アサシン クリード オデッセイ 取り返し の つか ない。 エンディングについて

アサシンクリード オデッセイ 攻略 グッドエンドの条件まとめ 選択肢 分岐 血の熱病 ニコラオス デイモス アサクリ

アサシン クリード オデッセイ 取り返し の つか ない

プレイ時間はおよそ130時間くらい。 そんなアサクリオデッセイですが、最近ちょっと思うところがありまして、それは…… もしかしてこのゲームなんじゃね? なぜそんなことを思ったかといいますと、実はプレイ時間130時間をこえていますが…… まったくダレてないんです! 例えば僕の人生で1番のゲームに位置している『ウィッチャー3』でさえ、プレイ時間約80時間のなかで、ダレてプレイしなくなった時期があるんです。 他にもスカイリムやと4、近年でいえばRDR2など、どれもクリアしてますし名作であることは間違いないんですが、全てプレイ時間100時間前後のなかでダレてプレイしなくなる時期が必ずあったんです。 ところがアサクリオデッセイに関しては購入してからずーーーっとやってました。 もうほんとに毎日延々。 たまに違うゲームを起動することはあってもすぐに 「なんか違うな」 となってアサクリオデッセイを起動してしまいます。 これは『ウィッチャー3』にもなかった現象です。 そこで今回は『ウィッチャー3』と『オデッセイ』を比較し、どちらのなにがどう優れているのかを考えてみたいと思います! 1. ストーリー 『オデッセイ』のストーリーは正直それほど面白いものではありません。 つまらなくはないけど、いわゆる「先が気になって止め時がわからない」状態になるほどのめり込むことはなかったです。 サイドクトもちゃんとストーリがあり、これまでのようなおつかい感はほとんど感じなかったものの、それほど物語が印象に残るクトはありませんでした。 また、今作から会話に選択肢があるのですが、その選択肢はロールプレイにはひと役かってはいても、物語に深みを出す役割を担ってはいなかったように思います。 悪い言い方をすれば、ひとつひとつが軽く感じました。 一方で『ウィッチャー3』はさすがに原作が小説で、シリーズも3作目と世界設定やストーリーには他のゲームにない深みがあり、ダークな雰囲気もあいまって先が気になってしょうがない状態でプレイしていました。 ストーリーそのものも、戦乱による混沌とは無関係に密かに滅びようとする世界、でも主人公の目的は世界を救うことではなくその鍵(それすらも主人公には興味がない)となる義理の娘を探しているだけ、というちょっと特殊な構造です。 いわゆるにはあまり見られない物語構成かと思います。 またサイドクトもストーリーが気になるものばかりで、隠された真実には驚かされたり考えさせられたり、選択のひとつひとつがアサクリオデッセイよりも重みがありました。 こう考えるとストーリー面においてはやはり『ウィッチャー3』は他のゲームを寄せつけないレベルにあるように思います。 戦闘 『オデッセイ』の戦闘は、以前感想記事にもあげたようにとしては出色の出来です。 いわゆる洋のなかでこれほど戦闘が面白いゲームはほかにないんじゃないか、とまで思ってます。 まずなんといっても難しすぎず、簡単すぎないのがいい! この難しすぎず、簡単過ぎないというのはとても難しいもので、例えばダークソウルやブラッドボーン、隻狼などは戦闘がとても面白いと思ってます。 (隻狼は心が折れたけどな!) とはいえこれらの作品はそもそもが『高難易度』をウリにした作品であり、誰もが楽しめるものではありません。 『オデッセイ』は豊富なスキルとキビキビとした動き、主人公の基本性能の高さもあいまって、それら高難易度死にゲーにはない手軽な爽快感を得ることができます。 しかし複数に囲まれると途端に窮地に陥るため、砦や野営地などを攻略する際にはステルスや遠距離からの弓などが効果的だったりと一辺倒になっていないあたり上手いなあと感じさせられました。 対する『ウィッチャー3』はステルス要素はないものの、モンスターを退治するには事前準備が必要であったり、印という魔法のようなものを使った立ち回りはいかにも『怪物退治の専門家』という感じでかっこいいんです。 人間相手には防御やカウンターが使えるのに怪物相手には防御が通用しない(怪物の膂力が人間並みなわけないですもんね)あたりもリアリティがあっていいと思いました。 