ダイナミック 琉球 エイサー。 ダイナミック琉球は誰の歌?なぜ流行ったのか?ソロをどれだけ歌えるか!

ダイナミック琉球

ダイナミック 琉球 エイサー

5人組ダンスボーカルグループ・()が故郷・沖縄の名曲をブラスバンドなどを加えたアレンジでカバーした「ダイナミック琉球」のYouTube動画が100万再生を突破した。 2017年から高校野球の応援歌として定番化している沖縄のエイサー曲「ダイナミック琉球」。 チュニキャンがカバーし、ミュージックビデオは沖縄尚学高校での撮影予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になってしまい、やむを得ずコレオ動画(振り付け動画)をアップ。 ただ、そのキレキレなダンス動画は3月の公開以降、芸能人だけにとどまらず、多くの人がこぞって踊る動画をアップ。 じわじわとSNSで広まり、YouTubeでの再生数が大台を超えた。 振り付け監修は沖縄出身の仲宗根梨乃氏で、振り付け指導は沖縄で活躍しているダンサーYuuki。 また、もともとは首里城再建の支援の楽曲。 現在は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で沖縄と高校野球を恋しく思う人から「この曲で沖縄を思い出す」や「この曲が流れてくると高校野球ファンとしてうれしい!」「夏の甲子園思い出すな」といった、つぶやきも多い。 人気YouTuberのフィッシャーズ・ZAKAOは「これはよきやな! エイサーやカチャーシーの動きをしっかり取り入れてて構成もすごい!」と賛辞を送り、ダイノジ大地や、やなわらばーもツイートしている。 この楽曲は甲子園でも応援歌として人気の楽曲だったので、高校野球が中止になってしまいとても残念ですが、来年はこの曲で私たちにできる応援がしたいと夢みています! また、自粛期間が終わり、安全が確認されたら、母校のみんなと予定していたMVの撮影をとても楽しみに心待ちにしています!!

次の

イクマあきら「ダイナミック琉球」

ダイナミック 琉球 エイサー

東浜選手が開幕投手を務める19日のロッテ戦(ペイペイドーム)でお披露目される。 同曲のオリジナルは、沖縄在住のシンガー・ソングライター、イクマあきらが2008年に発表。 県内各地のエイサーの団体がこぞって取り上げる人気曲となっているが、18年夏の甲子園で仙台育英高が応援歌として使ったことがきっかけで、大阪桐蔭高も取り入れるようになり、甲子園の定番曲となっている。 昨年の火災で主要7施設が焼失した首里城の復興を支援する応援歌として、チュニキャンが3月22日にシングルとして配信。 沖縄出身の世界的ダンスエンターテイナー、仲宗根梨乃が振付を監修し、兵庫・市尼崎高吹奏楽部がブラスバンド演奏に参加。 松任谷由実の音楽監督としても知られる音楽プロデューサーの武部聡志が編曲を手掛けた。 ブラスバンドで参加の市尼崎高吹奏楽部を総監督として率いるのは沖縄出身・羽地(はねじ)靖隆さん。 1981年の沖縄県人会兵庫県本部から依頼をきっかけに、費用などの問題で遠方からなかなか応援に来ることができない甲子園の沖縄代表校を40年近くに渡りブラスバンドで友情応援し続けている。 08年春のセンバツ大会に、当時沖縄尚学高のエースとして出場した東浜選手も、アルプスから羽地さんのブラスバンド応援を受け優勝を果たしている。 その恩師が参加する故郷・沖縄の名曲に乗せて東浜選手は自身初の開幕戦のマウンドに立つ。 「思ったよりも普通にすんなり入っていけるし、元気の出る曲。 マウンドに上がるときに沖縄の風を感じられるのはすごくいいことだと思いますし、僕自身もそれで元気をもらっています」と語った。 チュニキャンのリーダー、ソフィー(20)も沖縄尚学高の卒業生。 今後、母校で「ダイナミック琉球」のミュージックビデオ撮影を行う予定だ。 「東浜選手は母校の大先輩でもあるので、今回私たちがカバーした『ダイナミック琉球』を登場曲にしていただけてすごくうれしいです! 東浜選手のご活躍を、この曲を通して精いっぱい応援できたらと思います!」とコメントを寄せた。

