アップバングセット方法。 外国人風アップバングで1つ上の男を目指そう【海外メンズの髪型】

失敗しない!アップバングのやり方3つのコツ【メンズ髪型】

アップバングセット方法

スポンサードリンク どうも!きなこです! 今回は暑い季節によくしたくなる髪型!『アップバング』のヘアスタイルのセット方法を解説していきたいと思います。 『アップバング』のヘアスタイルといえば、EXILEのボーカルのTAKAHIROさんがよくするヘアスタイルでもあります。 TAKAHIROさんは元々美容師なのでいろんなヘアスタイルをするかとも思いましたが、やはり『アップバング』が多いです。 そもそもアップバングとは? 「アップ」は低い位置から上の方へ上へという意味があります、「バング」とは前髪という意味になります。 よって、 前髪を上げるという意味(形)をいいます。 私は学生時代に アップバングで過ごしていましたが、結構 好評でした。 というのも、これは学生の人にしかわからない悩みで、学校によって校則はさまざまですが、私が通っていた高校の校則には前髪が眉毛にかかってしまうと校則違反となるのです。 それも前髪を抑えられた状態でチェックされるので、余計に前髪が短くなります。 本当に勘弁して欲しかったです。 そのため、確実に前髪を眉にかからないようにしないといけないので、髪型全体として不恰好になってしまいます。 前髪という一部分ですが、前髪を変えるだけで、印象はかなり変わります。 そんな不恰好な髪型を回避するためにアップバングで登校していましたね笑 「たくさん女の子がいるのに、なんという校則だ!」て思っていました。 ・ 卵型 卵型は言わずもがなですが、とてもバランスがよく、理想的な骨格なのでいろいろな髪型が似合います。 ・ 丸顔 丸顔の人はウルフスタイル(襟足が長い)にすると、縦に長く見えるのでより格好がよく見えます。 私自身も丸顔ですが、やはりアップバングをすると他人からの評価はよかったです。 また、高校を卒業して、念願のツーブロックを入れたのですが、鉢回りがスッキリしてアップバングの格好良さがより生かされたのでツーブロックを入れられる状況の人は入れることをお勧めします。 ・ 逆三角形型 逆三角形型の特徴として、頭の鉢が張っていることが多いのですが、それをアップバングにすることで上手く目立たなくする事が出来ます。 また、日本人男性は頭の鉢が張っている人がかなり多いのですが、アップバングにするとしっくりくるなと思った人は、意外と頭の鉢が張っているかもしれませんね笑 また、丸顔同様ツーブロックにすると鉢回りが自然に見えます。 ・ ハート型タイプ 額と頬骨が広く、額が広い人はアップバングをなるべく避けたいという人がいますが、前髪を指二本分だけあげることにより額が広いのがあまり気になりません!ですがアップバングをしている感じは十分に出ます。 ハート型タイプの友達にこの方法を教えたら、すごく似合っていて本人も気に入っていました。 セットが難しい人• 髪が短かすぎる人• パーマが強すぎる• ドライヤーで前髪を上げていない• カットが悪い• 髪が重すぎる• 髪質に合っていないワックスを使用している• スプレーを使用していない 等が挙げられます。 これらを一つずつ解決していき、皆さんも憧れのアップバングを手に入れましょう! 解決策 ・アイロンで髪をあげようとする人がいますがとても難しいです。 出来ないこともないですが ドライヤーで上げておいた方が絶対に楽です。 それでも上がらないという人はドライヤーの項目で詳しく説明しているのでそちらを読んでみてください。 ・カットが悪いのは本当にどうしようもないので、 美容院に言って束感がでやすくしたり、 髪をセニング(髪を梳くこと)にてもらって、 髪全体を軽くしてアップバングがしやすい髪型にしてもらってください。 私自身硬毛で比較的髪が立ち上がりやすい髪質ではありますが、この長さで結構ギリでした笑 理由としては、トップも髪が長くしていたからです。 これを トップにいくにつれ髪を短くしていくレイヤーを入れると、簡単に上がります。 私は普段はレイヤーを入れていて、今はたまたまトップも長い髪型にしていますがレイヤーを入れているときは本当に違いますね。 