ラプス 映画。 本当に映画愛はあるか?私が『ラ・ラ・ランド』に「激おこ」した10の理由

映画『LAPSE ラプス』の動画

ラプス 映画

はコンテンツクリエーターにとって比類のないオールラウンドドローンで、Mavicシリーズの優れた性能をベースにしています。 OcuSync 2. 0、HDR、8Kハイパーラプスなどの新機能を体験したユーザーによる、Mavic Air 2の詳細なレビューをご覧ください。 創造的な空撮の新時代を常に切り拓いてきたMavic Airは、コンテンツクリエーターに比類のないパワフルさと携帯性を提供します。 ここ数年、さまざまな撮影で私の傍らにはいつもMavicシリーズのドローンがありました。 優れたオールラウンドの性能を備えているからです。 新しく発売されたMavic Air 2では、スマートフォト、8Kハイパーラプス、OcuSync 2. 0などの新機能が加えられ、世界中のコンテンツクリエーター達をまだ見たことのない世界に連れて行ってくれます。 私はこの果敢な挑戦を受け、このMavic Air 2体験レビューで新しいを実際に使ってみることにしました。 空撮映像とは、何よりも自分の創造性を次のレベルまで高めることです。 フリーの写真家として、また空撮写真家として、私は、市場に出回っている数多くのさまざまなタイプのドローンを個人的に試してきました。 このMavic Air 2のレビューでは、カメラ性能、飛行性能、インテリジェントモード、安全機能を細かく検証します。 デザイン 「新しいMavic Air 2の送信機は、さらに軽量化され、さらに快適になり、バッテリー駆動時間も大幅に長くなりました。 」 外観 単刀直入に言いましょう。 Mavic Air 2は、オリジナルのMavic Airに見られたような丸みを帯びたデザインを捨て去り、流線型のフォルムを採用しています。 この新しいデザインにより、は、大きなサイズのMavic 2 ProやZoomに近い外観になりました。 重量 Mavic Air 2の重さは570 gで、オリジナルのMavic Airより140 g重く、 Mavic 2 Proより337 g軽くなっています。 Mavic Air 2に多数の最新機能が集約されていることを考えれば、このドローンが少し重くなったことも納得です。 カラーコード部品 興味深いことに、を最初に開梱すると、ドローンのアームにラベルシールが貼られていることに気づきます。 箱には袋が2つ入っていますが、最初にドローンをセットアップしやすいように、それぞれ「A」と「B」のラベルが貼られています。 また、Mavic Air 2では、プロペラ装着ポイントにシルバーとブラックのカラーコードが付けられているため、すべてのプロペラを間違えずに装着できます。 経験豊富なドローンの操縦者にとってカラーコード部品は大きな違いとはならないかもしれませんが、初心者にとってこのようなラベルは心強いサポートとなるでしょう。 」 まったく新しくなったデザインを見たら、すぐにを外で使ってみたくなりました。 今回私が選んだのはMavic Air 2 Fly Moreコンボです。 終日のコンテンツ撮影に便利なインテリジェントフライトバッテリーが3個、バッテリー充電ハブなどのアクセサリが同梱されているからです。 私はカバンにMavic Air 2を詰め込み、電車に飛び乗って、最初の撮影場所に向かいました。 このセンサーは、クアッドベイヤー技術によってサポートされています。 3インチセンサーを使用する他のドローンより広い表面積を捉えることができます。 8固定レンズで鮮明な48MP写真を撮ることができるのです。 これは、私が見た交換不可のドローンレンズの中ではもっとも高いメガピクセル数です。 8固定ですが、風景写真ではNDフィルターを使ってシャッタースピードを最適化することもできます。 48MP画像は鮮明で、ズームインしてもディテールがはっきりと再現されます。 ピクセルビニングで12MP出力を選んで、自然な色合いの美しい画像を撮影することも可能です。 48MP写真を撮影する場合は、最大ISO範囲が3200ですが、12MP画像の場合は最大6400 ISOでの撮影が可能です。 スマートフォト Mavic Air 2には、HDR、ハイパーライト、シーン認識を便利な1つの写真モードに統合したスマートフォトが新たに搭載されました。 このモードは、現代のほとんどのスマートフォンと同様、最先端の写真最適化を使用します。 HDRは、異なる露出で撮られた複数の画像を組み合わせて、ダイナミックレンジを大幅に改善した画像を作り出します。 私は、日光の下でも、露出過度でイメージを壊すことなく、風景写真を撮ることができました。 