ジャック ナイフ ストレッチ。 【腰痛持ちに朗報】ジャックナイフストレッチが腰痛に良いらしいのでやってみたぞ!

知って得する!!ジャックナイフストレッチの効果

ジャック ナイフ ストレッチ

ジャックナイフ・ストレッチとは… 腰痛のストレッチには、色々な方法が紹介されていますが、その一つに「ジャックナイフ・ストレッチ」というモノがあります。 現代人は座っていることが多いからか、昔に比べてハムストリングスが非常に硬くなっております。 そういった状態を「タイトハム」と言います。 タイトハムを解消するのには、ジャックナイフ・ストレッチがとても有効です。 ジャックナイフストレッチという呼び名は、ストレッチをしている身体の形が、ジャックナイフに似ているところから付けられた名称です。 見た目がこのように折りたたみナイフのように見えるからです。 このような形になることで、ハムストリングス(モモ裏)が伸びて、腰痛解消・予防に大変効果があるとされています。 腰痛とハムストリングスの関係 ハムストリングスは、腰痛と大いに関わってくる筋肉と言えます。 ハムストリングスが使いすぎて緊張が強いと、その上の臀部の筋肉も緊張してきます。 すると腰部の筋肉にまでその影響は波及してきます。 また、ハムストリングスには骨盤の前後の傾きを調整する役割もありますから、硬くなると骨盤が前傾しづらくなり、無理して前傾しようとすると、腰椎に負担がかかります。 だから腰痛が出てしまうのです。 そして、筋肉というのは、使われずに刺激がない状態が長く続いても硬くなってしまうという性質があります。 筋肉というのは程よく使われることで良い状態を保つことができるのです。 従来のストレッチとは何が違うのか? では、ジャックナイフ・ストレッチは従来のストレッチと何が違うのでしょうか? ジャックナイフ・ストレッチは動的ストレッチと静的ストレッチを組み合わせたモノです。 動的ストレッチと静的ストレッチについては、「」をご参照ください。 さらに、ジャックナイフ・ストレッチは、 筋肉の生理的反射を利用しているため、従来行われているストレッチよりも筋肉の柔軟度が増すのです。 ここで言う生理的反射というのは、大腿前面の筋肉を縮めようとすると、 拮抗筋であるハムストリングスは緩んで伸びようとするという働きです。 拮抗筋は、「片方が縮むと片方は伸びる」という動きを、頭で考えなくても勝手に行なってくれるのです。 この動作を、わざわざ考えないとできないのであれば、歩くことなんてとてもできません。 この生理的反射(相互抑制反射)を利用することで、既存のハムストリングスのストレッチ(主に静的ストレッチ)よりもかなり柔軟性が増すようになっています。 ジャックナイフストレッチの効果 腰痛対策以外に、ジャックナイフストレッチを続けることによって、色々な良い効果が現れます。 身体の柔軟性アップ• 腰痛解消• 姿勢が良くなる• 足のだるさ解消• スポーツ時のケガ予防• 身体のパフォーマンス向上 ジャックナイフストレッチのやり方 意識するのは、脚の裏側全体の筋肉です。 足を閉じて、しゃがみます。 足は閉じたまま、カカトを浮かせず、そのポジションで20秒間キープ。 両手で両足首をしっかりと握ります。 胸と太もも前面をくっつけます。 胸と太ももが離れないように、膝を徐々に伸ばしていきます。 できるだけ背中は真っ直ぐに伸ばしたままにします。 限界まで伸ばしたらそのポジションで20秒間キープ。 しゃがんだ時、カカトを浮かせない。 カカトが浮かないところを開始位置にすること。 動き出した時、太ももから胸が離れないようにすること。 背中はできるだけ真っ直ぐに伸ばしたままを保持します。 これを毎日5セット行うのが理想です。 身体の柔軟性がない人は、しゃがめないし、キレイに身体も折れません。 スムーズに動けない方が、ほとんどです。 最後までしゃがめなくても、最後まで伸びきらなくても、かなりハムストリングスへの刺激が伝わりますので柔軟性が増していきます。 ですので、決して無理してしゃがまず、頑張りすぎて膝を伸ばしきろう…だなんて思わないください。 思わぬ怪我につながる場合があります。 かと言って、何もケアをしなければ、次々と不調が訪れます。 脚の裏側全体の筋肉を意識して、スムーズに大きく動かして、柔軟性を身につけましょう! もっと、ストレッチや体操に関して知りたいなら… ご興味があれば、「」へお越しくださいませ。 お教えいたします。 Tel 関連ページ ほぐしやBlog 自分の寝姿って気になるよね?! 寝た時、膝が浮いてる人は注意が必要です! ほぐしやBlog 湿布について 温湿布と冷湿布 ほぐしやBlog 肩コリには、AKBの「フライングゲット」 ほぐしやBlog 肩甲骨をゆらゆらすると… ほぐしやBlog 股関節の開きが悪い人に… ほぐしやBlog Twitterでも話題になったの「肩コリによく効く体操」です。 病院でも教えている肩コリ体操ですが、これが結構効くと評判なのです。 猫背のチェックと改善方法を教えます。 寝ている間の『こむら返り』を一瞬で治す画期的な方法 冷え性に効く4つのツボを教えて、さらに経絡指圧でのツボ押しの基本とタイミングを教えます。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 今回は長時間座っている人へのストレッチング方法を書きました。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 今回は、防寒対策でのポイントは、血液を温めて、循環を良くすることについて書きました。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 ダウンレッグウォーマーにハマってます。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 筋膜リリース・ストレッチの一部です。