生き てる だけ で 丸儲け。 生きてるだけで丸儲け ~娘からの手紙~

生きてるだけで丸儲け ー 明石家さんま ー|「あん」の名言集 勇気づける言葉たち|note

生き てる だけ で 丸儲け

>「生きてるだけで丸儲け」 最近よく耳にしますが・・ 「生きてるだけで丸儲け 生まれない以上の不幸はない」と続くのではないでしょうか? 意味としては、生きている(生かされている)事はとても幸せな事であるという意味かと解釈して Nothing would make me happier if I can live my life through. [私の人生を生きれればそれ以上幸せな事はない] To be able to live is the largest degree of happiness in one's life. [生きている事は人生に於いての最大の幸せだ] いかがでしょう。 参考URL: 日本語を英語に直すことはできます。 でも、文脈なしでこのことばを英語にしたものをいっても、意味が通じるでしょうか? 「丸儲け」っていうのは、「坊主丸儲け」から来ていますよね。 「坊主丸儲け」…坊主はもとでなしで儲ける よって、「生きてるだけで丸儲け」は 『いきていることは、そのことだけで、もとでのいらない利益である』 というような意味合いになりますよね。 言い換えると 『生きていること自身が人生の利益であり、その利益に元手はいらない』 となります。 あとは英訳するのみ。 The life in itself make profit to one's life without capital. 英語の文章にはまるで自信なし。 アメリカに35年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 もしこれが「生きているということは死ぬよりまもっともっと良い」というフィリングであれば、 Lcuky to be just alive!! 死にたがっている人に対し、 living is meaningful by itself. 生きるってそれだけでも意味のあることだよ. また、丸儲け、というところをお金じゃ買えないよ、という言い方のCan't buy lifeを使って、You have something that nobody can BUY. お金では買えないものをあなたは持っているんですよ. また、この文章で、事情が何であろうと生きていることを楽しんでくださいね、というようなフィーリングであれば、Life is tough but enjoy the life you have now. などもいえますね. kay-pochサンがこの文章で何を言いたいのかで、英語による表現というものは180度変わる可能性があります. その点に気をつけて上の例文があっていれば使ってください. これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、 May happiness lead your life always. May your life be always fulfilled with Happiness. 最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ! と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います. そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、 I wish you be always filled with Happiness! アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う... 「go(to)」はなくても良いのでしょうか? 例1)I'm going to Yuki's house for dinner~ 例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt. Fuji~ このbe going to の後に「go to」は要りませんか? 他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。 英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 次の事例で説明してみます。 ---------------------- アメリカに行きます。 1 まず頭で考えます。 I will go to America. I am going to go to America. I am going to fly to America. I am going to leave Japan. I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。 I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。 次の事例で説明してみます。 ---------------------- アメリカに行きます。 1 まず頭で考えます。 I will go to America. I am going to go to America. I am going to fly to America. I am going to leave Japan. I am going to America. A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... でしょうか。 電車に乗るはget onでも間違いではないですが動作として「乗り込む」ニュアンスが強いのでここでは電車という交通機関を使うというニュアンスでtakeの方がいいかと思います。 「だけ」のニュアンスを出したい場合はonlyよりもjustの方がいいでしょう。 onlyは他を排除してこれだけの意味ですが、ここではちょっと強すぎるでしょう。 本題の「~すればよい」ですが、have toはちょっと命令口調で強いです。 shouldは日本では「~すべき」と訳され義務を表すと教えられますが、日常会話ではそれほど強いニュアンスはなく単純な助言として用いられます。 mayの方がより柔らかな印象を受けます。 すごく丁寧な言い方がお望みならば I would like to suggest you should take that train. でしょうか。 電車に乗るはget onでも間違いではないですが動作として「乗り込む」ニュアンスが強いのでここでは電車という交通機関を使うというニュアンスでtakeの方がいいかと思います。 「だけ」のニュアンスを出したい場合はonlyよりもjustの方がいいでしょう。 onlyは他を排除してこれだけの意味ですが、ここではちょっと強すぎるでしょう。 本題の「~すればよい」ですが、have toはちょっと命令口調で強いです。 shouldは... A ベストアンサー ずっと思っていた 会話中の今でもそう思ってる -I've always thought. か I've always been thinking. 現在完了形 例『i've always been thinking of you』 君のこと、ずっと思ってるよ よく似た使用例『I've always wanted this』 これ、ずっと欲しと思ってたの と思っていた-i thought.... 過去形 例『i thought you were gay. 』単純に あなたはゲイだと思ってた でも今は違うと思ってる have thought 思ってしまった は『思っちゃった』という感じ。 had thoughtは過去のある時点を語っているときに使うので、現在の話では使いません。 