また、レイヤーを入れたところで、前髪の長さや全体の長さの印象としてはあまり変わらずさっぱりしすぎるんじゃないか?という疑問もあるとは思いますがそんなことは全くないですし束感も出やすくなるのでレイヤーを入れることをお勧めします。 ・自分の髪質を知り、適切なワックスを購入する。 まず 自分の髪質を知る事が大切。 そして、したい 髪型によって自分に適したワックスは違います。 ・スプレーを使用する。 よく皆さんが勘違いしている事があります。 ワックスは髪を固めるものではなく、動きを出すものです。 固めるのはスプレーです。 なので アップバングにスプレーは必須と言えます。 なぜなら硬毛の私でもマットタイプで立ち上げりのよいワックスを使用しても時間が経つと前髪が落ちてくるからです。 どんな服装に合うか? ・ いろんな服装にあいます。 逆にスタンダードなアップバングで似合わない服装をだすとしたら、 モード系や 原宿系ファッションなどのちょっと 独特な雰囲気がする服装には似合わないです。 僕の友人Aはいつもアップバングをしていて、たまにモード系や原宿系のファッションをして、何人か出かけるのですが、「髪と服あってなくね?」と言われたりしていてかわいそうでしたね笑 たしかに圧倒的に爽やかな印象のアップバングと、圧倒的に暗い印象のモード系は上手く合いませんね。 メリット ・陽気に見られる ・清潔感があるように見える ・若さが感じられる ・夏やスポーツの時に最適。 ・髪が崩れない なぜ?? ・額が見えていると、清潔感があると思われやすく若さも感じられる人が多いみたいです。 また、 アイブロウフラッシュという言葉をご存知でしょうか? アイブロウフラッシュとは両目が大きく開き、眉が上に上がっている表情です。 この表情は相手に「私に興味を持ってくれている」という感情を無意識に感じさせられる事も出来て、警戒心を解き初対面の人や 気になる人と会話する時にとても良い技です! 私が前回紹介した、センターパートの波打ちカールよりもスタンダードなアップバングの方が、より額や眉が見える部分が広いので、よりアイブロウフラッシュの効果が得られると思います。 ・夏やスポーツをしている時などの汗をかきやすい状況下にいても、額の大部分が出ているので汗が拭き取りやすいです。 そのためニキビなどが出来にくくなるので良いですね。 私もアップバングにしていた時期と下げている時期でやはり、ニキビのできる量というのは変わっていた気がします。 ・これは普段自転車で移動している人に向けての話です。 ダウンバング(前髪の毛を下げている状態)だと、自転車を漕いでいると、風が強い日なんかは特に前髪が上がったり、風の力をもろに受けますが、アップバングだと元から髪が上がっていますし、私も高校時代は自転車で登校していましたが、それほど風の影響をうけないんですよね笑 高校時代は本当にアップバングに助けられました。 笑 デメリット ・特にないですね笑 強いて言うなら額が広いと格好が悪いという悩みを持っている人がいますが、その対策もドライヤーの項目で解説しているので、ぜひ読んでみてください。 セットに必要な物 機器 ・ストレートアイロン ・ドライヤー 整髪料等 ・ワックス ・スプレー ・ラットテールコーム よく上の画像の黄色で丸く囲っている部分をコームと呼ぶ人がいますが、そういう訳でわありません。 また、ラットテールコームは酸性のヘアカラーリングやワインディングやヘアセットに主にも用いられる事が多いです。 プチ情報として、手入れ方法を教えるとするなら、歯と歯の間に一番よごらがたまりやすいので、ブラシでヨゴッレを洗い落とすか、ひどい場合は石鹸水につけてから、ブラシで洗うと尚良しです。 薄手のコームの場合は歯が欠けてしまう事もあるので、平らな第二置いて行うのが好ましいです。 また、汚れを落とした後は消毒を行いましょう。 ・ダッカールクリップ セット方法 (全体の流れ) 1 ドライヤーで髪を乾かす 2 アイロンで髪全体に動きをつける 3 ワックスを馴染ませて形を整える 4 スプレーで固める 髪の長さ ・ 全体 刈り上げマッシュ ・バング(前髪) 長め(目にかかる程度) ・フロント(前頭部) 長め ・トップ (頭頂部) 長め ・サイド (側頭部) 普通 ・バック (後頭部) 長め ・ネープ (後頭部から襟足にかけての部分) 短め(刈り上げ) 細かい行程 1ドライヤー ・ サイドパートの右分けで髪を乾かす。 