ハイパーライトは低照度モードで、複数の写真を組み合わせ、ノイズを取り除いてより美しい画像に仕上げます。 シーン認識はのとても興味深い機能で、夕焼け、空、草地、雪、森林を自動的に検出します。 全体として、スマートフォトは画像を効果的に最適化するため、SNSのギャラリーやストーリーにもとても役立ちます。 HDR パノラマ DJIは、のパノラマモードをDJIドローン製品の中で最先端だと説明しています。 私は、ハイキングで頂上にたどり着いたときに、このモードを使って風景写真を数枚撮影しました。 超広角パノラマは、広いダイナミックレンジ、卓越した色合い、鮮明なディテールを実現しています。 これは、印象的なSNS写真の撮影には理想的な機能です。 インテリジェント機能 「8Kハイパーラプスは、Mavic Air 2 の最高の機能の一つで、複雑な後処理をせずに映像に映画のようなシーケンスを加えることができます。 」 8K ハイパーラプス これはDJIがに搭載した新機能の一つで私のお気に入りです。 この機能によって、ユニークな方法で時間と動きを捉えることができます。 Mavic Air 2では、4つのハイパーラプスモードから選択できます。 フリー:Mavic Air 2がハイパーラプスを実行する間も、Mavic Air 2を完全に制御できます。 サークル:Mavic Air 2が被写体にロックオンし、その周囲を自動的に旋回します。 コースロック:Mavic Air 2が被写体にロックオンし、被写体をフレームの中心に捉え続けます。 ウェイポイント:異なる高度、距離、方向の固定地点を最大5箇所選択すると、Mavic Air 2はハイパーラプスを録画します。 8Kハイパーラプスは、現時点ではフリーとウェイポイントのハイパーラプスモードでのみ使用できます。 そのため、このようなショットの撮影では、私はウェイポイントを使用しました。 DJI Flyアプリではウェイポイントパラメーターを簡単に選択でき、ショットも素早く生成されて、最終シーケンスを作成するのに後処理作業も不要でした。 は、ハイパープラス完了直後に、完全な動画を作成します。 Mavic 2 Proと比較すると、Mavic Air 2には自分で編集しなくてはならないハイパーラプス写真ファイルはありません。 つまり、手間のかかる作業はすべてドローンがやってくれるのです。 クイックショット 「Mavic Air 2のクイックショットで私がとても気に入っている点は、DJI Flyアプリから簡単にアクセスして、数回タップするだけで、迫力ある飛行シーケンスを作れることです。 」 コンテンツクリエーターは皆、最小限の手間で最高の映像を撮影する方法をいつも探しています。 クイックショットは、旅行動画、SNSギャラリー、そしてあなたが撮影するあらゆるものに独自性を追加できる最高の方法です。 ここでは、 クイックショットレビューをご紹介しましょう。 ドローニー この美しいショットは、映像の中に息をのむような風景や独特のシーンを写し出しています。 被写体を選択すると、Mavic Air 2はゆっくりと後退し、背景を映し出します。 飛行性能 「は、Mavic Airの強固な飛行性能をベースにしつつ、さらに高い飛行安全性を追求しています。 」 OcuSync 2. 0 これは真のゲームチェンジャーです。 Mavic AirのWi-Fi伝送と比較して、Mavic Air 2では新世代のOcuSync2. 0を搭載しています。 どんな場所でも、安定した伝送品質と信号が実現されます。 またOcuSync 2. 0は、ドローンからスマートフォンに1080p解像度で送信するため、鮮明なライブ配信が可能です。 DJIは、H. 265エンコーディングでより滑らかな画像伝送を実現しました。 オリジナルのMavic Airと比較して、その優れた信号性能がとても気に入りました。 Mavic Air 2 レビュー はその比類のないカメラと飛行性能で、コンテンツ作成の世界に挑戦しています。 48MP写真は鮮明で、34分間の飛行時間は素晴らしく、OcuSync 2. 0はオリジナルのMavic Airから驚異的に進化しています。 また、DJIスマート送信機に似ている新しい送信機のデザインも魅力的です。 価格はMavic MiniとMavic 2 Proの中間に位置しますが、Mavic Air 2は、この価格で可能なドローンの境界線を一気に押し上げ、Mavic AirやMavic Miniからの理想的なアップグレードともなっています。 また私としては、3個のインテリジェントフライトバッテリー、バッテリー充電ハブ、NDフィルターセットなど多くのアクセサリが同梱されているFly Moreコンボがお勧めです。

