酒田 ケーブル テレビ。 酒田ケーブルテレビが放送停止。社長以外従業員は存在せず株主も不明。

100103876500

酒田 ケーブル テレビ

太字の数字はやの。 (英略称)のみ:一部地域でその放送局が常時視聴可能(地域は未特定、ネットワークが同一の場合省略)、でサブの系列扱いとなっているもの。 なお、秋田市以南の沿岸部では、テレビユー山形を直接受信で視聴可能。 浜通り北部(新地町、相馬市、南相馬市)は、宮城県の民放4局視聴可能。 群馬県:地域。 栃木県:県南・県央地域。 茨城県:・地域。 北茨城では福島の民放局が受信可能。 放送大学は2018年9月30日で通常放送を終了し、その後1か月間の告知を経て停波。 なお、笹子峠以東の郡内地域ではが受信可能。 石川と愛知は富士山山頂のみ。 北杜市の一部では長野県の民放4局が受信可能。 また、在京キー局やも視聴可能な所が多い。 また、在京キー局や在名広域局も視聴可能な所が多い。 富士見町の山梨の県境付近では山梨の YBS・UTY が受信可能。 信濃町の一部では新潟民放局が受信可能。 の一部ではCBCテレビと名古屋テレビ放送が視聴可能。 愛知県:三重テレビ放送は愛知県内の86. 3パーセント(世帯比)をカバー。 田原市の一部では静岡県の民放局が浜松中継局を通じて受信可能。 岐阜県:であれば、テレビ愛知が視聴可能。 また、岐阜地域や中濃地域の平野部の一部ではケーブルテレビに加入すれば、三重テレビ放送やテレビ愛知が視聴可能。 さらに長野県の放送局や北部では富山県の放送局が視聴できることがある。 関ヶ原町の一部ではが受信可能。 三重県:地方の大半や以南の一部は在阪広域民放テレビ局4局が受信可能。 また名張市のケーブルテレビ、ではサンテレビジョンと京都放送が視聴可能(アナログ放送のみ)。 大阪府:サンテレビジョンは大阪府内全域もカバーしている。 兵庫県:ケーブルテレビは播磨・西淡路でもテレビ大阪となる。 播磨地域では岡山・香川民放4局が受信可能。 淡路島では徳島の四国放送が受信可能。 兵庫県北部の一部地域は鳥取県エリアであるが、キー局は兵庫県のチャンネル基準になっている。 NHK総合は1、日本海テレビは10、山陰放送は4である。 滋賀県:、など在名広域民放局が受信可能な所がある。 ケーブルテレビに加入すればでは瀬戸内海放送が、宿毛市では愛媛朝日テレビが、旧十和村では愛媛朝日テレビとテレビ愛媛が視聴可能。 香川県ではエリアで近畿圏4局とサンテレビジョン、高松都市圏エリアではサンテレビジョン、・エリアではサンテレビジョン・毎日放送・朝日放送テレビが視聴可能。 その他の香川県のケーブルテレビではが行われていない。 直接受信では香川県の・・の沿岸で近畿4局とサンテレビジョンのデジタル放送が視聴可能。 のごく一部ではテレビ大阪も視聴可能。 ワンセグでは旧日生町付近で在阪広域民放局とNHK神戸が受信できる。 島根県:ケーブルテレビに加入すれば広島ホームテレビ・山口朝日放送・テレビせとうち・サンテレビジョン(局によって異なる)が視聴可能。 また、島根県・の共同アンテナ(一部を除く)では広島県の4局が視聴可能。 また県南部の沿岸では、愛媛県の4局が視聴可能。 ケーブルテレビに加入すれば広島市近郊、府中市、福山市(旧・新市町)を除きテレビせとうちが視聴可能。 広島県中東部のケーブルテレビではテレビせとうちのデジタル放送が視聴可能。 県の西部中部の瀬戸内側では福岡波or大分波、東部では広島波or愛媛波、北東部では山陰波が強く入感する。 しかしながら、地形の関係で視聴困難な地域もあり、ケーブルテレビにも加入することのできない地域の場合は、サガテレビとNHK佐賀放送局・NHKEテレしか視聴できない。 ちなみに、熊本県や長崎県の各民放4局をも視聴できる地域もある。 なおケーブルテレビでは他の福岡4局が見られる地域も多く、エリアでは熊本4局が視聴可能な地域もある。 受信可能な地域は、・の各一部など。 北部や中部・西部の標高の高いところなどでは福岡波が、以南の沿岸部では愛媛波が、国東半島以北の沿岸部では山口波が、では熊本波が受信可能。 受信状況が良ければ沿岸部で広島・岡山の放送局が受信できることがある。

