ナガラ 食品 ホルモン 鍋。 ローソンで買える280円『ホルモン鍋』はゴハンのせが最強!! 旨すぎでリピーター続出のピリ辛お得惣菜だぞ

【ローソン】ナガラ食品の「ホルモン鍋」がおいしい!超定番!

ナガラ 食品 ホルモン 鍋

ナガラ食品ホルモン鍋はこんな鍋 まぁ味のことはとりあえずおいておいて、鍋の評価を見ていきましょう。 作り方は簡単手間いらず まずは作り方から見ていきましょう。 最初は弱火、少し煮立ってきたら、中火にします。 内容量240gのほとんどが、国産牛ホルモン ご覧の通り、ホルモンがぎっしりと詰まっています。 使用されているのは、 国産牛の小腸。 この鍋の具材はホルモンとネギのみ。 ネギは少ししか入っていないので、 内容量240gの内のほとんどがホルモンなんです。 でも、世間では「美味しい」って評判だよね? そうなんですよね。 ネットで検索しても、「美味しい!「最高!」といった高評価ばかり。 私の味覚がおかしいのか・・? と、ここで思いました。 「世間では、具材を追加しているのではないか?」と。 具材を追加して味に変化を加えれば、美味しく食べられそうな気がします。 ということで、ツイッターやインスタグラムで検索してみると、たくさんのアレンジレシピが出てきました。 確かにそれならイイ感じかもです。

次の

ご挨拶:元祖味付 ホルモン鍋

ナガラ 食品 ホルモン 鍋

その中に、 薄めのアルミ鍋の姿が見えます。 それが、ナガラ食品の「ホルモン鍋」です。 なんともクラシックな外観です。 みるからにおいしそうな雰囲気を漂わせています。 ナガラ食品はこのホルモン鍋をもう30年以上は販売しているとのことです。 30年ほど前、というのは1980年代です。 それよりもっと昔から作っているような雰囲気だと私などは思います。 なんなら、1964年の東京オリンピックあたりから存在しているような外観です。 ネットで調べますと、公式掲示板は、もう スパム投稿の嵐で、なにも情報は得られません。 「ご挨拶」の1ページのみで、公式情報を知るような感じです。 (「お遊び」でオフィシャルグッズを作ったということで、そのグッズ販売ページはあります。 コンビニのローソンでしか手に入らないらしい、というのも不思議な感じがします。 どこか他のスーパーとか、通販で買える、という情報もありません。 なぜローソンのみでしか手に入らないのか、何も情報が無いのが、謎が多くて興味深いです。 ローソンのほうの公式サイトも検索しましたが、何もヒットしませんでした。 グーグルマップで見ましても、シャッターの閉まった中規模の工場の様子しかわかりませんでした。 価格は、400円ほどではなかったかと思います。 売られ方もひっそりで、インパクトはあるもののパッケージにさほど主張はなく、逆に不思議な吸引力を持っています。 フィルムの説明にもありますが、 弱火でじっくりと温め始めるのが、おいしく食べられるコツです。 逆にこのことだけ気を付ければいい、というシンプルさです。 周囲からじわじわと温まりはじめ、この写真のように、徐々に煮詰まってきます。 10分は煮込んでほしいように書かれているので、それを忠実に守りました。 味は、私はなかなかいいと思います。 初めて食べた時は、かなりおいしいと思いました! 他に、あまりこういうものは売られてないですしね。 国産の豚の小腸を使っているとのことです。 豚の小腸なのは、「こてっちゃん」とかと同じですね。 ネギも牛脂も 国産なのが地味にすごいです。 煮詰めると、味噌の味と唐辛子のピリ辛を感じて、ご飯にも合います。 おつまみにする人もおおいでしょう。 味が濃くて、あとでピリッと辛さが来るので、小さい子向けではないかな、と思います。 豆腐を入れたり、うどんを入れたり、玉子を入れたり…と さまざまなトッピングやアレンジで楽しんでいる人も多い食品ですが、とりあえず、 私は、何もしないままのほうが好きです。 この冷凍食品のファンは非常に多く、Twitterやインスタグラムでの投稿が多いです。 まずは、「プレーン」なままで食べてみて、あとは、色んな人たちのアレンジメニューを参考にするといいのかな、と思います。 うどんや豆腐、玉子はおいしそうだな、と思います。 実際に、ナガラ食品は ホルモン鍋にうどんが入っているタイプのものも、販売したことがあるようです。 「弱火で10分以上」というのを忠実に守り、好みの濃さまで煮詰めて食べるのが、個人的には好きです。 具は、ホルモンと多少のネギのみです。 カテゴリー•

