切札 勝 舞 は マジック ザ ギャザリング を 使い 続ける。 デュエル・マスターズ (漫画)

『切札勝舞はマジック:ザ・ギャザリングを使いつづける』1巻のネタバレと感想!カードゲームで死にたくないよね……

切札 勝 舞 は マジック ザ ギャザリング を 使い 続ける

ポケットモンスター関連• 日本最強の男に学べ! ポケモンカード トレーナーズスクール!!• アニポケまであとちょっと! デュエル・マスターズ関連• 秘蔵イラストも公開!! イラストレーター 制作秘話リレー• デュエマ妄想構築録 イナズマイレブン関連• マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ゾイド関連• ゾイド生みの親徳山氏 5656万字!? 限界ロングインタビュー• 森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー フォートナイト関連• にゃんこ大戦争関連• まんがで!にゃんこ大戦争 もういっちょ!• コロコロ卒業生に贈る大人のコロコロ『コロコロアニキ』最新2019年冬号は絶賛発売中! 前号でSNSを中心に超話題になったまんが『切札勝舞はマジック:ザ・ギャザリングを使い続ける』。 その第2話が2019年冬号で掲載中! 今回は 『デュエル・マスターズ』でも活躍した黄昏ミミが登場!! 白凰を追うミミちゃんの運命は……!? オッス! コロコロアニキ編集長のアライだ!! キミは覚えているだろうか。 All Rights Reserved. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

『切札勝舞はマジック:ザ・ギャザリングを使いつづける』1巻のネタバレと感想!カードゲームで死にたくないよね……

切札 勝 舞 は マジック ザ ギャザリング を 使い 続ける

元祖カードゲーム漫画がギャグで大復活!? 『デュエル・マスターズ』の初代主人公・切札勝舞が「デュエル・マスターズではなく、マジック:ザ・ギャザリングを使い続けていたら…」という妄想をフル回転させた楽しくも感動的な物語なのである。 限定カード付き! 【編集担当からのおすすめ情報】 元祖トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」をコミカライズした初代「デュエル・マスターズ」漫画から20年以上の時が経ち…ついに正当後継漫画の登場です! 勝舞・黒城・白凰など人気キャラ盛りだくさん、デュエマ界隈が激怒? するギリギリネタ盛りだくさん、読みごたえ十分の一冊です! もちろんコミックス限定のカードふろく付き! 全体的に迷走しているという印象をうけました。 何が狙いなのか、誰に読ませたいのかがちぐはぐである。 内容はDMに切り替わった白鳳戦以降がマジックだったら……というIFではなく、完全にオリジナル展開。 茶番と書いたのは良く言えば導入パートだが…、内容があまりにも微妙、実際茶番と言わざるを得ない。 内容は以下の3要素に集約されるが、これがまるでかみ合わない。 ・ 茶番の題材はYouTuberやらマルチ商法セミナー ・ 良くも悪くもコロコロレベルのギャグセンス ・ マジックはまあそこそこ 作品の時代を無視して現代で流行りのことをさせるのはスピンオフの王道ともいえるので、それ単体で悪いわけじゃない。 問題はギャグのレベル。 しょーもない洒落と雑な理不尽展開、とってつけたような変顔、本当にコロコロレベル。 原作がコロコロ連載だったんだから、それも単体で悪いわけじゃない。 だが、20年前の作品のスピンオフを読もうと思うような人に刺さるレベルとは言えないだろう。 逆に他の漫画のパロディ入れるのもどうなんだろうか、房〇さんわかる層とか相当限られるぞ…… 要肝心のマジックについては、一応最低限やっているという感じ。 内容が悪いわけではないが、どうにも茶番に押されてしまっている印象がある。 現代風なコロコロ相当のものを見せたいのか、当時のキャラスピンオフを見せたいのか、マジックを見せたいのか、とにかく尖りがない印象だけが付きまとう。 希望的観測で言えばまだまだ試走中といったところなのかもしれないが、それで700円かといった所。 迷っている人は一旦2~3巻が出て評価が安定してからでも遅くないだろう。 こんな漫画があったんですね。 小学生のときにデュエル・マスターズでマジックを知って夢中で遊びました。 作品内でデュエマに移行するあたりでちょうどコロコロを卒業。 自分の中でデュエマはマジックの作品ですが、その後の作品展開を見ると勝舞がマジックを忘れてしまったような気がして寂しくなったのを覚えています。 それがまさか20年の時を経て、この作品は勝舞たちがマジックを忘れてないよ、楽しいゲームだよ、と言ってくれてる気がします。 なんだかうれしくなりました。 ギャグはほぼコロコロレベルですが、微笑ましくて悪くないです。 当時の(マジック時代の)パロディが豊富で懐古に浸れます。 松本先生はまだデュエマを連載しているんですね。 ももの木笑店街の作者がここまで大作家になるとは…。 人気作品を生み出してくれて、自分にマジックを教えてくれてありがとうございます。 次巻も買います。

次の

デュエル・マスターズ (漫画)

切札 勝 舞 は マジック ザ ギャザリング を 使い 続ける

切札勝舞はマジック:ザ・ギャザリングを使いつづける [ ] コロコロアニキ2018年秋号より連載された漫画。 作者は氏で、社が監修・協力として携わっている。 原作『デュエル・マスターズ』のスピンオフ作であり、から派生したifストーリーを描いている。 当初の原作は『』 以下MtG を扱った漫画だったが、神殿編におけるとの最終戦から 以下DM カードを使用した漫画へとシフトした。 しかし本作では、主人公のがDMに転向せずにMtGを続ける事を選んでおり、原作とは異なる世界線のストーリーが展開されている。 その際に勝舞が発した台詞は 「D・Mに手を出すのやめる!!カードゲームで死にたくないからな。 」である。 往年のファンなら一度は考えたであろう内容に、台詞のインパクトも手伝って、連載発表から大きな反響を起こした。 原作は連載が進むにつれシリアスな漫画になっていったが、本作は純粋なギャグ漫画になっている。 「生死を賭けた戦い」という要素を強めた、かつてのラスボスのですら例外ではなく、「マジック:ザ・ギャザリング」を「マジンガー・ギャルソン」と言うボケをかましている。 DMというカードゲームの概念はたびたび出てくるが、勝舞がMtGをやり続けたことによって、ほとんど誰も遊ばなくなるほど廃れてしまっている。 そのため、最初は原作通りDMを続けていた白凰も結局MtGに戻ってきており、もMtGで世界を征服することにしている。 ギャグ漫画ではあるものの、かつてのMtGの有名プレイヤーである、Wizards of the Coast社の社員の金子真実氏がアドバイザーに付いているため、デュエルの内容はしっかりしたものになっている。 カードプールは原作の時代のものではなく、本作の連載時点のものに刷新している。 デュエル描写はわかりやすさを重視しており、複雑なコンボなどは省いているので、MtGのルールをほとんど知らない読者でも安心して楽しむことができる。 でMtGのとして登場したは、本作に対するコラボカードでもある。 参考 [ ]•

次の