次の

ボヘミアン・ラプソディ (映画)

ラプス 映画

映画『青の帰り道』『LAPSE ラプス』 シネマ ジャック&ベティ上映初日舞台挨拶 未来に抗え!映画の未来を切り開くクリエイター集団「BABEL LABEL」 5月11日(土)からスタートした東京再上映を皮切りに全国各地で上映が拡大している映画『青の帰り道』。 『青の帰り道』の藤井道人監督がプロデューサーを務め、自身が所属するクリエイター集団「BABEL LABEL」が始動したオリジナル映画製作プロジェクト<BABEL FILM>の第1作目となる、未来をテーマに描かれた3篇のオムニバス映画『LAPSE(ラプス)』。 7月6日(土)、この2作品が共に横浜のシネマ・ジャック&ベティでの上映初日を迎え、それぞれ初日舞台挨拶が行われた。 映画『青の帰り道』舞台挨拶 『青の帰り道』の舞台挨拶には、藤井道人監督と共同脚本のアベラヒデノブが登壇した。 『青の帰り道』は、群馬県で高校生活を共に過ごした7人の高校生たちの青春群像劇だ。 夢を追って上京したもの、地元に残るもの、それぞれが過去の思いを胸に抱き、もがきながらも未来に向かっていく姿が描かれている。 アベラは上京した時に製作した短編映画『死んだ魚のような目をした魚のような生き方はしない』(2013年)が上映された劇場がシネマ・ジャック&ベティだったと劇場との縁を話し、 「東京に出て調子に乗っていた頃。 派手な服装でアイデンティティを保っていた。 7年後、いろいろ心を折られて戻ってきました 笑 」と当時を振り返り挨拶した。 『青の帰り道』の撮影は3年前に行われた。 撮影当時を振り返り、藤井監督は、当時この作品にリョウ役で出演した横浜流星と「CMをやりたい」という話をしていたという。 「先週横浜が出ている(自身が手がけた資生堂『recipist(レシピスト)』の)CMを観て、感慨深かった」と話した。 アベラは、3年前は貯金を切り崩しながら誰が観るかもわからない自主映画を作っていたことを振り返り、TVドラマなど観客に届けられる仕事に携われるようになったことを挙げ、それには藤井の力添えがあったと感謝を伝えた。 最後に、観客からの質問時間が設けられ、藤井監督作品をずっと追っているという観客から「『悪魔』(2018年)以降作品のスケールが大きくなった印象を受けるがきっかけがあったのか」という質問が上がった。 藤井監督はこの『青の帰り道』であると回答。 「撮影が中止になったことで、一本に対する意識が変わりました。 妥協をせず、批判を浴びても責任をもって届けるという責任意識が生まれた」とこの作品が藤井監督にとっての転換となる作品であったことが明かされた。 映画『LAPSE ラプス』舞台挨拶 続いて行われた映画『LAPSE(ラプス)』の舞台挨拶では、『失敗人間ヒトシジュニア』から中村ゆりか、根岸拓哉、アベラヒデノブ監督、『リンデン・バウム・ ダンス』からHAVIT ART STUDIO 今野里絵監督、『SIN』の志真健太郎監督、そして山田久人プロデューサーと藤井道人プロデューサーが登壇した。 藤井プロデューサーは、この作品がBABEL LABELが始動したオリジナル映画製作プロジェクト<BABEL FILM>の第1作目の作品であり、オムニバスの形式で、3人の監督に、近未来を舞台に未来に抗う人々の希望や葛藤を描いてもらった作品と紹介。 1作目の『失敗人間ヒトシジュニア』は、クローンと人間が共生する2050年、20歳の誕生日にクローンの失敗作だと知らされたヒトシジュニアの物語だ。 監督・脚本・主演のアベラヒデノブは、自分の容姿や10年以上会っていない父親との葛藤といった個人的なコンプレックスを描いたという。 言葉にすると重いテーマだが、「深刻にならず、笑い飛ばしてもらえば」と語った。 また、「(劇中で中村ゆりかが着ている皮ジャンなどのハードな)衣装は映画『ターミネーター』(1984年)をイメージしています 笑 」とフェミニンなイメージの普段の中村ゆりかとのギャップを見どころにあげた。 絶望した主人公・ヒトシジュニアの前に現れるクローンの初美(ハッピー)を演じた中村ゆりかは、「監督の人生が反映されてるのが面白いと思いました。 