次の

会社概要

酒田 ケーブル テレビ

酒田市 テレビアンテナ調整。 最近、テレビの映り方がよくない。 電気屋さんに見てもらって、テレビアンテナの調整をしてもらわないといけない。 台風の風で傾いたテレビアンテナの修理を依頼しないといけない。 ケーブルテレビを終了させて、地デジのテレビアンテナを取り付けるつもりだ。 引越しでアンテナを取り外して持っていきたい。 共同でテレビを視聴するためのTVアンテナをマンションに取付けたい。 など、テレビの画質への物足りなさやお望みがございましたら、気軽にお電話でお問い合わせください。 テレビアンテナ工事も含め、アンテナ・テレビの不具合に対処します。 テレビは今日では暮らしにかかせない製品です。 テレビが見られない至急の110番対応で、即日の出張をお望みでしたら、お電話でご連絡いただいた際にお申し付けください。 ケーブルテレビやフレッツテレビを止めたので、テレビアンテナを取り付けることにした。 新築の戸建ての住宅で、屋根にはアンテナを立てたくない。 平面のデザインアンテナを取り付けたい。 新品のアンテナを取り付けてさほど日数は経っていないが、引越しすることになったために、テレビアンテナを取り外して、移設、引越し先にまた取り付けたい。 テレビアンテナの取り付け・取り外し等、テレビアンテナ工事設置業者は、信用できる業者にご用命ください。 地デジ用途のアンテナ、BS・110度CSのパラボラアンテナ等の取付・交換取替・撤去や、ケーブルを引き込んでの接続、屋根裏から室内へのテレビアンテナ配線に対応いたします。 魚の骨ののような形のアンテナではなく、平面のデザインアンテナの住宅の壁への取り付けも需要が高まっています。 テレビの電波の強度や方向を見極めて最適なアンテナを提案いたします。 地デジのデザインアンテナの取付と一緒に、BS・110度CSアンテナもまとめて、壁面・ベランダへの取り付けも出来ますし、必要に応じて、BS・110度CSと地デジUHFの分配混合ブースターの設置工事も対応いたします。 台風でテレビアンテナが倒れた。 アンテナの支柱が折れ曲がってしまった。 アンテナが傾いた。 テレビアンテナ修理は、屋根の上に登っての危険を伴う高い所での作業となりますし、時間もかかりますので、プロの作業員の技量におまかせください。 また、長年の使用で、劣化が進んでいる状態のときもアンテナ交換をご提案いたします。 突風や取付が完全でなかった場合等、アンテナの角度や方向がずれてしまう場合があります。 適切なアンテナの方向を探すのは、労力がかかる作業になります。 テレビアンテナの調整は、是非お任せください。 また、どのように調整しても受信レベルが不十分な際にもご用命ください。 電波障害の調査・対策の作業に対応します。 雷を要因とする被害を除けば、魚の骨のような八木アンテナの故障は、少数ですが、スカパーやwowowの視聴に用いるパラボラでは、時どきケーブルがつながるコンバーターの箇所が故障する場合があります。 テレビが視聴できない、映り方が悪いといっても、その要因の特定は骨が折れる場合があります。 テレビアンテナの修理は、実績のあるプロの作業員の技量におまかせください。 冬の季節に積雪が観測された場合には、雪のアンテナへの付着により、テレビの映り方が悪くなることがございます。 アンテナへの積雪の対策でお悩みの際には、ご連絡ください。 また、海岸に近い場所では、塩害への対策をしたアンテナ製品もございます。 こちらもご要望がございましたらご相談ください。 マンションなどの集合住宅や会社ビル、店舗等で、共同でテレビの視聴ができるTVアンテナの取付工事を実施します。 アンテナの耐用年数はだいたい10年程度と言われています。 マンションなど共同でテレビ視聴するためのTVアンテナは早め早めの入れ替えが安心です。 遠慮なくご用命ください。 テレビアンテナ修理のみならず、テレビなどの出張修理もおまかせください。 テレビがどうしても視聴できない状況で、調子が悪い原因が特定できない。 DVDやブルーレイレコーダーの設定や接続の仕方が分からない。 等、訪問して故障の原因を特定したり、設定・接続の代行など、対応します。 画面の大きい液晶テレビを電気店に持ち込むのは相当な苦労ですし、不具合の原因に見当が付いていない段階で、電気屋に持っていくのはためらいを感じる面もあるかと思われます。 