Q 自分の言いたいことが伝えたいニュアンスで伝えられているかがわからないことがたくさんあります。 そういうときに、以下のようなことが言いたいのですが、どういう言い方がいいかわからないので教えてください。 一応自分でも考えてみました。 よろしくお願いします。 「(英語が正しいかわからないけど)私の言いたいことわかってもらえた?」 Does it make sense? は使えますか? Do you understand what I'm saying? やGot itとかは、私の英語力からするとおこがましい気がしてしまいます。 「こんな言い方で伝わったのかなぁ?」 I wonder if I was able to express exactly what I want to say. 「英語でこういう言い方するのかどうかわからないけど・・・」 I'm not sure if you put it this way in English though. A ベストアンサー wierdoでございます。 私なりにご説明させて頂きます。 >「(英語が正しいかわからないけど)私の言いたいことわかってもらえた?」 話された直後なら、Did that make sense? でよろしいかと存じます。 直後なのでdidと過去形にし、thatは話された内容を指す意味でございます。 >Do you understand what I'm saying? やGot it? は、失礼に受け取られる懸念がございますので、フォーマルの場合には不適切かと存じます。 但し、これらは友人などに対して使われるのであれば、差し支えないと思われます。 >「こんな言い方で伝わったのかなぁ?」 I'm sorry, was that clear to you, what I just said? では如何でございましょう。 これも上記と同様、人によっては失礼と感じられる事もあり得ますが、それを避けるため、最初にI'm sorryを追加する事にで表現がよりソフトに変わります。 >「英語でこういう言い方するのかどうかわからないけど・・・」 I'm not sure if you say this in English this way, but... で良いかと存じます。 従い、I'm sorry, did that make sense? が一番汎用性が高い言い方かも知れません。 ご参考までに。 wierdoでございます。 私なりにご説明させて頂きます。 >「(英語が正しいかわからないけど)私の言いたいことわかってもらえた?」 話された直後なら、Did that make sense? でよろしいかと存じます。 直後なのでdidと過去形にし、thatは話された内容を指す意味でございます。 >Do you understand what I'm saying? やGot it? は、失礼に受け取られる懸念がございますので、フォーマルの場合には不適切かと存じます。 但し、これらは友人などに対して使われるのであれば、差し支えないと思われます... A ベストアンサー はじめまして。 感謝の直接の目的語をchance「機会・偶然」、luck「幸運」、lucky chance「幸運な偶然」、happy chance「幸せな偶然」などとすればいかかでしょう。 the chance to see youで「あなたに会えた偶然」という偶然性を出すことができます。 Thank youもいいですが、Thanks、Lots of thanksと、名詞にもとれる表現もシンプルで、言いたいことは十分伝わると思います。 in a lifetime「一生のうちに」など添えると「人生の出会い」というニュアンスが出せるかも知れません。 また「一期一会」=a once-in-a-lifetime chanceという名詞を使うのも一案です。 以上をふまえて例文は Thanks for the chance to see you in a lifetime. Thanks a lot for the luck to know you. Thanks for the happy chance to see you. Thanks for a once-in-a-lifetime chance to see you. Thank you for the lucky chance to meet you. などなど、フィーリングの合うものを組み合わせてはいかがでしょう。 以上ご参考までに。 はじめまして。 感謝の直接の目的語をchance「機会・偶然」、luck「幸運」、lucky chance「幸運な偶然」、happy chance「幸せな偶然」などとすればいかかでしょう。 the chance to see youで「あなたに会えた偶然」という偶然性を出すことができます。 Thank youもいいですが、Thanks、Lots of thanksと、名詞にもとれる表現もシンプルで、言いたいことは十分伝わると思います。 in a lifetime「一生のうちに」など添えると「人生の出会い」というニュアンスが出せるかも知れません。 また「一期一会」... Q AndとSo(なので、だから、したがって)のニュアンスの違い 私は仕事で英語でメールを書くこともたまにあります。 しかし、英語でAndとSoという単語でどちらも「なので、だから、したがって」という 意味があると思いますが、それらの単語の意味のニュアンスの違いが分からないのです。 yahooの辞書(プログレッシブ英和中辞典)で見てみると、 Andは接続詞の6番目に出てくる意味、 Soは接続詞の2番目に出てくる意味が同じですが、 その細かい使い方の違いについては書かれていません。 AndとSo(なので、だから、したがってという意味)はどのように使い分ければよいのでしょうか? 宜しくお願いいたします。 >Someone had broken a vase on the table, and it had to be replaced. >テーブルの上の花瓶が壊されていたので取り替えなければならなかった。 (テーブルの上の花瓶が壊されていた&取り替えなければならなかった) このandをsoに置き換えると: Someone had broken a vase on the table, so it had to be replaced. だから(そういう訳で)取り替えなければならなかった。 と言うニュアンスになり、壊されていたと言う事実(soの前に来る文章)をandを使用した時より少し強調しています。 下の分も同じです。 >I was very tired, so I couldn't fall asleep. >とても疲れていたので眠れなかった。 =疲れていた。 だから(このことが理由で)眠れなかった。 これをandに変えると: I was very tired, and I couldn't fall asleep とても疲れていて眠れなかった。 (疲れていた&眠れなかった。 ) 接続詞の前の文と後の文は同等レベルになります。 違いがわかりますでしょうか? 例文をちょっとみてみましょう。 >Someone had broken a vase on the table, and it had to be replaced. >テーブルの上の花瓶が壊されていたので取り替えなければならなかった。 (テーブルの上の花瓶が壊されていた&取り替えなければならなかった) このandをsoに置き換えると: Someone had broken a vase on the table, so it had to be replaced. だから(そういう訳で)取り替えなければならなかった。 と言うニュアンスになり、壊されていたと言う事...