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 その腰痛、猫背が原因かもしれません ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 慢性的な腰痛の改善にマッケンジー体操を紹介します。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 1日1分でできる、腰痛になった時の痛みを和らげる腰痛関節体操を紹介します。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 もしかしたら、胸郭出口症候群かもしれません。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 肩コリの施術で、どれだけの筋肉に対してアプローチしているかを公開します。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 長座丹田呼吸エクササイズについて書きます。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 ストレッチポールは、日常の積み重なる動作のクセで出来てしまった「体のゆがみ」を自分で改善できる器具です。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 ストレッチには、大きく分けて、「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」があります。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 コアストレッチとは、からだの中心にある筋肉に柔軟性をもたせ、疲労の蓄積を防ぐことを目的としたストレッチです。 スポーツ選手などがパフォーマンス向上のために取り入れた体幹トレーニングなどに用いられていましたが、最近、特に美容や健康に関心のある多くの人に注目されているものです。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 腰と肩の筋肉の関連性について話をします。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 「なぜお医者さんに行っても腰痛は治らないのか?」について話をします。 ほぐしや院長のBlogです。 大人になってからダンスを始めた人は、運動感覚(体を動かした時の感覚)に、個人差が激しくあります。 そして、怪我をよくするダンサーとそうでないダンサーの決定的な違いは、基本姿勢にあります。 ほぐしや院長のBlogです。 ご存知のように、僕の手技は、経絡指圧と整体を複合しております。 そして、根本的な理論は、「筋膜のつながり」であり、アナトミー・トレインが基になっております。 ほぐしや院長のBlogです。 セロトニンとは、別名「幸福ホルモン」とも呼ばれ、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える働きがあると言われています。 ほぐしや院長のBlogです。 ひめトレを使った恥骨体操を教えます。 ほぐしや院長のBlogです。 腰痛改善にもなる股関節ストレッチを教えます。 ほぐしや院長のBlogです。 疲労回復のメカニズムをよく知れば、効果的な回復方法が見えてきます。 疲労は、肉体的疲労・精神的疲労・神経的疲労の3つに大きく分けることができます。 ほぐしや院長のBlogです。 強もみ・強いマッサージが危険? 強揉み・強押しは「悪」なのでしょうか? ほぐしや院長のBlogです。 膝痛の場合になると、なんでも「変形性膝関節症」と一言で片づける事が多いですが、実に多くの膝痛の種類があります。 ほぐしや院長のBlogです。 膝痛には多くのしゅるいがありますが、立ち上がった時に発症する場合、4つの原因が考えられます。 ほぐしや院長のBlogです。 股関節が脚の老化に深い関係があるって本当ですか? 今回は股関節と膝の関係をお話しします。 ほぐしや院長のBlogです。 腰痛や座骨神経痛と勘違いされがちですが、「梨状筋症候群」というのもあります。 椅子に座るときや立ち上がるとき、腰や太ももに痛みが走る時… その痛みの原因として多いのが「梨状筋症候群」です。 今回は梨状筋についてお話しします。 ほぐしや院長のBlogです。 陰ヨガは、体の硬い人向きのヨガです。 一般的なフィットネス系ヨガとは違い、メディカル系のヨガと考えても良いでしょう。 今回は陰ヨガについてお話しします。 ほぐしや院長のBlogです。 ストレッチポールで、体幹トレーニングをすることが出来て、バランス力を鍛えることが出来ます。 ほぐしや院長のBlogです。 足首回しを習慣化することによって、骨盤矯正効果や、冷え・むくみ解消など、幅広い健康効果が得られます。 ほぐしや院長のBlogです。 用を足した後の「ちょいモレ」。 自分だけかも・・・と不安を感じている方も多いのでは? そんなことはありません! 尿モレには骨盤底筋群を鍛錬するのが一番効果的です。 ほぐしや院長のBlogです。 思い当たる方ならぜひとも解決したい尿漏れ。 尿漏れの種類は大きく分けると2つあり、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁です。 尿モレには骨盤底筋群を鍛錬するのが一番効果的です。 ほぐしや院長のBlogです。 捻挫は足首が原因ではありません。 股関節の使い方の問題です。 ほぐしや院長のBlogです。 内臓整体によって施術し、臓器の機能が回復すると、関連している腰や背中の筋肉が自然と緩むため、コリや張りが解消します。 