SFっぽい描写があって、クローンですがクローンっぽくない。 監督と話し合って役作りをしました」と話す。 クローンたちのグループのリーダー・リュウ役の根岸拓哉は、「30分という短い尺の中で、楽しい時間と悲劇的な時間のギャップを激しく、わかりやすく演じたいと思って作り上げました」と語った。 2作目の『リンデン・バウム・ハウス』は、AIに医療が委ねられた2028年が舞台。 植物人間状態の祖母と向き合うことで、AIが人間の生命について判断を下す関係性に疑問を抱く女子大生を描く。 HAVIT ART STUDIO 今野里絵監督は、前回の舞台挨拶は妊娠中で、今は出産して母となったという。 この作品を通して「自分も命の在り方を改めて考えさせられた」と語った。 山田久人プロデューサーは、各監督にはまず「未来について」というお題で考えてもらったという。 ラッパーのSALUに映画を観てから書き下ろしてもらったという主題歌に触れ、映画の最後に曲を聴きながら「未来について考えてもらえれば」と語った。 3作目の『SIN』は、2082年を舞台に、幼少期 に見た未来の自分のシミュレーション映像が現実となっていく青年の苦悩を描いた作品。 志真健太郎監督は「未来について考えたときに、いつの時代も未来に向かって生きている存在である子どもを主人公にと考えた」と着想について話すと、これから観る観客に向けて「子供の目線 で世の中を観てどういう気持ちになるのか、と考えて楽しんでもらえれば嬉しい」と語った。 『青の帰り道』、『LAPSE(ラプス)』 ともに、未来に向かって今をもがく若者たちの姿が描かれている。 ぜひこの上映機会で触れてみてほしい。 歌手を夢見て地元を離れ、上京するカナ(真野恵里菜)。 家族と上手くいかず実家を出て東京で暮らすことを決めたキリ(清水くるみ)。 漠然とデカイことをやると粋がるリョウ(横浜流星)。 カナとの音楽活動を夢見ながらも受験に失敗し地元で浪人暮らしのタツオ(森永悠希)。 できちゃった婚で結婚を決めたコウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳)。 現役で大学に進学し、意気揚々と上京するユウキ(冨田佳輔)。 5歳のアマは政府公認の教育機関エルサに呼び出される。 「20年後…アマ君はお母さんを殺す。 その確率が 高いんだ」エルサによって見せられたシミュレーションには、犯罪に手を染め、大切な人たちを傷つけてしまう、自分の暗い未来が映っていた。 アマは告知された自分の未来に抗いながら、必死に生きていく。 『失敗人間ヒトシジュニア』(監督:アベラヒデノブ) クローンと人間が共存する2050年を舞台に、 自分がクローン人間の失敗作だったと知らされる男を描く CAST: アベラヒデノブ、中村ゆりか、清水くるみ、ねお、信江勇、根岸拓哉、深水元基 他 STORY: クローンと人間が共生する2050年。 20歳になった大学生のヒトシジュニアは突然、自分がクローン人間の失敗作なのだと聞かされ、彼女にも振られ、絶望の淵に立たされる。 隣に現れたのは美女・初美 ハッピー。 初美も同じく親に捨てられたクローンの失敗作だった。 20歳を迎えたクローンは、クローン元の人間に捨てられると国に回収され、破棄されるという。 ヒトシジュニアは生きるため、育ての親を殺し戸籍を奪う決断を迫ら れる。 『リンデン・バウム・ダンス』 (監督:HAVIT ART STUDIO/ハビット アート スタジオ) 2082年を舞台に、幼少期にシミュレーションで見た自分の暗い未来が現実化し、苦悩する男を描く CAST: SUMIRE、小川あん 他 STORY: 人間が人工知能に医療を委ねている2038年。 大学生のヨウは夢を見ていた。 人工知能Satiによる延命治療を受ける10年間寝たきりの祖母の若い頃 を想像し、一緒に深夜のダンスホールで踊っている夢。 そこは彩り豊かな、音楽世界だった。 ヨウは何でも分かっているように振舞うSati、それ を頼りきっている家族に苛立ちを募らせていた。 人工知能の法律改正によって祖母の延命中止が決まると、ヨウは大きな行動に出る。

