楽天カード 還元率。 【最新情報】PayPay、楽天ペイの還元率を把握してますか?今一番得なのはクレジットカード!|雑記ブログ1999

ポイント2重取りも!7月から楽天ペイのポイント還元率が最大1.5%に変更|@DIME アットダイム

楽天カード 還元率

こんにちは、UKです。 今回はQRコード決済に関する内容です。 QRコード決済っていろいろありますが、 自分が利用しているQRコード決済の還元率って把握できてますか? 私はPayPay、楽天ペイ、メルペイのアカウントを持っていますが、ちょくちょく改変されることもあり、正直しっかり把握していませんでした… コロナによる外出自粛により、食材を買い出しに行くことが増えて 『PayPayと楽天ペイってどっちがポイント還元いいんだ??』という疑問から、今回、私が利用している3事業者について現在のポイント還元率を調べてみました。 そしてわかったことは、 PayPay、楽天ペイよりもクレジットカードがお得であるということです。 PayPay、楽天ペイよりもクレジットカードの方が還元率が高いのです。 まずはPayPay、楽天ペイの還元率からご紹介します。 スポンサーリンク そして、私は 『Kyash Card』 を利用することにしました。 Kyash Cardって何??は他の方が説明されている記事がたくさんあるので省略しますが、 ポイント還元率1. 0です。 Kyash Cardはクレジットカードなどと紐づけて利用するVISAカード です。 このため、例えば楽天カードを紐づけたKyash Cardで決済すると、 Kyash Card1. 楽天カードでクレジット決済するよりもポイントが2倍になります。 ただし、楽天ポイントが2. Kyashポイントは1ポイント1円としてKyash残高にチャージされます。 とてもお得ですよね!オススメです! とりあえずお得そうだからということでPayPayや楽天ペイを使われている方、ぜひこの機会に見直してみてはどうでしょうか。

次の

ポイント高還元率マスターカードはどれ?おすすめの6カードを徹底解説!