次の

沖縄美少女・チュニキャンが踊るエイサーEDM「ダイナミック琉球」振付動画が100万回再生突破

ダイナミック 琉球 エイサー

こんにちは!けんたろうです。 高校野球の甲子園大会は 試合だけでなく、 各校の応援合戦もとても熱いです。 そんな応援... こんにちは!けんたろうです。 高校野球の甲子園大会は 試合だけでなく、 各校の応援合戦もとても熱いです。 そんな応援合戦に ここ数年、変化が現れました。 それは全員で合唱するパートの前に 独唱がある応援歌が登場したのです。 その応援歌とは、 『ダイナミック琉球』です。 シンガーソングライターの 成底ゆう子さんや イクマあきらさんが 歌っている沖縄のソウルソングで、 歌詞の中には全く応援に関する 言葉は出てきません。 なのになぜ応援歌として高校野球で 歌われるようになったのでしょうか? その理由と経緯を調べてみました。 そして 原曲となる 本家の 『ダイナミック琉球』から 高校生の歌う 『ダイナミック琉球』まで 聴き比べてみたいと思います。 『ダイナミック琉球』ってどんな歌? 2008年の沖縄で 平田大一さんが 総合演出を務めた現代版 組踊絵巻 『琉球ルネッサンス』の テーマソングとして 作られた楽曲です。 平田さん本人が 作詞を手掛け、 作曲はプロデューサーとしても活躍する アーティストの イクマあきら 生熊朗 さんが 担当されたそうです。 歌はもちろん イクマさん自身でも 歌われていますが、 石垣島出身のシンガーソングライター 成底ゆう子さんもレパートリーにしています。 2008年の夏にはオリオンビールのCMに 採用されたことから 沖縄県内各地のエイサー団体が こぞって取り上げ、 沖縄の祭りやエイサーイベントでは 耳にしないことはないほどに メジャーになっている曲なんだそうです。 いや~沖縄でそんなに有名な曲なんて 全く知りませんでしたね。 沖縄の歌って踊るエイサーでも 2種類あることを始めて知りました。 旧盆を祝うための 伝統エイサーと 自由に振り付けする 創作エイサーです。 『ダイナミック琉球』は後者の 創作エイサーなんですね。 改めて動画で曲を聞きましたが 衝撃的にカッコいいですね。 島唄というと何だか悲し気な イメージがありましたが、 この 『ダイナミック琉球』は 元気をもらえるような曲ですね。 確かに 応援歌に向いているのも 分かる気がします。 しかし、もともと応援歌でない 『ダイナミック琉球』が なぜ 甲子園で 応援歌として 歌われるようになったのでしょうか? スポンサーリンク 『ダイナミック琉球』がなぜ甲子園の応援歌に? 『ダイナミック琉球』が沖縄の人気エイサー になったのは分かりましたが、 どのようにして甲子園の応援歌に 取り入れられていったのでしょうか? それは、 YouTubeの 動画を通して 拡散されていったことが 一番の要因ではないでしょうか? まず、沖縄県民に深く浸透した 『ダイナミック琉球』が盛り上がる曲 であることから、 沖縄で盛んな バスケットボールの 試合のハーフタイムの 応援合戦に 取り入れられるようになりました。 そしてある時、 高校のバスケの応援合戦の様子が YouTubeでアップされ、 多くの人の知るところとなったのです。 そして沖縄県内では、 高校のバスケから野球の応援へ 広がって行くのに時間は かからなかったことと思います。 なにより、 2018年の甲子園に出場している 沖縄代表の 興南高校こそ、 YouTubeでアップされたバスケの 応援合戦に参加していた高校の 一つだったのですから。 ところで、沖縄で広まった応援歌を いち早く取り入れ、 全国区に広めた先駆けの高校は どこの高校なのでしょうか? それは、 宮城県代表・ 仙台育英高校です。 