ナス の ポリフェノール どの 部分 に 多い。 ナスのポリフェノール、どの部分に多い?【お天気検定】 答え 依田司

なすの栄養、効能効果

ナス の ポリフェノール どの 部分 に 多い

原産地はの東部が有力である。 その後、を経由してへ渡ったと考えられている。 中国では 茄もしくは 茄子の名で広く栽培され、日本でも1000年以上に渡り、栽培されている。 ではであるが、ではとなる。 の邸宅跡から出土した木簡に『進物 加須津 加須津韓 奈須比』との記述があり、高位の者への進物にナスのが使われていたことが判明した。 また、には「六年() 茄子十一斛、直一貫三百五十六文」をはじめとして多数の「茄子」の記述がみられる。 これらのことから、日本ではすでにナスの栽培が行われていたことがわかる。 実の味から「中酸実」(なかすみ)が語源とされる。 夏に実がなるので「夏実」(なつみ)と読んだが、それが訛って「なすび」(奈須比)と呼ばれたとする説もある。 室町時代頃に宮廷の女官がとして「おなす」と呼び 、その呼称が定着した。 元は貴重な野菜であったが、江戸時代頃より広く栽培されるようになり、以降日本人にとってなじみのある庶民的なとなった。 葉とヘタには棘があり、葉には毛が生えている。 世界の各地で独自のが育てられている。 賀茂茄子などの一部、例外もあるが、日本においては南方ほど長実または大長実で、北方ほど小実品種となる。 本州の中間地では中間的な中長品種が栽培されてきた。 これは寒い地域では栽培期間が短く大きな実を収穫する事が難しい上に、冬季の保存食として小さい実のほうがに加工しやすいからである。 しかし食文化の均一化や品種の登場により野菜炒めや焼き茄子など、さまざまな料理に利用しやすい中長品種が全国的に流通している。 日本で栽培されるのほとんどはが紫色又は黒紫色である。 しかしヨーロッパやアメリカ等では白 ・黄緑色・明るい紫、さらに縞模様の品種も広く栽培される。 は密度が低くスポンジ状である。 ヘタの部分には鋭いトゲが生えている場合がある。 新鮮な物ほど鋭く、鮮度を見分ける方法の一つとなるが、触った際にトゲが刺さり怪我をすることがある。 収穫の作業性向上や実に傷がつくという理由から棘の無い品種も開発されている。 品種によって様々ながある。 栄養的にはさほど見るべきものはないが、では体温を下げる効果があるとされている。 ではヘタに止めの効果があるとされるが、俗信の域を出ない。 また皮の色素ナスニンはがあるの一種である。 なかには、「赤ナス」のような観賞用としてなどにも利用されているもの(などで「赤ナス」の商品名で栽培されている食用の品種とは別物、また赤茄子はを表す)もある。 赤ナスは、食用のナスのとしても用いられる(観賞用の赤ナスは、味において食用には適さない)。 果実の断面 栽培 [ ] 基本は「三本仕立て」である。 一番花のすぐ下2つのを残し、他のわき芽はすべて摘み取る。 原産が地帯であることから、蒸し暑い日本の夏を好む。 乾燥を嫌うため、やビニールなどでをするとよい。 「ナスの葉は座布団にせよ」との格言があるほどで、開花するまでに枝葉を充分に発達させる。 幅は広めに取り、根張りをよくするためには薄く幅広くまんべんなく施す。 を充分に与える。 石ナスと呼ばれる食用に適さない硬い実が着く事がある。 石ナスの原因は水不足や肥料不足などとされるが主な原因は受粉(受精)不良であり、さらに詳しくは受精後に分泌されるの不足である。 受粉不良の原因は水不足や肥料不足などによる樹勢の低下である。 また・では樹勢が十分であっても低温や高温によって花粉の受精能力が低下しやすく、この場合は人工的に植物ホルモンを与えてやれば解決する。 末頃になると、病虫害や自然な傷み、さらに枝の老化によって実付きが悪くなる。 そこで、お盆頃に思い切って地面から高さの約2分の1くらいの高さに(更新剪定)を行う。 切り返し剪定と同時に根元にスコップを刺して根を切断することもある。 これを行うことによって9月には再び新芽が出てきて、美味しい「秋ナス」が収穫できる。 冬作物の作付けの為に早めに栽培を終了する場合は切り返し剪定を行わない事もある。 また、ナスはを起こしやすい野菜である。 ナスを連作した場合のみならず、、、、など同じの野菜とも相性が悪く、何も処置を施さない場合、5-7年以上間を空けないと障害が起きやすいといわれている。 皮の色はを浴びる事で発色する。 かつて温室やハウス栽培では被覆資材が紫外線を吸収してしまい実に色が着かない問題が発生したことがある。 現在では紫外線を透過する資材が利用されている。 紫外線を通さないシールを貼り付ける事で実に模様を描くことができる。 品種 [ ] 品種は日本で概ね180種類を超える。 世界では1,000種類もあると言われている。 形状 [ ]• 京都の椀ぎ(もぎ)、東北の民田(みんでん)、山形の出羽• 信越地方、関西 収穫期の丸ナス。 ヘタ部分にはトゲが有る。 関東一円• 全国的に栽培• 関西以西、東北• 九州地方• アメリカ品種、ブラックビューティーを日本で改良。 有名または特色のある産地 [ ] 【東北・関東地方】• 東京都 【中部地方】• (現・)• 新潟県• 折戸なす の伝統野菜で、2000年代に復活。 で縁起が良いとされる「一富士二鷹三茄子」と由来と伝わる。 【近畿地方】• 下田地区で栽培され、小ぶりで軟らかく、あくがない。 杉谷地区で栽培され、浅漬け・田楽・煮物などに使われる丸ナス。 高月地区で栽培され、煮物・田楽・浅漬けなどに使われる丸ナス。 京都府 山科周辺• 京都府で栽培され、田楽・煮物などに使われる丸ナス。 地域で栽培され、水分の多い丸ナス。 大阪府 【中国・四国・九州地方】• (長門市、萩市)外観がよく、1本が500g以上のものが「萩たまげなす」。 (南国市)• (室戸市)• 熊本県旧(山鹿市、熊本市)• 佐土原町原産 栄養素 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 他の野菜と比べると、栄養価やの点から見れば特に多い方ではない。 として代表的なとの成分を比較してみても、、、類などの含有率の低い野菜である。 一方、にはの発生を抑制するがあり、を抑制するのに効果があるとされる。 またナスにはという機能性成分が含まれている。 このコリンは無色の強物質で、やを下げる 、を防ぐ、胃液の分泌を促す、の働きを良くする、気分改善効果 などの作用が認められている。 または、や、、などの痛みを抑え、症状を改善する。 やにも有効である。 このほか、の一種であるも含まれる。 料理 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 未熟で果肉や種子が柔らかいうちに収穫し、食用とする。 ほかに菓子として、小ぶりのナスを漬けにした「」()がある。 また、水ナスなどをにする事もある。 調理上の特性 [ ] 焼く、煮る、揚げるなどあらゆる方法で調理される。 淡白な味で他の食材とも合せやすく、また油を良く吸収し相性が良い。 野菜炒めなどで油を吸わせたくない場合は、油を入れる前にナスを少量の水で軽く煮るように炒めて、スポンジ状の実に水分を含ませてやると油を吸い難くなる。 皮も薄く柔らかいので剥かずに調理されることが多い。 また、ナスは古くからと相性が良いとされ、やフグ汁には切ったナスが盛り込まれることがある。 ナスはポリフェノール系化合物による褐変を起こしやすい食材であり、褐変を防ぐために水さらしを行うが、食塩水を利用すると酵素作用も抑制できる。 また、ナス科植物なので()を多く含み、一部の品種を除き生食はされない。 加熱調理しない場合はにするか、で灰汁抜きしてから供される。 塩で揉んだ後さらになどに加工されることもある。 多くの栽培品種は、品種改良により灰汁が少なくなっている。 大阪の泉州水茄子などと呼ばれる一部の品種は生食が可能で、皮を剥いてだれで食べることができるほか、漬け物(ぬかづけ)などにもする。 代表的な茄子料理 [ ] ナスの煮びたし 文化 [ ]• の縁起物:「一富士、二鷹、三茄子」• の期間中には、故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、「」と呼ばれるやナスで作る動物を用意する。 4本の麻幹あるいはマッチ棒、折ったなどを足に見立てて差し込み、、とする。 キュウリは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように。 ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように、また、供物を牛に乗せてあの世へ持ち帰ってもらうとの願いが込められている。 七夕の「七夕馬」にやなどの材料のかわりに、キュウリやナスを使う地域もある。 ナスの黒焼きを原料にしたがある。 子供の嫌いな野菜として挙げられることが多い。 は夏前にナスを食べたところ秋茄子の味がしたためになることを予測した。 「でも、ナスと一緒に調理すれば中毒しない」とする言い伝えがあるが、全くの迷信であり、ナスにそのような効用は存在しない。 中国では、日本人が写真を撮るときに言う「はい、チーズ」の掛け声のように、「一〜、二〜、三〜、茄〜子」と言う文化がある。 茄子の「子」を発音した際に、口が横に広がり笑顔が作りやすいためである。 言い習わし [ ] 「秋茄子は嫁に食わすな」 この言葉は「秋茄子わささの糟に漬けまぜて 嫁には呉れじ棚に置くとも」という歌が元になっており、嫁を憎む姑の心境を示しているという説がある。 また、「茄子は性寒利、多食すれば必ずす。 女人はよくを傷ふ()」などから、嫁の体を案じた言葉だという説もある。 さらに、そもそも「嫁には呉れじ」の「嫁」とは「嫁が君(のこと)」の略であり、それを嫁・姑の「嫁」と解するのは後世に生じた誤解であるとする説がある(『』第三版、「あきなすび」の項)。 しかし「嫁が君」は正月三が日に出てくるネズミを忌んでいう言葉であり、「秋茄子わささの〜」の解としては(季節が合わず)やや疑問ではある。 ナスは熱帯の植物であり8月上旬までに開花・結実した実でなければ発芽力のある種子を得ることが難しい。 そこから秋ナスは子孫が絶えると連想したという説もある。 「親の小言と茄子の花は 千に一つの無駄もない」 ナスの花が結実する割合が高いことに、親の小言を喩えた諺。 「瓜の蔓に 茄子 ( なすび )はならぬ」 非凡な子供を茄子に例えて、平凡な親からは非凡な子は生まれない、という意味。 似た諺として「蛙の子は蛙」がある。 脚注 [ ] []• , p. 148. 加納喜光『動植物の漢字がわかる本』、2007年、182頁。 『歴史からうまれた日常語用語辞典』、1998年、230-231頁。 中日新聞社 : p. 朝刊 びわこ版 17• , p. 149. JAしみずホームページ• www. buchiuma-y. net. 2019年9月1日閲覧。 2020年6月24日閲覧。 www. adeka. ADEKA. 2020年6月24日閲覧。 文部科学省. 2020年6月5日閲覧。 根田仁、 森林科学 Vol. 54 2008 p. 39-42, : 参考文献 [ ]• 大久保増太郎 『日本の野菜 : 産地から食卓へ』 〈〉、1995年8月。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連の辞書項目があります。

