ぎゃく さ つ は ッピーエンド ネタバレ。 「虐殺ハッピーエンド」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

虐殺ハッピーエンドの全話ネタバレと結末!真琴の精神がヤバイ!

ぎゃく さ つ は ッピーエンド ネタバレ

「守ってあげる、君を。 必ず」 希代のサイコパスを父に持つ警察官と被害者の娘、お互いに初恋である二人の男女が、ある事件をきっかけに再会し、お互いの痛みと傷を抱いていく感性ロマンス! 韓国人なら誰もが知っている残酷なサイコパス連続殺人鬼ユン・ヒジェ。 その息子ユン・ナム チェ・ドジン は善良で賢明な性格の少年だった。 ソウルからコウォン市へ引っ越してきた国民的女優の娘キル・ナグォン ハン・ジェイ と同級生だった二人は、初めての出会いから自然に惹かれあい恋に落ち、忘れられない日々を過ごしていた。 しかし、ナムを偏愛していた父ヒジェは、自分からナムを奪おうとしたナグォンの家族が目障りだった。 衝動性が強く、実行すると決めたことはやらないと気が済まない性格のため、ナグォンの両親を殺害し、その後ナグォンまで殺害しようとした時、ナムは自ら自分の父親を警察に通報し、刑務所へ送ることになる。 月日が経ち、ナムはチェ・ドジンという名前で生活し警察官に、ナグォンはハン・ジェイという名前で母と同じ女優に成長する。 トップ女優となったナグォンにある日、ストーカーテロ事件が起こる。 新人賞を受賞した授賞式が終わった明け方、ドレス姿で運ばれた病院でナムと再会し、その後警察に警護を頼みやってきたナグォンとナムは2度目の再会を果たす。 果たして、ナムとナグォンは何もかも忘れて幸せになる日が来るのだろうか。 二人の若い男女がついにその境界を壊し、正々堂々と己の道を歩いて行く成長を綴った物語。 しかし実際は、人権弁護士として活動していたキル・ソンシク夫婦に養子にもらわれた過去を持ち、新しい姓得た義理の兄であり、ナグォンとは血の繋がらない赤の他人だ。 12歳で両親を亡くし、どうしようもない痛みと悲しみを抱えていたが、ナグォンの両親はそんなムウォンに暖かな手を差し伸べた。 そのように自分を受け入れ愛情を注いでくれたナグォン家族に、一生をかけて恩返しをしようと心に決めたのであった。 だからか、あまりにも悲惨に里親も亡くしたムウォンは自分の痛みよりも、ナグォンのことを心配している。 父親と似ている点が全くないような軟弱なナムを、父親を含め誰もが自分よりも可愛がる。 さらに、いつも言葉が強くて態度が悪かったヒョンムだが、自分の母親になってくれればと思っていたオクヒまでも、ナムを実の息子のように接し、唯一可愛がっていた妹ソジンまでもナムの手を掴んだ。 一度も誰かに正しく愛されなかったヒョンムの愛情の欠乏と劣等感は、人間の憎しみに変質され、その喪失感と弱さは、他人への暴力的に発現された。 演出:チェ・ジュンベ 「最高の恋人」、「」 脚本:イ・アラム 「ドクター・イアン」.

次の

ブッ殺さないと強制タイムリープ!「虐殺ハッピーエンド」がメチャクチャ面白い

ぎゃく さ つ は ッピーエンド ネタバレ

主人公の高校生・草壁真琴 くさかべまこと は、ある日謎のタイムリープに巻き込まれます。 そのタイムリープとは、「人を殺さない限り1日が終わらずに1日巻き戻ってしまう」という、残酷すぎるものでした。 真琴以外の世界の時間が巻き戻り、タイムリープを自覚出来るのは真琴ただ1人でしたが、大病を患う妹・草壁詩織 くさかべしおり の症状は何故か進行を続けます。 真琴は妹を救うため、1日1人殺すことを決意しました。 標的を探す真琴は、同じ高校に通う女子高生・片桐 かたぎり が男子3人にレイプされたのを目撃します。 男子たちを「殺害して良い人間」に分類した真琴は、3人を次々と殺害。 優しく常識人であった真琴が、どんどん壊れていく様子が克明に描写されています。 ヒロイン・弥生 やよい は真琴の事をいつも気にかけてくれる優しい幼馴染です。 真琴に対して異常なまでの好意を抱いている片桐は、弥生に嫉妬して殺意を向ける様になります。 片桐は邪魔者の弥生を殺害しますが、真琴が人を殺さなかった事で時間が巻き戻り、弥生は生き返りました。 しかし片桐は、真琴に気づかれぬよう再度弥生を殺害し、真琴が時を進めるよう仕向けます。 この企みも結局は真琴に気づかれる事になり、真琴の片桐に対する不信感が増すこととなりました。 そして片桐は、真琴の妹を殺害する事で、不幸の連鎖から解放されるよう提案します。 警部の九十九 つくも から何とか逃れた真琴は、父親と借金取りが自宅の前で口論しているのを目撃します。 そして父親が、妹の生命保険目当てで手術を受けないよう考えているという、衝撃的な事実を知りました。 憤って父親を殴る真琴でしたが、父親からさらに驚きの事実を告げられます。 妹は父親の連れ子で、真琴は母の連れ子だった為、2人は血のつながった兄弟ではなかったのです。 真琴は、元凶である母親を殺すため、母親がいるという斗見夜町 とみよちょう を訪れます。 斗見夜町に向かう真琴は、相沢加奈 あいざわかな という少女に出会いました。 なんと加奈は、真琴の実の妹だったのです。 5巻のラストで、まさかの復活を遂げた片桐。 しかし警察たちがやって来たため、片桐は病院外へ逃走しました。 一方で弥生も、真琴を守るため、ついに人殺しをしてしまいます。 弥生は殺人に対して吹っ切れた様子を見せており、昔の優しい「弥生姉ちゃん」の面影は既にありません。 真琴と弥生は日付を進めるために、別荘で殺された男の仲間達を殺していこうと画策しました。 しかし、食料買い出しの為に外へ出た弥生の前に、怖ろしい表情の片桐姿を見せます。 片桐は真琴の元へ連れていくよう、弥生に刃物を向けるも、弥生に返り討ちに遭い殺されるのでした。 そんな時、九十九警部と部下の水野が登場し、弥生は逮捕されてしまいます。

