中国「陰性」条件に制限緩和を日本に打診:中韓では「ファスト・トラック」で入国実施開始

🇸🇬シンガポール(7月19日更新) 7月20日より、過去14日以内に日本を含む対象国からシンガポールに入国する場合、SHN施設での隔離が義務付けられる。 このほかにも、中国東方航空による「東京-西安」間の運航が21日より開始し、深セン航空による「深セン-成田」間の運航が26日より復便する予定となっている。 感染対策と経済正常化のバランスを取るのは容易ではない。

Next

【海外旅行いつから?】入国制限緩和・解除予定の国まとめ(8月12日更新)

つまり特別な事情がない限りは有効なビザの発給を受けていても日本から中国に入国することはできません。 ( 注:ファストトラックによって中国に入国できたとしても、これは入国管理の問題であり、防疫は別問題となります。 流行らなくてもよかった病気で苦しんでる人がたくさんいるのに。

【コロナ:世界の動きまとめ】EU、7月1日より日本などからの渡航制限解除で調整。台湾、タイも規制一部緩和へ。世界の累計感染者数1000万人超

日本の安部「韓国人の業務者は入国の扉を開く」 日本政府は、韓国など一部の国について、ビジネス目的の訪問を許可する方針を決めた。 (7月17日現在)7月20日よりダバオ国際空港到着客は、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査結果の事前提出が義務付けられる。 政府は受け入れに当たり、出国時だけでなく、日本への入国する際にも PCR 検査を受けてもらう方針。

Next

入国制限緩和 中国・韓国・台湾などと協議始める方針 政府

🇩🇴ドミニカ共和国(7月30日更新) 要PCR検査陰性証明書。 ただし、感染症状のある自国民及び永住権保持者の陸路及び海路での入国は許可する(空路は不可。 韓国については、外出制限緩和後にクラスターが発生していることが主な理由だとしている。

中国・上海への入国制限、緩和情報まとめ【2020年6月情報】

まとめ 今回は入国規制の緩和状況と今後の展望について紹介しました。

Next

なぜ今、再入国規制措置の緩和なのか!?

既に査証取得済みで今後入国する場合は、入国時に同様の健康診断書を提出する必要がある。 旅行者は、PCR検査の陰性証明書、検疫申告書、旅行保険の加入が義務付けられる。

Next