ほぐしや院長のBlogです。 僕なら、患者さんに触らずに前屈率をたった1分で上げてみせます!(笑) ほぐしや院長のBlogです。 寒さと腰痛の意外な関係性を知ってますか? 4つの原因とその対処法をお教えします。 ほぐしや院長のBlogです。 よく耳にする静的ストレッチ(伸ばして60秒維持する)は、組織を傷つける可能性もあります。 アクティブ・アイソレーテッド・ストレッチ(AIS)では弱めの力で押し2秒間のみ維持するストレッチ法で、怪我のリハビリや稼動域を広げ、柔軟性を高めるのに適しているとされてます。 AISのトレーニングは、身体の構造に沿った動きを取り入れ、筋肉や筋膜組織を伸ばします。 不要な力をかけないため、身体の防御機能が反応することがなく、安全で効果的なストレッチや全身の柔軟性の妨げとなることがないのです。 ほぐしやBlog 基本的に整形外科では、骨盤の中の仙腸関節は動かないと言われています。 解剖学の教科書では、仙腸関節は不動関節 動かない関節 として紹介されております。 しかしながら、実際に整体や指圧などで、臨床に出てみると「あれっ?動くんじゃない?」って思われた先生も多いと思います。 ほぐしやBlog 前屈が苦手な方へ! ハムストリングスの柔軟性を高めるコンディショニングです。 ほぐしやBlog 足がつる原因は、筋肉を動かすための指令を出す運動神経の一部である「運動神経末端」に不具合が起き、暴走してしまうことです。 ほぐしやBlog 首・肩・腕・手のストレッチの方法を教えます。 ほぐしやBlog お腹の調子を整える「腸もみダイエット」。 「腸もみダイエット」は、ダイエット効果の他に、便秘や頭痛、下痢、慢性病などの改善になり、ストレス解消にもなります。 ほぐしやBlog ストレッチと筋膜リリースとは、何が違うのでしょうか? 一般的なストレッチでも筋膜は緩まりますが、目的が異なります。 ほぐしやBlog グリットフォームローラーという器具を使った筋膜リリースの方法を紹介します。 ほぐしやBlog 5秒腹筋の特長は、立ったままの体勢で手軽にできることです。 名前のとおり時間は5秒かけて行う方法で、しかも、特定の場所・筋肉を集中的に鍛えるため見た目より効き、部分痩せが狙えるというダイエットエクササイズです。 5秒腹筋で鍛えるのは、もちろん腹筋(お腹)です。 ほぐしや院長のBlogです。 姿勢を「引き上げる」の本当の意味は? ほぐしやBlog 体が動くためには、骨と筋肉が必要です。 医学的にはこの2つを合わせて、筋骨格系とか運動器系と呼びます。 簡単に言うと、骨が支えて、筋肉が伸び縮み 伸縮 して始めて身体は動く、という事になります。 筋肉と腱と靭帯の違いってなんでしょうか? ほぐしや院長のBlogです。 実は、「乳酸が筋肉痛の原因」という説は誤りだといわれているのです。 筋肉痛の本当の理由とは? ほぐしや院長のBlogです。 脂肪には「蓄える機能の白色脂肪細胞」と「燃やす機能の褐色脂肪細胞」の2種類があり、年齢とともに燃やす機能のある褐色脂肪細胞が働かなくなることで、痩せにくくなると言われています。 ほぐしや院長のBlogです。 後屈のストレッチは、現代人の肩がすくんで胸が閉じやすい状態を改善させ、呼吸を深めてくれます。 しかし、後屈は間違ったやり方をすると、健康になるどころか腰痛になってしまいます。 後屈のストレッチは、正しいやり方で行ないましょう! ほぐしや院長のBlogです。 真向法体操は、たった4つの体操を3分間行なうだけの非常にシンプルな体操です。 股関節を中心に呼吸と合わせて運動(ストレッチ)することにより、体調不良、腰痛、肩こり、血液循環の改善、歪んだ骨盤や姿勢を整え心身をリフレッシュする効果があります。 また真向法にて体を柔らかくしていったら頭も柔軟になってきます。 ほぐしや院長のBlogです。 首の姿勢の矯正方法 (首を起こし、胸を開き、お腹を引っ込める)を紹介致します。 ほぐしや院長のBlogです。 足の裏にサロンパスを貼ると 健康に効果的なんだそうです 就寝前に貼ることで 足の疲れやむくみが取れるほか 足の裏は体の末端にあたるので 刺激することで全身の血行が良くなり 安眠やスッキリした目覚めができるそうです。 ほぐしや院長のBlogです。 慢性的な膝の痛みはとても辛いもの。 何をするにも膝は使いますから常に嫌な痛みが付いて回ります。 加齢に伴い下半身の筋力が落ちてくる高齢者や、肥満の為に膝への体重の負荷が大きい人は膝の痛みが出やすい傾向にあります。 そこで、自分で簡単に出来る膝の痛みに良く効くセルフストレッチをご紹介します。 ほぐしや院長のBlogです。 バランスボールは座るだけで平衡感覚を身に付け、体のゆがみを整えることができる優れものです。 インナーマッスルを鍛えられるのはもちろん、脂肪燃焼や腰痛の軽減などにも役立ちます。 180度開脚は、僕にとっては、不可能に近い取り組みであり、「憧れの180度開脚」と呼んでも良いくらい難しいです。 まだまだ身体の硬い僕が、挑戦してみます。 但し、僕の身体の構造上無理があると思うので、たとえ180度までいかなくても、150度ぐらいの開脚で前屈して肘が付いた程度で、取り敢えず「目標達成」とさせていただきます。 ほぐしや院長のBlogです。 肩コリや背中のハリや疲労感は、集中力を低下させ、仕事や家事に悪影響を与えます。 ストレッチをしていても、日常生活で背中に負担をかけていたら痛みを改善することが難しく、最終的には姿勢に関連してきますが、ここではひとまずおいておいて、一人でできる効果的な背中ストレッチの方法をお伝えします。 ほぐしや院長のBlogです。 産後の骨盤矯正やリフォームには様々な方法がありますが、出産後1ヶ月はまだまだ体の回復期なので、軽めの骨盤矯正から始めるのがおススメです。 ほぐしや院長のBlogです。 僕が理事を務めているNPO法人CFM実行委員会が作成した「家でできる運動」です。 