アメリカ 軍 天気 予報。 海外旅行の天気予報が正確なサイト!天気悪い時におすすめの過ごし方

目からウロコが落ちる?米軍の天気予報アプリが有能すぎる件!

アメリカ 軍 天気 予報

アメリカ・ハワイにある、アメリカ海軍の合同台風警報センター( JTWC )というところが 台風情報などの気象情報を発表しています。 JTWC は、 Joint Typhoon Warning Center の頭文字で、アメリカ海軍とアメリカ空軍がハワイ州真珠湾海軍基地に、共同で設置したアメリカ国防総省の機関のことです。 昔、アメリカ軍が台風によって大きな被害を受けたことをきっかけに、気象と台風の観測をするセンターを作りました。 主に、海軍と空軍が太平洋地域の熱帯低気圧を観測していました。 次第に、組織や名称や役割が広がり、 現在の JTWC へと変化してきました。 観測する範囲も、太平洋地域から、国際日付変更線からアフリカ沿岸まで拡大され、台風や津波などの観測を行っています。 衛星やレーダーを用いて熱帯低気圧の観測をし、世界中の熱帯低気圧のほとんどのデータを収集しています。 JTWC は観測地域が広い事が特徴といえるでしょう。 このデータはインターネットからアクセスが可能ですが、アンドロイド用のアプリをダウンロードして 世界での台風の動きがチェック出来るようです。 アプリは、風速域によってカラーで表示されるようになります。 最大風速のピンの色によって最大風速の目安がわかるので、とてもわかりやすく作られています。 13 時間、日本の方が早いです。 JTWC のアプリを使うと時差が発生してしまうかと心配になりますよね。 リアルタイムで届く台風情報は、使用する人の現地時刻で警告を表示してくれるので大変便利です。 現在地は GPS で取得してくれます、もし取得ができなければ手動で位置設定が可能です。 現在地を設定していなくても、アプリの使用は出来ますが、警告表示が正常に表示されないので 設定をしておきましょう。 自分の現在地が台風の進路コースと予想されると、風速域によって警告表示がでますので、避難準備や台風の備え等がいち早く行えるでしょう。 海外からの気象データも収集します。 そのデータ量は膨大で、とても人間では集計などが行えません。 そこで、スパーコンピュータやアデスという気象情報伝送処理システムというコンピューターで観測データを収集・整理・編集をして、必要なところに送り出します。 これらのデータは国内の気象官署に送られ、予報官が予報の作成を行います。 そして、予想天気図や 天気予報、台風予報、警報、注意報などを発表していきます。 気象庁は、気象台や観測所を、すべての都道府県に設置し、それぞれ役割を持たせています。 管区気象台・・・日本を 5 つの地域に分けて、気象観測や予報の業務を統括しています。 札幌、仙台、東京、大阪、福岡にあります。 地方気象台・海洋気象台・・・管区気象台がない府県には、地方気象台または、海洋気象台が設置されています。 北海道と沖縄には複数の地方気象台があります。 これは、観測を行うほかに、地域ごとの予報を作成したり、防災気象情報を発表したりしています。 海洋気象台は、日本周辺の海域を 4 海域に分け、船舶などによる海洋観測を行ったり、海上警報の発表をしています。 気象台以外にも、測候所と特別地域期初観測所が全国にそれぞれ数十カ所設置されています。 このほかに、アメダスの無人観測設備が全国に約 1300 カ所あります。 自分は学生時代の頃、気象に興味があって勉強していた時期がありましたが、とても難しくて挫折をしています。 天気は日々変わるもので、同じように見えて同じ日はないのでその予測をだすのは本当に大変です。 ですが、 いままで台風や豪雨などでたくさんに被害を受けてきましたので、少しでもその被害が少なくなるように、天気予報を上手に利用していきたいですね。

次の

Digital Typhoon: Typhoon Forecast Track (on Google Maps)

