ポケモン た いれ ー つ。 ルナアーラ|『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

攻略情報V/ポケモン図鑑V/アロフィー

ポケモン た いれ ー つ

今作のイワークは主に3つの点で強化されました。 新技ボディプレスの取得 詳しいことは技構成の採用理由で説明しますがこの技を習得したことでバンギラスに一矢報えるようになり、普通に火力が出せるようになりました。 攻撃力ポッポwwwと馬鹿にされる時代は終わったのです。 ライバルのリストラ ライバル?と呼んでいいかは分かりませんが前作では襷ステロ爆発ランドロスや襷ステロちょうはつワルビアル、頑丈ちょうはつエアームド等の差別化が少々難しいライバル達がいたのですが今作ではこいつら全員リストラされています。 天敵のリストラ 7世代でイワークを苦しめてきたポケモンがいます。 それがクソガエルとジャローダです。 カエルの方は水手裏剣で頑丈貫通して対面から問答無用でワンパンしてきます。 HもDも低すぎる上に4倍弱点なので威力15が2回飛んでくるだけで死にます。 ジャローダは挑発で起点作りを防ぎ、岩石封じを打とうものなら天邪鬼でSが上がり、ついでにリーフストームで起点にしてくるので完全にカモられてきました。 しかしこいつらもリストラされています。 この3つの要因が非常に追い風となっています。 差別化• カバルドン Mr. 起点作りの称号を冠する最強のポケモン。 今作ではダイマックスの影響で受けが成立し辛くなりシーズン序盤はあまり高い評価は受けていませんでしたが相手のダイマックスを誘発させやすく、結局ステロあくびが強いということが広まり多くの上位プレイヤーに採用される厨ポケof厨ポケ。 確かにステロあくびは強いですがちょうはつを覚えないし遅いしでもはやイワークとは役割が違うので差別化する必要すらないですね。 ドリュウズ 剣盾ランクバトルシーズン1にて採用率1位であることがポケソル様にて発表された剣盾環境のガブリアス。 特性が型破りや砂かきだったり、持ち物も襷スカーフ珠チョッキ等とにかく型が多いですが、特に襷を持たせてステロを撒く型がイワークとやることが似ていてイワークよりも速いです。 ですがやはりちょうはつはできないわ持ち物は固定されるわでこいつもイワークとは別のポケモンですので起点作りという面に置いては差別化はできていますね。 まあこいつの強いところは起点作り兼アタッカーとしても使えるところなんですが。 努力値など• 技構成 ボディプレス ステルスロック ちょうはつ 選択枠• 実数値 127-65-196-45-65-134 努力値は70族であることが強みの1つのためS252で確定 Bに振ることでボディプレスの打点を上げ、物理面の攻撃を受けやすくするため確定 Hを奇数にする為、余った4はHに振りました 性格はSに補正を掛けないと最速アーマーガア等を抜けないためようきにしていますがわんぱくでボディプレスの打点を上げるのもアリだと思います。 というかバンギラスに対する打点がかなり変わってきますのでBに補正かけた方がいいと思います。 技構成 ダメ計付き• ボディプレス:確定 今作から追加された与えるダメージを「こうげき」ではなく「ぼうぎょ」で計算するかなり強力な技。 アーマーガアを使った人ならその強さがわかるでしょう。 この技しか採用しない場合のイワークの実質種族値は35-160-160-30-45-70となります。 しかし環境トップメタのミミッキュの皮を剥げない点には注意。 ステルスロック:確定 この論のコンセプトです。 ちょうはつ:確定 イワークを使う理由の6割くらいはこれです。 〜ここから選択枠〜• こらえる:選択 相手のダイマックスターンを稼げる優秀な技です。 タイプ上砂嵐の天候ダメージを受けないのもいい。 こわいかお:選択 相手の素早さを2段階下げる技です。 後続のポケモンで起点にしやすくできるのでこちらもオススメです。 ただし特性クリアボディのドラパルトや特性ミラーアーマーのアーマーガアには効かないので注意。 がんせきふうじ:選択 ミミッキュの皮剥がしと素早さダウンを両立できる技です。 しかしこわいかおと違い命中不安な上にミミッキュ以外にはほぼ劣化ですのでどうしてもミミッキュの皮が憎いのならこわいかおよりこちらをオススメします。 いやなおと:選択 相手の防御を2段階下げる技です。 後続にギャラドスやオノノクス等の物理積みアタッカーを置いておく場合に強いです。 また、イワーク自身のボディプレスの打点を上げることができます。 じばく:選択 ステロ撒いた後特にやることがない時に自主退場する様に。 ですがいかんせんAが無振りポッポなので威力200といえど火力には期待しないように。 へびにらみ:覚えない いやお前いわ''へび''ポケモンなのに覚えないんかい。 覚えてたら間違いなく採用してます。 思いついた限りではこのくらいですがまだあるようでしたらコメントで。 持ち物について このポケモンは特性頑丈によって人気アイテムであるきあいのタスキを持たなくても最低限の行動保証があるという強みがあります。 なら空いた持ち物は何を持たせればいいかですが。 