サイトで古いか安全でない tls セキュリティ設定が使用されている可能性があります。 番外編 Internet Explorer /Microsoft EdgeのTLS1.2対応

エラーメッセージ解決のヒント

サイトで古いか安全でない tls セキュリティ設定が使用されている可能性があります

もくじを隠す• [基本編]• [Let's Encrypt応用編]• [IPv6応用編]• [OpenSSL応用編]• [HTML編]• [FreeBSD編]• [モジュール編]• [番外編]• もくじ [CONTENTS] Apache 2. 2対応 久しぶりに、Internet ExplorerとMicrosoft Edgeを使う機会があったのですが、(自分の)当サイトにアクセスできない現象にぶち当たりました。 原因は、Windowsのグループポリシーにおいて、TLSv1. 2を使わない設定になっていると、当サイトのようにTLS v1. 2しか話さないサーバに接続できなくなります。 そこで、その時の対処作業をまとめてみました。 といっても、たぶん、Windows 10 Enterpriseを使っている人だけがぶち当たる壁だと思います。 このページは表示できません [詳細設定] で TLS 1. 0、TLS 1. 1、TLS 1. comに接続してみてください。 引き続きエラーが発生する場合は、サポートされていないプロトコル、 または安全と見なされない RC4 などの暗号スイート 詳細情報のリンク が サイトで使われている可能性があります。 サイトの管理者に問い合わせてください。 といったエラーメッセージが表示されるかもしれません。 えっと、私がこのWebサイトの所有者本人なんですけど… なお、同じコンピュータにインストールされたGoogle Chromeからはアクセスすることができます。 そして、当サイトは、比較的新しいTLS1. 2しか対応していません。 自分のサイトなので、サーバ側のアクセスログ、エラーログを確認してみましたが、関連するログを見つけることができませんでした。 Apacheのログに記載がないことと、同一クライアントの他のブラウザソフトウエア(Google Chrome)では問題が発生しないことから、Internet ExplorerやMicrosoft EdgeのTLS接続に問題がありそうなことが判ります。 結論から言うと、今回のケースでは、エラーメッセージは、Webサイトの所有者ではなく、 「ブラウザの管理者に連絡してください。 」としたほうが正確でしょう。 ちなみに、「サイトで古いか安全でない TLS セキュリティ設定が使用されている可能性があります。 」とありますが、実際には、サーバ側のTLSバージョンの方が、新しく安全であったとしても、「古いか安全でない」と表示されます。 正直このメッセージを見たときは、ちょっとビビりました。 ということで、クライアント側のブラウザの設定を見てみます。 上記の赤い枠線にあるように、予想通り、Internet ExplorerやMicrosoft Edgeが、TLSv1. 2を使っていないようでした。 画面に「 サイトで古いか安全でない TLS セキュリティ設定が使用されている可能性」、と表示しておきながら、実際は、IEとEdgeブラウザの使用しているTLSが古いだけでした。 警告表示をするなら、表現は正確にお願いしたいところです。 問題は、このチェックボックスがグレーアウトしており、クリックしても反応しない状況となっていることです。 これは筆者が、Windows 10 Enterpriseを使っているためにおきている現象だと思われます。 他のエディションをお使いで、当該チェックボックスがグレーアウトしておらず、クリックできる状態の方は、ここで、「TLS1. 2の使用」をチェックして、Internet ExplorerやMicrosoft Edgeを再起動すれば、解決です。 チェックボックスがグレーアウトしていて、変更できない方(たぶんWindows 10 Enterpriseをお使いの方)は、以下の方法によって変更します。 グループポリシーエディタ 「インターネットオプション」の「詳細設定」のチェックボックスがグレーアウトしている場合、設定の変更は、グループポリシーエディタ gpedit. msc を使って行います。 Windowsのスタートメニューから、「ファイル名を指定して実行」を選びます。 Windows10の場合、スタートメニューを右クリックすると「ファイル名を指定して実行」のメニューが出てきます。 ここで、名前に「gpedit. msc」と入れて、「OK」を押します。 すると、グループポリシーエディタが起動します。 これをダブルクリックします。 まずは、上の赤枠の、「有効」のラジオボタンをクリックします。 すると、オプションに「SSL3. 0およびTLS1. 0を使用」と出てきます。 これが今回の元凶です。 「SSL3. 0」は問題があるので、TLS1. 2を有効にするほか、SSL3. 0を無効にしたいと思います。 上記、オプションの赤枠部分をクリックすると、以下のようになります。 ここで、今回は、「TLS1. 0およびTLS1. 2を使用」を選びます。 なお今回は、TLS1. 1を除いた、「TLS1. 0およびTLS1. 2を使用」としましたが、連続したバージョンを選択していないと接続エラーになることがあるようです。 「TLS1. 0およびTLS1. 2を使用」で、問題が起きた場合は、を 「TLS 1. 0、TLS 1. 1、および TLS 1. 2 を使用」 に変更してください。 その後、「OK」ボタンを押します。 確認できたら、Internet ExplorerやMicrosoft Edgeを再起動します。 これで当ページ冒頭のようなエラー画面を表示していたInternet ExplorerやMicrosoft Edgeでも、当サイトにアクセスできるようになります。 とここまで書いて、気づいたのですが、そもそも、この設定方法を本当に必要としている方は、ブラウザが、TLS1. 2に対応できていないわけですから、当サイトのサーバにある、このページにアクセスできないですね。 とはいえ、暗号スイートが弱体化するので、当サイトがTLS1. 0を有効にする予定はありません。 困っている人をみかけたら、助けてあげてください。 もくじ [CONTENTS].

