第 五 人格 サバイバー ランキング。 【Identity V(アイデンティティ)】サバイバー強さランキング【第五人格】

【Identity V (第五人格)】どのサバイバー を買うべきか?手がかり交換おすすめキャラランキングとサバイバーの選び方

第 五 人格 サバイバー ランキング

解読のデバフもミスをしなければ、無いようなものなので定番キャラになっています。 心眼は解読速度が非常に早いため、優秀なサバイバーの一人です。 また、杖で地面を叩くことで50秒に1回、 ハンターの位置をみんなに知らせることができます。 しかし、画面が通常のサバイバーよりも暗く、ハンターから逃げづらいのでチェイス向きのキャラではありません。 機械技師も同様に、チェイス向きのサバイバーではありませんが、解読速度が早く機械を使った トリッキーな動きができます。 仲間が負傷時のデバフ効果はかなり痛いので、そこは注意が必要になるでしょう。 空軍も同様にデバフ効果がありますが、救助が得意なキャラなので 一人はパーティーにいると安心でしょう。 傭兵は情報アップデートにより、人格「危機一髪」に似た能力持ちの耐久力の高いサバイバーです。 解読速度は遅いですが、肘当ても持っているので、 チェイスや救出に長けたキャラになります。 医師、弁護士は初期キャラですが、非常に使いやすいキャラなので、泥棒同様使い方次第でかなり強いサバイバーです。 中でも、弁護士はプレイ開始からマップを所持しているので、自分と仲間の位置が把握しやすいキャラクターになっています。 序盤は、地図なしではマップを把握しにくいので、弁護士で マップを把握してから他のキャラクターをプレイしても良いでしょう。 更に弁護士が近くに居ると、 他のサバイバーの解読・治療・破壊行動速度が上がるので最低2人で動くとより良いです。 弁護士以外のサバイバーを使っている場合も、弁護士を近くに見つけたら一緒に行動するのがおすすめです。 冒険家も使い手によっては、強いサバイバーですが、チェイスや解読が得意なわけではないので上級者向けと言えるでしょう。 また、野良プレイなどで 連携が取れない場合、動き方も少し難易度が高いです。 初心者の方は、他のサバイバーの方が使いやすい時が多いので、上記は上級者向けのサバイバーと言えるでしょう。 庭師はプレイ開始から工具箱を所持しているので、 ロケットチェア破壊が可能です。 ロケットチェアを破壊することにより、ハンターがサバイバーをロケットチェアに座らせる時間を稼ぐことができます。 更に、自分と味方の 暗号機の調整発生率が下がり、調整判定範囲の幅も広がるので暗号機調整が苦手な初心者におすすめです。 暗号機調整に失敗すると位置がバレてしまうので、暗号機調整に慣れるまでは庭師で練習すると良いでしょう。 弁護士はプレイ開始からマップを所持しているので、自分と仲間の位置が把握しやすいキャラクターになっています。 序盤は、地図なしではマップを把握しにくいので、弁護士で マップを把握してから他のキャラクターをプレイするのがおすすめ。 更に弁護士が近くに居ると、 他のサバイバーの解読・治療・破壊行動速度が上がるので最低2人で動くとより良いです。 弁護士以外のサバイバーを使っている場合も、弁護士を近くに見つけたら一緒に行動するのがおすすめです。 初心者におすすめできないサバイバー 一番初心者におすすめできないサバイバーは 「幸運児」です。 荘園旧友という「毎回攻撃を受ける度に獲得する加速時間の伸びが2秒」の特性しか持たないので、初心者にはおすすめできないキャラクターになります。 また、他の仲間にとって有利に働く能力を持っているわけでもないので、プレイ慣れしていない序盤は 他のサバイバーのためにも他のキャラクターを選び、慣れていくようにしましょう。 しかし、幸運児は何も能力がなくリアルなサバイバルに一番近いので、 幸運児縛りでプレイをするのは楽しそうです。 また、心眼や機会技師などチェイスが苦手なサバイバーも初心者にはおすすめしません。 Identity Vってどんなゲーム? 4人のサバイバーと1人のハンターに分かれて戦う 非対称型マルチプレイゲームです。 ゲームシステム プレイヤーは 「サバイバー」か「ハンター」を選びます。 サバイバーは 最大4人で無事生存して脱出すると勝利になり、ハンターは 最大1人でサバイバーを捕まえて脱出を阻止すると勝利です。 サバイバーとハンターにはそれぞれ特殊能力があり、能力を駆使して勝利を目指します。 アイデンティティは、 非対称型マルチプレイゲームと一風変わったジャンルですが、デットバイデイライトと非常に良く似ています。 このクオリティのスマホゲームが無料でプレイできるのは、本当にすごいと思ったので是非ゲームスタートしてみてください! C 2018 NetEaseInc. All Rights Reserved.

