ポケモン剣盾 サザンガルド。 三色の対面サイクル~扇風機を添えて~【剣盾S7最終日最高最終142位】

【剣盾s1使用構築】黒鋼サザンガルド【最終日最高33位最終79位】

ポケモン剣盾 サザンガルド

マスターボール級プレイヤー『とりのす』さんについて マスターボール級昇格時の順位 現在(11月20日)の順位 『とりのす』さんは当サイトのDiscordサーバーに参加しているプレイヤーの1人です。 サーバー内で最速マスターボール入りを果たし、管理人のインタビューに快く応じてくれました。 なんとマスターボール級までの勝率は8割、現在でも6割以上の勝率で勝ち進めています。 本人はTwitterやブログもやっていないとのことですが、これほど強いプレイヤーが当サイトのDiscordサーバーに参加してくれたのは非常にありがたいことです。 「でんじは」の具体的な役割として、ギャラドスが勝てないS95族のポケモンや、スカーフサザンドラで抜けないスカーフ持ちに対する有効打となります。 非常に環境に刺さっているポケモンであり、選出をすることも相手をすることも多いそうです。 ゴースト・ドラゴンを両方半減以下に抑えられるのはこのポケモンならではです。 更に先制みがわりはダイマックスポケモンへの回答にもなっており、ダイマックスを枯らすことができます。 遅いギルガルドでは不利になるミミッキュやドラパルトにも役割を持てるようです。 はがねタイプなので「すなあらし」への耐性も持っており、タスキ枠としての役割を完遂しやすいという特徴もあります。 こだわり持ちはダイマックス中に道具が無効化され、サザンドラの場合は素の素早さと耐久力もそこそこ恵まれているのでダイマックスとも好相性です。 ポケモン剣盾の対戦環境で強いポケモンの紹介 『とりのす』さんから、現在の環境で良く見るポケモンや強いと思っているポケモンについて話を聞くことができました。 よく見る並び、強いと思う新ポケモン、意外と強い既存ポケモンについて紹介していきます。 これらは対策が必須と言えるので、構築の中で明確な突破手段を用意しておきましょう。 強いと考える新ポケモンはドラパルト ドラパルトのステータス 種族値 88. 120. 100. 142 タイプ ドラゴン・ゴースト 特性1 クリアボデイ 特性2 すりぬけ 夢特性 のろわれボディ ・技範囲と種族値から止められるポケモンがいない ・フェアリータイプでも止まらない ・構築内ではサザンドラ対面オーロンゲバックなどで対処している 強いと考える新ポケモンは『ドラパルト』であり、環境でかなり見かけることが多いようです。 その強みは優秀な種族値と、優秀な特性、優秀な技範囲にあります。 相手の防御を下げることができるダイマックス技『ダイホロウ』の存在から、フェアリータイプだからと言って受けられる訳ではありません。 『ゴーストダイブ』によってダイマックスの時間稼ぎもできるので、間違いなく今作における最強格のポケモンでしょう。 ヌメルゴンは優秀な技範囲と耐久力で知られるポケモンであり、ダイマックスに噛み合った性能と言えます。 特に4倍弱点を持つポケモンからすると天敵のようで、ナットレイもダイバーンによる天候変化からの攻撃は受けが成立しないとのことです。 ダイマックス登場による環境の変化について ・技範囲が広く、耐久のあるポケモンが活躍しやすい ・ひこうタイプの技を使えるポケモンは可能性がある ・4倍弱点を持つポケモンは強引に突破されやすい ・ダイマックスによる役割破壊が成立している ・だだし見てから対処はできる ダイマックスは 技範囲と耐久を兼ね備えたポケモンが運用しやすいとのことで、受けとして使うよりも攻めとして使うほうが強いようです。 今作ではめざめるパワーが廃止されましたが、それでも ダイマックスによって役割破壊は成立しています。 4倍弱点を持つポケモンがダイマックスによって突破されることも少なくないと語ってくれました。 ただしめざめるパワーと違って予想外の技は飛んでこないので、相手の技構成さえ把握していれば見てから対処はできるそうです。 当サイト運営ポケモン剣盾Discordサーバーの紹介 このように対戦に真剣に取り組む上位勢の方も参加してくださっており、Discordサーバーは連日盛況となっています。 対戦攻略雑談部屋・構築の相談・初心者向けの質問部屋・交換募集部屋など、様々なニーズに答えられる部屋を用意しています。