ほぐしや院長のBlogです。 脹脛(ふくらはぎ)がツリやすかったり、脹脛(ふくらはぎ)が常に固いと感じている人… ・マッサージをしたけど、なかなかほぐれない。 ・ストレッチをしても、効果は一時的。 そのような方は、普段からふくらはぎの筋肉を使ってしまう癖があります。 ほぐしや院長のBlogです。 一般人には大きな柔軟性が必要となる場面はそうなく、それよりも体をほぐして大きく動かせたほうが毎日を快適に過ごせますので、動的ストレッチをオススメしております。。 ほぐしや院長のBlogです。 ばね指は弾発指とも言い、いわゆる指の腱鞘炎のことです。 一般的に女性の人に多いといわれています。 今回はばね指の改善方法をお知らせいたします。 ほぐしや院長のBlogです。 平地歩行では平気なのに、階段の昇り降りやランニング、椅子の立ち座りなどで痛む… そんなことありませんか? 走るとヒザのお皿の下が痛む… その原因は? 走り始めに痛みがきて、しばらくすると軽減してくる気がする… どうして? そんな、ランニング時の膝の痛み原因と対策をレポートしました。 ほぐしや院長のBlogです。 膝痛には、運動療法と体操療法による「筋力をつける」ということになりますが、そこにいくまでの過程が必要なのです。 ほぐしや院長のBlogです。 膝痛の根本的な治療には、大腿四頭筋を鍛えれば膝の痛みは治ると言われておりますが、それはやって良いという時期的なモノがあります。 ほぐしや院長のBlogです。 膝痛の根本的な治療には、大腿四頭筋を鍛えれば膝の痛みは治ると言われておりますが、それはやって良いという時期的なモノがあります。 ほぐしやがセルフケアにこだわる訳は、お客様の身体を根本治療の領域(再発ゼロにする)に少しでも近づけるためです。 ほぐしや院長のBlogです。 脊椎間狭窄症… 脊柱管=背骨の神経の通り道で、圧迫されると痛みやしびれが出ます。 ほぐしや院長のBlogです。 正しい姿勢をキープするためには、抗重力筋が働かないとキープできません。 ほぐしや院長のBlogです。 今まで、筋肉の関連性考えて診ることの重要性を話してきましたが、これもその一例となります。 ほぐしや院長のBlogです。 筋肉の関連性考えて診ることの重要性を話してきましたが、一例をあげて説明します。 背中のストレッチをしても、腹筋を鍛えても反り腰が治らない… もしそうなら、それは足首の硬さが原因かもしれません。 このように筋肉には、意外なところに関連性があります。 ほぐしや院長のBlogです。 椅子に座ったまま出来る、腹筋とウエストの筋トレプログラムをご紹介します。 ほぐしや院長のBlogです。 正直に言いますと僕は筋トレが苦手です。 ほぐしや院長のBlogです。 腰痛に効果的なトレーニングとストレッチとして、多裂筋のトレーニングは、有効です。 ほぐしや院長のBlogです。 下腹痩せと妊娠力アップの両方見込める、『骨盤底筋のトレーニング法』を紹介します。 ほぐしや院長のBlogです。 よく開く骨盤はよく閉じる… 小さくて格好の良いお尻や引き締まったお腹を手に入れたい人は、まずは骨「盤をよく開く」ということが大切なのです。 ほぐしや院長のBlogです。 高齢になると背中が丸くなったり腰が曲がったりしますが、その出発点はひざの裏側! ひざ裏が硬くなると足がまっすぐのびなくなり、ゆがんだ姿勢になってしまうのです。 1日5秒でもかまいません。 ひざ裏をのばしてみましょう! ほぐしや院長のBlogです。 慢性的な腰痛に悩まされるかどうかは、普段の姿勢で決まります。 壁を背にして立ったとき、腰に手がすっと入るのが腰に負担のかかりやすい「反り腰」。 腹筋など「体の前側の筋肉」と、姿勢を支えるべき「体の後ろ側の筋肉」のバランスの崩れが原因となり、腰痛が起こります。 解決法は、硬い筋肉を緩めて、筋肉を鍛えることです。 どのようにしたら、ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術をせずに、ひどい痛みやしびれなどの症状を治すことができるのでしょうか?.

次の

CiNii Articles

ジャック ナイフ ストレッチ

ジャックナイフ・ストレッチとは… 腰痛のストレッチには、色々な方法が紹介されていますが、その一つに「ジャックナイフ・ストレッチ」というモノがあります。 現代人は座っていることが多いからか、昔に比べてハムストリングスが非常に硬くなっております。 そういった状態を「タイトハム」と言います。 タイトハムを解消するのには、ジャックナイフ・ストレッチがとても有効です。 ジャックナイフストレッチという呼び名は、ストレッチをしている身体の形が、ジャックナイフに似ているところから付けられた名称です。 見た目がこのように折りたたみナイフのように見えるからです。 このような形になることで、ハムストリングス(モモ裏)が伸びて、腰痛解消・予防に大変効果があるとされています。 腰痛とハムストリングスの関係 ハムストリングスは、腰痛と大いに関わってくる筋肉と言えます。 ハムストリングスが使いすぎて緊張が強いと、その上の臀部の筋肉も緊張してきます。 すると腰部の筋肉にまでその影響は波及してきます。 また、ハムストリングスには骨盤の前後の傾きを調整する役割もありますから、硬くなると骨盤が前傾しづらくなり、無理して前傾しようとすると、腰椎に負担がかかります。 だから腰痛が出てしまうのです。 そして、筋肉というのは、使われずに刺激がない状態が長く続いても硬くなってしまうという性質があります。 筋肉というのは程よく使われることで良い状態を保つことができるのです。 従来のストレッチとは何が違うのか? では、ジャックナイフ・ストレッチは従来のストレッチと何が違うのでしょうか? ジャックナイフ・ストレッチは動的ストレッチと静的ストレッチを組み合わせたモノです。 