次の

映画『LAPSE ラプス』現役JKが『失敗人間ヒトシジュニア』出演のねおさんにインタビュー!「未来」について語り合う!

ラプス 映画

技法 [ ] 動画中の時間を実時間より速めるという映画技法に、空間移動の要素を付け加えたものである。 一般的には、正確に定められた固定点にカメラを向け、そのまま長い距離にわたって移動させる。 レールやカメラドリーの使用が適さない長距離の撮影では、手作業でカメラの移動が行われることもある。 撮影した一連の静止画を作業で継ぎ合わせて動画とする。 歴史 [ ] 「ハイパーラプス」という言葉を作ったのはアメリカ人の映画製作者ダン・エッカートだが、実質的に普及させたのは、自作に『ベルリン・ハイパーラプス』 (2012年)という題名をつけたビデオ・アーティストのシャハブ・ベズミ である。 エッカートやベズミに影響を与えたのは、などの実験的ドキュメンタリー映画で知られるアメリカ人監督、ゴッドフリー・レジオである。 レジオの作品で用いられるタイムラプス・シーンは、時空の移り変わりによって人間を超えた全知の位置に視聴者を導き、ある種のパトスを惹起するように意図されていた。 ハイパーラプスの源流となったもう一つのテクニックはガイ・ローランドによって発明された。 ローランドは1986年にカメラを用いて映像的実験を行い、被写体を並べて撮影しながら1フレームごとに視点を移動させるイメージ圧縮のテクニックを編み出した。 ローランドは1991年にで撮影したスーパー8mm作品 Pace によってこの技法を完全に確立した。 4年後の作品 Pacer でも同じ技法が採用され、 Pace の映像的テーマがさらに深められた。 Pacer の撮影地はやはりモントリオールであったが、撮影には16mmの巻き取り式製カメラが用いられていた。 ローランドは同作で技法を発展させ、現代のハイパーラプス動画で一般に用いられている移動や回転の様式を作り出した。 1995年には低解像度の版 Pacer がビデオ・マガジン『チャンネル・ゼロ』に収録され、ローランドの技法は広い視聴者に知られるようになった。 影響力の強いビジュアル・アーティストTopherZ(所属)もその一人である。 TopherZはローランドの技法から影響を受けたことを公言しており、 Nirvana Drive などの映像作品でこの映像的テーマを掘り下げている。 2004年に公開されたローランドの映像作品 Spacer でハイパーラプスは完成の一歩手前まで来た。 同作は2001年から翌年にかけてで撮影された。 当時はデジタル撮影の萌芽期であり、撮影には自動露出デジタルカメラのや、最初期のデジタル一眼レフであったが用いられた。 リニアなフィルム・リールからデジタル方式へ移行したことで編集上の制約は少なくなったものの、ローランドはデジタルカメラの処理速度や記録媒体容量の不足に悩まされた。 現在ではもはやハイパーラプス動画を作成する上でこれらが障害となることはない。 Spacer は世界各地の映画祭で70回以上上映され、 ()実験映画賞など多くの賞を受けた。 同作はカナダ国立映画制作庁()に販売され、その機会に Kino Citius と改題された。 NFBはローランドとともにこの技法を用いてフルデジタルの Citius を製作することを計画していたが、カナダの政治状況の変化により中止された。 