川村 こうすけ。 北海・川村、仙台大合格 昨夏甲子園で2戦連続弾

幹部名簿|外務省

川村 こうすけ

来歴 [ ] バスケを始めたのは小学生の時。 では2年次の、第16回に出場し、予選リーグで敗退。 4月に進学後は1年生時よりメンバー入りし、に出場。 2年次の2005年インターハイではチームの得点源として活躍し、2回戦の金光藤蔭高校戦と準々決勝の北陸高校戦でチームトップの得点を記録するなど準優勝に貢献した。 3年生時の2006年インターハイではベスト8。 同年のにも出場し、3位に貢献した。 3位決定戦の八王子高校戦では42得点を記録している。 4月、に進学。 1年次より主力となり第83回関東大学リーグ2部で3位。 第59回では8位。 2008年1月の1回戦のJBL2・戦でチームトップの28得点。 2年次の、新人戦で優秀選手賞。 第57回関東大学バスケットボール選手権大会で得点王。 第84回リーグ戦2部で4位。 14試合に出場し、得点王と3ポイント王を獲得。 第60回インカレでも5位に貢献し得点王を獲得する。 2009年1月、では3回戦まで進出し、JBLのに敗れた。 3年次の、第58回関東大学選手権大会で得点王。 第85回リーグ戦2部でリーグ通算500得点で得点王と3ポイント王の2冠を2年連続で獲得し、優勝と1部リーグ昇格に貢献した。 第61回インカレは2回戦で敗退。 4年次の、第59回関東大学選手権大会は直前に足首を捻挫し欠場。 11年ぶりに1部リーグに復帰した第86回リーグ戦では10チーム中7位となり1部残留に貢献。 第62回インカレではリーグ戦5位の拓殖大や3位の東海大など上位大学を破り、準決勝でリーグ戦2位の慶応大に敗れたが、3位決定戦では関東学院大に勝利し3位となり、自身は優秀選手賞、得点王、3ポイント王を受賞した。 2011年1月、2大会ぶりに出場したでは3回戦でに敗れた。 大学卒業後の、のに入団。 1年目よりオールスターゲームに出場。 2011-12シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 2012-13シーズンは2013年1月のではパナソニックとして16年ぶり10度目の優勝に貢献し、ベスト5に選出された。 JBLリーグ戦でもベスト5とフリースロー成功率1位のタイトルを獲得。 パナソニックの2013年限りでの休部を受けに移籍。 2013-14シーズンは3ポイントシュート成功率1位のタイトルを獲得。 、スリーポイント成功率が43. 、2020年3月15日、Bリーグタイ記録となる1試合11本のスリーポイント成功、自身最多の45得点を記録した。 、と共に4年連続でベストファイブに選出された。 スリーポイント成功率が44. 経歴 [ ]• 福岡大学附属大濠高校 - 明治大学 - パナソニック 2011-2013 - アイシン三河 2013- 日本代表歴 [ ] 高校3年次のにU-18日本代表に選ばれ、で6位。 大学3年次のに代表に選出され、得点王を獲得。 直後に行われたでアメリカ挑戦のため活動を辞退したに代わりA代表に初めて招集され、出場機会こそ少なかったものの最終戦で3ポイントを6本決めるなど存在感をアピールした。 また、日韓大学対抗戦の李相栢杯にも出場。 、2年連続で日本代表候補に選出され、ウィリアム・ジョーンズカップに出場。 、で2位。 、で準優勝。 、では7試合に出場して9位。 1試合平均12. 1得点。 、で6位。 で5大会20年ぶりの3位に貢献。 422. 383. 852 3. 4 0. 7 0. 5 0. 3 1. 0 15. 7 2012-13 30 29 32. 456. 461. 911 2. 4 0. 9 0. 5 0. 4 1. 0 15. 6 2013-14 52 50 31. 465. 473. 868 2. 3 0. 9 0. 5 0. 2 1. 1 15. 4 2014-15 45 45 34. 485. 453. 920 2. 7 1. 0 0. 8 0. 0 1. 1 19. 7 2015-16 51 50 33. 422. 365. 850 2. 4 1. 1 0. 5 0. 1 1. 1 17. 5 54 52 29. 450. 426. 908 2. 0 0. 7 0. 5 0. 1 1. 1 16. 7 57 50 28. 445. 395. 932 1. 9 1. 1 0. 6 0. 1 1. 1 15. 7 52 52 28. 453. 437. 909 1. 2 1. 1 0. 3 0. 1 1. 3 17. 9 35 32 27. 497. 448. 974 1. 5 1. 1 0. 4 0. 0 1. 2 14. 485. 429. 941 1. 2 0. 2 0. 2 0. 0 0. 3 17. 2 4 3 32. 426. 417. 957 2. 0 0. 5 0. 3 0. 0 1. 0 19. 8 受賞歴 [ ]• JBL• ルーキー・オブ・ザ・イヤー(2011-12)• ベスト5(2012-13)• フリースロー成功率1位(2012-13)• NBL• 3ポイントシュート成功率1位(2013-14)• ベストFT成功率賞(2014-15、. 908)• プレーオフMVP(2014-15)• Bリーグ も参照• ベスト3P成功率賞:1回(2017)• ベストFT成功率賞:4回:4回(2017 - 2020)• 選出:3回(2017、2019、2020)• 1試合3ポイント成功数:11(2020年3月15日、と並ぶBリーグタイ記録)• ベスト5(2013, 2016)• (2012年度) 脚注 [ ].