レッドカード 確定欄はこれ 頑丈と相性が良く積みストッパーとしての活躍もできます。 対面の相手にもステロダメージを入れられるのでなかなか使いやすかったです。 しかし今作ではダイマックス時のポケモンには無効になりますので相手のダイマックスを枯らしてから能力上昇したトゲキッスやギャラドス等を止めるなど少し工夫が必要になってきます。 しんかのきせき ダメ計あり 物理耐久だけは高いのでそこそこ攻撃を耐えてくれるようになります。 特に型破り持ちのドリュウズにはBに振り切っていようがHが低すぎて地震を撃たれるだけで乱数でワンパンされますが、しんかのきせきを持つことで確定で耐えるようになります。 ちなみにしんかのきせきのBD1. 5倍はボディプレスの計算には適用されません。 まあ強すぎるししゃーない。 カムラのみ 70族ですので抜ける範囲がかなり広がります。 一回しか行動ができない相手に対しても二回行動できるようになったりと使いやすいです。 しかし最速ドラパルトは抜けないので注意。 ふうせん ふうせんを持ってちょうはつを打てば大体のカバルドンを完封できます。 ドリュウズの地震も受けず、アイアンヘッドも耐えるのでアリです。 イバンのみ 未解禁 体力が少ない時に一度だけ先制で行動できるようになる凄いきのみです。 はよ解禁しろ。 実は私もステロイワークに注目していて考察していたところです。 S下げる技として命中安定の地ならしがありますので選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。 こちらは浮いてるポケモンにあたりませんが・・・ あとH132B124振りでドリュウズのじしんを最高乱数以外耐えします。 一応選択技にがんせきふうじを入れたので陽気にしましたがイカサマのダメージを減らすために臆病a0でもいいと思います。 ドラゴンテールは一応考えたのですが肝心のミミッキュに無効にされるのがキツイのでいれませんでした。 2 コメントありがとうございます。 イバンの仕様を勘違いしていたので修正しますね。 3 コメントありがとうございます。 じならしも考えたのですがどうしてもダイジェットで自発的にsを上げてくるトゲキッスやギャラドス、リザードン等に無効にされるのが辛いので選択にはいれませんでした。 イワークはドリュウズの地震耐えまで耐久調整してもいいと思うのでもう1つの案として追加しておきます。 4 コメントありがとうございます。 ダメージ計算ツールとしてポケマスさんを使っているのですがおそらくしんかのきせきの倍率は乗らず、かわりに命の珠やこだわり鉢巻等の攻撃に倍率をかける道具の補正が乗るっぽいです。 同じ型を使うのであればイワークの方に軍配が上がります。 それはそうとこいつドラゴンテール覚えるんですね。 ステルスロックと相性がよく起点回避にもなり、運がよければ相手の裏が全て割れますので候補に追加してもいいと思います。 ドラテは私も同じようなことを尋ねてで返答を頂いています。 同速としてよくわかります。 ですのでBは攻撃面の強化のために降っています。 元々がんじょうによる行動保障があるので耐久に振る必要はあまりないのですがドリュウズやオノノクス、ルチャブル等の型破り持ちに対しては特性が効かないので一撃でやられる危険があります。 特にドリュウズを意識するならコメントにて追加した調整がオススメです。 ですが、今回のように性格陽気で使用するのであれば、調整案の調整をしたところでどちらにせよステロダメージ込みのH4ドリュウズを1発で落とせないことと、逆に6. 2%の確率でドリュウズに対して何もできずに落とされてしまうというデメリットのほうが大きいのではないかと感じたため、コメントさせていただきました。 イワークは全体的な数値が高くないです。 そのため、ボディプレスで少しでも多くダメージを与えることよりも、やりたいこと(確実にステロを撒くこと、先発受けポケモンや最速アーマーガアに上から挑発を入れること等)を確実にできるように、環境トップでかつ先発にも出て来やすい陽気ドリュウズの地震や、陽気ルチャブルのインファイトを確実に耐えるHP振りのほうが良いのかなと個人的には思いました! 長くなってしまい読みにくくなってしまいました。 申し訳ありません。 ほぼ全く同じイワークを使ってた者です。 自分でも使っていたのにこのイワークの動き方や有用性について知らなかったところが多くて、とても参考になりました。 すごい良い育成論と思います。 自分の型はドラゴンテールをこらえるの枠に採用してたのですが、選択技の候補に如何でしょうか?サニーゴや積んでくるアーマーガアなんかにまずまず有効でした が、初手から積んでくる奴とかそんなおらんかったのでぶっちゃけ撃つ機会そんななかったです。 こらえるの方がいいよな〜って、書きながら思いました。 ほえる返して…。 長くなってしまって申し訳ありません。 申し訳ないです。 上記ポケの後ろにリザードンなどいればそれだけで敵2体のHP半分持ってたり出来たこともあるので攻撃ポッポと侮れません ただミミッキュやキッスが多いためドラテが駄目な場面も多いのでやはり相手を選びますね.