次の

Edge で「このページに安全に接続できません」と表示されるときの対応方法。

サイトで古いか安全でない tls セキュリティ設定が使用されている可能性があります

2019-04-05 パソコン・スマホトラブル 生徒さんの質問・設定 PC・スマホ・タブレット) 悪質・偽サイトに注意!!当教室の名前・記事が下の画像のようにディスクリプションに表示されておりますが、勝手に作成されており、当教室とは一切関係ありません。 下の画像以外にもありますので、ご注意ください。 ユーチューブが突然見られなくなりました。 画面に「このページに安全に接続できませんと表示が出ます 使用しているブラウザは「Microsoft Edge」です。 画面に「このページに安全に接続できません。 サイトで古いか安全でないTLSセキュリティ設定が使用されている可能性があります。 この問題が解決しない場合は、Webサイトの所有者に連絡してください。 」と表示されてしまいます。 設定を確認して頂きました 1. ネットワークに接続されているか確認してみました。 ネットワークは接続していました。 Yahooなどのポータルサイトからネット検索は出来ますが、ユーチューブだけ起動しません。 パソコンを再起動してみましたがエラーが表示されます。 キャッシュを削除 キャッシュとは1度開いたウェブページのデータを保存しておいて、再度アクセスしたときに素早く見る機能ですが、溜り過ぎると動作も重くなるなどの不具合が生じることがあるので削除してみましたが、変化有りません。 ブラウザを変更してユーチューブを起動してみました。 IE・Chromeのブラウザからユーチューブを起動してみましたが、やはりエラー表示が出てしまい見られません。 DELLサポートセンターに電話して伺ってみました。 「Smart Byteをオフにすると、起動する場合があります。 」とのお話でした。 2017. 2に一度確認しています) 「Smart Byte」とは動画の閲覧を自動で検出し優先する機能で、重要性の低いネットワーク通信量によってビデオの速度や品質が低下しないようにしているそうです。 しかし上手く働かず、ユーチューブが見られなくなってしまう場合があるそうです。 早速「Smart Byte」オフにしてみました。 エラー表示もなくユーチューブが再生されました。 再度オフに設定出来ます。

次の

YouTubeが表示しない

サイトで古いか安全でない tls セキュリティ設定が使用されている可能性があります

しんきん等のネットバンクで起きている現象 先日、ちょっとしたお問い合わせがありました。 その内容は「 しんきんのネットバンクがTLSエラーが出て利用できないんだけど」という内容。 こちらのお客様は数日前にWindowsを7から10に変更した事は当店で承っておりました。 ここでギモンが発生します、お客様はネットバンクの設定の行い方も仕様も十分に理解している事を理解しているのですが、お問い合わせを頂くという事は通常の認証の方法ではネットバンクを利用出来ないという事になります。 Windows10だけが問題ではない ここで少し調べてみると簡単に原因と解決方法が掲載されておりました。 原因は「WindowsUpdateを行うと不具合が生じる」というもので、具体的にはアニバーサリーアップデートが原因である事がわかりました。 つまりWindows10で特定の環境とはアップデートを行う事が原因であって通常の設定方法ではエラーが発生してしまうというものでした。 私が言いたいこと ここで整理をすると、今回お問い合わせを頂いたのはたまたま「 パソコンのWindowsをリカバリしたのは当店」という事だけで、これらの不具合は必然的に起こるものという結論に至ります。 ここからはお客様にお伝えするのではなくこの様なサービスを提供している方に言いたいことですが、何故問題が発生しているのに告知を行わないのでしょうか?因みに苫小牧信用金庫ではホームページでしっかりと告知を行っており、対処方法までも記載されておりました。 ですが表題が「WindowsUpdateによる不具合」と記載していては誰も気付きませんよ、この場合は現在発生すしているエラー表示内容を記載する必要があります、今回では「 TLSセキュリティ設定が使用されている可能性があります」ですね、これは本日のタイトルであって・・・もうお分かりですよね。 利用している人も無知ではありません。 このような問題は「逆引きのようなキーワード」で調べる傾向があるということです。 これを読んだシステム管理者さんは可能であればホームページの「おしらせ欄」の内容を修正して頂ければお問い合わせは格段に減りますよ。

次の