サイドパートとはサイドセクションに沿って縦に髪を分ける事。 目安としては黒目の真上。 ・フェイスライン・両サイド(側頭部)のボリュームは少なくする。 ブロアーの温風でフェイスライン・両サイド(側頭部)を一度温めて、掌で押さえたまま毛髪が冷めるのを待ちます。 冷風機能があるブロアーを使用している方は、掌で抑えたまま、冷風に切り替えて毛髪を冷まします。 十分に冷めたのを確認し、手を離してください。 ・バング(前髪)はドライヤーの 温風で毛髪を温めて、手でバング(前髪)を上げた状態を保ち毛髪が冷めるのを待ちます。 冷風機能があるブロアーを使用している方は 、 冷風に切り替えて毛髪を冷やします。 そうすることにより髪は上がった状態で固定されます。 ・サイドもドライヤーの 温風で毛髪を温めて、手でサイドの髪を押さえたまま毛髪が冷めるのを待ちます。 冷風機能があるブロアーを使用している方は 冷風に切り替えて毛髪を冷まします。 ポイント 1:バング(前髪)が上がらない人は考えられる事としては2つあります。 ・軟毛 ・髪が長すぎて髪の重い 後者は髪を切れば解決する話ではありますが、問題は前者です。 前髪のすぐ後ろの髪の重さで前髪が下がっている可能性があります。 ですのでバング(前髪)をドライヤーであげる作業をバング(前髪)だけじゃなく、バング(前髪)からトップまでの真ん中のモヒカンライン全体を上げるようにしてみてください。 また、最終段階で流す方向とは逆に一度乾かすとボリュームも出てより立ち上がりが良くなります。 これは結構変わりますね笑 軟毛の友達もこのやり方は良いと言ってましたので笑 2:毛に対して45度にドライヤーで乾かす。 毛に対して45度に温風を当てるとツヤが出やすくなります。 ツヤが出やすい整髪料(ワックス)というのは基本的に髪が重くなり立ち上がりが良くないです。 私もアップバングでさらに質感はツヤを出したいなと思い、ツヤが出やすい整髪料(ワックス)を使用しましたが、案の定立ち上がりは良くなかったです。 硬毛の私でも立ち上がりが良くなかったので、軟毛の人は特にだと思います。 ですので、ドライイングの時点である程度ツヤを出しておく事であとは、立ち上がりの良いマットなタイプの整髪料(ワックス)を使用するのが良いと思います。 また、冷風を当てるとツヤが出やすくなるので試してみてください。 2 アイロン作業 ・ 温度:140度 一応参考の温度は140度と書きましたが軟毛・硬毛・ダメージ毛・健康毛・乾燥毛等と髪質は人それぞれです。 また髪質・髪の状況によってアイロンの加熱による癖のつき方異なっていくので、一番良い設定温度というのは、一つの毛束に対して、一回だけアイロンを通してしっかり癖の付く一番低い温度です。 上手い人ほど低い設定温度になると思います。 ・分け目を作った時に髪の量が多い方のアイロン作業 ・まず髪を3横に段に分けるという事を頭に入れて、1段目に残す量を決めてください。 また、下からアイロンを通していきますので、余分髪はダッカールでその都度止めてください。 1段目 ・毛束をアイロンで縦に取り後ろに向かってリバースカールを作ります。 ・五束くらいつくります。 フォアードカール 耳介と同じ向きで巻かれたものをフォアードカールと呼びます。 ・2段目 ゆるく内巻きにしていきます。 ・3段目 内巻き ・分け目を作った時に髪の量が少なかった方 1段目 逆側と同様 ・毛束をアイロンで縦に取り、後ろに向かってリバースカールします。 ・5束くらいつくります。 ・バック 全部 内巻きです。 また、耳から下の髪も内巻きすることにより、サイドのカールとうまくつながりシルエットがよく見えます。 ここだけの独自のコツ! ・リバースカールのスライスは細めで根元を丸くとります。 平たくスライスを取ると、毛束が広くなり他の毛髪を馴染んで、ワックスをつけた後にカールを見失います。 ですのでリバースカールのスライスは細めで根元を丸く取るようにしましょう。 これが結構肝になってくると思います。 笑 ・この髪型は外巻き(外ハネ)がなく動きが小さく、束感も出しにくいので、レイヤーを入れてない人は内巻きだけで束感を出すのは難しく、多少リバースカールとフォアードカールを作っても良いと思います。 