働」と訳したのです。 ある意味、「チーム保育」「乳幼児教育」というカテゴリー分けされるものではなく、「協働」というものは人が生きていく中や社会を作っていくために必要なことなのだと思います。

Next

「連携」と「協働」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

漢字の通りに「協力して働くこと」だと考えるとその意味がわかりやすいでしょう。 「きょうどう」の漢字の意味はなんとなく違う気がするくらいにしか考えていませんでしたが、こうやって意味を知ると「協働」を使いたくなってきます。

「共同」「協同」「協働」

「協働」の項目が採用されたことで、既存項目の「共同」の説明が改善されました。 そして、゛「協働」とは、「複数の主体が、何らかの目標を共有し、ともに力を合わせて活動することをいう゛゛共同は「複数の人や団体が、同じ目的のために一緒に事を行ったり、同じ条件・資格でかかわったりすること゛とあり、考えてみると私たちのチーム保育としての形は協働という形があてはまるような気がします。

Next