次の

ポケモンGO攻略・速報・最新情報まとめ

ポケモン た いれ ー つ

ルナアーラ 分類 がちりんポケモン タイプ エスパー・ゴースト 高さ 4. 0m 重さ 120. 0kg 特性 ファントムガード 月を誘いし伝説のポケモン ルナアーラ• 月の使者 太古の時代から、月の使者として崇められ、畏敬の念から「月を誘いし獣」と呼ばれていた。 三日月のような翼 ルナアーラは、常に光を吸収し、エネルギーに変換している。 周囲の光を吸収し、広げたその翼は三日月のように輝き、その姿は美しい夜空のようだ。 得意技「シャドーレイ」 妖しい光線を放って、相手の特性を無視して攻撃することができる。 新特性「ファントムガード」 ルナアーラは、これまでどのポケモンも持っていなかった新しい特性「ファントムガード」を持っている。 この特性を持っていると、HPが満タンのときに、受けるダメージが少なくなるぞ! 伝説のポケモンの強大なパワーを解放した姿 物語の重要なカギを握るポケモン『ルナアーラ』が持つ強大なパワーを解放した姿。 強く光り輝いているよう。 力を解放したこのポケモンは、どのような活躍をするのだろうか!? 海外の『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト• ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。 また、一部画像を加工しています。

