銀婚式。 【結婚25周年】銀婚式のプレゼント探しに役立つ由来や風習をご紹介!

【結婚25周年】銀婚式のプレゼント探しに役立つ由来や風習をご紹介!

銀婚式

価格:3,500円(税抜き) 妻への銀婚式のプレゼントは西武・そごうのe. デパートがおすすめ 銀婚式に妻が喜ぶおすすめプレゼントをご紹介してきましたが、これだ!と思うプレゼントは見つかりましたか? ここで紹介した商品は、全てで購入できます。 スマホやインターネットから24時間いつでも注文できるので、お店が開いている時間に買い物にいけないという方にもおすすめ。 また、ご指定のセブン-イレブン店舗でも受け取れるので、奥さまに内緒でこっそりプレゼントを用意できますよ。 ぜひ思い出に残る素敵な銀婚式にしてくださいね。 あわせて読みたい• 2019-08-22 「60歳になるお母さんやおばあちゃんへ、素敵なプレゼントをあげたい!」 「何をあげたら喜んでもらえるか、迷ってしまう…」 という方に! この記 […]• 2019-08-22 70代のお母さんに、素敵なプレゼントを贈りたい! 大事なお誕生日のお祝いだからこそ、喜ばれるものをあげたいですよね。 この記事では、70代の […]• 2019-08-22 77歳の長寿のお祝い、喜寿祝い。 ご両親や祖父母、上司や恩師など、お世話になった方への喜寿祝いは、喜んでもらえるプレゼントを贈りたいですよね! […]• 2019-08-22 長寿祝いは、60歳の還暦をはじめ、古希、喜寿、傘寿、米寿などと続いていきます。 長生きしてほしいという願いを込めて、思い出に残るプレゼントを贈りた […]• 2019-06-10 両親や、友達に。 お世話になった会社の上司に。 もらって嬉しいお中元を贈りたい! この記事では、西武・そごうのe. デパートで買える高級感のあるオシ […]• 2019-07-12 大切な女性の誕生日プレゼント。 喜んでもらえる物を贈りたいですよね! 「社会人の彼女が欲しいものってなんだろう?」 「去年あげたものとかぶ […].

次の

欲しいのは「物」よりも「思い出」!結婚25周年の銀婚式って何をするべき??

銀婚式

価格:3,500円(税抜き) 妻への銀婚式のプレゼントは西武・そごうのe. デパートがおすすめ 銀婚式に妻が喜ぶおすすめプレゼントをご紹介してきましたが、これだ!と思うプレゼントは見つかりましたか? ここで紹介した商品は、全てで購入できます。 スマホやインターネットから24時間いつでも注文できるので、お店が開いている時間に買い物にいけないという方にもおすすめ。 また、ご指定のセブン-イレブン店舗でも受け取れるので、奥さまに内緒でこっそりプレゼントを用意できますよ。 ぜひ思い出に残る素敵な銀婚式にしてくださいね。 あわせて読みたい• 2019-08-22 「60歳になるお母さんやおばあちゃんへ、素敵なプレゼントをあげたい!」 「何をあげたら喜んでもらえるか、迷ってしまう…」 という方に! この記 […]• 2019-08-22 70代のお母さんに、素敵なプレゼントを贈りたい! 大事なお誕生日のお祝いだからこそ、喜ばれるものをあげたいですよね。 この記事では、70代の […]• 2019-08-22 77歳の長寿のお祝い、喜寿祝い。 ご両親や祖父母、上司や恩師など、お世話になった方への喜寿祝いは、喜んでもらえるプレゼントを贈りたいですよね! […]• 2019-08-22 長寿祝いは、60歳の還暦をはじめ、古希、喜寿、傘寿、米寿などと続いていきます。 長生きしてほしいという願いを込めて、思い出に残るプレゼントを贈りた […]• 2019-06-10 両親や、友達に。 お世話になった会社の上司に。 もらって嬉しいお中元を贈りたい! この記事では、西武・そごうのe. デパートで買える高級感のあるオシ […]• 2019-07-12 大切な女性の誕生日プレゼント。 喜んでもらえる物を贈りたいですよね! 「社会人の彼女が欲しいものってなんだろう?」 「去年あげたものとかぶ […].