次の

【第五人格】ランクマで出会うとガッカリするサバイバーを第9位までランキング!【IdentityⅤ】【season2】|Teritamagazine

第 五 人格 サバイバー ランキング

Contents• ランクマに持ち込まないで…… 野良のランクマは地獄源ですよね。 ガチ勢とエンジョイ勢がせめぎ合い、ハンターとサバイバーの戦いではなく、サバイバー同士で骨肉の争いを繰り広げています。 コメントが荒れることもしばしば…。 私はいまマンモスなのですが、マンモス帯でも「本当に勝つ気あるのか?」というサバイバーで挑む方が大勢います。 ということで、今回はランクマに出会うとガッカリするサバイバーをまとめてみました。 こいつらがいると、なぜか勝率が落ちるよね~という私的ランキングです。 ガッカリするだけでなく、私の経験上、いると勝率が低くなるサバイバーのランキングでもあります。 注意点ですが、あくまで マンモス帯から見た意見です。 他のランク帯だとガッカリ度は違うかもしれません。 現在はかなり順位が変わっています。 第9位 カウボーイ ランクマでほぼ見ないのでガッカリ度は小さいのですが、いるとたいてい地雷。 空軍がいるのに、わざわざカウボーイをピックしてくる人は本当に謎です。 救助のためにハンターの近くにいることが多いので、一発貰うことが多いサバイバーですね。 また、他のサバイバーを担いでいるうちにダメージを受け、ダウンされることがあるのも弱いです。 男性キャラと一緒だと、暗号機の解読速度が落ちるのも地味に痛いですね。 ランクマだと、泥棒や傭兵を使っている人も多いので、残り暗号機が1~2個になったあたりでこのデメリットが大きくなってきます。 第8位 庭師 まあ、これは説明不要でしょう。 サバイバーからのヘイトをため込むサバイバーワースト1位ですね。 椅子壊している時間で暗号機回せますからね。 変なことしてないでサッサと暗号機を回してください。 あと、暗号機回している近くで椅子壊す庭師、本当にやめてください。 ハンターが来ちゃいます。 でも、庭師も上手い人と弱い人が極端な気がします。 上手い人の特徴を挙げてみます。 ハンターがサバイバーを椅子に座らせる直前に椅子破壊• 誰かが追われている最中に、ハンターにとって強い椅子のみ破壊• 速攻で道具を持ち替えハンターをかく乱 マンモス帯だとそれなりに上手く立ち回っている人は多いですね。 チェイスも弱いわけではありません。 そのため、順位は下にしました。 鹿以下だと、ガッカリ度は跳ね上がるでしょう。 第7位 冒険家 弱くはないです。 湖景村だと強いかもしれません。 でも、なぜランクマで冒険家? ハンターを撒く能力は強いですが、暗号機を回すのが速いわけではないので、ハンターに最後まで放置されがちです。 あと、指名手配があると簡単に見つかるのでアウト。 見ることがほとんどないので、ガッカリする機会もほとんどありません。 ということで、この順位。 第6位 幸運児 空軍をもっていない人が、銃を撃ちたいがために使っているだけのサバイバーですね。 特徴が無いので使いやすいのですが、空軍が銃を撃った場合に比べて、ハンターをひるませる時間が短いのが弱いです。 あと、宝箱を漁っている時間で暗号機を回せます。 単純にいるだけでタイムロスになりやすいサバイバー。 ゲート前でハンターを煽るために待機して、ノーワンで沈んでいく人が多いサバイバーでもあります。 さっさと逃げようよ。 状況に応じて道具を変え、臨機応変に立ち回れるのは強いと思います。 第5位 祭祀 使って楽しいサバイバーベスト1位。 序盤が弱すぎるサバイバーワースト1位。 後半はワープしまくりで鬼のように強いのですが、序盤はただの置物です。 しかも解読速度が遅いです。 祭祀がパーティに2人いると、誰かが頑張ってチェイスして時間を稼いでも、一向に解読が進まず、結局じり貧になって負けます。 解読が遅いので、特性の異常にも弱いですね。 あと、救助したいマンが多い職業でもあります。 オフェンスみたいに暗号機回さず、チェイス中のサバイバーの近くでウロウロしている人が多いです。 でも、救助だったら空軍や調香師の方が強いんですよ。 祭祀はワープできない場所でのチェイス能力は低いので、万が一ハンターがターゲットを変えてきた場合、代わりに捕縛されてしまいます。 地下救助は祭祀の特権ですが、そもそもサバイバーは地下につられないように立ち回るべきですよね。 