次の

ナスの栄養と栄養を逃がさないための調理方法【管理栄養士監修】

ナス の ポリフェノール どの 部分 に 多い

【いろんな料理に使えるナス】 これから旬を迎えるなす。 煮物のほか、焼き物、揚げ物、浅漬けなど、どんな料理に使ってもおいしく食べられて、毎日の食卓に欠かせない夏野菜ですよね。 【ナスの栄養】 以前は、なすといえば水分ばかりが多く、栄養価の低い野菜と思われていましたが、現在ではポリフェノールが多いことで知られています。 ナスの皮には、特有のアントシアニン系色素のポリフェノールである「ナスニン」が豊富に含まれています。 ナスニンには、強い抗酸化力があり、がんや動脈硬化の予防効果が期待されています。 このほか、老化予防や美容効果、眼精疲労の緩和にも効果があるとされ、注目されているんです。 さらに、ナスに含まれる成分は熱に強いため、加熱調理にも向いているんですよ。 大量生産、大量消費社会である現代。 農産物も、大量に輸送しやすいよう、箱にぴったり入るよう規格が決められ、同時に消費者の側も、傷や虫食いのないきれいな野菜を求めてきました。 その結果、規格に合わないものは商品価値のないものとされました。 味も栄養も劣るわけではないのに、何トンもの大量の野菜が廃棄処分されてきたのです。 今回紹介したなすのポリフェノールに関する報告を機に、食品業界でも傷物の野菜の価値を見直す動きが見られるようになりました。 近年では、スーパーなどで傷のついたなすを見かけることもあります。 みなさんも、なすを購入するときはぜひ、見た目だけではなく、栄養のことを念頭において、選んでみてはいかがですか?.