次の

ローソンの隠れ絶品「ナガラ食品のホルモン鍋」は値上げ後も買う価値アリ

ナガラ 食品 ホルモン 鍋

内臓系、苦手なんですけど、ツイッターで話題になってたので、つい。 夫氏がホルモン好きで「絶対買う!!」と息まいていたもので、私が食べられなくても無駄になることも無いし、話題になってるし、試してみるかー、というノリで買いました。 結論から言うと、美味しいです。 内臓系苦手な私でも美味しく食べれました。 が!!ホルモンの臭みとかは無くて美味しいんだけど、いかんせん辛い… 辛いのが苦手な人はちょっと辛いかもしれないです。 」 ニホンゴムズカシイネ ローソンのホルモン鍋 ローソンのホルモン鍋、略してローホルって呼ばれているらしい。 製造元はナガラ食品というところ。 検索してみると、なかなかユニークな理由で立ち上げたホームページがヒットします。 インターネッツの明と暗を同時に垣間見えるようなしみじみとした「ご挨拶」が読めます。 ホルモン鍋を作り続けて30年、ファンが多い、という事はよーくわかりました。 作ってみた しみじみしたところで実際に作っている所の写真を。 ローソンの冷凍食品とかおいてある冷凍庫にあります。 パッケージビニールを破ったらコンロにかけて煮るだけ。 調理方法はパッケージのビニール右上に書いてあるので破く前によく読んでおく事。 透明で見にくいんで書いておこうかな…• フタを取り、コンロに火をかけ弱火にしてください。 このまま火にかけて、とろみが出るまで10分以上加熱してください。 また、必ず中心まで十分に加熱してお召し上がりください。 冷凍なので加熱時間は10分以上と結構時間がかかるかも。 お手軽だけど火を見てないといけないのがちょっと面倒くさいかなぁ。 と言っても火にかけるだけなんだけど。 一人飯で火にかけてる間に晩酌の準備やらなんやらしつつ、とか、卓上コンロにセットしてテレビみながらー、とかなら良いのかな。 普通の料理をしながらだとコンロが一口10分以上占領されてしまうので、微妙だなーと思てしまった。 まぁ、お一人様用の用途だと思うからヤボってもんですね。 ぐつぐつ キッチンのガスコンロで作ったんですけど、意外な盲点が。 ウチのガスコンロ、中心部分の熱が弱い。 ゆえに、真ん中がなかなか溶けませんでした。 コンロの口が大きいと外側ばかりが煮立ってしまって全体が上手く温まらないので、三口コンロなら一番小さい所で加熱するのが良さそう。 冬場はこたつの上に必要なものを全部用意しておいて、卓上コンロでジワジワ加熱しつつ出来上がりを待つのが良さそう。 とろみがついて、中心まで火が通ったな、というタイミングでニラを投入してみました。 味が濃いって話もちらほら聞いていたので、単独よりニラや万能ねぎを入れると良いんじゃないかなーとおもって。 完成 ニラはすぐ火が通るのでくたっとしたら出来上がり。 もつ鍋とホルモン鍋の違いがよくわからないんですけど、このホルモン鍋のホルモンは油っぽくなくてこれはこれで美味しかったです。 もつ鍋というより、もつ煮込みって感じなのかな~。 もつ鍋ともつ煮込みの違いもよくわかってないけど、何となくイメージで(笑) もつ鍋はぷりっぷりでブリンブリンしているイメージ、油食ってる!!って感じで、もつ煮込みは柔らかくなるまで煮込んで煮込んでモツ自体の脂身は感じないけどしっかり味が染みてる食べ物という感じ? あくまで今まで食べてきた(夫氏が食べてるのをちょっともらった)感想だけど、ローソンのホルモン鍋は後者、もつ煮込みのくくりで良いのかなぁ、と思った次第です。 ちなみに、味は冒頭で書いたように、内臓系が苦手な私でも美味しく食べれました。 が、やっぱり辛い!! 味もかなり濃いですが、それ以上に辛いっ!! 辛い物が苦手なのでひーひー言いながら食べました。 でも美味しかった。 これ、豆腐とか最後に卵入れたらかなりおいしくなりそう。 あとね、ごはんがすすんじゃうやつ。 辛さをマイルドにする方法を考えてもう一回チャレンジしてみたいと思います。 そうそう、期間限定だか個数限定でうどん入りも発売されてたっぽいです。 夫氏が仕事に行く前にローソンいって2個買ったって… そんなに好きかお前… うどん入りホルモン鍋 うどん入りはさらに加熱が難しかったです。 だいぶ煮詰まっちゃった。 もう一個あるからリベンジしたい気もするし、夫氏がお一人様ディナーで食べちゃうかもしれない。 っていうか、お前本当に内臓系苦手なのかよ?!?って感じですけど、美味しいのは食べれるんですよ(真理) 東京人が好きそうなしっかりしょっぱい味付けだったので、好き嫌いは分かれそうだけど、好きな人はハマる味だろうなーと思いました。 夫氏はすっかりハマったご様子。 コンビニで買えるって言うのがいいよね。 流行ってるの、よーくわかりました。 keruberosxx.

次の