九州や四国、中国地方の高校でなく、 東北の高校だったのは意外でしたね。 東日本の震災に遭った土地柄から 元気の出る盛り上がる曲を 積極的に取り入れる姿勢が 強かったのかもしれませんね。 いずれにしても、このようにして 当初は沖縄の応援歌として 歌われていた 『ダイナミック琉球』を 仙台育英が甲子園で先駆けとなって 全国に広めていったのですね。 本家本元の『ダイナミック琉球』 『ダイナミック琉球』が応援歌として 甲子園に広まった 理由が分かったところで さっそく 『ダイナミック琉球』を 聴いてみましょう。 まずは、本家本元 イクマあきらさんの歌声から お聴きください。 それと イクマあきらさんの歌声も よく透る声で素晴らしいです。 これ、沖縄県民でなくても 絶対に人気が出ますよ。 続いてもう一つ、 成底ゆう子さんの歌声をどうぞ。 ダイナミック琉球/成底ゆう子 【PVフル】 さんから — yoggi0303 yoggi0303 さすが石垣島出身の シンガーソングライターですね。 これまた惚れ惚れする歌声です。 イクマあきらさんと 成底ゆう子さん 甲乙つけるのは失礼ですね。 あとは、あなた自身の好み ということで、、、。 最初に登場した高校バスケの応援合戦 ここで甲子園の 『ダイナミック琉球』 を紹介する前に、 まず最初に拡散の元となった 沖縄の高校バスケ応援合戦の YouTube動画をご覧ください。 やっぱりこれ無くして、 応援歌としての 『ダイナミック琉球』は 語れないですからね。 後から歌っている 前原高校の女生徒の 歌声が素晴らしいですね。 先に歌っている男子生徒との ギャップがあるからなおさらです。 笑 この大会の YouTubeが拡散されて 応援歌として広まったんですね。 とても貴重な動画です。 ダイナミック琉球熱唱甲子園 では、お待たせしました。 いよいよ甲子園での熱唱 『ダイナミック琉球』応援合戦です。 まずトップバッターは、 やはり全国に広めた先駆者の 仙台育英高校ですね。 さすがトップバッターです。 では、2番手は、 地元兵庫県代表の 明石商業に 歌ってもらいましょうか。 高校球児って身体を鍛えてるから 肺活量もあって 歌が上手くなるんでしょうか? そして最後は、 ニュースでもその美声が取り上げられた 福岡代表の 沖学園です。 沖学園 ダイナミック琉球 上手やわ!! — 大道陸夫 OR75839171 確かにメディアで取り上げられる だけのことはありますね。 ビブラードまで効かせてるじゃないですか。 只者じゃないですね。 下級生なら来年もスタンドで 応援して欲しいくらいです。 この他にも福島代表の 聖光学院や 宮崎代表の 日南学園もありましたが、 先の3校が素晴らしかったので 限定して紹介させていただきました。 あなたはどこの高校が1番 だったでしょうか? 僕はやっぱりトップバッターの 仙台育英に軍配を上げたいですね。 先駆者としての貢献度は やはり一番でしょう。 まとめ 応援歌は全員で合唱するのが 当たり前でしたが、 ソロのパートが最初にくると すごく漸進な感じですね。 大衆の面前でアカペラで 独唱するのですから、 注目度も半端ないでしょう。 それに 『ダイナミック琉球』は キーが高く抑揚もあって難しい歌です。 上手く歌いこなせる人は 恐らく少ないと思いますから、 それだけに 決まるとカッコいいですね。 これからは 『ダイナミック琉球』を歌う 高校がますます増えていくと思います。 野球部員でなくても歌が上手い生徒が どんどん歌ってほしいですね。 もちろん男女の区別無くです。 素晴らしい美声の 『ダイナミック琉球』を 毎年聴けるのが楽しみになりました。 最後まで読んでいただき ありがとうございました!.

次の