次の

結婚記念日

銀婚式

日本でも結婚記念日が当たり前に祝われるようになったのは、1894年(明治27年)に明治天皇が「大婚二十五年祝典」として銀婚式のお祝いを執り行ってからで、他の結婚記念日よりも日本人にとって馴染みの深いものとなっています。 ちなみに、結婚記念日を祝う風習は、イギリス発祥だといわれています。 イギリスで結婚記念日を祝う風習が始まった当初は、結婚5年目、15年目、25年目、50年目、60年目の5回のみお祝いしていたそうです。 それがやがてアメリカに伝わり、その際に、15年目までは毎年、15年目以降は5年単位で祝うような現在の形に年数が増えたそうです。 結婚記念日を1年目から順を追って見ていくと、 1年目の紙婚式、2年目の藁婚式(綿婚式)、革婚式(3年目)、花婚式(4年目)、木婚式(5年目)、鉄婚式(6年目)… と、年数を経るごとに、それぞれの結婚式の象徴がやわらかく頼りない物から固くしっかりした物へ、価値も高い物へと移り変わっていくことが分かります。 名称は国や地域によっては物が少し異なる場合もありますが、この変化に関しては世界的に共通しているようです。 また、それぞれの結婚記念日には、夫婦2人の関係性を象徴する意味があります。 例えば5年目の木婚式。 夫婦になって5年も経つと、互いの絆も深まってきます。 それを、固く結ばれた1本の木に例えているのです。 また、結婚して15年が経てば、2人の信頼関係はさらに強固になり、透き通った水晶のような曇りなきものになるといわれ、15年目を「水晶婚式」と呼んでいます。 そして、 結婚25年目の銀婚式は、2人で歩んできたお互いの人生の一区切りとして、「磨けば光るいぶし銀のような奥深い美しさ」の銀に例えられます。 このように、それぞれ一緒にいる年月の分、愛や絆が深まっていくことを「物」で表しているのが、結婚記念日の名称なのです。 銀婚式以降の結婚記念日は、それぞれ宝石の名前がつけられています。 そのため、特に、結婚記念日発祥の地であるイギリスをはじめとしたヨーロッパでは、その名前にちなんだ宝石を夫婦で贈り合う風習があります。 銀婚式では、銀にちなんでネックレスや指輪などのシルバーアクセサリーを贈ります。 また、シルバーのスプーンやフォークなど、食器類を贈ることもあるそうです。 明治以降日本でも一般的となった結婚記念日は、毎年何らかの形でお祝いされる方は多くいらっしゃいますよね。 しかし、 25年目の節目の年といえる銀婚式となると、家族や親戚、親しい友達、これまでお世話になった人たちなども呼んで、豪華にお祝いの会を開くことも多いようです。 また、結婚25年目にもなると子どもが高校生や成人している方が多く、ご夫婦ではなく子供や周りの人が主催者となって、ご両親にお祝いをすることもあります。 そのため、記念日を迎えるご夫婦があまり大げさなお祝いを好まない場合でも、家族で集まって手作りの料理などでホームパーティをしたり、外食や旅行を計画したりすることもあるようです。 日本人には古くから、人生の節目を大切に考える感覚があります。 例えば、七五三や成人式、さまざまな長寿祝いも、人生の節目と新たな門出を祝う風習です。 結婚記念日そのものは海外から伝わったものですが、今では日本にも根付いているお祝いの風習となっています。 海外では夫婦だけでお祝いすることも多いようですが、日本においては、 夫婦2人の節目の年である銀婚式にも、たくさんの人が立ち会って新たな門出をお祝いすることも多いものです。 こうしたお祝いの場を設けられることは、日本ならではと言えるステキな銀婚式の風習だといえるでしょう。 銀婚式に喜ばれるプレゼント5選 結婚25年目の銀婚式で、節目の年を迎えたご夫婦には、これまでの感謝と祝福の気持ちを込めてプレゼントを贈りましょう。 ここでは銀婚式にぴったりな5つのアイテムを紹介します。 プレゼント選びにお悩みの方は、ぜひご覧ください。 (1)花束 プレゼントの大定番といえば、やっぱり花束。 お祝いされるご夫婦の好きな花や、「感謝」「愛情」など明るく、前向きな花言葉を持つ花を贈ってみてはいかがでしょうか。 最近は、長持ちするプリザーブドフラワーにも人気があるので、ずっと大切にしてもらいたいと考える人はこちらがおすすめです。 「銀婚式」にちなんで、グレーやホワイトなど銀色に近いお花を選ぶのもいいでしょう。 予算は5,000~1万円程度です。 もちろん高価な花束でなくてもOK。 