エクセル シート ジャンプ ショートカット。 ノートPCで使えるエクセル技、キーボードの操作だけで一瞬で表の末尾、先頭、最終行、最終列、別シートへの移動する技

Excelで、特定のシートに切り替えるショートカットキー。マクロ入門としても最適。

エクセル シート ジャンプ ショートカット

中田元樹 なかた げんき 業務改善コンサルタント 東進ハイスクール校舎長、社長室担当を歴任。 その後、日本IBMを経て、 NTTデータ経営研究所にて業務改革のコンサルティングを行い、独立する。 東進ハイスクールにおいては、のべ1万回の進路指導を行い、コーチングスキルを獲得。 日本IBMでは、業務改革コンサルティングチームに所属。 膨大な仕事量に忙殺され、睡眠時間を削って仕事をする日々を過ごす。 「このままではお客様に満足していただけるパフォーマンスは出せない」と、 1秒でも早くデータを分析するための方論を模索し、日々改善を続ける。 結果、Excel を活用したデータ分析のスピードが飛躍的に上昇していく。 "Excelのプロ集団"として認知されていた業務改革コンサルティングチーム の中でも、最も操作スピードが速く、約2万人の社員の中で一番の使い手と される。 総勢30人程度のExcel研修サービスチームを結成し、 外資系コンサルから大学生まで、幅広い層にExcel研修を行う。 指導実績は1000人を超え、受講満足度は 99. 噂が噂を呼び、現在は日本のみならず、スイスやフィリピンからも 研修オファーがあり、活躍の舞台を世界に広げている。 神速Excel ノーマウスでエクセル時短! 外資系コンサルで「Excelの神」と呼ばれた男の哲学とノウハウ。 受講満足度99. 7%! 大人気セミナーのエッセンスをギュッと凝縮! 発売即3万部の大重版! 今、話題のExcel本! の著者である中田元樹氏が、今まで語られてこなかったExcelテクニックをやさしく解説します。 「高速化」と聞くと、「ショートカットを駆使して操作を行う」というイメージを持たれるかもしれません。 しかしそれよりも、 ・セルの移動と選択をスピーディに行う ・不具合が起こった際に瞬時に解決する ・スピーディにセルの値や数式を編集する ・関数を一瞬で複製する こうした基本動作を「無意識レベル」で行えるかどうかがカギなのです。 この土台の上にショートカットの知識が組み合わさり、初めて「Excelスピードインパクト」を実現できます。 基本動作をわかりやすく解説し、一つ一つの仕組みを紐解いていきます。 「基本動作」と「ショートカット」をマスターし、「達人の技」を身につけてもらうのが本連載の狙いです。 当たり前すぎて見過ごされがちなのですが、エクセル操作の半分以上はセルを移動して、選択する操作であるといっても過言ではありません。 この操作をスピーディに、かつ、マウスではなくキーボードで行う技術が、非常に大切になります。 このことは、Excelがかなり得意な人でも見落としているケースが多いです。 さて本日は、エクセル操作の肝である「移動」と「選択」に効くショートカットをご紹介します。 (4)「Enter」で下のセルに移動する。 (5)「Tab」で右のセルに移動する。 (8)「PgUp」でディスプレイ上の表示を上方向に移動する。 (9)「PgDn」でディスプレイ上の表示を下方向に移動する。 (16)「F5」で指定したセルにジャンプする。 主に隣接していない複数のセルを選択する場合に使用する。 次を検索する。 前を検索する。 以上です。 仕事でよく使うショートカットは何度も繰り返し、指に覚えさせてください。

次の

Excel シートを素早く切り替えたい (1/2)

エクセル シート ジャンプ ショートカット

エクセルの操作で知っておくと便利なショートカットのうち「シートの移動」「シートの選択」「ワークシートの挿入」をご紹介します。 WindowsとMacでは少し操作が異なりますので、チェックしてみてください。 あらかじめご了承ください。 シートの移動 ブック(シートを1つにまとめたファイル)内で、今作業しているシートから別のシートに移動するときに使う操作です。 Windowsの場合• 前のシートに移動:〔Ctrl〕キーを押しながら〔PageUp〕キーを押す• その場合は、〔Fn〕キーも一緒に押しましょう。 Macの場合• Windowsの場合• 現在のシートと前のシートを選択:〔Shift〕キーを押しながら〔Ctrl〕キーと〔PageUp〕キーを押す• その場合は、〔Fn〕キーも一緒に押しましょう。 Macの場合• 新しいワークシートを追加:〔Shift〕キーを押しながら〔F11〕キーを押す これはWindowsもMacも共通の操作です。 ショートカットを上手に使いこなそう! よく使う操作だけでもショートカットを覚えておくと、仕事の効率がアップします。 ぜひ今日から活用してみてください。 Officeを使うなら月額払いのOffice 365がオススメ Office 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。 今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。 また、サポート終了の心配もありません。 BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。 利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

次の

ノートPCで使えるエクセル技、キーボードの操作だけで一瞬で表の末尾、先頭、最終行、最終列、別シートへの移動する技

エクセル シート ジャンプ ショートカット

Sponsored link Excelのワークシートを操作する際、なるべくマウスよりもキーボードを操作している時間を増やした方が処理効率は上がります。 特に、特定のセルを探して選択する動作は基本ですが、その分操作頻度は高いため、この部分を優先的に覚えると効果が大きいです。 セルを探して選択する動作を簡単に行うための機能は、Excelには複数ありますが、今回は「ジャンプ」機能にスポットをあてたいと思います。 ジャンプ機能は、指定したセル番地を一瞬で選択する機能です。 今回は ジャンプ機能で指定のセルへジャンプする方法について解説していきます。 操作手順 1. 任意のセルで[F5]キーを押下 [F5]ではなく、[Ctrl]+GでもOKです。 「ジャンプ」ダイアログが表示されます。 [参照先]へ任意のセル番地を入力 3. 「OK」をクリック 2. は複数のセルでもOKです。 上記の2. で指定したセル番地へジャンプできます。 今回の例ではD19がアクティブセルになりました。 【参考】「ジャンプ」ダイアログの[移動先] 「ジャンプ」ダイアログを呼び出した際に指定していたセル番地が[移動先]の場所へ追加されていきます。 上記手順の1. のセルが追加されていくイメージです。 【参考】「ジャンプ」ダイアログの「セル選択」の使い方 「セル選択」は特定のセル番地を指定するのではなく、条件を特定して合致したセルを特定する機能です。 詳細の使い方は下記記事をご参照ください。 まとめ ジャンプ機能を頻繁に使いこなせている人は意外と少ないです。 Excel関連の資格は以下を保有。 Excel2010スペシャリスト(一般)• Excel VBA ベーシック• Excel VBA スタンダード 通信会社勤務の現役サラリーマン。 心が安らぐ瞬間は2人の娘といちゃいちゃする時間。 趣味は読書。 ビジネス書や漫画が大好き。 好きな食べ物はラーメン。 特に二郎や蒙古タンメンがお気に入り。 Excelを10年間以上ほぼ毎日数時間触り続け、本業でも複数の業界・業種のバックオフィスの設計~運営に携わってきた森田が、業務効率・精度を高めるExcelの活用方法を発信していきます。 詳細プロフィールは.

次の