動的ストレッチと静的ストレッチについては、「」をご参照ください。 さらに、ジャックナイフ・ストレッチは、 筋肉の生理的反射を利用しているため、従来行われているストレッチよりも筋肉の柔軟度が増すのです。 ここで言う生理的反射というのは、大腿前面の筋肉を縮めようとすると、 拮抗筋であるハムストリングスは緩んで伸びようとするという働きです。 拮抗筋は、「片方が縮むと片方は伸びる」という動きを、頭で考えなくても勝手に行なってくれるのです。 この動作を、わざわざ考えないとできないのであれば、歩くことなんてとてもできません。 この生理的反射(相互抑制反射)を利用することで、既存のハムストリングスのストレッチ(主に静的ストレッチ)よりもかなり柔軟性が増すようになっています。 ジャックナイフストレッチの効果 腰痛対策以外に、ジャックナイフストレッチを続けることによって、色々な良い効果が現れます。 身体の柔軟性アップ• 腰痛解消• 姿勢が良くなる• 足のだるさ解消• スポーツ時のケガ予防• 身体のパフォーマンス向上 ジャックナイフストレッチのやり方 意識するのは、脚の裏側全体の筋肉です。 足を閉じて、しゃがみます。 足は閉じたまま、カカトを浮かせず、そのポジションで20秒間キープ。 両手で両足首をしっかりと握ります。 胸と太もも前面をくっつけます。 胸と太ももが離れないように、膝を徐々に伸ばしていきます。 できるだけ背中は真っ直ぐに伸ばしたままにします。 限界まで伸ばしたらそのポジションで20秒間キープ。 しゃがんだ時、カカトを浮かせない。 カカトが浮かないところを開始位置にすること。 動き出した時、太ももから胸が離れないようにすること。 背中はできるだけ真っ直ぐに伸ばしたままを保持します。 これを毎日5セット行うのが理想です。 身体の柔軟性がない人は、しゃがめないし、キレイに身体も折れません。 スムーズに動けない方が、ほとんどです。 最後までしゃがめなくても、最後まで伸びきらなくても、かなりハムストリングスへの刺激が伝わりますので柔軟性が増していきます。 ですので、決して無理してしゃがまず、頑張りすぎて膝を伸ばしきろう…だなんて思わないください。 思わぬ怪我につながる場合があります。 かと言って、何もケアをしなければ、次々と不調が訪れます。 脚の裏側全体の筋肉を意識して、スムーズに大きく動かして、柔軟性を身につけましょう! もっと、ストレッチや体操に関して知りたいなら… ご興味があれば、「」へお越しくださいませ。 お教えいたします。 Tel 関連ページ ほぐしやBlog 自分の寝姿って気になるよね?! 寝た時、膝が浮いてる人は注意が必要です! ほぐしやBlog 湿布について 温湿布と冷湿布 ほぐしやBlog 肩コリには、AKBの「フライングゲット」 ほぐしやBlog 肩甲骨をゆらゆらすると… ほぐしやBlog 股関節の開きが悪い人に… ほぐしやBlog Twitterでも話題になったの「肩コリによく効く体操」です。 病院でも教えている肩コリ体操ですが、これが結構効くと評判なのです。 猫背のチェックと改善方法を教えます。 寝ている間の『こむら返り』を一瞬で治す画期的な方法 冷え性に効く4つのツボを教えて、さらに経絡指圧でのツボ押しの基本とタイミングを教えます。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 今回は長時間座っている人へのストレッチング方法を書きました。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 今回は、防寒対策でのポイントは、血液を温めて、循環を良くすることについて書きました。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 ダウンレッグウォーマーにハマってます。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 筋膜リリース・ストレッチの一部です。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 その腰痛、猫背が原因かもしれません ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 慢性的な腰痛の改善にマッケンジー体操を紹介します。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 1日1分でできる、腰痛になった時の痛みを和らげる腰痛関節体操を紹介します。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 もしかしたら、胸郭出口症候群かもしれません。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 肩コリの施術で、どれだけの筋肉に対してアプローチしているかを公開します。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 長座丹田呼吸エクササイズについて書きます。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 ストレッチポールは、日常の積み重なる動作のクセで出来てしまった「体のゆがみ」を自分で改善できる器具です。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 ストレッチには、大きく分けて、「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」があります。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 コアストレッチとは、からだの中心にある筋肉に柔軟性をもたせ、疲労の蓄積を防ぐことを目的としたストレッチです。 