お気軽にお問い合わせください。 シャープのアクオスをはじめとして、三菱・東芝・日立・ソニー等、各々の製造業者の製品のTV修理に対処します。 さかた海鮮市場:さかた海鮮市場は、日本海で水揚げされたばかりの新鮮で美味しい魚を取り揃えている市場で、1階にある菅原鮮魚は地魚を中心とした品揃えとなっており、調理方法の案内から、持ち帰りに便利な箱詰めも依頼できる他、ウッドデッキや送迎テラスからは酒田港を一望できるため定期船の見送りをする人も多く、2階の海鮮どんや「とびしま」では、酒田港を眺めながら海鮮丼や船盛膳などを楽しむことができ、人気だそうです。 酒田港は、最上川の河口に位置し、日本海に面している港で、鉄道では羽越本線の支線としての日本貨物鉄道(JR貨物)、酒田港駅が設けられているそうです。 土門拳記念館:土門拳記念館は、昭和49年に酒田市名誉市民第1号となられた時、同氏より全作品の約7万点が市に寄贈され、それを受けて個人の写真展示館として昭和58年に開館された記念館で、館内では土門氏の全作品を収蔵し、年数回、展示替えをして順次紹介し、建物や中庭の彫刻、 銘板・年譜、造園設計・オブジェなどは、各々の分野で日本を代表する人々の手によって建造されており、それぞれが土門氏との結びつきを感じさせてくれるようです。 土門拳は、昭和時代に活躍した写真家で、第二次世界大戦後の日本を代表する写真家の一人とされ、写真界で屈指の名文家としても広く知られたそうです。 玉簾の滝:玉簾の滝は、およそ1,200年前に弘法大師が神のお告げにより発見し、命名したと伝えられる山形県随一の、高さ63m、幅5mになる直瀑で、流れ出す水は箱根外輪山の伏流水で「不老長寿の水」ともいわれ、周辺には杉の大木があり、マイナスイオンがあふれていることからパワースポットとしても人気があり、1月中旬から2月上旬の寒さが厳しい冬季には、幻想的な氷瀑を見ることもできるそうです。 手前にある「飛烟の瀧」は、大正12年の関東大震災により土砂で埋もれ、昭和になって掘り出されたましたが、渇水していたため現在見られるのは人工的に復元されたものになるそうです。 相生町 相沢 赤剥 あきほ町 曙町 旭新町 飛鳥 東町 荒町 飯森山 石名坂 石橋 泉興野 泉町 板戸 市条 一番町 稲荷沢 入船町 臼ケ沢 内町 漆曽根 駅東 円能寺 生石 大川渡 大久保 大島田 大多新田 大槻新田 大豊田 大沼新田 大野新田 大浜 大町 大宮 大宮町 大蕨 岡島田 荻島 落野目 御成町 小見 卸町 柏谷沢 片町 勝保関 門田 金谷 上青沢 上北目 上黒川 上興野 上野曽根 上本町 上餅山 上安田 上安町 亀ケ崎 刈穂 刈屋 観音寺 木川 北青沢 北今町 北里町 北沢 北仁田 北新橋 北新町 北千日町 北千日堂前 北浜町 北平沢 北俣 北町 城輪 京田 草刈谷地 草津 久保田 熊手島 熊野田 蔵小路 黒森 こあら 古荒新田 小泉 広栄町 郡山 こがね町 寿町 小林 小牧 小牧新田 古湊町 幸町 境興野 酒井新田 栄町 肴町 坂野辺新田 桜林 桜林興野 砂越 砂越緑町 山居町 三之宮 下瀬 地見興屋 下青沢 下黒川 下餅山 下安町 十里塚 常禅寺 真学寺沢 新出 新橋 新町 新屋敷 末広町 住吉町 関 芹田 千石町 千日町 総光寺沢 曽根田 高砂 高見台 竹田 田沢 楯山 中央西町 中央東町 千代田 塚淵 土崎 土渕 堤町 局 鶴田 手蔵田 寺田 天神堂 東栄町 飛島 豊里 豊原 泥沢 中北目 中野新田 中野曽根 中野俣 中野目 中牧田 中町 仲町 楢橋 成興野 新青渡 新井田町 新堀 錦町 西坂本 西田 西野町 仁助谷地 二番町 庭田 布目 橋本 初瀬 浜田 浜中 浜松町 茨野新田 東泉町 東大町 東中の口町 東両羽町 光ケ丘 引地 日の出町 日吉町 広岡新田 広野 広野新田 福山 藤塚 富士見町 船場町 麓 古青渡 法連寺 穂積 堀野内 本川 本町 本町 前川 牧曽根 升田 松原南 松美町 丸沼 政所 みずほ 緑ケ丘 緑町 南新町 南新屋敷 南千日町 南平沢 南町 宮内 宮海 宮野浦 茗ケ沢 元新屋敷 本楯 保岡 安田 山田 山楯 山寺 山元 山谷 山谷新田 遊摺部 ゆたか 横代 吉田 吉田新田 四ツ興野 米島 両羽町 若竹町 若浜町 若原町 若宮町.