次の

『ポケモン ソード・シールド』旅パのおすすめ企画第2弾。ストーリー序盤から活躍できるポケモンたち【ポケモン剣盾/入門講座】

ポケモン た いれ ー つ

今作のイワークは主に3つの点で強化されました。 新技ボディプレスの取得 詳しいことは技構成の採用理由で説明しますがこの技を習得したことでバンギラスに一矢報えるようになり、普通に火力が出せるようになりました。 攻撃力ポッポwwwと馬鹿にされる時代は終わったのです。 ライバルのリストラ ライバル?と呼んでいいかは分かりませんが前作では襷ステロ爆発ランドロスや襷ステロちょうはつワルビアル、頑丈ちょうはつエアームド等の差別化が少々難しいライバル達がいたのですが今作ではこいつら全員リストラされています。 天敵のリストラ 7世代でイワークを苦しめてきたポケモンがいます。 それがクソガエルとジャローダです。 カエルの方は水手裏剣で頑丈貫通して対面から問答無用でワンパンしてきます。 HもDも低すぎる上に4倍弱点なので威力15が2回飛んでくるだけで死にます。 ジャローダは挑発で起点作りを防ぎ、岩石封じを打とうものなら天邪鬼でSが上がり、ついでにリーフストームで起点にしてくるので完全にカモられてきました。 しかしこいつらもリストラされています。 この3つの要因が非常に追い風となっています。 差別化• カバルドン Mr. 起点作りの称号を冠する最強のポケモン。 今作ではダイマックスの影響で受けが成立し辛くなりシーズン序盤はあまり高い評価は受けていませんでしたが相手のダイマックスを誘発させやすく、結局ステロあくびが強いということが広まり多くの上位プレイヤーに採用される厨ポケof厨ポケ。 確かにステロあくびは強いですがちょうはつを覚えないし遅いしでもはやイワークとは役割が違うので差別化する必要すらないですね。 ドリュウズ 剣盾ランクバトルシーズン1にて採用率1位であることがポケソル様にて発表された剣盾環境のガブリアス。 特性が型破りや砂かきだったり、持ち物も襷スカーフ珠チョッキ等とにかく型が多いですが、特に襷を持たせてステロを撒く型がイワークとやることが似ていてイワークよりも速いです。 ですがやはりちょうはつはできないわ持ち物は固定されるわでこいつもイワークとは別のポケモンですので起点作りという面に置いては差別化はできていますね。 まあこいつの強いところは起点作り兼アタッカーとしても使えるところなんですが。 努力値など• 技構成 ボディプレス ステルスロック ちょうはつ 選択枠• 実数値 127-65-196-45-65-134 努力値は70族であることが強みの1つのためS252で確定 Bに振ることでボディプレスの打点を上げ、物理面の攻撃を受けやすくするため確定 Hを奇数にする為、余った4はHに振りました 性格はSに補正を掛けないと最速アーマーガア等を抜けないためようきにしていますがわんぱくでボディプレスの打点を上げるのもアリだと思います。 というかバンギラスに対する打点がかなり変わってきますのでBに補正かけた方がいいと思います。 技構成 ダメ計付き• ボディプレス:確定 今作から追加された与えるダメージを「こうげき」ではなく「ぼうぎょ」で計算するかなり強力な技。 アーマーガアを使った人ならその強さがわかるでしょう。 この技しか採用しない場合のイワークの実質種族値は35-160-160-30-45-70となります。 しかし環境トップメタのミミッキュの皮を剥げない点には注意。 ステルスロック:確定 この論のコンセプトです。 ちょうはつ:確定 イワークを使う理由の6割くらいはこれです。 〜ここから選択枠〜• こらえる:選択 相手のダイマックスターンを稼げる優秀な技です。 タイプ上砂嵐の天候ダメージを受けないのもいい。 こわいかお:選択 相手の素早さを2段階下げる技です。 後続のポケモンで起点にしやすくできるのでこちらもオススメです。 ただし特性クリアボディのドラパルトや特性ミラーアーマーのアーマーガアには効かないので注意。 がんせきふうじ:選択 ミミッキュの皮剥がしと素早さダウンを両立できる技です。 しかしこわいかおと違い命中不安な上にミミッキュ以外にはほぼ劣化ですのでどうしてもミミッキュの皮が憎いのならこわいかおよりこちらをオススメします。 いやなおと:選択 相手の防御を2段階下げる技です。 後続にギャラドスやオノノクス等の物理積みアタッカーを置いておく場合に強いです。 また、イワーク自身のボディプレスの打点を上げることができます。 じばく:選択 ステロ撒いた後特にやることがない時に自主退場する様に。 ですがいかんせんAが無振りポッポなので威力200といえど火力には期待しないように。 へびにらみ:覚えない いやお前いわ''へび''ポケモンなのに覚えないんかい。 覚えてたら間違いなく採用してます。 思いついた限りではこのくらいですがまだあるようでしたらコメントで。 持ち物について このポケモンは特性頑丈によって人気アイテムであるきあいのタスキを持たなくても最低限の行動保証があるという強みがあります。 なら空いた持ち物は何を持たせればいいかですが。 