また爆薬や霊薬、剣に塗布する特定モンスターに効果的なオイルなどのアイテムは、怪物というものがいかに一筋縄ではいかない存在であるかを語っています。 ただキビキビとした動きという面で考えると若干『ウィッチャー3』はもっさりとしていると言えるので、爽快感という点で『オデッセイ』の方が優ってるかなあという印象です。 移動操作 これに関してはもう『オデッセイ』が圧倒的に優れてます。 『ウィッチャー3』は動作に微妙に慣性が働くのかピタリと止まってくれませんし、2〜3メートルくらいの段差でさえ落ちるとダメージをくらいます。 ウィッチャーって人間よりはるかに運動能力に優れてるはずなんですけどね(笑) 対して『オデッセイ』は前作から持ち味であるフリーランが一新され、ほとんどどんなところでもスルスルと登ることができ、さらに前作まではビューポイント以外の高所から飛ぶと大ダメージor死亡だったものが、今作からはどんな高所から飛んでもダメージを負いません。 リアリティがないといえば確かにそうなんですが、この変更はかなり移動のストレスを軽減しており、長時間プレイを可能にしている要因のひとつなのではないかと思ってます。 またファストトラベルの使用に関しても、『ウィッチャー3』は決められたポイントから決められたポイントにしかファストトラベルができないのに対し、『オデッセイ』は移動先こそビューポイントと自分の船しか選べないものの、安全な場所でさえあれば開始地点はマップ上どこからでもファストトラベルできます。 この仕様もまたストレスの軽減に繋がってると思います。 () 昨今のゲームでは発売後でさらに物語を追加するのは当たり前になっていますが、『オデッセイ』も『ウィッチャー3』もその例に漏れず、追加ストーリーが2本、発売後に追加されています。 『オデッセイ』は「最初の刃の遺産」と「の運命」 『ウィッチャー3』は「無情なる心」と「血塗られた美酒」 『オデッセイ』はそれぞれエピソード形式で配信されており、「の運命」はまだエピソード1と2しか配信されていません。 「最初の刃の遺産」を振り返るとボリュームはなかなかのものでクリアまで20時間ちょっとありました。 ただ本編からそうだったように、の名前が分かりにくく、それがストーリーの理解においても足を引っ張るんですよね。 特に第2弾である「血塗られた美酒」は新しい土地に移動してのものなので、それまでとはまた違った美しい景観がとても良かったですね。 ストーリーにおいてもメイン同様にひとつひとつの選択に重みがあり、濃厚な人間ドラマが描かれています。 に関しては『ウィッチャー3』は史上最高のストーリーといわれるほど評価されているのに対し、『オデッセイ』はまだ配信途中ということでどちらが優れているかは分かりません。 中毒性 これに関しては『オデッセイ』の圧勝です。 100時間以上プレイしながらも一度もダレることなく、息抜きに違うゲームをプレイしても、 「やっぱりアサクリしよう」 となってアサクリを起動してしまうほどハマりました。 一度も退屈に感じるときがなかったんです。 それは上にもあげた移動のストレスがないことや、戦闘の面白さゆえの結果なのかなと思います。 対する『ウィッチャー3』はなんどかゲームプレイを中断したことがあり、そのなかには3ヶ月ほどプレイしない時期もありました。 終わってから振り返るとすごく面白かったと思えますが、中断した期間も考えるとやはり『オデッセイ』に軍配があがるかなと思います。 まとめ 正直なところ、客観的に見れば『オデッセイ』は純粋なゲームプレイの面白さでは『ウィッチャー3』を越えたといっても過言ではないと思います。 『アサクリシリーズはマンネリ』 『いつものUBIゲーム』 といったネットの意見から考えるに、印象だけでかなり過小評価されているように思います。 たしかに『シンジケート』までは、アサクリ2で確立したシステムを焼き直しているようなゲームでしたが、前作からに大きく舵を切り直した結果、それまでのシリーズとは別のゲームになった、と言えるほどの進化を遂げています。 オデッセイはをさらに練り上げ、研磨した珠玉の一品といえるほどの完成度を誇っています。 もしなにかのゲームでオススメを聞かれたら、僕は迷わずこの『オデッセイ』を最初にあげるでしょう。 この記事を読んでいるそこのあなた、騙されたと思ってプレイしてみてはいかがでしょう! ではでは! yksmfrmd.