次の

抗酸化力+α…ポリフェノールはWではたらく!

ナス の ポリフェノール どの 部分 に 多い

健康に良い免疫力を高める食べ物 なす• 薬効:食あたり、のぼせ、歯痛、口内炎、しもやけ、イボ、がん、高血圧、動脈硬化、眼精疲労、むくみ予防、夏バテ予防、紫外線対策など。 なすは古くから日本人に親しまれた野菜の一つで、用途が広いのが特徴です。 原産はインド東部の熱帯アジアで、日本へは奈良時代に中国を経由して渡ってきました。 『正倉院文書』の中にも出てくる、由緒ある野菜です。 種類も豊富で、主なものだけでも、中長なす、中なす、小なす、丸なす、米なす、長なす、卵型なす、水なすなどがあります。 全国的に多く栽培されているのは中長なすです。 長なすは九州・四国を中心に、丸なすは京都や新潟で主に栽培されています。 漬物用の小なすは山形が名産です。 米なすと呼ばれる大型のなすは欧米タイプの品種です。 油をよく吸うので、てんぷらや油炒めなどにも相性がよく適しています。 やわらかくクセもないので食べやすい野菜です。 漬け物にするときは、古釘を入れると、仕上がりを美しい色にすることができます。 なすの紫色は、の一種・ナスニンという色素によるものですが、鉄やアルミニウムに反応して、鮮やかな紺色になるからです。 四季を通じて流通していますが、旬は7~9月の夏野菜です。 なすは水分を多く含み、体を冷やす効果があります。 猛暑を乗り切る食材として最適です。 冬から春にかけてはハウスものになるので、どうしても味は落ちてしまいます。 買うときのポイントは、色つやの美しさと、ヘたの新しさを重点的に見るといいでしょう。 ヘたの切り口が茶色く変色しているものは古い証拠なので避けましょう。 保存は乾燥させないよう、ラップにくるんで冷蔵庫で保管してください。 なすの栄養と効能 なすの高で体内を活性し、疲れを解消 なすは約94%が水分です。 なすを栄養の面から見ると、低たんぱく、低カロリーで、栄養価はあまり高くありません。 主成分は糖質で、ビタミンはA、B1、B2、Cをごく少量含んでいるだけです。 比較的多いのが、、ほかに、、が含まれています。 栄養価は高くありませんが、鮮やかな紫色の皮にはナスニンというが含まれています。 また、ケガの止血や骨の形成を促すを含みます。 わずかですが、胎児の発育に欠かせないも含んでいます。 はむくみや高血圧予防に有効とされます。 は、腸内の排出を促し、便秘の予防効果があります。 なすに豊富なは、天然色素であるの一種で、赤ジソやブルーベリーなどに多く含まれ、紫外線やストレスによってつくられる活性酸素の働きを抑える抗酸化の作用とともに、血栓ができるのを防いだり、目の疲労の改善、アンチエイジング効果があります。 また、動脈硬化や値の抑制など、生活習慣病の予防、がん予防に効果があるとされています。 わずかに感じる渋みはナスのアクですが、これはというの一種です。 の抗酸化作用がさらにの働きを助けると考えられています。 アクは有効ななので、長時間水にさらすとせっかくの成分が流れ出てしまうこと覚えておきましょう。 夏野菜は全般的に体を冷やす効果がありますが、なすはとくにその作用が強く認められます。 昔から高血圧やのぼせ症になすを食べるといい、といわれたのはこのためです。 夏場に常食していれば、体を冷やし、のぼせを防いでくれます。 逆に妊婦などは、食べすぎると体が冷える弊害となりますので、量をひかえたほうがいいでしょう。 「秋なすは嫁に食わすな」ということわざの真意も、ここにあるといわれています。 また、ぜんそく持ちの方、せきがよく出る方も、なすを多食すると、症状が悪化する可能性があるので注意しましょう。 また、ふだん声を多く使う仕事の方は、のどをあらす可能性があるので、なすを多量に食べないほうが良いでしょう。 へたを乾かし煎じて飲むと、食あたりを改善させる効果があるといわれます。 また、この煎じ汁でしもやけの患部を洗うと、症状が緩和されます。 