レッドカード 確定欄はこれ 頑丈と相性が良く積みストッパーとしての活躍もできます。 対面の相手にもステロダメージを入れられるのでなかなか使いやすかったです。 しかし今作ではダイマックス時のポケモンには無効になりますので相手のダイマックスを枯らしてから能力上昇したトゲキッスやギャラドス等を止めるなど少し工夫が必要になってきます。 しんかのきせき ダメ計あり 物理耐久だけは高いのでそこそこ攻撃を耐えてくれるようになります。 特に型破り持ちのドリュウズにはBに振り切っていようがHが低すぎて地震を撃たれるだけで乱数でワンパンされますが、しんかのきせきを持つことで確定で耐えるようになります。 ちなみにしんかのきせきのBD1. 5倍はボディプレスの計算には適用されません。 まあ強すぎるししゃーない。 カムラのみ 70族ですので抜ける範囲がかなり広がります。 一回しか行動ができない相手に対しても二回行動できるようになったりと使いやすいです。 しかし最速ドラパルトは抜けないので注意。 ふうせん ふうせんを持ってちょうはつを打てば大体のカバルドンを完封できます。 ドリュウズの地震も受けず、アイアンヘッドも耐えるのでアリです。 イバンのみ 未解禁 体力が少ない時に一度だけ先制で行動できるようになる凄いきのみです。 はよ解禁しろ。 実は私もステロイワークに注目していて考察していたところです。 S下げる技として命中安定の地ならしがありますので選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。 こちらは浮いてるポケモンにあたりませんが・・・ あとH132B124振りでドリュウズのじしんを最高乱数以外耐えします。 一応選択技にがんせきふうじを入れたので陽気にしましたがイカサマのダメージを減らすために臆病a0でもいいと思います。 ドラゴンテールは一応考えたのですが肝心のミミッキュに無効にされるのがキツイのでいれませんでした。 2 コメントありがとうございます。 イバンの仕様を勘違いしていたので修正しますね。 3 コメントありがとうございます。 じならしも考えたのですがどうしてもダイジェットで自発的にsを上げてくるトゲキッスやギャラドス、リザードン等に無効にされるのが辛いので選択にはいれませんでした。 イワークはドリュウズの地震耐えまで耐久調整してもいいと思うのでもう1つの案として追加しておきます。 4 コメントありがとうございます。 ダメージ計算ツールとしてポケマスさんを使っているのですがおそらくしんかのきせきの倍率は乗らず、かわりに命の珠やこだわり鉢巻等の攻撃に倍率をかける道具の補正が乗るっぽいです。 同じ型を使うのであればイワークの方に軍配が上がります。 それはそうとこいつドラゴンテール覚えるんですね。 ステルスロックと相性がよく起点回避にもなり、運がよければ相手の裏が全て割れますので候補に追加してもいいと思います。 ドラテは私も同じようなことを尋ねてで返答を頂いています。 同速としてよくわかります。 ですのでBは攻撃面の強化のために降っています。 元々がんじょうによる行動保障があるので耐久に振る必要はあまりないのですがドリュウズやオノノクス、ルチャブル等の型破り持ちに対しては特性が効かないので一撃でやられる危険があります。 特にドリュウズを意識するならコメントにて追加した調整がオススメです。 ですが、今回のように性格陽気で使用するのであれば、調整案の調整をしたところでどちらにせよステロダメージ込みのH4ドリュウズを1発で落とせないことと、逆に6. 2%の確率でドリュウズに対して何もできずに落とされてしまうというデメリットのほうが大きいのではないかと感じたため、コメントさせていただきました。 イワークは全体的な数値が高くないです。 そのため、ボディプレスで少しでも多くダメージを与えることよりも、やりたいこと(確実にステロを撒くこと、先発受けポケモンや最速アーマーガアに上から挑発を入れること等)を確実にできるように、環境トップでかつ先発にも出て来やすい陽気ドリュウズの地震や、陽気ルチャブルのインファイトを確実に耐えるHP振りのほうが良いのかなと個人的には思いました! 長くなってしまい読みにくくなってしまいました。 申し訳ありません。 ほぼ全く同じイワークを使ってた者です。 自分でも使っていたのにこのイワークの動き方や有用性について知らなかったところが多くて、とても参考になりました。 すごい良い育成論と思います。 自分の型はドラゴンテールをこらえるの枠に採用してたのですが、選択技の候補に如何でしょうか?サニーゴや積んでくるアーマーガアなんかにまずまず有効でした が、初手から積んでくる奴とかそんなおらんかったのでぶっちゃけ撃つ機会そんななかったです。 こらえるの方がいいよな〜って、書きながら思いました。 ほえる返して…。 長くなってしまって申し訳ありません。 申し訳ないです。 上記ポケの後ろにリザードンなどいればそれだけで敵2体のHP半分持ってたり出来たこともあるので攻撃ポッポと侮れません ただミミッキュやキッスが多いためドラテが駄目な場面も多いのでやはり相手を選びますね.

次の