次の

【ポケモン剣盾】ガラルマタドガスとサザンドラの相性補完がめちゃくちゃ良い件【種族値と育成論】

ポケモン剣盾 サザンガルド

こんにちは、チハヤと申す者です。 剣盾s1お疲れ様でした! 剣盾発売して初シーズンで何もわからない環境でプレイするのは初めてだったのでめちゃくちゃ楽しかったです。 また順位も目標にしていた最終2桁順位を取れて非常に満足しています。 こちらは今シーズン使用していた構築記事となります。 【構築経緯】 終盤までサザンガルドカバを主軸に の並びで潜っていたがサイクルを意識しすぎたせいでックスエースになれるがいない弱さ、で起点を作っても抜いていくエースがいなく活かしきれてないため、それらを解消でき相性の良い砂かき を採用し、 2を探すことにした。 この並びでは、等の水タイプやアーマーガアに対して不利を取ってしまうため を採用。 最後に型破りの一環やなどの特殊に抗うことができるタラプのみ を採用し構築が完成した。 【コンセプト】 サイクルを回したり起点を作り1番の抜きエースになり得るを通す。 相性補完の良いサザンガルド 1orパッチアーマー 1で柔軟に対応しサイクル戦で勝利を目指す。 ドラパルトなどのクッションにもなれ大変使いやすかった。 はのために砂を巻くことの他、サイクルを有利に進められるを撒くことができるので選出の際、どの軸の選出をしても 1に入ってくるだった。 ラムのみを持っているを見極めることが大事なので持ってそうなや終盤増えつつあったラムのみ等には吠えるを打ってました。 ダイロックにより自身で砂を撒けることによりピン選出も可能になり、相手のダイジェットに対して切り返し性能もある。 技構成はアイへ岩雪崩は確定で 1はックス状態で積め壁構築にも強くなれる瓦割りと剣の舞で選択だが、終盤オーロンゲでの壁展開が少なく相手のックスターン枯らしや砂ターンの調整、の欠伸で眠らせた後に積むことが出来るので剣の舞を採用した。 ックス時にタイプ一致でBDを上げることができ、ダイロックでsも上げることが出来るのでめちゃくちゃ強かった。 技は流星群悪の波動は確定で無振りを上からワンパンできる大文字、初手の偵察に使えの皮を剥がしつつ裏に繋げる蜻蛉返りを採用。 つらら落としにを合わせた後引いてくるかダイバーンのどちらかなのでを合わせることで蜻蛉ダメージと晴れ大文字でが落とすことが出来るのでサザンガルドの強みが出てると思った。 が上手い人はそれが見えていて怯みで両対応できるので結局択になった。 H振りだけのアーマーガアを後投げされることが多かったので返り討ちすることが出来た。 また環境では拘り持ちのが多かったため技を見れるキングシールドはとても重宝した。 受け構築に対してもステロを絡めることによりそこそこで崩すことが出来た。 このに渋々ックスを切ることが少なくなかったためックス時の扱いはかなり難しかったがックスしても割と強かった。 パーティで重いやアーマーガアに対してとても強い。 アーマーガア対面では積極的に交代読みをするがは割と突っ張ってくるので電撃嘴を押す。 持ち物は少しでもあたりに強くするため突撃チョッキでの採用。 技は電撃嘴、ダイドラグーンで1番の火力の出る逆鱗、Dを上げることができに打てる、最後にダイジェットでsを上げることができ命中安定のを採用。 このでックス切る時は最低でも1. 5匹は持ってってもらう。 調整は3日前くらいから使い始めたためとりあえずasで採用したが調整してもよかったかもしれない。 の一環を切りつつ等の特殊に対してそこそこやれるとして採用。 HDタラプのみで採用することにより鬼祟ドラパルトや火力のない特殊で見てくる人達を詰ませることが出来た。 最初は回復実での採用をしていたがタラプのみ発動しつつビルド出来ればとかにも勝てるので臆することなく選出出来たためタラプのみで採用したのは正解だと思った。 sは全然振ってないためアーマーガアミラーには注意が必要。 【結果】 TN おまじない 最終日最高33位 最終79位 【感想】 私はsmの途中から始めたので環境が何1つ固まってない状況でやるのが初めてだったので対戦回数を見れば分かると思うけどめちゃくちゃ楽しかった。 また普段は対面寄りのパーティを使っていたのでサイクル系統のパーティを使えたのもしてる感があって楽しかった。 目標にしていた最終2桁順位も取ることも出来たので個人的には最高のシーズンだった。 何かあれば sorariku524までお願いします。 ここまで読んで頂きありがとうございました! 【追記】 作りました、暇な時使ってやってください。