次の

酒田市のフレッツ光ライトの速度測定結果(実測値)

酒田 ケーブル テレビ

山形県酒田市の民間企業「庄内社会教育事業センター」が運営する酒田ケーブルテレビ(STV)が昨年12月末から放送を停止していることが10日、分かった。 法人登記手続きを長年怠り「みなし解散」となった後、入居していた雑居ビルの停電で、業務を継続できなくなった。 社長は今年1月に死亡し、株主の構成は不明。 放送業務登録が取り消される全国初のケースとなる可能性がある。 東北総合通信局によると、STVは1983年に放送事業として許可され、受信障害などのある市中心部向けにNHKと民放の地上波などを送信していた。 ピーク時には100世帯程度が加入していたとみられるが、近年は通信局への報告を怠っており、最近の状況は不明だ。 必要とされる法人登記手続きも12年以上全く行われていなかったため、センターは昨年12月11日付で休眠会社として「みなし解散」となった。 一方、2週間後の29日には、事務所と放送設備を置いていた雑居ビル「パイレーツビル」(地上7階、地下1階)が全館で停電。 ビルは老朽化が激しく、建物所有者(千葉県松戸市)も復旧工事に着手しないため、同日以降は技術的にも放送できない状態となった。 STVの業務を1人で担っていた社長は今年1月末に死亡。 ほかに取締役や従業員はいないとみられ、株主の構成も明らかでない。 事業の継続や清算に動く関係者が全くいない状態が続いている。 社長の遺族の一人は「本人が1人でやっていた会社で、自分は関係ない。 会社のことは何も分からない」と話す。 かつて大株主だったとみられる元取締役の親族は「元取締役の相続人の死亡時に専門家に遺産を調べてもらったが、株はなかった。 自分も相続したつもりはない」と言う。 東北総合通信局によると、清算人らが現れて休止や廃止の手続きをしなければ、放送停止から1年となる今年12月末で全国初の登録取り消しになる可能性がある。 テレビの視聴などで困っている加入者は、相談してほしいとしている。 市内の90代男性は昨年12月29日、自宅のテレビが突然映らなくなった。 周辺は電波障害があってSTV加入者が多く、同様の被害を訴える人が相次いだが、センターに電話はつながらなかった。 「テレビは重要な情報源で、突然放送が止まるなんて想像もしなかった」と憤る。 別の男性は、衛星放送だけは以前に自前で設置したアンテナで受信できるが、ケーブル経由だった地上波が映らなくなった。 「電気店に新しくアンテナを立ててもらったが、難視聴地域のため地上波が入らない」と渋い顔。 それでもNHKには地上契約の解約を断られたという。 市消費生活センターにはSTVについて「契約が解除できない」などの相談が計12件寄せられた。 担当者は「今後の料金の自動引き落としは止めることで金融機関から了解を得た。 ただ、既払い分が返還されるかは分からない」と話す。 STVが市道に206本設置している電柱の扱いも問題だ。 市土木課の担当者は「事業をやめるときは撤去してもらうのが原則だ」と強調するが、事実上放置されることになりそうだ。 STVが放送設備を置く「パイレーツビル」は市中心部の飲食街で最大のビルだが、停電と立ち入り禁止が続く。 停電の原因は不明で、復旧の見通しについて所有者は河北新報社の取材に「答える必要はない」と明らかにしていない。 テナントは移転し始めており、あるスナック経営者は「所有者が復旧させるつもりがあるのか分からない。 解体費用もかさむだろうし、ビルが廃虚になる可能性もある」と話す。

次の