楽天カード 還元率

楽天グループで使うことのできる電子マネーを「 楽天Edy 」と言います。 電子マネーと言っても多種多様な商品がありますが、楽天Edyは プリペイド型の電子マネーで、タッチするだけで簡単に支払いをする事が出来ます。 プリペイド型なので、自分で支払いたい額や、上限額を設定する事が出来ます。 そのため、一体何にいくら使ったかが解らない・今月の予算を越えてしまったと言った使いすぎを防ぐ事が出来ます。 それが楽天Edyのメリットです。 楽天Edyはインターネットサイトの楽天市場だけではなく、サークルK・セブンイレブン・LAWSONといったコンビニエンスストアから、紀伊国屋書店・ヨドバシカメラ・マツモトキヨシといった各種店舗で取り扱いをしています。 全国40万か所以上の店舗で利用する事が出来るため、インターネット上だけではなく、実際の店舗で利用する事が出来るのです。 楽天Edyの利用方法は、おさいふケータイ・Edyカード・Edyカード+iPhone・Edy機能付き楽天カードの4種類があります。 Edyカード Edyカードでは、実際にカードにチャージをして、各店舗でカードをかざす、もしくはUSB型のカードリーダー「パソリ」をパソコンに差し込んだものにカードをかざすことで、インターネット上での利用が可能になります。 Edyカードは楽天Edy市場で購入する事が出来ます。 Edyカード+iPhone 楽天Edyは無料でダウンロードできるiPhone向けのアプリ 「Edyカード用楽天Edyアプリ」の提供を始めました。 このアプリでは残高確認や利用経歴の確認など、 おサイフケータイに発行されたもの以外を利用できます。 また、「キャッシュレス・消費者還元事業」で還元されるEdyもアプリ上で受け取り可能です。 Edy機能付き楽天カード Edy機能付き楽天カードでは、クレジットカードの楽天カードにEdy機能を付帯する事によって、楽天カードの機能もEdyの機能も合わせて使う事が出来ます。 楽天Edyは全国のコンビニエンスストアでチャージする事が出来ます。 また、 Edyチャージャーと呼ばれる楽天Edyに現金でチャージする事の出来る機械を設置している店舗もあるため、お金を入れておきたいと思った時に便利に活用する事が出来ます。 その他にもクレジットカード等でチャージする方法もあります。 楽天Edyのチャージ方法一覧 チャージの方法 おさいふケータイ Edyカード Edyカード+iPhone 現金 楽天Edyを利用すると200円=1ポイントが付与されます。 さらに、楽天の実施するキャンペーン期間にエントリーすると、もっとお得にポイントを貯める事が出来ます。 その他にも楽天グループの利用で楽天スーパーポイントを貯める事が出来ます。 楽天グループは美容や銀行、書店やオークションと言った多岐にわたる商品の展開をしており、お買い物の幅も広がり、重たい荷物や日用品をわざわざ持って帰らなくても、もしくは遠方の店舗で買う手間を省いて、直接家に届くサービスを利用する事が出来るため、お得なだけではなく、効率の良いお買い物も可能に。 さらに貯まった楽天スーパーポイントは、 1ポイント=1円 で楽天グループでのお買い物に使えます。 少しずつ使う事も、まとめて使う事も出来るため、普段使いで少しずつ貯まったポイントで旅行へ行ったり、好きなアーティストのコンサートやスポーツ観戦チケットを購入する事も出来ます。 楽天スーパーポイントを貯める・使える楽天グループは以下の通りです。 moraえるモールでは、サイトを経由してお買い物をする事でポイントを貰う事が出来たり、無料でサイトに登録する事でポイントバックが行われたり、毎日行われるスゴロクゲームでポイントが当たったりします。 moraえるモールでは「ポイント3重取り」のシステムがあり、まずユーザーがあらかじめmoraえるモールでEdy利用の際に還元して欲しいポイントを決定しておきます。 ユーザーがあらかじめ選択出来るポイントは、以下の通りです。 ・楽天スーパーポイント ・ANAのマイル ・Ponta ・Edyでコイン ・WALLET ポイント ・Tポイント ・ヨドバシゴールドポイント ・ヤマダポイント ・エポスポイント ・ベルメゾンポイント ・ビックポイント ・プレミアムドライバーズカード ・マツモトキヨシ ・エディオンポイント moraえるモールで貯まったポイントは、1ポイント=1円として換算されるため、楽天Edy・楽天カードと合わせることで、お得に利用する事が出来るのです。 まず楽天カードを利用してEdyにチャージすると、 楽天から200円のチャージで1ポイントを獲得する事が出来ます。 次に 楽天Edyでのお買い物200円につき楽天から1ポイント貰えます。 そしてmoraえるモールを経由してお買い物をする事で、 moraえるモールからユーザーの選んだポイントでポイント還元をされるので、 3倍のポイントを獲得する事も可能なのです。 (例)楽天Edyに楽天カードで200円のチャージをする 楽天スーパーポイント1ポイントを獲得 (例)moraえるモールで還元ポイントを楽天スーパーポイントに設定し、moraえるモール経由で200円のお買い物をする 楽天スーパーポイント1ポイントを獲得 (例)楽天Edyで200円の支払いをする 楽天スーパーポイントを1ポイントを獲得 200円のお買い物で合計3ポイントを獲得 クレジットカードとの合わせ技 楽天Edyを利用する際に、クレジットカードを利用するととてもお得にポイントが貯められますが、 効率良く貯めるにはクレジットカードの選び方も大切です。 楽天Edyを利用した時の楽天カードとリクルートカードを比較して検討してみましょう。 楽天カードのメリット ・年会費が無料 ・お買い物額の1%のポイント還元 ・楽天市場の利用でポイント還元率は3% ・楽天市場にログインする事でいつでも ポイント確認ができ、リアルタイムで還元される。 ・カードの入会と利用で、ポイントをプレゼントされる 楽天カードのデメリット ・ETCカードを利用する場合、年間550円が必要 ・WEB明細を申し込まないと、明細発行手数料84円がかかる ・ポイントの利用には最終買い物月から1年の有効期限があるため注意が必要 リクルートカードのメリット ・年会費が無料 ・カード利用額の1.2%のポイント還元 ・楽天Edyへのチャージの際は、リクルートカード利用で1.7%還元される ・リクルートポイントとPontaポイントとの相互交換が可能 (ポンタは通常1ポイント=1円だが、ローソンにある端末「Loppi」で、多種多様な商品と現金で購入するよりもお得なポイントで代えられる) ・ブランドはJCBを選べばnanacoチャージでポイントが付与され、 VISAだとEdyへのチャージでお得になる ・JCBを選択するとETCカードが無料になる リクルートカードのデメリット ・ JCBを選択するとnanacoへのチャージではポイントが付与されるが、 楽天Edyへのチャージではポイントが付与されない ・リクルートポイントの提携先がじゃらんnetやHOTPEPPER、ポンパレモールなどに限られるため多種多様とは言えない リクルートカードのポイント率は高く、一回ごとのお買い物ではなく月に利用した総額からポイントが還元されるため、切り捨てが少ない面も魅力的ではあります。 しかしカード使用ポイントのリクルートポイントの交換先がリクルートグループに限られるため、女性や若者などファッションや美容、飲食での利用が多い場合にはとても有効に利用する事が出来ますが、HOTPEPPERやポンパレを利用しない方には使い道がありません。 また、有効期限についても1年間と短い期間ではないため、 普段使いに利用していれば特に気になる程のものではないと言えます。 楽天カード新規入会&利用キャンペーンで最大7,000ポイント! 貰えるポイントの内訳は、新規入会特典として 2,000ポイント、カード利用特典として 5,000ポイントです。 ポイントを貰うための注意点 注意点として、 入会後にはかならず「楽天e-NAVI」に登録する必要があるので、入会したらすぐに登録しましょう。 半年以内でないと受け取ることができません。 1円以上からでも問題ないので、ポイントを貰い忘れないためにも早めに楽天カードを利用しましょう。 さらに、最大の注意点として、カード利用特典で貰えるポイントは「期間限定ポイント」であることを覚えておきましょう。 「期間限定ポイント」の有効期限は約10日ほどが一般的なので、7,000ポイントを貰ったら、即座に利用することが重要です。 せっかくのお得なキャンペーンなので、 最大7,000ポイントの取りこぼしが無いように入会しましょう。