第4位 心眼 機会技師の方が強くね? って思うサバイバー。 母数が多く、ガッカリする機会も多いのでこの順位です。 杖叩くと、音でハンターに位置バレするのが弱いです。 その速い解読速度を活かせず、暗号機をひとつも回さずにお亡くなりになることは珍しくありません。 あと、心眼はハンターと距離のある暗号機を回すことが多いので、ハンターが瞬間移動した先に心眼がいるのもよく見る光景ですね。 それと、一度チェアに座らされたら、心眼の救出はほぼ不可能ですよね。 でも、空軍は行きます。 なぜなら、一人脱落した時点で、サバイバー側が圧倒的に不利になるからです。 でも、救助しても簡単に捕らえられます。 雲の中で散歩をつけていればまだ何とかなりますが、存在感が上がっているハンターだともう無理ゲー。 空軍がいないときに自ら仲間の救助に行けない点も弱いです。 一応擁護しておくと、場所によってはそれなりにチェイスが強いです。 具体的に言うと、湖景村の船の中や病院内です。 つまり、壁のあるところですね。 杖でハンターの位置関係が把握できるので、落ち着いていれば120秒のチェイスも珍しくありません。 存在感の貯まっていないピエロやタコ・鹿相手にはある程度舞えます。 芸者もそれなりかと。 リッパーは足が速いし、霧を飛ばしてくるので無理ですね。 第3位 医師 心眼とどちらにするか悩みましたが、ランクマで見かける多さで第3位。 医師が強いっていう風潮何なんですかね? ゲーム実況者の影響ですかね? 8vs2なら確かに強いですよ。 でも、ランクマだと弱いです。 出会うとガッカリします。 確かに回復できる強みはあります。 ゾンビ医師という戦法もあります。 でも、サーベルタイガー以上のハンターになってくると質が変わってくるので、そう簡単に回復させてもらえないんですよ。 医師はチェイスが弱いですからね。 回復する間もなく速攻で2発目食らって沈みます。 ダメージ食らった後の2秒加速があるといっても、その程度じゃそう簡単に上手いハンターは撒けませんよ。 あと、板窓の乗り越えが遅いから、必然的に割れ窓理論をつける人が多くなるんですね。 すると、危機一髪がつけられないから、無理救助になりがちです。 でも、医師は自己回復できるので、救助に行きたがる人が多いんですよ。 これが本当に勝率を下げています。 空軍を使っているときにやられると特にイラっとしますね。 第2位 弁護士 ランクマで出くわすと本当にガッカリします。 何が弱いってチェイスできないところ。 見つからなければ、それなりに暗号機を回してくれます。 仲間を見つけて治療もしてくれます。 が、一旦チェイスに入ると弱い弱い。 板窓の乗り越えも遅いし、見つかったらオワオワリでぇ~~す。 まだ、上位互換の心眼を使った方がいいと思います。 弁護士は心眼ほど解読速度が速くないので、放置していてもデメリットはそれほど大きくありません。 そのため、弁護士はハンター側がわざと最後に仕留めようと泳がせていることもあります。 ただ、心眼とセットだと強いですよね~。 「ついてきて!」を連呼して、心眼誘導係になれますよ。 でも、ランクマだと要らないです。 第1位 オフェンス ランクマでこいつがいるときのガッカリ感は半端じゃないですね。 まず、暗号機回すのが遅いです。 そして、そもそも暗号機を回すことを放棄する人も多いです。 チェイス中のサバイバーの周りでグルグルするだけの役立たず。 うまいオフェンスも中にはいるんですよ。 わざと暗号機をバチらせて、ハンターの注意を引きつけ、時間稼ぎをしたり。 誰かがチェイスされているときにしっかりとタックルを決め、ヘイトを買ったり。 そういうオフェンスを見たときは、ものすごく解読が楽になります。 でも、マンモス帯だと残念ながらほとんどいないです。 たぶん、 うまい人は全員グリフォンに行ったのでしょう() まとめ 以上、ランクマで出会ったらガッカリなサバイバーをまとめてみました。 一応言っておくと、筆者の一意見に過ぎないので、これらのサバイバーを使っている人を非難する気はないです。 ゲームは楽しむものですからね。 ところどころ書いていますけど、普通にプレイングが上手い人もいます。 でも、もっと強いサバイバーがいるので、できたらランクマではそっちを使って欲しいですよね~、というのが本音です笑 気が向いたら、強いサバイバーもリストアップしてみます! それでは!.