アメリカ 軍 天気 予報

AccuWeather. comが提供しているのがこちらの天気予報です。 正直、 海外旅行で使う天気予報はこれだけで十分です!笑 世界各国の天気図や天気の状況を調べるだけでなく、レーダーと衛星画像と天気予報地図から調べることができます。 雨雲や気圧の動きを見られるので、まるで専属の気象予報士がいるってくらい心強いです。 さらに各地の天気を毎時予報や期間延長、週末、月間の見通し、現在の天気などから分析できる高機能の天気予報サイトです! 毎日や毎時の天気の他、午前や午後、夜から深夜までの天気を細かくチェックできます。 月ごとにも見られるので、予定が数か月先になる海外旅行の際にも便利です。 優れているのは90日間という超長期予報で天気を調べられるということ! 全90日間の天気予報が見られるなんて、おそらくここだけです。 しかも最高気温と最低気温だけではなく、平均最高気温と平均最低気温も見れるので、服装選びにも役立ちますね。 さらには風向きなどももちろん、過去の気温も比較できます。 その他、日の出や日の入り、月の出や月の入りまで調べられちゃいます! 観光する時間帯の計画を立てる時にも役立つでしょうね。 海外旅行で天気が気になるならAccuWeather. comがあれば完璧です。 パッと見て 直感的に世界各地の天気を知れるのが特徴となっています。 更新頻度はそこまで高くありませんが、世界主要20都市を網羅しています。 日本人が海外旅行で訪れる国ならすぐに調べられますね。 もちろん、他の国も調べられるので便利です。 また、1週間の長期予報も見られるので、予定を考える時にも便利。 天気の他にも気温や紫外線についても知れる優れもの! 地域ごとに服装アドバイスもあり、服に迷った時にもおすすめです。 最低気温・最高気温別の服装を調べられるところも特徴となっています。 さすがは地球の歩き方が提供している情報ですね! 3. 日本気象協会 tenki. jpが提供しているのがこちらの天気予報です。 世界中の天気を網羅していて エリアごとに幅広く調べられるので便利だと思います。 メジャーな国からマイナーな国まで網羅しているのは嬉しいところですね! しかも国ごとに見てみると、主要都市の天気も地図で見ることができます。 この天気予報の優れているところは、より細かな地域ごとに調べられるというところです。 主要都市ごとに見ると、その周辺の天気も合わせて表示してくれます。 その地域全体の情報を知りたいという時にはこちらがおすすめです! 何より日本気象協会が提供しているので信憑性も高いです。 ウェザーニュース:世界の世界天気 ch. 世界の天気も簡単に調べることができ、 リアルタイムで現在の天気を調べることができるというのが強みですね。 見やすさが重視されていて、視認性に優れているのが嬉しいです。 また、エリアごとの気候などに合わせたコメントもあって好感が持てます。 エリアも細かく分けられている他、東経0度~180度エリアと西経0度~180度エリアで見られるのも便利だと思います。 天気や気温、週間表示などに対応していてとても便利です。 何より表示速度がとても早いので、パパッと確認したい時はこちらがおすすめです。 Yahoo! 天気・災害の天気予報です。 エリアごとに天気が簡単に調べられるので シンプルで使いやすいのが特徴となっています。 渡航予定の国を一覧から探して、すぐに天気を調べられます。 魅力はその国の都市ごとの天気を比較して見られるところですね! さらに都市ごとに見ていくと、週間天気予報なども見られます。 最低気温と最高気温もあるので、シンプルな天気予報が良い人はこちらがおすすめですね! 6. 見た目が単調で天気予報だけに特化しているのが特徴となっています。 掲載されている国はあまり多くないですが、国ごとに見てみると向こう1週間の長期予報を見ることができます。 最高気温に最低気温も掲載されているので、こちらも参考にしてみると良いかも。 ただ、他の天気予報に比べると少し単調でつまらないかも! 海外の天気予報は当たる?当たらない? 海外旅行でよく話題に出てくるのが「海外の天気予報って当たらないよね」という話ですね! 正直、確かに海外の天気予報はあまり当たるという印象がありません。 それもそのはずで、 天気を百発百中で当てるというのは不可能です。 ただ、だからと言って当たらないのかといえば、結構当たります。 僕自身、海外旅行の際には天気予報を参考にしますが、普通に当たります。 でも、やっぱり 外れてしまうこともあるんですよね! だからこそ、 あくまでも天気予報は参考程度にしておいてください。 完璧に信じてしまって一喜一憂するのは、にわか雨を怖がるのと同じくらい無意味です!笑 近年は天気予報のアプリもあるので、そちらも合わせてダウンロード&インストールしておくと、より安心かもしれません。 天気悪い時におすすめの過ごし方 天気予報というのは必ずしも当たるとは限りません。 むしろ場合によっては当たらないことの方が多いかもしれません。 ただ、海外旅行する計画に関しては数ヶ月前から立てている人が多いので、天気が悪いからと言って旅行そのものを中止するということはないと思います。 天気は予測できないこともあるので、天気悪い時に備えて計画しましょう。 ここからは 天気悪い時の上手な過ごし方を紹介するので、雨の日や雪の日の参考にしてみてください。 ホテルで過ごす これはもう定番中の定番ですが、雨ならホテルで過ごすのが良いです。 宿泊しているホテルによって違ってくると思いますが、ホテルの中だけでも十分に楽しめることがあります。 さすがに民宿やゲストハウスなら難しいですが、リゾートにあるようなホテルであれば、プールやエステ、スパなどの施設があるかもしれません。 その他、バーやカフェがあるホテルもありますね。 