次の

アサシンクリード オデッセイ 攻略Wiki : ヘイグ攻略まとめWiki

アサシン クリード オデッセイ 取り返し の つか ない

傭兵(賞金稼ぎ) 本作では、殺人や窃盗などの行為を 目撃されると懸賞金レベル(画面右下の方に表示されるゲージ)が上昇していきます。 この懸賞金レベルが一定まで上昇すると、傭兵が懸賞金を目当てに主人公を追跡してくるようになり、更に上昇することで追ってくる傭兵が1人、2人と増えていきます。 傭兵を倒すと特殊な報酬や装備が手に入りますが、通常の敵の50倍ぐらいの強さなので、メイン・サブクエストや要塞の攻略をしているときに乱入されると非常に厄介です。 傭兵と戦っていたら別の傭兵が次々現れなぶり殺しにされてしまうことも。 しかしご安心を。 懸賞金レベルを下げる方法もちゃんと用意されています。 まず1つ目は、しばらく大人しくしている方法。 犯罪行為を目撃されないよう、賞金稼ぎに見つからないように大人しくしていると、だんだん懸賞金レベルが下がっていきます。 2つ目は懸賞金を自分で支払う方法。 メインクエストや特定のサブクエストを進めていく上で、海戦を行う必要が出てきます。 そんなとき、きちんと船のアップグレードを行っていないと苦戦を強いられることになるでしょう。 船のアップグレードには、大量のオリーブ材が必要になります。 オリーブ材を効率良く集めるには、主に以下の3つの手段がいいと思います。 鍛冶屋でまとめ買い• レアリティの高い武器を分解• レアリティの高い船を沈める また、古代の石版という素材も必要になります。 この素材は、通常の素材と違いどこでも手に入るものではありません。 石版の回収は、敵に占拠された遺跡のロケーション目標に設定されているので、石版が足りない場合は遺跡を巡って回収しましょう。 ちなみに、最大アップグレードするために石版をすべて回収する必要はありません。 戦争請負クエスト ギリシアを自由気ままに旅しているといつのまにかレベルが上がりまくっている本作ですが、中にはメインストーリーをサクッと進めたいのにレベルが足りねー!と思う方もいるでしょう。 そんな方には、戦争請負クエストがおすすめです。 戦争請負は、町にある掲示板で受注できるクエスト。 普通のサブクエストとは違い、受注or完了報告するためNPCに話に行く手間が必要がなく、条件を達成した時点で大量の経験値が獲得できます。 小ネタ 攻略に役立つかは分からないちょっとした小ネタも紹介。 火矢 篝火や松明など、火が灯っている場所の近くで弓を構えると、通常の矢に火がつき火矢として使えるようになります。 そのまま敵や物資を燃やすことが出来るので、覚えておくと役に立つかも。 松明 松明(松明を持つには方向キー右を長押し)には、暗い通路を照らすだけではなく、敵を殴って火を付けたり、投げて物資を燃やしたりすることも出来ます。 火遊びにはご用心 火の近くに立っていると、主人公に火が燃え移ってしまいます。 こうなるとスリップダメージを食らうので、ローリング(回避ボタン長押し)をして素早く消化しましょう。 また、隠れることができる草むらは、燃えてしまうものがあります(色合いが茶色っぽいものは燃えます)。 この草むらの中にいるときに炎の矢や松明を使ってしまうと、草むらもろとも自分も燃え、敵に気づかれる危険性が高まりますので注意が必要です。 イカロスを使ってフォトモード 本作にはフォトモードが搭載されており、史実に基づいた美麗な景色を写真に収めることが出来ます。 しかしカメラを動かせる範囲が狭く、「もっとワイドな感じで全体を撮りたいなあ」と思うこともあるかと思います。 そんな時には、イカロスを使ってからフォトモードを起動することで、壮観な写真が撮ることが出来るようになります。