大切なのは気持ちです。 もう少し予算を抑えて、小さなお花と一緒にお孫さんに描いてもらった可愛らしい似顔絵をプレゼントするのも素敵な演出ですね。 (2)銀製品 「銀婚式」にちなんで、銀製品の贈り物をするのは定番です。 素敵なデザインのシルバーの銀食器やカトラリー、タンブラー、アクセサリーなど、プレゼントにぴったりな銀製品はいろいろとあるので、好みに合わせて選ぶようにしましょう。 夫婦おそろいの銀製品を贈るのも粋な演出です。 シルバーはプラチナやゴールドよりもリーズナブルで安いため、比較的購入しやすいといえるでしょう。 予算は5,000~3万円程度です。 (3)お誕生日新聞 「お誕生日新聞」とは誕生日や記念日、結婚式当日の新聞を贈るとてもユニークな思い出ギフトです。 お誕生日新聞は、 節目の年である銀婚式のプレゼントとしてぴったり。 夫婦の結婚式や入籍日の新聞を取り寄せて、みんなで当時の思い出に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。 懐かしい思い出を振り返りながら、きっと素晴らしいひと時を過ごせるでしょう。 値段の幅が広いお箸ですが、銀婚式のプレゼントであれば奮発してちょっといいお箸を贈りましょう。 夫婦で色違いのものにすると、より夫婦箸らしくなりますね。 また、お箸に名前を入れてもらうと世界にひとつだけのプレゼントになるでしょう。 予算は3,000~1万円程度です。 (5)ビンテージワイン お酒が好きな夫婦に贈り物をするときには、 ビンテージワインのプレゼントがおすすめです。 色は赤でも白でも構いません。 ワインが苦手な場合、シャンパンがおすすめです。 結婚記念日のビンテージワインを贈ると、特別感を演出できるでしょう。 さらにラベルに写真を彫刻したり、メッセージを添えたりすることもできるので、ひと工夫を加えてみてはいかがでしょうか。 1本2万円程度の予算で準備できます。 夫(妻)から伴侶へのプレゼント 銀婚式を迎えた夫婦それぞれが、パートナーにプレゼントを贈るのも粋な演出です。 その場合、ペアになるものをプレゼントしたり、旅行や食事など二人で楽しめるものを贈ったりすると素晴らしい記念になるでしょう。 ペアリング・指輪 結婚指輪もすてきですが、結婚記念日の節目に新しいペアリングを二人で購入するのもすてきです。 新しい指輪を交換し合うことで、新婚当時を思い出すことができるでしょう。 ペアリングはさまざまなメーカーが発売していますが、その中でも 大人のカップルには高価なティファニーなどが根強い人気のようです。 シルバーのものであれば1つ2万円程度、プラチナ製であれば1つ10万円程度で購入できます。 ペアウォッチ・ペア時計 アクセサリーを付ける習慣がない人は、実用的で便利なペアウォッチを選んでみてはいかがでしょうか? 腕時計は職場でもプライベートでも いつも身に着けていたいと考えているご夫婦にぴったりです。 時計はブランドによって予算が大きく変わります。 相手の好みがわからない場合は、時計の入っているカタログをプレゼントするのもいいですね。 ある程度長く使うためには、保証やサービスがしっかりした時計メーカーや有名ブランドの時計を選んでみてはいかがでしょうか? ひとつ3万円程度で購入できるものも少なくありません。 旅行・旅行券 銀婚式を節目の年と考えて、夫婦で旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。 奮発して海外旅行に出かけるのもいいですし、予算やスケジュールに限りがある場合、1泊程度の国内温泉旅行に出かけるのもおすすめです。 旅行券などを贈るのも素敵です。 せっかく旅行するのであれば、少しいいホテルや旅館を選んで良質なサービスや食事を楽しみたいものですね。 温泉旅館であれば1泊2万円程度、海外旅行であれば10万円くらいを予算としてみておきましょう。 一緒に旅行する中で、新婚旅行の思い出を思い出せそうですね。 レストラン・料亭のディナー スケジュールなどの事情で旅行は難しいけれど、夫婦水入らずで思い出をつくりたいと考えている方は、高級な料亭やレストランでのディナーを企画してみてはいかがでしょうか。 おいしい料理に舌鼓を打ちながら、お酒を楽しむと会話もきっと盛り上がるはずです。 懐石料理やフレンチなど、夫婦二人の好みに合わせて会場を選ぶようにしたいものですね。 予算はひとり1万円程度でみておきましょう。

次の