次の

金丸晃輔

川村 こうすけ

来歴 [ ] バスケを始めたのは小学生の時。 では2年次の、第16回に出場し、予選リーグで敗退。 4月に進学後は1年生時よりメンバー入りし、に出場。 2年次の2005年インターハイではチームの得点源として活躍し、2回戦の金光藤蔭高校戦と準々決勝の北陸高校戦でチームトップの得点を記録するなど準優勝に貢献した。 3年生時の2006年インターハイではベスト8。 同年のにも出場し、3位に貢献した。 3位決定戦の八王子高校戦では42得点を記録している。 4月、に進学。 1年次より主力となり第83回関東大学リーグ2部で3位。 第59回では8位。 2008年1月の1回戦のJBL2・戦でチームトップの28得点。 2年次の、新人戦で優秀選手賞。 第57回関東大学バスケットボール選手権大会で得点王。 第84回リーグ戦2部で4位。 14試合に出場し、得点王と3ポイント王を獲得。 第60回インカレでも5位に貢献し得点王を獲得する。 2009年1月、では3回戦まで進出し、JBLのに敗れた。 3年次の、第58回関東大学選手権大会で得点王。 第85回リーグ戦2部でリーグ通算500得点で得点王と3ポイント王の2冠を2年連続で獲得し、優勝と1部リーグ昇格に貢献した。 第61回インカレは2回戦で敗退。 4年次の、第59回関東大学選手権大会は直前に足首を捻挫し欠場。 11年ぶりに1部リーグに復帰した第86回リーグ戦では10チーム中7位となり1部残留に貢献。 第62回インカレではリーグ戦5位の拓殖大や3位の東海大など上位大学を破り、準決勝でリーグ戦2位の慶応大に敗れたが、3位決定戦では関東学院大に勝利し3位となり、自身は優秀選手賞、得点王、3ポイント王を受賞した。 2011年1月、2大会ぶりに出場したでは3回戦でに敗れた。 大学卒業後の、のに入団。 1年目よりオールスターゲームに出場。 2011-12シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 2012-13シーズンは2013年1月のではパナソニックとして16年ぶり10度目の優勝に貢献し、ベスト5に選出された。 JBLリーグ戦でもベスト5とフリースロー成功率1位のタイトルを獲得。 パナソニックの2013年限りでの休部を受けに移籍。 2013-14シーズンは3ポイントシュート成功率1位のタイトルを獲得。 、スリーポイント成功率が43. 、2020年3月15日、Bリーグタイ記録となる1試合11本のスリーポイント成功、自身最多の45得点を記録した。 、と共に4年連続でベストファイブに選出された。 スリーポイント成功率が44. 経歴 [ ]• 福岡大学附属大濠高校 - 明治大学 - パナソニック 2011-2013 - アイシン三河 2013- 日本代表歴 [ ] 高校3年次のにU-18日本代表に選ばれ、で6位。 大学3年次のに代表に選出され、得点王を獲得。 直後に行われたでアメリカ挑戦のため活動を辞退したに代わりA代表に初めて招集され、出場機会こそ少なかったものの最終戦で3ポイントを6本決めるなど存在感をアピールした。 また、日韓大学対抗戦の李相栢杯にも出場。 、2年連続で日本代表候補に選出され、ウィリアム・ジョーンズカップに出場。 、で2位。 、で準優勝。 、では7試合に出場して9位。 1試合平均12. 1得点。 、で6位。 で5大会20年ぶりの3位に貢献。 422. 383. 852 3. 4 0. 7 0. 5 0. 3 1. 0 15. 7 2012-13 30 29 32. 456. 461. 911 2. 4 0. 9 0. 5 0. 4 1. 0 15. 6 2013-14 52 50 31. 465. 473. 868 2. 3 0. 9 0. 5 0. 2 1. 1 15. 4 2014-15 45 45 34. 485. 453. 920 2. 7 1. 0 0. 8 0. 0 1. 1 19. 7 2015-16 51 50 33. 422. 365. 850 2. 4 1. 1 0. 5 0. 1 1. 1 17. 5 54 52 29. 450. 426. 908 2. 0 0. 7 0. 5 0. 1 1. 1 16. 7 57 50 28. 445. 395. 932 1. 9 1. 1 0. 6 0. 1 1. 1 15. 7 52 52 28. 453. 437. 909 1. 2 1. 1 0. 3 0. 1 1. 3 17. 9 35 32 27. 497. 448. 974 1. 5 1. 1 0. 4 0. 0 1. 2 14. 485. 429. 941 1. 2 0. 2 0. 2 0. 0 0. 3 17. 2 4 3 32. 426. 417. 957 2. 0 0. 5 0. 3 0. 0 1. 0 19. 8 受賞歴 [ ]• JBL• ルーキー・オブ・ザ・イヤー(2011-12)• ベスト5(2012-13)• フリースロー成功率1位(2012-13)• NBL• 3ポイントシュート成功率1位(2013-14)• ベストFT成功率賞(2014-15、. 908)• プレーオフMVP(2014-15)• Bリーグ も参照• ベスト3P成功率賞:1回(2017)• ベストFT成功率賞:4回:4回(2017 - 2020)• 選出:3回(2017、2019、2020)• 1試合3ポイント成功数:11(2020年3月15日、と並ぶBリーグタイ記録)• ベスト5(2013, 2016)• (2012年度) 脚注 [ ].