次の

楽天カードはポイント還元率1%!楽天市場なら還元率3%!

楽天カード 還元率

【2020年7月最新版】 「楽天カード」は申し込み時に、JCB・VISA・Mastercard・アメックスの4種類から選択できます。 もくじ• 「楽天カード」は電子マネーで何が使える? まずは「楽天カード」で使える電子マネー(楽天Edy(エディ)・モバイルSuica(スイカ)・nanaco(ナナコ)・WAON(ワオン)・PASMO(パスモ)・スマートICOCA(イコカ)・QUICPay(クイックペイ)・iD(アイディー))について確認です。 表にまとめると以下のようになります。 100円or200円 税込 ごとに1ポイント(0. 5~1. 5%還元率 or 買い物(加盟店)1~1. WAON(ワオン)にチャージできるクレジットカードは、主にイオン系クレジットカード、JALカード(JMB WAON)、三井住友カード(三井住友カードWAON)になり、さらにポイント付与があるのはその一部になります。 (ICOCAポイントサービスも登録不要で利用できます。 ) 「楽天カード」から「SMART ICOCA(スマートイコカ)」へチャージはできます。 ) 「QUICPay」は事前にチャージするタイプの電子マネーではないため、クレジットカードからチャージでのポイント付与はありません。 「QUICPay(QUICPay+)」での支払い時のポイントのみとなり、「楽天カード」の1%還元率となります。 基本還元 「楽天カード」還元 合計 0. 5% 加盟店:0. 「楽天カード」しかクレジットカードを持っていないと考えた場合は、還元率は何に対しての支払いかによって異なります。 注意点・ポイント付与対象外の取引もある 「楽天カード」は1%還元率ですが、そもそもポイント付与対象外の取引もあります。 5%のポイント付与があります。 「楽天ペイ・モバイルSuica」が強いのですが、モバイルSuica支払いでプラスアルファがないような買い物なら、QUICPay(QUICPay+)かクレジットカードとして支払う方法が簡単そうです。 その点は注意しましょう。

次の