ニュース 23。 NEWS23

NEWS23

ニュース 23

6月3日からTBS系列の報道番組「NEWS23」のメインキャスターに、元テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが就任する。 放送を前に、小川アナは「少しずつでも信頼していただけるキャスターになっていけたらと思っています」と心境をつづったコメントをT発表した。 2007年にテレビ朝日に入社した小川アナは、2011年から7年半にわたって同局の「報道ステーション」でサブキャスターを。 2019年2月には「改めて自分の人生やキャリアについて思いを馳せるなか悩み抜いた」とテレ朝退社を発表。 2018年10月から出演していたインターネットテレビ局AbemaTVの「AbemaPrime アベマプライム 」の卒業とともに、3月末に。 新生『NEWS23は』では、アンカーを政治ジャーナリストの星浩氏が務める。 サブキャスターにはTBSの山本恵里伽アナ、スポーツキャスターには石井大裕アナ、取材キャスターには村瀬健介記者がそれぞれ就任する。 小川アナのコメントは次の通り。 ようやく「実感」というものが湧いてきました。 スタッフの皆さんと打ち合わせなどをする中で、 少しずつ番組のかたちが見えてきて、徐々に腹をくくれているという感覚です。 メインキャスターという役割をいただきましたが、あくまで番組の主役はニュース。 どのように丁寧に分かりやすくニュースを伝えていくのか、そこに主眼をおきながら、アンカーの星浩さん、山本アナ、村瀬記者、そしてスポーツの石井アナという心強いメンバーと力をあわせて取り組んでいきたいと思っています。 これまで報道番組を中心に携わってまいりましたが、それだけで実績といえるとは思っておりません。 現場経験も乏しく、30 代前半という年齢で語れる言葉の厚みも、限られていると自覚しています。 だからこそ、この番組の中で現場取材も積み重ねていきたいと思っております。 自分の目で見て、感じて、自分の頭で考える。 その積み重ねの中で抽出された言葉が、聞く方の心の琴線に触れた時に初めて「この人が語ることなら耳を傾けよう」と思っていただけると感じています。 少しずつでも信頼していただけるキャスターになっていけたら、という思いです。 そして、23時という一日の終わりに、視聴者の皆さんがちょっとホッとしつつ、新たな視点や新しいものの見方に触れられる番組にしていきたいです。 今、インターネットの力で世界が広がっているはずなのに、私自身も、意外と自分が好きな情報にしかアクセスしなかったり、自分の価値観に沿う記事だけを読んだりしているという実感があります。 でも、外にはもっと視野や可能性を広げてくれる何かがあるかもしれません。 そういう可能性を広げる種を、この番組でたくさん蒔いて、育てていけたらと思っています。

次の

NEWS23X

ニュース 23

頂いたご質問やご意見に、お返事を差し上げられない場合があります。 ご了承ください。 お問い合わせの前に このページは、TBSのテレビをご覧になった視聴者の方のためのページです。 お問い合わせの前に下記の「よくある質問と答え」に同じ内容の質問がないかどうかをお確かめください。 下記以外で、放送した番組内容に関してのお問い合わせのある方は、下記の連絡先からお問い合わせください。 発信者番号を非通知に設定されている場合は、その設定を解除して(186 03-3746-1111に)おかけください。 頂いたご意見・ご感想は全て担当者が目を通し、番組制作の参考および業務向上のために使わせていただきます。 なお、ご質問・ご意見に関してお返事を差し上げられない場合がありますので、ご了承ください。 お問い合わせ受付時間 月〜日 10時から19時 お問い合わせの電話は、適切な対応を図るため、通話を録音するとともに発信者番号が記録され、3か月間保存されます。 発信者番号の記録を希望されない方は、電話をかける前に、ご利用の電話会社が指定した発信者電話番号非通知の措置をおとりください。 なお、お問い合わせ受付時間は予告なく変更となる場合がございます。

次の

FNNニュースレポート23:00

ニュース 23

太平洋戦争を直前に控えた1940年(昭和15年)から1951年(昭和26年)まで、「日本ニュース」というニュース映画が制作されていました。 テレビがなかった戦時中、「日本ニュース」は毎週映画館で封切られ、国民の戦意高揚に用いられました。 戦争完遂を目的にした国策映画ですが、太平洋戦争中の映像記録として大変貴重なものです。 「戦争証言アーカイブス」では、1940年の第1号からの「日本ニュース」や戦後の一時期に制作された「朝日ニュース」、テレビ放送が始まった1953年(昭和28年)以降はNHKが放送したニュースの中から、証言に関係するものを選んで公開しています。 事前に「日本ニュース」を閲覧する際には、をよくお読みください。 当ページでは公開順に準じた並びになっています。 年代 日本ニュース 第1号(1940年6月)• 日本ニュース 第2号(1940年6月)• 日本ニュース 第3号(1940年6月)• 日本ニュース 第4号(1940年7月)• 日本ニュース 第5号(1940年7月)• 日本ニュース 第6号(1940年7月)• 日本ニュース 第7号(1940年7月)• 日本ニュース 第8号(1940年7月)• 日本ニュース 第12号(1940年8月)• 日本ニュース 第13号(1940年9月)• 日本ニュース 第14号(1940年9月)• 日本ニュース 第15号(1940年9月)• 日本ニュース 第16号(1940年9月)• 日本ニュース 第17号(1940年10月)• 日本ニュース 第18号(1940年10月)• 日本ニュース 第19号(1940年10月)• 日本ニュース 第20号(1940年10月)• 日本ニュース 第21号(1940年10月)• 日本ニュース 第22号(1940年11月)• 日本ニュース 第23号(1940年11月)• 日本ニュース 第24号(1940年11月)• 日本ニュース 第25号(1940年11月)• 日本ニュース 第26号(1940年12月)• 日本ニュース 第27号(1940年12月)• 日本ニュース 第28号(1940年12月)• 日本ニュース 第29号(1940年12月)• 日本ニュース 第30号(1940年12月)•

次の