次の

「虐殺ハッピーエンド」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

ぎゃく さ つ は ッピーエンド ネタバレ

漫画「虐殺ハッピーエンド」2巻のネタバレ 第2巻では7話〜13話までが収録されています。 今回はメンヘラ女:片桐が見所となる内容! 同級生の助けを聞き入れることに… 警察の事情聴取によって自分が怪しまれていることを悟る真琴。 アリバイを作るため、姉ちゃんと慕う弥生を利用してタイムループを実行。 事件のあった時のアリバイを見事に作ることに成功。 真琴は妹を救うため、時間を進めるために再び殺人を犯していく。 その帰り、真琴の自宅前で片桐が現れる。 片桐は真琴のクラスメイト。 彼女を脅していた同級生(沢ノ井)を真琴は1巻で殺害している。 突如、現れた片桐は真琴が沢ノ井を殺した現場を目撃していた。 それに便乗して真琴にある助けを求める。 それが母親が連れ込んだ男の殺害。 母親が連れ込んでいる男が薬を常習させており、母親が狂っていく事が耐えられない片桐。 最初は断るも片桐の壮絶な背景を聞かされて、真琴は片桐の願いを聞く事に。 殺る人間を求めて東京へ… 片桐の件は終息したかに見えたが自分が捕まる事を恐れた母親が逃亡。 片桐の母親探しまで付き合うことになる真琴。 その道中で売人を1人…。 片桐がドンドンと真琴に惚れていってしまう。 そして一緒に罪を背負うから共に行動させてくれと願い出る片桐。 片桐パートはこの後も続き、母親の居場所を突き止めるも母の酷い一言に片桐は実母を半殺し状態に…。 この件が終息した時、真琴は東京へ行く決意をする。 地元では足も付きやすく人が少ないため人間の掃き溜めである東京を選んだのだ。 メンヘラ女:片桐の凶器が暴走… 東京へ向かう駅で片桐に事情を説明する真琴。 タイムリープなんで嘘のような話を信じて真琴についていく片桐。 しかし、これが裏目に…。 真琴を助けようと片桐が単独行動。 声をかけてきたエロおっさんを半殺し状態にして仕上げを真琴に譲る。 不本意ではあるが時間を進めることができた真琴。 翌日、東京から地元へと戻る。 理由は妹の検査日で家族のサインが必要だからだ。 片桐は警察に捕まると迷惑をかけるので東京に残ることに。 地元へ帰ると待ってましたと言わんばかりに九十九警部が登場。 真琴に揺さぶりをかける。 妹の検査が終わり、一旦自宅に帰ると弥生が食事を作って待っていた。 弥生から出る一言、一言に感情が切迫した真琴は弱音を見せることに。 弥生の胸で泣き叫び、膝下で寝てしまう。 そんな安らぎの一時だったが、真琴の自宅前では凶器の顔に満ちた片桐がその光景を見ていた…。 漫画「虐殺ハッピーエンド」2巻の感想 2巻はとにかく片桐に翻弄される内容。 同時に厄介な女に惚れられてしまう真琴。 もう最後の弥生と真琴を見る片桐の一コマはそこらのホラー漫画より怖いです。 ページを捲った瞬間、ビビりました(笑) 真琴を自分の物だと思っている片桐が今後、暴走して弥生に手を出すのでしょうか…。 弥生はこの漫画の純真。 あの真琴に対する優しさは奪って欲しくないのですが、どうなることでしょうか。 次巻も期待の作品です!.

次の