ナチュラルで決めたい人はそのままで良いですが笑 ・トップに向かうにつれてアップステムでアイロンを通す。 そうする事によりトップに行くにつれてボリュームを出す事が出来ます。 アップステムとは毛束を頭皮に対して90度より上の角度で引く事です。 またダウンステムは毛束を頭皮に対して90度より上の角度で引く事。 毛束を頭皮に対して90度の角度で引く事をオンベースと呼びます。 3 ワックス・スプレー作業 1ワックス ・種類 ・ ナカノ スタイリング ワックス4F (ファイバータイプ) ハード のプロフェッショナルモデル 私自身硬毛ですがナカノ スタイリング ワックス4F (ファイバータイプ) ハード のプロフェッショナルモデルで立ち上がりは結構ギリです。 もう少し立ち上がりがよい整髪料(ワックス)でも良かったかなと思います。 持ってない人はどんなワックス(整髪料)使えば良いか? 髪質別おすすめワックス(整髪料) ・硬毛の方 オーシャントリコ ヘアワックス(エッジ) ハードタイプでセット力が高く、束感を強調したい時に良いです。 また、ツヤ感も出る上、洗い落としがよいです。 硬毛とはいえある程度毛髪が長くアップバングという前髪を立ち上げるスタイルをするには、この位セット力がある方が良いと思います。 最初使った時は驚きました笑 こんなにセット力も高くツヤ感も出て万能なのに、こんなにも洗い落としが良い!と笑 ・軟毛の方 オーシャントリコ (クレイ) セット力がものすごく強く、オーシャントリコ (オーバードライブ)よりも馴染ませが良い印象です。 質感はドライになってしまいますが、湿気にも強いです。 DEUXER ドライペーストワックス 6と迷いましたが、オーシャントリコ(クレイ)はDEUXER ドライペーストワックス 6よりも動かしやすく洗い落としも良いので、初心者にはオーシャントリコ (クレイ) をお勧めします。 ただ値段はオーシャントリコの方が高いです笑 オーシャントリコ (クレイ)は束感も出せて操作性も良くマットな質感が好きな私のお気に入りの整髪料です。 ・量 枝豆1つ分 付けすぎは一番良くないので、少ない量を取って少しずつ足していくようにしましょう! 付けすぎると髪が多くなり、立たなくなります。 ・後ろの髪から揉み込むようにムラなくなじませます。 この時髪全体を立たせていきます。 ・しっかり馴染んできたら、髪を完成を意識しながら下ろしていきます。 ・ポイント 束を作りながら髪を下ろしていくと結構仕上がりが上手くいきますよ笑 2 スプレー ピース プロデザインシリーズ フリーズキープスプレー 全体に適当にかけていきます。 束感をより強調したい人は一束一束かけた方が良いです。 また、スプレーのかけ方としては、束を持ち上げてその内側に吹きかけます。 ポイントはボリュームを出すとこは出して抑えるとこは抑えながらスプレーをかけていきます。 この時、フェイスラインは抑えた方が良いです。 そうすることにより小顔効果もあります。 おすすめスプレー 硬毛の方 ピース プロデザインシリーズ フリーズキープスプレー 広角で優しい噴射なので上からふわっとかけられる上再生髪もしやすいので初心者にとてもおすすめです。 また、スプレーの感がマットな質感で手触りが良く、香りはピースが出しているワックスの匂いと同じでとても好印象です。 軟毛の方 LeveL(ルベル)トリエ スプレー10 キープ力は抜群でフローラルの甘い香りがして、とても良い匂いですよ笑 また、スプレーの出方が勢いよく、ポイント型タイプで狭い範囲に噴射できるので、束をより強調をさせたい時に一束一束かけれるので、やりやすいです! ただ、少しベタつきますがツヤも少し出るので軟毛に良いと思います。 完成(反省) 私自身、結構髪が長くて「アップバング」が出来るか心配でしたが、ドライヤーの作業とワックス選びを適正なものにしたおかげで、無事「アップバング」のスタイルにする事できました。 髪セット初心者でも、束感はあまりないですし、正直アイロン無しでも出来ちゃう髪型だとは思うので、最初から諦めず是非試して見てくださいね! それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!.