次の

『アサシンクリード オデッセイ』攻略に役立つ(かもしれない)10のこと+α

アサシン クリード オデッセイ 取り返し の つか ない

プレイ時間はおよそ130時間くらい。 そんなアサクリオデッセイですが、最近ちょっと思うところがありまして、それは…… もしかしてこのゲームなんじゃね? なぜそんなことを思ったかといいますと、実はプレイ時間130時間をこえていますが…… まったくダレてないんです! 例えば僕の人生で1番のゲームに位置している『ウィッチャー3』でさえ、プレイ時間約80時間のなかで、ダレてプレイしなくなった時期があるんです。 他にもスカイリムやと4、近年でいえばRDR2など、どれもクリアしてますし名作であることは間違いないんですが、全てプレイ時間100時間前後のなかでダレてプレイしなくなる時期が必ずあったんです。 ところがアサクリオデッセイに関しては購入してからずーーーっとやってました。 もうほんとに毎日延々。 たまに違うゲームを起動することはあってもすぐに 「なんか違うな」 となってアサクリオデッセイを起動してしまいます。 これは『ウィッチャー3』にもなかった現象です。 そこで今回は『ウィッチャー3』と『オデッセイ』を比較し、どちらのなにがどう優れているのかを考えてみたいと思います! 1. ストーリー 『オデッセイ』のストーリーは正直それほど面白いものではありません。 つまらなくはないけど、いわゆる「先が気になって止め時がわからない」状態になるほどのめり込むことはなかったです。 サイドクトもちゃんとストーリがあり、これまでのようなおつかい感はほとんど感じなかったものの、それほど物語が印象に残るクトはありませんでした。 また、今作から会話に選択肢があるのですが、その選択肢はロールプレイにはひと役かってはいても、物語に深みを出す役割を担ってはいなかったように思います。 悪い言い方をすれば、ひとつひとつが軽く感じました。 一方で『ウィッチャー3』はさすがに原作が小説で、シリーズも3作目と世界設定やストーリーには他のゲームにない深みがあり、ダークな雰囲気もあいまって先が気になってしょうがない状態でプレイしていました。 ストーリーそのものも、戦乱による混沌とは無関係に密かに滅びようとする世界、でも主人公の目的は世界を救うことではなくその鍵(それすらも主人公には興味がない)となる義理の娘を探しているだけ、というちょっと特殊な構造です。 いわゆるにはあまり見られない物語構成かと思います。 またサイドクトもストーリーが気になるものばかりで、隠された真実には驚かされたり考えさせられたり、選択のひとつひとつがアサクリオデッセイよりも重みがありました。 こう考えるとストーリー面においてはやはり『ウィッチャー3』は他のゲームを寄せつけないレベルにあるように思います。 戦闘 『オデッセイ』の戦闘は、以前感想記事にもあげたようにとしては出色の出来です。 いわゆる洋のなかでこれほど戦闘が面白いゲームはほかにないんじゃないか、とまで思ってます。 まずなんといっても難しすぎず、簡単すぎないのがいい! この難しすぎず、簡単過ぎないというのはとても難しいもので、例えばダークソウルやブラッドボーン、隻狼などは戦闘がとても面白いと思ってます。 (隻狼は心が折れたけどな!) とはいえこれらの作品はそもそもが『高難易度』をウリにした作品であり、誰もが楽しめるものではありません。 『オデッセイ』は豊富なスキルとキビキビとした動き、主人公の基本性能の高さもあいまって、それら高難易度死にゲーにはない手軽な爽快感を得ることができます。 しかし複数に囲まれると途端に窮地に陥るため、砦や野営地などを攻略する際にはステルスや遠距離からの弓などが効果的だったりと一辺倒になっていないあたり上手いなあと感じさせられました。 対する『ウィッチャー3』はステルス要素はないものの、モンスターを退治するには事前準備が必要であったり、印という魔法のようなものを使った立ち回りはいかにも『怪物退治の専門家』という感じでかっこいいんです。 人間相手には防御やカウンターが使えるのに怪物相手には防御が通用しない(怪物の膂力が人間並みなわけないですもんね)あたりもリアリティがあっていいと思いました。 また爆薬や霊薬、剣に塗布する特定モンスターに効果的なオイルなどのアイテムは、怪物というものがいかに一筋縄ではいかない存在であるかを語っています。 