次の

サザンガルド考察part2 ††カスタマイズ性†† ソードアンドシールド 剣盾でスタートダッシュを決めたい人向けの記事

ポケモン剣盾 サザンガルド

CR7ことです。 シーズン2お疲れ様でした。 今シーズンはルール変更によりが多発していたので、選出段階からを見据えた構築が強いと感じ、時間を使えるサイクル寄りの構築を組みました。 シーズンを通して1桁〜2桁前半を維持していましたが、最終日は最高60位くらいでその後は2桁と3桁の間を彷徨い続けて勝ちきれなかったのが悔しいです。 【構築経緯】 +の並びがほとんどの技を半減で受けれる相性の良さから軸に出来ると判断して組み始めた。 この並びで一貫する型破りのや、肝っ玉ネギガナイトの格闘技に比較的強めに出れるアーマーガアとの2体を相手の構築に対して使い分けて選出出来るように採用。 飛行タイプを2体採用すると電気技の一貫が気になるのでックスを必要としない地面枠でを採用。 ックスをしたアーマーガアとがに似た性能を出せることから、7世代のカバマンダガルドに近い選出も可能となる。 最後に相手のダイジェットを持ったに先に展開されると一気に負けに繋がるため、を持ったを採用して完成。 ドラパルトの上から攻撃したいことや構築全体の素早さが遅いため拘りスカーフ。 ックスを前提とした崩しに期待出来る悪巧みも試したが最終的に蜻蛉帰りが1番安定した。 このの身代わりがとにかく強く、半端な攻撃では身代わりが割れない。 タイプヌル絡みの構築はこのの身代わりで全部崩せる。 当初は鋼技を採用していたが、鋼技よりも影打ちがあれば勝てた試合が多かったので採用してみたらかなりしっくりきたのでそのまま採用。 鋼技を切ったことでノーマルタイプに対して全く打点が無いが、終盤に増えた絡みの構築に対しては数的有利を取ってから身代わり+キンシによる時間切れで勝ちにいけるのでそこまで困らなかった。 最強の。 優秀なタイプからビルドアップ+挑発で相手を詰ませる。 悠長にビルドアップを積んでいると時間切れで負けてしまうことがネックだが、それは逆に言えば数的有利を取れば簡単に時間切れで勝てるということなので問題ない。 遅いアーマガアーが増えたので最速にする必要がなかった。 瞬間的な火力を上げるために弱点保険を持たせた。 最初は、次にを使用していたが最終的にとなった。 アーマーガアが出れないパッチラゴンやジュラルドン絡みの構築に出れるようにを採用。 水に対して打点が無いが、サザンガルドで事前に削る展開に持ち込めば問題なし。 ラムの実持ちに常に怯えたのと、このの信頼度が低すぎて出すと負けることが多かったので選出率は1番低い。 あえてアタッカーにして使うのも良いかもしれない。 最初はやに後投げしていたが、命の珠持ちが増えすぎて何も出来ずに倒されることが増えたので、それらに出すときは死に出しが安定する。 持ち物はゴツメ、ラム、半減木ノ実など色々試したが最終的にはトリルを必要としない場面で火力に期待出来る精霊プレートに落ち着いた。 ランクマ5位〜動画です。 この構築の 動かし方(特に2戦目)がかなり参考に出来るので是非見て下さい。 チャンネル登録も是非お願いします。

次の