ホテルのグレードによっても違いますが、部屋でのんびりするのもまた旅らしくて良いのではないでしょうか? テレビを見ながら海外生活を謳歌するように楽しむのもありです! 2. エステやスパで過ごす エステやスパなら室内なので、雨でもゆっくりと過ごせます。 海外旅行では足腰の疲労が蓄積することもあるので、せっかくのフリーならマッサージでもしてもらって休憩日にするのもありですね! 疲れた足腰をマッサージしてもらうと超絶気持ち良いですよ。 東南アジアなどであれば格安マッサージもありますからね。 僕もマレーシアでは激安マッサージで昇天しました!笑 また、海外旅行では肌が荒れてしまうこともあるので、美容のためにエステやスパに通うというのも良いかもしれません。 カフェやバーで過ごす カフェやバーも室内なので、雪だって過ごすことができますよね。 その国のカフェやバーというのは地元の人が利用していることも多くて、海外暮らしをしているかのように楽しめますよ。 それにカフェやバーなら、窓から外を眺めて過ごすのも良いですね。 雨が降っていると、逆にそれがムード満点だったりします。 観光を詰め込んでも良いですが、スケジュールに予定があるなら飲食店でおしゃれに過ごしちゃいましょう! 4. 動物園や水族館で過ごす 動物園や水族館は海外でも人気スポットで、雨でも雪でも楽しめます。 動物たちに触れ合うことで、下がってしまったテンションも上がるかもれませんよ! 動物園や水族館であれば、1日中いたって遊び尽くせます。 特に海外のものはスケールが桁違いのところもあるので、ぜひ予定になかったとしたら、急遽入れてみても良いかも! なお、アフリカなどではサファリパークなどもありますが、それらは野外となることも多いので注意しましょう。 博物館や美術館で過ごす 日本ではあまり馴染みがないですが、海外には博物館や美術館も多いです。 その国の歴史が詰まった博物館もある他、現代アートの美術館もあります。 入場が無料のところもあるし、有料でもそこまで高くないのでコスパも良いかもしれませんね。 ジムで過ごす 海外の人はむしろ晴れているとワークアウトをしている人も多いですね。 日本の人はそこまで鍛えている人もいませんが、雨が降っていたら海外のジムに行ってみるのもありですね! ジムはかなり本格的なところも多いので、かなり鍛えられます! もうやることがなくてエネルギーが溢れているという時には、鍛えてクールダウンするのも良いかも。 ショッピングをして過ごす ショッピングモールをはじめ、それぞれの店は基本的に室内です。 屋台などではない限り、お土産屋なども室内ですよね。 雨の日は外で観光することが難しいので、天気が回復するまでは買い物をして過ごすというのも良いかもしれません。 そうすればお土産選びの時間を確保できるので無駄になりませんね! 免税店なども海外には多いので、欲しかったブランドのものを安く買うチャンスだと思えば、雨の日も雪の日も楽しいかも! 8. 観光して過ごす 雨具があるのなら、あえて完全防備で観光しちゃうってのもありです。 やっぱり海外旅行の日数は限られているので、1日観光できないというのは損をした気分になりますよね! むしろ雨じゃないと見られない絶景などもあるかもしれません。 雨が降るとより雰囲気が出て、世界遺産もより荘厳な雰囲気を醸し出すかも。 観光に関しては濡れるのが嫌な人は避けたいですが、あまり気にしないなら強行突破してしまうのもありです! 雨が上がれば虹が出て、普段は見られない光景が待っているかも。 ボリビアのウユニ塩湖のように、雨が降るからこそ美しい景色になることもあるのです!笑 天気に惑わされないためには? 天気に惑わされると、せっかくの海外旅行も台無しに……なんてことも。 もちろん、雨や雪でも楽しめるのですが、せっかくなら思う存分楽しみたいですよね! そこで、ここからは 天気に左右されないための方法を紹介します。 雨雲がやってきたらバケツで吸い取ってくれる便利なアイテムがあれば良いのですが、まだまだそんな技術はありません!笑 ここで紹介する方法を実践して、天気にも負けずに海外旅行を満喫しちゃってください! 1. 徹底的に情報収集する 自分が渡航する国に関しては、情報収集を徹底しておきましょう。 滞在する地域にある動物園や水族館、博物館に美術館、その他色々な飲食店や様々な施設を調べておけば、観光できちゃいます。 何も調べていないと、天気悪い時に途方に暮れてしまうかもしれません。 特に室内で遊べそうなところがあれば、そちらの情報を集めておくと良いです。 念のため、ガイドブックや旅行雑誌を持っていくと良いでしょうね! 2. 複数のプランを用意する 海外の天気は何があるかわかりません。 そのため、複数のプランを用意しておくというのも良いですね! 基本は晴れている時の予定を立てておき、雨の時の予定も立てておくことによって、どちらにも対応できるようにしておくと安心です。 設備が充実したホテルを選ぶ 設備が充実したホテルを選んでおけば、万が一雨や雪が降った時でも、ホテルで過ごすことができます。 プールなどの他にも、エステやスパがあると便利です。 中にはバーやカフェだけではなく、ジムがあるホテルもあります。 雨でも雪でも観光できる服装にする 観光する時の服装に関しては、雨天のことも考えて用意しましょう。 雨傘に雨合羽の他、衣服や靴も防水のものがあると良いですね。 僕はアイスランドで防水の衣服を持たずに雨に打たれ、本気で死にかけました!笑 そうならないよう、防寒着も防暑着も2つのパターンで用意しましょう。 お天気保険に加入する 近年は海外旅行保険の中に、お天気保険というものがあります。 これは雨天によって観光できなかった時などに、お金が戻ってくるという保険となっています。 あくまでも保険なので晴れれば無駄になりますが、それでも雪などが降って何もできなくなった時などには便利です。