次の

河村康輔 Kosuke KAWAMURA

川村 こうすけ

小林 よしみ 43期生 ライセンスNo. 470 皆様にお会い出来る日を楽しみにしております。 近くの店舗に行く際は一緒に楽しい時間を過ごせたらと思いますので、チャレンジマッチのご参加、是非お待ちしております!! トーナメントも早く良いご報告が出来るよう、頑張りますので応援よろしくお願いします。 出身地:栃木県 誕生日:1月7日 利き腕:右投げ 身長:157cm• 28位 2019年• 2015年:六甲クイーンズオープン5位 大根谷 愛 45期生 ライセンスNo. 490 全国のボウリングファンの皆様とチャレンジマッチで一緒に投げれることを楽しみにしていますので、是非遊びにきてください。 そしてトーナメントでもラウンドワン専属として最前線で活躍できるよう頑張りますので、応援よろしくお願い致します!• 出身地:兵庫県 誕生日:8月15日 利き腕:右投げ 身長:153cm• 36位 2019年• 2018年:ROUND1 GRAND CHAMPIONSHIP BOWLING JPBA 優勝 2017年:ROUND1CUPLadies2017 優勝 2015年:プロボウリングレディース新人戦 優勝• 2019年1月16日より専属契約! 529 皆さんはじめまして!! この度ラウンドワンと専属契約させて頂きましたプロボウラーの坂本 詩緒里です。 しぃちゃんって呼んでください。 これから全国の皆さんとお会いできるのをとっても楽しみにしています。 出身地:東京都 誕生日:4月6日生まれ• 利き腕:右投げ 身長:162cm• 2019年:中日杯2019東海オープン 9位 小林 哲也 48期生 ライセンスNo. 1198 今年も全国各地をチャレンジで周りながら皆さまに楽しい時間とプロボウラーの凄さをお伝え出来ればと思っています! また試合では今年も日本だけでなく 韓国、アメリカをはじめ世界を股にかけて戦っていきます。 応援よろしくお願いします!!• 出身地:埼玉県 誕生日:11月20日• 利き腕:左投げ• 身長:165cm• 20位 2019年• 2016年度以降、2015年の忘れ物"優勝"目指して日々奮闘します。 坂田と共にボウリングのレベルアップに励みましょう!• 521• 32位 2019年• 第29回全日本選手権 優勝 第20回ジャパンオープン 優勝 第36回ジャパンオープン 優勝 KIRINCUP OPEN 2001優勝 2006SAP埼玉オープン優勝•

次の