次の

生きてるだけで丸儲け ー 明石家さんま ー|「あん」の名言集 勇気づける言葉たち|note

生き てる だけ で 丸儲け

日本のお笑いBIG3の1人「明石家さんま」さん。 その人生は、多くの死を乗り越えてきています。 実母は、明石家さんまさんが3歳の時に病死し、その後の父親の再婚相手の義母とはなかなかうまくいかなかったそうです。 仲の良かった弟は、サッカーでインターハイにもいくような選手でしたが、19歳で焼身自殺したと言われています。 そんな壮絶な人生を歩みながらも、さらに大きな事件が起こります。 さんまさんはお笑いで大ブレイクしているなか、たまたまお笑い番組の「オレたちひょうきん族」の収録が早く終わり、大阪行きの飛行機の便を早めました。 その時乗る予定だった飛行機が1985年8月12日の日本航空123便。 墜落事故を起こした飛行機だったのです。 単独機としては世界最悪の犠牲者を出し、520人もの犠牲者がでたと言われています。 収録が早く終わっていなければ…飛行機の便を早めていなければ… --------------------------------------------------------- 生きてるだけで丸儲け by 明石家さんま --------------------------------------------------------- 明石家さんまさんの座右の銘と言える言葉です。 その後、座右の銘を「わくわく死にたい」に変えるとも言っていました。 死を身近に感じながらも精一杯楽しく、感謝しながら生きることの大切さを教えてくれる言葉です。

次の

【感動】生きてるだけで丸儲けの本当の意味!明石家さんまの壮絶過ぎる人生とは!?

生き てる だけ で 丸儲け

シングルマザーの苦悩 私も一度は生きていることに疑問を持つ程の日々を過ごしたことがあります。 何もかもに否定的になり、下を向いて歩いていたと思います。 変わりたいと思う一方で、どうにでもなれと投げやりな自分もいて、ただただ時間が過ぎていました。 手紙と一輪の花 そんな私が生きていて良かったと思えた瞬間は、娘からの手紙です。 私のどんな瞬間も見てきて、それでも私に付いてきてくれた娘。 父親のいない人生にしてしまい、そんな娘に私も気を使ってしまい、でもそれも疲れてちぐはぐな日々を過ごしていた頃に一通の手紙を書いてくれました。 仕事で夜遅く帰宅した部屋に、 『毎日ママのことが大好きだよ。 いつもありがとう。 』という手紙が道でひろった花と一緒に置いてありました。 まだ甘えたい年齢なのに、ぐっとこらえている気持ちを思うと、私にはこんな宝物があるんだ!と急に日々を下向きに過ごしていた自分が恥ずかしくなりました。 そして、私はこんな宝物を一緒に生きていけるんだと幸せな気持ちが沸き上がり、生きていてよかったと心から思いました。 誰かの為に生きられること、頼りにされる幸せを当たり前と思ってはいけません。 自分に与えられた娘と言う宝物を改めて見つけることができた出来事でした。 生きてるだけで丸儲けいう言葉はその通りだと思います。 生きていて損はありません。 自分に備えられた環境に感謝して、楽しんで、更に良いものにしていく為に笑顔で生きていきましょう! 自己肯定感は生きてるだけで丸儲けの精神 自分に自信がないというのはいろんな能力や学歴、スキルなどを社会から必要とされていて、その土俵で誰かと比較して争ってしまうからです。 上を見ればいくらでもいるので、そんなところで戦っていてはどんどんつらくなっていく一方です。 それであれば、生きているだけで丸儲けと自分のことを認めてあげることからはじめてみるのはいかがでしょうか。 そして、自己肯定感はいろんな人の協力があればあるほど、高めていくことができます。 ちいさな「ありがとう」を積み重ねていくことがいち早く自己肯定感を積み重ねていくコツです。 実践心理学講座では小さなありがとうを積み重ねていくのがとても簡単にできます。 そんな環境なので自己肯定感を高めたくない人にはあまり来てほしくありません。 自己肯定感を高めたい人以外は下のリンクをクリックしないでくださいね。 参加者の8割は過去にメンタル不全や被災、難病、パワハラなどを経験しているので人の心の痛みがよくわかります。 中高生も参加していることがよくあります。 80歳の参加者もいます。 事前にご相談いただければ1:1でカウンセラーがサポートします。 比較的人数が多いのが「主婦」「個人事業主」「人事担当者」「学校関係者」そして「闘病中の方」です。 会場にひとりで(あるいは誰かと)来られる方はどんな方でも参加できます。 会場:東京都町田市原町田4-1-10フジモトビル4階.

次の