次の

【第五人格】男性キャラクターおすすめ衣装一覧!【サバイバー&ハンター】|MACHAブロ

第 五 人格 サバイバー ランキング

サバイバーの内在人格はどういう構成にしたらいいのでしょうか。 この記事ではサバイバーのゲームにおける考え方、立ち回りについて説明しつつ、ある程度こうした方がいいという構成を紹介します。 参考にしてみてください。 まず、このゲームでは必須とも言える4つの特質があるのです。 それについて紹介します。 受難 受難とは、「自身がロケットチェアに拘束されている時、他のサバイバーが互いに見えるようになる」特質です。 これがあると、1人目のサバイバーが拘束された瞬間、どのサバイバーが助けに行くべきなのか、助けに行っているのか、助けに行かないサバイバーはどこの暗号機を回しているのか、全員が把握できるようになります。 ゼロから数えると合わせて10ポイントで取れる特質なのですが、ポイント数が安いわりに 得られる情報量があまりに大きいのです。 もし、サバイバー4人ともが常にチャットを送り合ったり外部ツールのを利用したりして、連携が完璧に取れるのなら、この特質を無駄なものとしてその分のポイントを他に回すという考え方も成立するのですが、そうではない普通の人にとってこの特質は必須です。 起死回生 ダウン状態から1回のみ自力で回復できます。 これを持っていることで、例えば通電後のハンターがダウン放置してゲートを抑えに行っている間に反対側のゲートから逃げ出す等、 負けを引き分けに、引き分けを勝ちにできるシーンが多くなります。 この特質は必須でしょう。 危機一髪 このゲームにおいて(ほとんどの)ハンターが狙うのは、とにかく一人を(三回椅子に括りつけて)脱落させる、ということです。 椅子に縛られたサバイバーが救助されたとしても、救助されたサバイバーをその場で倒してそこにある椅子に縛りつけられるのなら、ハンターとしては問題ないのです。 ハンターの特質「引き留める」とも相性が良く(救助直後に殴られても20秒間走り続けられる=椅子の位置によってはその20秒でゲートから脱出できる)、必須と言えます。 ダウン状態のサバイバーも起き上がれるので終盤のダウン放置にも強く、4人生存中治りがサバイバーとしては鉄板の勝ちパターンとなります(1人がしている間に残り3人が脱出して勝利)。 当然、必須の特質と言えます。 これら必須の4人格を取った状態のことを「 右下」「 36(あるいは「 6」)」と呼びます。 網の伸びている方向からそう呼んでいるんですね。 これで合わせて 95ポイントを使うことになります(ただし危機一髪を取らずにを取るという選択肢は存在する。 これを「左右」「39(あるいは「9」)」と呼ぶ。 この場合も95ポイントとなる。 後述)。 残りの25ポイント(5つ)をどう割り振るかがポイントになってきます。 5ポイントで取ることのできる特質 解説 機械精通 冒険家等、判定範囲が狭くなる外在特質を持っているサバイバーの場合必要かもしれない。 スキルチェック上手い人は必要ない 反面教師Lv1 救助タイミングは間に合うように早めに向かうべきで、あえてLv1のこの人格を取る必要は感じない 囚人ジレンマ オフェンスとかなら使えるかもしれない かすかな音 救助しに来た時にわかりにくくなるかもしれないけれど、ハンターからすると足跡じゃなく本人を見ればいいので……マジシャンや一等航海士向けの人格 寒気 回避にもにも役立つ 気が散る 通電時どちらのを抑えに行ったか見えるので有用 25ポイントの範囲でレベル3を取ることのできる特質 解説 「気が散る」と同時、20ポイント 確実にプラスのある特質だが、空軍や一等航海士などの元から椅子耐久が長くなるサバイバーでないとプラスが活かしきれずもったいないかも 自らを欺く 「気が散る」と同時、20ポイント 