次の

失敗しない!アップバングのやり方3つのコツ【メンズ髪型】

アップバングセット方法

アップバングとは? アップバングというヘアスタイルをご存知ですか? おしゃれに敏感なメンズの皆さんなら、きっと何度も聞いたことがあるはずです。 また挑戦してみた方も多いのではないでしょうか。 アップバングとはいったいどんなヘアスタイルなのでしょうか? アップバングとはその名の通り、 前髪を上げているスタイルのことを示しています。 前髪は顔に直接かかって、顔をある程度隠してしまうものですから、前髪をどのようにスタイリングするかによって、印象は大きく異なります。 アップバングは完全におでこを出しているスタイルですから、 清潔感はGOODです。 また、男らしいスタイルでもありますから、 女性受けもよいでしょう。 最近では芸能人の多くの人がアップバングになっています。 アップバングがメンズにおすすめのワケ! アップバングは清潔感だけではなく、無条件にかっこいい髪型でもあります。 地味に髪の毛で顔を隠そうとするよりも、おでこをしっかり出して明るく見せたほうがモテ度はアップします。 顔がしっかり見えているので「 自分に自信を持っていて余裕のある男性である」と思われやすいのです。 アップバングは セットがとても簡単なのに、男としての魅力をしっかりアピールできる髪型です。 前髪を上にあげるだけで、さわやかメンズになれるのです。 また、アップバングはどのように髪の毛を流すかによって、 ビジネスシーンでも通用します。 スーツとの相性がいいアップバングヘアスタイルもあります。 毎朝前髪のスタイリングで悩んでいた皆さん、明日からはアップバングにしてみるのはいかがですか? おすすめのメンズアップバングスタイル5選! アップバングにも持ち上げ方によって、イメージが大きく異なります。 では、これからおすすめのメンズのアップバングスタイルをご紹介していきたいと思います。 基本的なものやビジネスシーンでおすすめなものなどがあります。 優しさとさわやかさがあふれる、王道のアップバングです。 顔の形は丸顔から四角顔まで どんな人でも似合うのがこのアップバングの利点です。 艶と毛束を自分で作るようにワックスを使うといいでしょう。 髪を両サイドに流すようにアップバングを作っているので 清潔感があります。 丸顔の人がこのスタイリングにすると、サイドが膨張して見えてしまうので、視線をずらすためにトップにボリュームを出すように心がけましょう。 毛束が出やすいワックスを使うことで立体的なセットをすることができます。 長すぎると清潔感にかけてしまうものでも、この七三分けの まじめで誠実な印象と、アップバングの 男らしくてさわやかな印象が相まって、非常におしゃれなスタイルになります。 このヘアスタイルも、セット方法を間違えるとサイドにボリュームが出て、太って見えてしまうことがあります。 そうならないように、トップにボリュームを出すようにしましょう。 七三分けの髪の流れに艶を出すためのワックスを使うとよいかもしれません。 前髪をがっつりと上にあげて、太い束感で仕上げることによって、 トレンド感とラフ感の両方を取り入れられます。 さらに、ツーブロックスタイルに合わせることによって 顔周りの形をきれいに見せることができます。 油分の少ないワックスを使うことによって、より無造作感を出すことができます。 完成後はスプレーワックスでしっかりと固めましょう。 そうすれば休日の一日もずっとこのおしゃれな無造作ヘアで過ごすことができます。 