スポーツ選手などがパフォーマンス向上のために取り入れた体幹トレーニングなどに用いられていましたが、最近、特に美容や健康に関心のある多くの人に注目されているものです。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 腰と肩の筋肉の関連性について話をします。 ほぐしや院長のBlogです。 徒然なるままに不定期に書いております。 「なぜお医者さんに行っても腰痛は治らないのか?」について話をします。 ほぐしや院長のBlogです。 大人になってからダンスを始めた人は、運動感覚(体を動かした時の感覚)に、個人差が激しくあります。 そして、怪我をよくするダンサーとそうでないダンサーの決定的な違いは、基本姿勢にあります。 ほぐしや院長のBlogです。 ご存知のように、僕の手技は、経絡指圧と整体を複合しております。 そして、根本的な理論は、「筋膜のつながり」であり、アナトミー・トレインが基になっております。 ほぐしや院長のBlogです。 セロトニンとは、別名「幸福ホルモン」とも呼ばれ、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える働きがあると言われています。 ほぐしや院長のBlogです。 ひめトレを使った恥骨体操を教えます。 ほぐしや院長のBlogです。 腰痛改善にもなる股関節ストレッチを教えます。 ほぐしや院長のBlogです。 疲労回復のメカニズムをよく知れば、効果的な回復方法が見えてきます。 疲労は、肉体的疲労・精神的疲労・神経的疲労の3つに大きく分けることができます。 ほぐしや院長のBlogです。 強もみ・強いマッサージが危険? 強揉み・強押しは「悪」なのでしょうか? ほぐしや院長のBlogです。 膝痛の場合になると、なんでも「変形性膝関節症」と一言で片づける事が多いですが、実に多くの膝痛の種類があります。 ほぐしや院長のBlogです。 膝痛には多くのしゅるいがありますが、立ち上がった時に発症する場合、4つの原因が考えられます。 ほぐしや院長のBlogです。 股関節が脚の老化に深い関係があるって本当ですか? 今回は股関節と膝の関係をお話しします。 ほぐしや院長のBlogです。 腰痛や座骨神経痛と勘違いされがちですが、「梨状筋症候群」というのもあります。 椅子に座るときや立ち上がるとき、腰や太ももに痛みが走る時… その痛みの原因として多いのが「梨状筋症候群」です。 今回は梨状筋についてお話しします。 ほぐしや院長のBlogです。 陰ヨガは、体の硬い人向きのヨガです。 一般的なフィットネス系ヨガとは違い、メディカル系のヨガと考えても良いでしょう。 今回は陰ヨガについてお話しします。 ほぐしや院長のBlogです。 ストレッチポールで、体幹トレーニングをすることが出来て、バランス力を鍛えることが出来ます。 ほぐしや院長のBlogです。 足首回しを習慣化することによって、骨盤矯正効果や、冷え・むくみ解消など、幅広い健康効果が得られます。 ほぐしや院長のBlogです。 用を足した後の「ちょいモレ」。 自分だけかも・・・と不安を感じている方も多いのでは? そんなことはありません! 尿モレには骨盤底筋群を鍛錬するのが一番効果的です。 ほぐしや院長のBlogです。 思い当たる方ならぜひとも解決したい尿漏れ。 尿漏れの種類は大きく分けると2つあり、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁です。 尿モレには骨盤底筋群を鍛錬するのが一番効果的です。 ほぐしや院長のBlogです。 捻挫は足首が原因ではありません。 股関節の使い方の問題です。 ほぐしや院長のBlogです。 内臓整体によって施術し、臓器の機能が回復すると、関連している腰や背中の筋肉が自然と緩むため、コリや張りが解消します。 ほぐしや院長のBlogです。 僕なら、患者さんに触らずに前屈率をたった1分で上げてみせます!(笑) ほぐしや院長のBlogです。 寒さと腰痛の意外な関係性を知ってますか? 4つの原因とその対処法をお教えします。 ほぐしや院長のBlogです。 よく耳にする静的ストレッチ(伸ばして60秒維持する)は、組織を傷つける可能性もあります。 アクティブ・アイソレーテッド・ストレッチ(AIS)では弱めの力で押し2秒間のみ維持するストレッチ法で、怪我のリハビリや稼動域を広げ、柔軟性を高めるのに適しているとされてます。 AISのトレーニングは、身体の構造に沿った動きを取り入れ、筋肉や筋膜組織を伸ばします。 不要な力をかけないため、身体の防御機能が反応することがなく、安全で効果的なストレッチや全身の柔軟性の妨げとなることがないのです。 ほぐしやBlog 基本的に整形外科では、骨盤の中の仙腸関節は動かないと言われています。 解剖学の教科書では、仙腸関節は不動関節 動かない関節 として紹介されております。 しかしながら、実際に整体や指圧などで、臨床に出てみると「あれっ?動くんじゃない?」って思われた先生も多いと思います。 ほぐしやBlog 前屈が苦手な方へ! ハムストリングスの柔軟性を高めるコンディショニングです。 ほぐしやBlog 足がつる原因は、筋肉を動かすための指令を出す運動神経の一部である「運動神経末端」に不具合が起き、暴走してしまうことです。 ほぐしやBlog 首・肩・腕・手のストレッチの方法を教えます。 ほぐしやBlog お腹の調子を整える「腸もみダイエット」。 「腸もみダイエット」は、ダイエット効果の他に、便秘や頭痛、下痢、慢性病などの改善になり、ストレス解消にもなります。 ほぐしやBlog ストレッチと筋膜リリースとは、何が違うのでしょうか? 一般的なストレッチでも筋膜は緩まりますが、目的が異なります。 ほぐしやBlog グリットフォームローラーという器具を使った筋膜リリースの方法を紹介します。 