調整の苦手な人向けだが、こんなのを取るよりも調整に慣れた方がいい 医師 「かすかな音」と同時、20ポイント 元から回復の速い医師なら選択肢に入ってくる 避難所 「かすかな音」と同時、20ポイント ロケットチェアは3回吊るされると確実に飛ばされるので、救助後素早く回復できたところでそれを繰り返すとジリ貧になる よって「医師」の方が有用だと思われるが、レベル1だけ取るような選択肢はあるかもしれない 怪力 「囚人ジレンマ」と同時、20ポイント はっきり効果が出るので、板倒しの速い系サバイバーなら選択肢に入ってくる 生存の意志 「囚人ジレンマ」と同時、20ポイント マップの特定ポイントから椅子まで届かなくすることができる 上手い人が使うとかなり強力な特質になり得る 反面教師 (右下の時)15ポイント ハンターの目測を誤らせて救助狩りを避けるのに使えそう 上手い人向け 雲の中で散歩 「機械精通」「生存者の本能」と同時 25ポイント 心眼ではお世話になるが、足跡が無くなるわけではないためプラスにするには技量が必要 癒合 「機械精通」「生存者の本能」と同時 25ポイント 傭兵なら選択肢に入ってくるかもしれない 不撓不屈 「機械精通」と同時、20ポイント 3振る必要はないかもしれないが、起死回生を考えるとキャラによって1や2振るのは全然あり その他特質 解説 膝蓋腱反射Lv1 20ポイント 右下サバイバーでも膝蓋腱反射をつけることが可能 板倒しの速い得意なサバイバーが救助役として右下を選んでいる場合に有力 これらを考えて作ってみた内在人格の例はこちら。 右下型 初心者がまだゲームに慣れていないためにせめて椅子耐久を長くしようという形。 隠密を決めれば優位に立てる。 右下傭兵型 癒合、不撓不屈に振った傭兵型。 確実な救助を繰り返すことで勝利に近づく。 右下不撓不屈医師バランス型 医師を一つ減らして5ポイント人格に振ったりと、アレンジが効く。 オススメです。 右下救助役バランス型 救助サバイバーが不撓不屈に1振ることでダウンからの脱出可能性を上げたバランス型。 右下膝蓋腱反射型 右下で膝蓋腱反射をつける形。 5ポイントを外すことで2までは可能。 右下医師型 右下に医師3をつけた形。 治療が多くなるポジションで。 祭司でないなら機械精通は要らないはず。 右下生存の意志型 厄介な生存の意志に極振り。 嫌がらせの得意な人格。 医師傍観者型 全く使われていない傍観者を無理矢理活かそうという形。 果たして実用性はあるのか? また、左右という、 危機一髪の代わりにを取る形も存在します。 これはが苦手なサバイバーが能力を高める目的でつけるタイプと(機械技師、医師等)能力を更に高めてもしハンターが追って来たら5台分するほどの気持ちでいるタイプ(調香師、探鉱者等)がいます。 初心者にはオススメしませんが、決してマイナーではなく使う人は多いので一応紹介します。 左右バランス型 左右で捕まらないことを長所として医師1をつけた形。 左右不撓不屈医師型 左右でもダウンをもらうことはあると考え不撓不屈をつけた形。 左右自己中型 左右で仲間を助ける気がない人向け。 サバイバーランキングの上位を見ると、受難なし人格が多いです。 それは 4人パーティを組んでいる人だからで、そういう人は誰が助けに行くとか喋りながらプレイできるので、受難のぶんのポイントを他に振ることができているんですね。 私も友達ほしい 内在人格に悩んでいる皆さんは、上に挙げた人格からそのまま使ったり、自分なりにアレンジを加えて使ってみてはどうでしょうか。 キャラごとに違うのはもちろん、味方の人格によっても切り替えたりするのが内在人格ですからね。 ここに書いた内容はまだまだ内在人格の沼の入り口に過ぎません。 この内容を参考に、更に改良を重ねて楽しんでいただけたら嬉しいです。 Apollon24.

次の