歯痛や口内炎、舌のただれには、ヘたを黒焼きにして患部に塗ります。 炎症をおこしている患部の熱を取り、痛みを解消してくれます。 また、なすの汁はイボ取りにも効果があります。 なすをおろしてしぼった汁を、毎日イボに塗ると、徐々にイボが消えていきます。 ナスの選び方・保存方法 【選び方】 ヘタにトゲがあり、枯れている部分がないもの。 皮は濃い紫色でハリ・ツヤがある。 持って重いもの。 傷やシワがあるものや茶色く変色しているものは避ける。 【保存方法】 なすは、蒸散作用が旺盛で、水分の消失とともに果皮の光沢がなくなり、しなびが進行します。 熱帯生まれのナスは低温が苦手です。 ひとつずつ新聞紙で包んでポリ袋に入れ、袋の口を軽く閉じて野菜室で保存する。 新聞紙で包むと、温度が下がり過ぎずに低温障害を防ぐことができます。 (保存期間は約1週間) 長期の保存には、調理後密閉容器での冷凍保存が可能です。 ナスの栄養素を引き出す調理法 サッと洗い、皮つきのまま焼いてとナスニンをたっぷり摂取 ナスに含まれるには抗酸化作用があり、皮膚や目の機能の維持に働きます。 また、皮に含まれるのナスニンは、疲れた体に効果的な栄養素です。 これらをたっぷり吸収するには、皮付きのまま焼くのが一番です。 は油と一緒にすることで吸収率がアップします。 また、は水に溶ける性質があるので切ったものは水につけず、直ぐに調理することがポイントです。 ナスの健康美容効果倍増の食べ方・食べ合わせ・レシピ ナスを調理する時には、油通しをしてから味付けすると、が変色しにくく、風味よく仕上げる事ができます。 また、ナス自体に多くの栄養素は期待できませんが、ナスには一緒に調理する他の食材の栄養やうま味を取り込みやすい特徴があります。 そのことにより、免疫力増強やシミ予防などの効果が期待できます。 また、ナスのと、みそのは高血圧予防が期待できます。 おすすめレシピ:豚なすにんにく味噌炒め ナスの美味しさの秘密 意外なことにナス自体はほとんど味がありません。 味覚センサーで調べてみると、その味はウォーターとほぼ同じでした。 つまり、水ほどに味が薄いのがナスなのです。 しかし調理したナスは美味しい。 その美味しさは、実はだし汁や調味料、油をよく吸い込むことから生まれるものでした。 その吸収力は、ナスの果肉特有の構造からきています。 ナスの断面を顕微鏡で見ると、細胞の並び方は隙間だらけで、スポンジのようになっています。 この隙間がナスの美味しさの秘密で、だし汁や調味料、油をたっぷり含んでくれます。 ただし、生のナスは油はよく吸いますが、だし汁はほとんど吸いません。 ナスの細胞の隙間は毛細管現象により、油を吸い込むのに丁度よい大きさなのです。 だし汁を吸い込むのはナスが加熱されてからです。 加熱すると、ナスの細胞間が狭くなり、毛細管現象によってだし汁も吸収されるようになります。 さらに加熱により内部の空気が外に出ていき、スポンジをギュッと絞った状態になるため、吸収力がアップするのです。 また、加熱することでナスの味自体が変化します。 加熱後のナスには生には無かったうま味成分のが生まれます。 つまり、ナスの美味しさを引き出すにはその吸収力を生かすことと、加熱することがポイントなります。 ナスの民間療法 古くから伝えられてきたナスの民間療法では体を冷やし、鎮静、消炎作用があるとされてきました。 「秋ナスは嫁に食わすな」との言い伝えも体を冷やすことが一因とも言われています。 また、のぼせや高血圧にも効き目があり、悪酔い防止効果もあるとの説もあります。 実は、ナスにはステロイド系アルカロイドが微量ですが含まれています。 ナスのアルカロイドには、強心作用、消炎作用、溶血作用、血管浸透作用、中枢神経に対する作用やがん細胞抑制効果があるとの研究も報告されています。 このようなナスのアルカロイドの作用が民間療法の由来なのかもしれません。 おすすめコンテンツ ナスの関連ページ.

次の