ビジネスマンはこのようなパーマの 柔らかい印象と、アップバングの ワイルドな印象を組み合わせたヘアスタイルで魅力アップできるかもしれません。 顔の形に合わせて、サイドやトップのボリュームを調整するとよりよいでしょう。 パーマの動きをもっと出したい場合には、根元からしっかりと前髪をあげて、ワックスを使って束感を引き出すようにしましょう。 メンズアップバングのやり方は髪の長さ別に3つ! 【セット方法も解説】 アップバングのやり方はいたって簡単です。 上げる前髪の量を取り分けて、上に上がるように熱を使って形を作り、ワックスなどの整髪料でキープさせるという方法です。 しかし、髪の長さやもともとのヘアスタイルによっては難しくなる場合もあります。 そこで、ショートヘアやベリーショートヘア、ツーブロック、パーマヘア別のおすすめのアップバングのやり方を解説していきます。 これらのヘアスタイルは髪の毛の長さが短いので、あまり上に立ち上げることはできません。 ナチュラルアップバングや王道アップバングなど、 少し前髪を浮かせる程度のアップバングがおすすめです。 どのスタイルをとるにしても、 しっかりと根元から前髪を立ち上げるためにブローしていく必要があります。 トップと後頭部の髪の毛も、上向きに立ち上げていけるようにブローします。 立ち上げた後はワックスを根元からつけて、毛先をつまんで毛束感を出していきます。 髪の毛が短くても最初のブローの方法次第で、しっかり前髪を立ち上げることは可能です。 この人のような髪型にしたい、とあこがれて憧れているメンズの方も少なくないでしょう。 ツーブロックはすでに男らしく活発な印象を与えています。 さらに、前髪を立ち上げることによって、 よりワイルドさが増すことになります。 毛先は散らさずにまとめれば、清潔感があり、結婚式などのフォーマルな場でも適応できる髪型になります。 ツーブロックでアップバングをする際には、後ろの髪を前に持っていくようなイメージでブローをしていきましょう。 そしてバングとトップの髪の毛は真上に垂直に立ち上げるようにすると、おしゃれに仕上がります。 パーマの場合は、なかなか上にバングが立ち上がらず、かき上げヘアのような形になります。 後ろに流れるようにブローをして、ワックスでさらに流していきましょう。 その後、毛先は前に出るように調節すれば、 おしゃれな大人っぽいアップバングヘアスタイルの完成です。 メンズアップバングの印象別のセット方法4つ! 【必要な道具&手順】 アップバングにもスタイルはいろいろとあり、与える印象も様々です。 ここでは、4つのアップバングのスタイルをご紹介したいと思います。 自分の理想とする印象のアップバングをぜひ参考になさってください。 前髪をアイロンで内巻きにしていきます。 自分の作りたい毛束感の細さを考えて手に取っていくとよいでしょう。 横にずらしながら、上に立ち上げる髪の幅を決めます。 ワックスを髪の根元からつけて前髪を上げていきます。 最後に根元からスプレーをかけてしっかりキープさせましょう。 海外らしい アンニュイな雰囲気とワイルドな雰囲気を併せ持っている髪型です。 このスタイルに必要な道具は、 ブラシとドライヤー、マット系のワックスです。 海外のヘアスタイルは、細かくなくざっくりとしているので大雑把な方や細かい動作が苦手な方にお勧めです。 ブラシで髪を巻くようにドライヤーの熱を使って髪を立ち上げさせます。 何回か繰り返せば、短い前髪なら立ち上がってくれます。 そのあと、ワックスでシルエットを整えて完成です。 本当に簡単ですから、初めてのアップバングはこの方法で挑戦するとよいかもしれません。 