次の

NOAAのGFSによる数値予報天気図 10日間3時間毎

アメリカ 軍 天気 予報

アメリカ・ハワイにある、アメリカ海軍の合同台風警報センター( JTWC )というところが 台風情報などの気象情報を発表しています。 JTWC は、 Joint Typhoon Warning Center の頭文字で、アメリカ海軍とアメリカ空軍がハワイ州真珠湾海軍基地に、共同で設置したアメリカ国防総省の機関のことです。 昔、アメリカ軍が台風によって大きな被害を受けたことをきっかけに、気象と台風の観測をするセンターを作りました。 主に、海軍と空軍が太平洋地域の熱帯低気圧を観測していました。 次第に、組織や名称や役割が広がり、 現在の JTWC へと変化してきました。 観測する範囲も、太平洋地域から、国際日付変更線からアフリカ沿岸まで拡大され、台風や津波などの観測を行っています。 衛星やレーダーを用いて熱帯低気圧の観測をし、世界中の熱帯低気圧のほとんどのデータを収集しています。 JTWC は観測地域が広い事が特徴といえるでしょう。 このデータはインターネットからアクセスが可能ですが、アンドロイド用のアプリをダウンロードして 世界での台風の動きがチェック出来るようです。 アプリは、風速域によってカラーで表示されるようになります。 最大風速のピンの色によって最大風速の目安がわかるので、とてもわかりやすく作られています。 13 時間、日本の方が早いです。 JTWC のアプリを使うと時差が発生してしまうかと心配になりますよね。 リアルタイムで届く台風情報は、使用する人の現地時刻で警告を表示してくれるので大変便利です。 現在地は GPS で取得してくれます、もし取得ができなければ手動で位置設定が可能です。 現在地を設定していなくても、アプリの使用は出来ますが、警告表示が正常に表示されないので 設定をしておきましょう。 自分の現在地が台風の進路コースと予想されると、風速域によって警告表示がでますので、避難準備や台風の備え等がいち早く行えるでしょう。 海外からの気象データも収集します。 そのデータ量は膨大で、とても人間では集計などが行えません。 そこで、スパーコンピュータやアデスという気象情報伝送処理システムというコンピューターで観測データを収集・整理・編集をして、必要なところに送り出します。 これらのデータは国内の気象官署に送られ、予報官が予報の作成を行います。 そして、予想天気図や 天気予報、台風予報、警報、注意報などを発表していきます。 気象庁は、気象台や観測所を、すべての都道府県に設置し、それぞれ役割を持たせています。 管区気象台・・・日本を 5 つの地域に分けて、気象観測や予報の業務を統括しています。 札幌、仙台、東京、大阪、福岡にあります。 地方気象台・海洋気象台・・・管区気象台がない府県には、地方気象台または、海洋気象台が設置されています。 北海道と沖縄には複数の地方気象台があります。 これは、観測を行うほかに、地域ごとの予報を作成したり、防災気象情報を発表したりしています。 海洋気象台は、日本周辺の海域を 4 海域に分け、船舶などによる海洋観測を行ったり、海上警報の発表をしています。 気象台以外にも、測候所と特別地域期初観測所が全国にそれぞれ数十カ所設置されています。 このほかに、アメダスの無人観測設備が全国に約 1300 カ所あります。 自分は学生時代の頃、気象に興味があって勉強していた時期がありましたが、とても難しくて挫折をしています。 天気は日々変わるもので、同じように見えて同じ日はないのでその予測をだすのは本当に大変です。 ですが、 いままで台風や豪雨などでたくさんに被害を受けてきましたので、少しでもその被害が少なくなるように、天気予報を上手に利用していきたいですね。

次の