ほぐしやBlog 5秒腹筋の特長は、立ったままの体勢で手軽にできることです。 名前のとおり時間は5秒かけて行う方法で、しかも、特定の場所・筋肉を集中的に鍛えるため見た目より効き、部分痩せが狙えるというダイエットエクササイズです。 5秒腹筋で鍛えるのは、もちろん腹筋(お腹)です。 ほぐしや院長のBlogです。 姿勢を「引き上げる」の本当の意味は? ほぐしやBlog 体が動くためには、骨と筋肉が必要です。 医学的にはこの2つを合わせて、筋骨格系とか運動器系と呼びます。 簡単に言うと、骨が支えて、筋肉が伸び縮み 伸縮 して始めて身体は動く、という事になります。 筋肉と腱と靭帯の違いってなんでしょうか? ほぐしや院長のBlogです。 実は、「乳酸が筋肉痛の原因」という説は誤りだといわれているのです。 筋肉痛の本当の理由とは? ほぐしや院長のBlogです。 脂肪には「蓄える機能の白色脂肪細胞」と「燃やす機能の褐色脂肪細胞」の2種類があり、年齢とともに燃やす機能のある褐色脂肪細胞が働かなくなることで、痩せにくくなると言われています。 ほぐしや院長のBlogです。 後屈のストレッチは、現代人の肩がすくんで胸が閉じやすい状態を改善させ、呼吸を深めてくれます。 しかし、後屈は間違ったやり方をすると、健康になるどころか腰痛になってしまいます。 後屈のストレッチは、正しいやり方で行ないましょう! ほぐしや院長のBlogです。 真向法体操は、たった4つの体操を3分間行なうだけの非常にシンプルな体操です。 股関節を中心に呼吸と合わせて運動(ストレッチ)することにより、体調不良、腰痛、肩こり、血液循環の改善、歪んだ骨盤や姿勢を整え心身をリフレッシュする効果があります。 また真向法にて体を柔らかくしていったら頭も柔軟になってきます。 ほぐしや院長のBlogです。 首の姿勢の矯正方法 (首を起こし、胸を開き、お腹を引っ込める)を紹介致します。 ほぐしや院長のBlogです。 足の裏にサロンパスを貼ると 健康に効果的なんだそうです 就寝前に貼ることで 足の疲れやむくみが取れるほか 足の裏は体の末端にあたるので 刺激することで全身の血行が良くなり 安眠やスッキリした目覚めができるそうです。 ほぐしや院長のBlogです。 慢性的な膝の痛みはとても辛いもの。 何をするにも膝は使いますから常に嫌な痛みが付いて回ります。 加齢に伴い下半身の筋力が落ちてくる高齢者や、肥満の為に膝への体重の負荷が大きい人は膝の痛みが出やすい傾向にあります。 そこで、自分で簡単に出来る膝の痛みに良く効くセルフストレッチをご紹介します。 ほぐしや院長のBlogです。 バランスボールは座るだけで平衡感覚を身に付け、体のゆがみを整えることができる優れものです。 インナーマッスルを鍛えられるのはもちろん、脂肪燃焼や腰痛の軽減などにも役立ちます。 180度開脚は、僕にとっては、不可能に近い取り組みであり、「憧れの180度開脚」と呼んでも良いくらい難しいです。 まだまだ身体の硬い僕が、挑戦してみます。 但し、僕の身体の構造上無理があると思うので、たとえ180度までいかなくても、150度ぐらいの開脚で前屈して肘が付いた程度で、取り敢えず「目標達成」とさせていただきます。 ほぐしや院長のBlogです。 肩コリや背中のハリや疲労感は、集中力を低下させ、仕事や家事に悪影響を与えます。 ストレッチをしていても、日常生活で背中に負担をかけていたら痛みを改善することが難しく、最終的には姿勢に関連してきますが、ここではひとまずおいておいて、一人でできる効果的な背中ストレッチの方法をお伝えします。 ほぐしや院長のBlogです。 産後の骨盤矯正やリフォームには様々な方法がありますが、出産後1ヶ月はまだまだ体の回復期なので、軽めの骨盤矯正から始めるのがおススメです。 ほぐしや院長のBlogです。 僕が理事を務めているNPO法人CFM実行委員会が作成した「家でできる運動」です。 ほぐしや院長のBlogです。 脹脛(ふくらはぎ)がツリやすかったり、脹脛(ふくらはぎ)が常に固いと感じている人… ・マッサージをしたけど、なかなかほぐれない。 ・ストレッチをしても、効果は一時的。 そのような方は、普段からふくらはぎの筋肉を使ってしまう癖があります。 ほぐしや院長のBlogです。 一般人には大きな柔軟性が必要となる場面はそうなく、それよりも体をほぐして大きく動かせたほうが毎日を快適に過ごせますので、動的ストレッチをオススメしております。。 ほぐしや院長のBlogです。 ばね指は弾発指とも言い、いわゆる指の腱鞘炎のことです。 一般的に女性の人に多いといわれています。 今回はばね指の改善方法をお知らせいたします。 ほぐしや院長のBlogです。 平地歩行では平気なのに、階段の昇り降りやランニング、椅子の立ち座りなどで痛む… そんなことありませんか? 走るとヒザのお皿の下が痛む… その原因は? 走り始めに痛みがきて、しばらくすると軽減してくる気がする… どうして? そんな、ランニング時の膝の痛み原因と対策をレポートしました。 ほぐしや院長のBlogです。 膝痛には、運動療法と体操療法による「筋力をつける」ということになりますが、そこにいくまでの過程が必要なのです。 ほぐしや院長のBlogです。 膝痛の根本的な治療には、大腿四頭筋を鍛えれば膝の痛みは治ると言われておりますが、それはやって良いという時期的なモノがあります。 ほぐしや院長のBlogです。 膝痛の根本的な治療には、大腿四頭筋を鍛えれば膝の痛みは治ると言われておりますが、それはやって良いという時期的なモノがあります。 ほぐしやがセルフケアにこだわる訳は、お客様の身体を根本治療の領域(再発ゼロにする)に少しでも近づけるためです。 ほぐしや院長のBlogです。 脊椎間狭窄症… 脊柱管=背骨の神経の通り道で、圧迫されると痛みやしびれが出ます。 ほぐしや院長のBlogです。 正しい姿勢をキープするためには、抗重力筋が働かないとキープできません。 