短いと垂直に立ち上げるのは難しいかもしれません。 スイングする形で下から上へと毛束感を動かすことができます。 短髪は女性受けがよく、スポーティーな髪形は 活動的な印象を与えるのでお勧めです。 パーマを当てて、 かきあげヘアのように前髪をあげる方法です。 ワックスは艶感が出るもの、ウェット感が出せるものを選ぶとよいでしょう。 よりセクシーな雰囲気になることができますよ。 メンズアップバングのやり方のコツ3つ! アップバングをしてかっこよく見せたい!と思ったもののなかなか思ったように前髪が上がってくれない、とお悩みの方もいることでしょう。 立たせたのにすぐに落ちてきたり、上げる量が多すぎて不自然な形になったり…。 そのようにならないために、かっこいいアップバングを作るために注意してほしい3つのポイントをご紹介したいと思います。 アップバングをしたのに、時間がたつと前髪が落ちてきてしまう…という方は、そもそも根元から上がっていないのかもしれません。 ドライヤーの熱を借りてアップバングの形をしっかりとつけるようにしましょう。 ワックスだけでは髪の毛を立ち上げることはできません。 特に軟毛の方はそういえます。 ワックスの重みによって逆に髪を垂れさせてしまうことになります。 ですから、まずはドライヤーを使ってアップバングの土台となるものをしっかり作っておきましょう。 温風で癖づけた後、冷風で定着させて、そのあとワックスを使って形を整えていく方法がおすすめです。 アップバングは前髪を上げればいいというものではなく、顔の形がきれいに見えるように前髪をあげるコツが必要です。 持ち上げる前髪の量が多ければ、ただおでこを前面に見せつけているだけ、というヘアスタイルになってしまいます。 アップバングでおすすめの前髪を持ち上げる量は、黒目の内側の部分です。 つまり、 右目の黒目から左の黒目までの内側の部分です。 その範囲内で持ち上がるように、ドライヤーを使って乾かしていきましょう。 それよりも外側の部分は持ち上がらないように気をつけることで、 立体的なヘアスタイルになります。 しっかりバングを持ち上げたいからと言って整髪料を大量に付けてしまうと、ワックスの重みで前髪が落ちてきてしまうかもしれません。 いっぱいつけたくなる気持ちはわかりますが、初めにしっかりと土台を作っておけば大丈夫です。 少量のワックスで上手にアップバングの形をきれいに作っていきましょう。 量の多いワックスでスタイリングすると、髪が全体的にべたついてしまいます。 最後の仕上げとして毛先に少しつける、というイメージが一番良いでしょう。 アップバングにおすすめのメンズ整髪料4選! アップバングにおすすめのワックスを4種類ご紹介したいと思います。 柔らかいワックスで髪の毛の流れを作ったり、かためのマットなワックスでしっかり形を整えたりなど、用途によってワックスの種類も異なります。 柔らかいので、 着け心地がよく、伸びがよいのが特徴です。 髪になじみやすく キープ力もしっかりあります。 バランスの良い形に整えるためには、このワックスがおすすめです。 パーマヘアと合わせることで、大人っぽいつややかなアップバングができます。 まるで濡れているかのようなヘアアレンジがしたいときにはぜひ使ってみてください。 もっとも 固いワックスですが、クリームタイプなので伸びがよく髪になじんでくれます。 柔らかい髪でもアップバングができるワックスです。 髪につけて3分程度で ガッチガチに固まってしまいます。 どうしても髪が崩れてはいけない場面でこのジェルはとてもおすすめです。 まとめ.

