【米国市況】株式は反落、経済対策で新たな争点-ドルは反発

93 12809. 18 6,529. 38 -3. 57%) ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 40. 53%) セールスフォース・ドットコム 227. ナスダックは3日続伸となり、テスラやモデルナが買われた。

Next

◎〔NY天然ガス市況〕3%超高=気温低下予想、LNG輸出増で(14日) 投稿日時: 2020/12/15 07:31[時事通信社]

21 -10. 97 -10. 掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

Next

NY株式:米国株式相場はまちまち、ワクチン期待や政府機関閉鎖回避が下支え

64 -9. 77ドル安の30154. 74%(米2年国債)0. 53%) サイモン・プロパティー 85. ダウ平均は44. 追加経済対策を巡り与野党指導者の協議が大きく前進し週内の合意期待が強まり寄り付き後、上昇した。 ダウ平均は終盤に一時、273ドル安まで下落し、124. 携帯端末のアップル(AAPL)は買い替え需要で、5G対応の最新アイフォーン12の21年上期の生産計画を前年同期比30%増とする方針を取引企業に伝えたたとの報道が好感され上昇。 05 -124. 49 【コロ朝プレミアム】の詳細です 【コロ朝NEWS】をメール 無料 にてお届けいたします。

世界の市況 :マーケット :日経電子版

引け際には、一部の足の速いファンドの買い戻しと、クオデュループル・ウイッチがらみの売買で、やや上向きに変動。 他方、不動産が-1. 51 (-2. セクター別では小売り、ソフトウェア・サービスが上昇した一方で、公益事業が下落した。 32 3,156. 4 -0. 07 26,730 26,885 26,640 26,705 -35 -0. 28%) メーシーズ 10. 16ポイント安 0. 72%) シェブロン 87. 米国の昨日の新型コロナウイルス新規感染者数24万人を超えた中で、ワクチンの一般への普及は来年の春以降と予想され、短期的な景気悪化は避けられないと懸念される一方、追加景気対策協議が進展しないことから、その後も市場はじりじりと下落。

Next

☆12月10日の米国株式市場は、NYダウ0.23%安、ナスダック0.54%高、S&P500 0.13%安

43 (-1. 飲料メーカーコカ・コーラ(KO)は、事業再編計画の一環で全米の従業員を全体の12%削減すると発表。 また、半導体メーカーのクアルコム(QCOM)は、携帯端末のアップル(AAPL)が自社製セルラーモデムの開発に着手するとの報道を嫌気し急落。

☆12月7日の米国株式市場は、NYダウ0.49%安、ナスダック0.45%高、S&P500 0.19%安

32 -0. 26 30,343. フランスなど欧州他国が英国からの入国禁止を発表したことから、市場は一斉にリスクオフとなり、独仏国債利回りが大幅に低下する中で、10年債利回りは欧州時間に0. 42 -0. 51 -36. 78 -0. 1 103. NYダウ採用銘柄はインテル、ダウ、シェブロンなどが売られ、ボーイングやアップル、ナイキは買われた。 18 6,529. 94%) アメリカン・エキスプレス 117. 84 -17. 13 0. 35 ナスダック総合 12804. 52 -1. 67%) キャタピラー 180. 29%) ツイッター 55. 82%) フェイスブック 276. 16 (-0. 小高くスタートしたものの、合意に至ることが期待された追加経済対策を巡る与野党協議が難航したことが嫌気された。 79 -118. 38 - 73. 74%) ベライゾン・コミュニケーションズ 60. 製薬会社ファイザーに続き、バイオ、モデルナ開発の新型コロナウイルスワクチンの安全性や有効性が食品医薬品局(FDA)により確認され緊急使用が今週中に許可されるとの期待に寄り付きから上昇。

NY株式:NYダウ148ドル高、史上最高値を更新、財政・金融刺激策が支え

Horiko Capital Management LLC 《FA》. 62まで持ち直した。

☆12月10日の米国株式市場は、NYダウ0.23%安、ナスダック0.54%高、S&P500 0.13%安

75 -1. 05 -0. 638 -9. インテルは、マイクロソフトがサーバーやPC向けのCPUを自社開発するとの報道が嫌気された。 住宅建設会社のレナー(LEN)は好決算が好感され上昇。 19 (-0. 26 -0. MEMO 12月30日 月 (大納会) 1月6日 月 (大発会) まとめ NY株式市場の取引時間、及び休みの日は下記となっています。