ほぐしや院長のBlogです。 今まで、筋肉の関連性考えて診ることの重要性を話してきましたが、これもその一例となります。 ほぐしや院長のBlogです。 筋肉の関連性考えて診ることの重要性を話してきましたが、一例をあげて説明します。 背中のストレッチをしても、腹筋を鍛えても反り腰が治らない… もしそうなら、それは足首の硬さが原因かもしれません。 このように筋肉には、意外なところに関連性があります。 ほぐしや院長のBlogです。 椅子に座ったまま出来る、腹筋とウエストの筋トレプログラムをご紹介します。 ほぐしや院長のBlogです。 正直に言いますと僕は筋トレが苦手です。 ほぐしや院長のBlogです。 腰痛に効果的なトレーニングとストレッチとして、多裂筋のトレーニングは、有効です。 ほぐしや院長のBlogです。 下腹痩せと妊娠力アップの両方見込める、『骨盤底筋のトレーニング法』を紹介します。 ほぐしや院長のBlogです。 よく開く骨盤はよく閉じる… 小さくて格好の良いお尻や引き締まったお腹を手に入れたい人は、まずは骨「盤をよく開く」ということが大切なのです。 ほぐしや院長のBlogです。 高齢になると背中が丸くなったり腰が曲がったりしますが、その出発点はひざの裏側! ひざ裏が硬くなると足がまっすぐのびなくなり、ゆがんだ姿勢になってしまうのです。 1日5秒でもかまいません。 ひざ裏をのばしてみましょう! ほぐしや院長のBlogです。 慢性的な腰痛に悩まされるかどうかは、普段の姿勢で決まります。 壁を背にして立ったとき、腰に手がすっと入るのが腰に負担のかかりやすい「反り腰」。 腹筋など「体の前側の筋肉」と、姿勢を支えるべき「体の後ろ側の筋肉」のバランスの崩れが原因となり、腰痛が起こります。 解決法は、硬い筋肉を緩めて、筋肉を鍛えることです。 どのようにしたら、ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術をせずに、ひどい痛みやしびれなどの症状を治すことができるのでしょうか?.

次の

ジャックナイフ・ストレッチ

ジャック ナイフ ストレッチ

抄録 【はじめに,目的】現在,スポーツ場面や学校,職場などで障害予防を目的に様々なストレッチが行われている。 近年,柔軟性が低下した者に対する新たなストレッチ法としてジャックナイフストレッチが提案されている。 現時点で健常成人を対象にその効果を検証する研究がいくつか行われているが,従来から行われてきた立位にて体幹を前屈させるストレッチとジャックナイフストレッチの効果を比較した報告はない。 本研究の目的は,全身的な柔軟性の指標としてFFD,ハムストリングスの伸張性の指標としてPAを用い,ジャックナイフストレッチが柔軟性に及ぼす効果を明らかにすることである。 【方法】健常成人22名(男性15名,女性7名,年齢25. 5歳,身長167. 1cm,体重60. 9kg)を対象とした。 課題はジャックナイフストレッチを行った群(以下,JS群)と体幹前屈ストレッチを行った群(Trunk Forward Bending以下,TFB群)の2つとし,無作為に割り付けた。 TFB群は立位にて膝関節完全伸展位を保持したまま,ハムストリングスの伸張痛が出現する直前まで体幹前屈を行うよう指示した。 各ストレッチは朝・夕の1日2回,4週間毎日実施した。 FFD,PAの測定は介入開始前,介入終了後の計2回測定した。 FFDの測定は被験者は30cmの台上に立位となり,膝関節伸展位で体幹を前屈し上肢を下垂させ,中指と床面との距離をメジャーで計測した。 測定時は,Tilt Table上背臥位にて対側大腿部・骨盤をベルトで固定し代償動作を極力除き,対側股関節・膝関節は伸展位とした。 測定により疼痛が出現する直前の角度をPAとし,測定はゴニオメーターを用いて行った。 統計解析は介入前の測定値と身体的特性(年齢,身長,体重)において,2群間で統計的に有意差がないことを確認した後,介入の効果判定としてFFD,PAを指標とし,1要因に対応がある二元配置分散分析を用いて比較した。 【結果】介入前後での比較では,JS群はFFD 30. 7cmから21. 1cm,PA 155. 0cmから28. 8cm,PA 152. ストレッチ間での比較では,FFDではJS群21. 1cmに対し,TFB群28. 8cm,PAではJS群165. 【考察】結果より,ジャックナイフストレッチが柔軟性に及ぼす効果として,ハムストリングス以外の要因に対してより大きなストレッチ効果を及ぼす可能性が示唆された。 JS群でよりFFDの改善が得られた要因として,ジャックナイフストレッチは自己の股・膝関節伸展筋力によって筋を伸張させるのに対し,体幹前屈ストレッチは自己の体幹重量のみで筋を伸張させる。 よって,ジャックナイフストレッチでは筋により高強度な伸張を加えることができると考える。 また,ジャックナイフストレッチはその実施方法から,肩峰と足首の距離が規定されるため常に腰椎屈曲位を強制されることになる。 一方,体幹前屈ストレッチは,膝関節完全伸展位を規定し体幹前屈を行うためハムストリングスに対してはストレッチが強制されるが,腰椎の屈曲は強制力が働きにくい。 そのため,柔軟性低下の原因が腰椎の屈曲制限による被験者ではストレッチの効果が得られにくかった可能性がある。 今後の課題として,今回は柔軟性の要素の一つとしてハムストリングスを指標として検討したが,その他にも骨盤や腰椎の可動性などについても検討が必要であると考える。 【理学療法学研究としての意義】ジャックナイフストレッチがFFD,PAに及ぼす効果が確認できた。 また,ジャックナイフストレッチはハムストリングス以外の関節,筋肉などにより大きな効果を及ぼす可能性が考えられた。 本研究が柔軟性向上を目的としたストレッチを行う上での一助になると考えられる。

次の