次の

メンズアップバングのやり方&セット方法!おすすめ髪型5選も徹底紹介

アップバングセット方法

— 2019年 8月月25日午前12時34分PDT アップバングというヘアスタイルは、前髪を前に下さずにあげた状態でスタイリングする髪型のことを言います。 昔から特にカリスマ美容師などのお洒落な美容師さんが愛用していた髪型であり、 前髪をかきあげることによって額に髪の毛がかからずに、爽やかな印象を与えることができますし、目にかからないので清潔感や誠実さも与えることができるスタイルです。 オフィシャルな場面にもカジュアルな場面にもぴったりのヘアアレンジです。 アップバングのメリット それでは、このスタイルにイメージチェンジすることにより、具体的にはどのようなメリットが得られるのかについて、ヘアスタイル自体の印象やセットの方法などに触れながらいくつかご紹介させていただきたいと思います。 1 男らしさがでる — 2019年 8月月25日午前4時47分PDT まずメリットの1つとして、男らしさを演出できるという点が挙げられます。 前髪をすっきりとあげることによって、顔もすっきりと洗練された印象になり、男女から好かれる洗練された男らしい印象を出すことが可能です。 2 セットが簡単 そして、 ヘアセットが比較的簡単にできるというのもメリットの1つです。 前髪を下す場合には分け目を決めてきっちりとスタイリングする必要がありますが、全てアップにするこのスタイルでは簡単にセットを完了させることができます。 3 オンオフ問わず清潔感が出る 更に、オンオフ問わずに清潔感が出ることもメリットの1つであり、例えば就職活動の際にも面接官から好印象を持たれることが多いですし、デートの際にはより 誠実な男性であることをアピールしやすいヘアスタイルです。 アップバングのセットの際気をつけるポイント ヘアセットの際にはいくつか気を付けるべきポイントがありますので、それらについてご紹介させていただきます。 1 髪を濡らして寝癖やくせ毛をリセット まずヘアセットを始める前に気を付けなければならないのが、寝癖やくせ毛のケアです。 寝癖やくせ毛が出ている状態でそのままセットしてしまうと、最終的なスタイルが上手く決まらないことがありますので、あらかじめ髪を十分水や寝癖直しウォーターなどで濡らして、くせ毛をリセットしてからスタイリングに取り組みましょう。 2 ひし形シルエットを意識すること また、その他に気を付けるべきポイントとして、ひし形のシルエットを常に意識することが挙げられます。 ただ前髪をかきあげれば良いというだけではなく、できればひし形のシルエットを形作るようなスタイリングを心がけることで、より シャープな顔つきの印象を与えることが可能ですし、クールな雰囲気に完成させることができます。 アップバングのスタイリング方法 それでは、実際にスタイリングする際の方法について、ブローからスタイリングまで順を追って説明させていただきます。 1 ブロー スタイリングの前には必ず念入りにブローを行い、髪の毛の流れを整える必要があります。 くせ毛や寝癖を修正するために髪を一度濡らして、その後タオルで髪の毛の水気を軽く拭き取りましょう。 そして、ドライヤーを使いながら後ろ髪、サイドの髪の毛、そしてトップから前髪までにかけてを順番に乾かしていきます。 前髪のドライは最後に行うことを忘れないようにすると、最終的な仕上がりに差が出るので覚えておくと良いでしょう。 ブローの最後にはトップと前髪の部分はドライヤーの温風モードを冷風モードに切り替えてから、さっと冷やして仕上げることで、髪の毛の表面のキューティクルが整ってよりブロー後の状態を維持しやすくなるのでお勧めです。 2 スタイリング ブローが完了したら、いよいよスタイリングを開始しますが、まずは必須のアイテムであるヘアワックスを10円玉1つ分くらいの量手に取って、順番に髪に馴染ませていきます。 ワックスを馴染ませる順番も、ブローの時と同じで後ろ髪を最初に行ってからサイドの髪の毛、そしてトップから前髪にかけてと順々に前にくる形で馴染ませていくのがポイントです。 ワックスを使う際には手のひらだけではなく指と指の間までしっかりと伸ばしてから髪につけることによって、より髪の毛先や細かい部分まで行き届かせることができるので、覚えておくと良いでしょう。 そして、最後の仕上げとしてはヘアスプレーを全体に振りかけて、風などに負けないようにして完成です。 アップバングにおすすめのワックス スタイリングする際にどのワックスを使えばよいかわからなくて悩んでいるという人のために、いくつか初心者におすすめの商品を解説します。 かなり ドライな仕上がりになることが特徴のワックスであり、特に髪の毛が比較的柔らかい人から人気があります。 あまりウェットでベタベタした質感を好まないという人は、一度試しに使用してみることをお勧めします。 他の商品と比べてよりスプレーの粒子が細かく開発されており、使いやすく適度な空気感を髪に与えることができるため、ちょうど良いラフ感のあるスタイルを完成できます。 おすすめのアップバングスタイル 実際にこれから挑戦してみようと考えている方のために、初心者でも比較的チャレンジしやすいヘアスタイルを紹介します。

次の