ただキビキビとした動きという面で考えると若干『ウィッチャー3』はもっさりとしていると言えるので、爽快感という点で『オデッセイ』の方が優ってるかなあという印象です。 移動操作 これに関してはもう『オデッセイ』が圧倒的に優れてます。 『ウィッチャー3』は動作に微妙に慣性が働くのかピタリと止まってくれませんし、2〜3メートルくらいの段差でさえ落ちるとダメージをくらいます。 ウィッチャーって人間よりはるかに運動能力に優れてるはずなんですけどね(笑) 対して『オデッセイ』は前作から持ち味であるフリーランが一新され、ほとんどどんなところでもスルスルと登ることができ、さらに前作まではビューポイント以外の高所から飛ぶと大ダメージor死亡だったものが、今作からはどんな高所から飛んでもダメージを負いません。 リアリティがないといえば確かにそうなんですが、この変更はかなり移動のストレスを軽減しており、長時間プレイを可能にしている要因のひとつなのではないかと思ってます。 またファストトラベルの使用に関しても、『ウィッチャー3』は決められたポイントから決められたポイントにしかファストトラベルができないのに対し、『オデッセイ』は移動先こそビューポイントと自分の船しか選べないものの、安全な場所でさえあれば開始地点はマップ上どこからでもファストトラベルできます。 この仕様もまたストレスの軽減に繋がってると思います。 () 昨今のゲームでは発売後でさらに物語を追加するのは当たり前になっていますが、『オデッセイ』も『ウィッチャー3』もその例に漏れず、追加ストーリーが2本、発売後に追加されています。 『オデッセイ』は「最初の刃の遺産」と「の運命」 『ウィッチャー3』は「無情なる心」と「血塗られた美酒」 『オデッセイ』はそれぞれエピソード形式で配信されており、「の運命」はまだエピソード1と2しか配信されていません。 「最初の刃の遺産」を振り返るとボリュームはなかなかのものでクリアまで20時間ちょっとありました。 ただ本編からそうだったように、の名前が分かりにくく、それがストーリーの理解においても足を引っ張るんですよね。 特に第2弾である「血塗られた美酒」は新しい土地に移動してのものなので、それまでとはまた違った美しい景観がとても良かったですね。 ストーリーにおいてもメイン同様にひとつひとつの選択に重みがあり、濃厚な人間ドラマが描かれています。 に関しては『ウィッチャー3』は史上最高のストーリーといわれるほど評価されているのに対し、『オデッセイ』はまだ配信途中ということでどちらが優れているかは分かりません。 中毒性 これに関しては『オデッセイ』の圧勝です。 100時間以上プレイしながらも一度もダレることなく、息抜きに違うゲームをプレイしても、 「やっぱりアサクリしよう」 となってアサクリを起動してしまうほどハマりました。 一度も退屈に感じるときがなかったんです。 それは上にもあげた移動のストレスがないことや、戦闘の面白さゆえの結果なのかなと思います。 対する『ウィッチャー3』はなんどかゲームプレイを中断したことがあり、そのなかには3ヶ月ほどプレイしない時期もありました。 終わってから振り返るとすごく面白かったと思えますが、中断した期間も考えるとやはり『オデッセイ』に軍配があがるかなと思います。 まとめ 正直なところ、客観的に見れば『オデッセイ』は純粋なゲームプレイの面白さでは『ウィッチャー3』を越えたといっても過言ではないと思います。 『アサクリシリーズはマンネリ』 『いつものUBIゲーム』 といったネットの意見から考えるに、印象だけでかなり過小評価されているように思います。 たしかに『シンジケート』までは、アサクリ2で確立したシステムを焼き直しているようなゲームでしたが、前作からに大きく舵を切り直した結果、それまでのシリーズとは別のゲームになった、と言えるほどの進化を遂げています。 オデッセイはをさらに練り上げ、研磨した珠玉の一品といえるほどの完成度を誇っています。 もしなにかのゲームでオススメを聞かれたら、僕は迷わずこの『オデッセイ』を最初にあげるでしょう。 この記事を読んでいるそこのあなた、騙されたと思ってプレイしてみてはいかがでしょう! ではでは! yksmfrmd.

次の