発展 [ ] デジタル撮影の画質向上によって、より効率的な露出方式が使えるようになり、ポストプロダクション・プロセスにおいて画像シーケンス安定化を行う自動化ソフトウェアの性能もさらに強化された。 加えて、の撮像素子の最大解像度が年々増大していることで、ポストプロダクションでズーム比を拡大しても画質の低下が目立たなくなった。 これによって技法の可能性がさらに広がり、画像シーケンスのダイナミクスがさらに向上した。 同社のデモビデオは2013年に公開され、広く視聴された。 が所有する画像共有ソーシャルサービスは2014年8月24日に「」という名のアプリを配信開始した。 同社の画像安定化技術とモバイル機器のカメラアプリを用い、タイムラプス動画を手軽に作成できるものである。 2014において、の研究グループの一つが「ハイパーラプス」に似た動画作成アプリを発表した。 プラットフォームとしてはや、が想定されていた。 このアプリはカメラを用いるもので、ヘルメットカメラで記録したロック・クライミングやサイクリングなどの一人称映像を、視点がスムーズに移動するタイムラプス動画へと変換するアプリである。 このような一人称映像は一般に不規則な振動を含み、高速で再生すると振動が拡大されてしまう。 したがって、単純にフレームのサブサンプリング を行って従来の動画安定化処理を施すだけでは良い結果は得られない。 マイクロソフトリサーチの新しいアルゴリズムでは、まず各フレームについて、カメラがたどった軌跡と被写体のプロキシモデルを3D仮想空間の中に生成する。 次に、振動を除去した仮想カメラパスを作る。 パスは現実の軌跡になるべく近づけられるとともに、レンダリング不能なアングルを含まないように調整されている。 最後に仮想カメラの視点から見た映像がレンダリングされる。 1枚のフレームを出力するために、前後のフレームから画像の一部を抽出し、プロキシモデルの上に投影してシームレスにつなぎ合わせている。 脚注 [ ]• Shahab Gabriel Behzumi 2012年9月. 2017年1月27日閲覧。 EUROMAXX Lifestyle Europe DW. de 2012年12月. 2013年5月9日閲覧。 Gunther Wegner 2013年1月. 2013年5月9日閲覧。 Guy Roland 2015年3月29日. NBD creative. 2017年1月28日閲覧。 Kemu 2009年1月8日. SOURCE Visuals. 2017年1月28日閲覧。 Gizmag 2013年3月21日. 2017年1月28日閲覧。 TeehanLax. 2017年1月28日閲覧。 2015年10月23日時点のよりアーカイブ。 2016年2月4日閲覧。 DailyTimelapse. com 2013年4月9日. 2016年3月4日時点のよりアーカイブ。 2017年1月28日閲覧。 research. microsoft. com. 2015年5月27日閲覧。 Vancouver SIGGRAPH2014. 2017年1月28日閲覧。 Kopf 2014年8月. Microsoft Research. 2017年1月28日閲覧。 Kopf, Johannes; Michael Cohen 2014. PDF Technical report. Microsoft Research. 訳注 [ ].

次の