麦茶 の 原料。 6月1日が麦茶の日になった理由とは?

麦茶とほうじ茶の原料・成分・効能の違いとノンカフェインはどっち? | 知恵の焦点

麦茶 の 原料

商品名 原材料名表示 アレルギー 特定原材料 表示 単位 エネル ギー kcal たんぱ く質 g 脂質 g 炭水 化物 g 食塩 相当量 g ナトリ ウム mg リン mg カリウ ム mg カフェ イン mg その他 成分 ハトムギ(タイ産、ラオス産、その他)、大麦、ハブ茶、発芽大麦、とうもろこし、玄米、たんぽぽの根、びわの葉、カワラケツメイ、ごぼう、あわ、きび、小豆、エゴマの葉、ナツメ、ゆずの皮/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 0. 02 1未満 10未満 - ヨウ素:検出せず ハトムギ(タイ産、ラオス産、その他)、大麦、ハブ茶、発芽大麦、とうもろこし、玄米、たんぽぽの根、びわの葉、カワラケツメイ、ごぼう、あわ、きび、小豆、エゴマの葉、ナツメ、ゆずの皮/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 0. 02 1未満 10未満 - ヨウ素:検出せず 大麦、ハトムギ、発芽大麦、ハブ茶、とうもろこし、玄米、小豆、あわ、エゴマの葉、カリン、きび、ごぼう、しょうが、たんぽぽの根、ナツメ、ゆずの皮/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0. 5 0. 02 10未満 10未満 0 - 大麦(カナダ産)、食物繊維(難消化性デキストリン)、葛の花エキス、ハトムギ、カワラケツメイ、ハブ茶、発芽大麦、玄米、とうもろこし、びわの葉、発芽玄米、大麦若葉、葛の花、黒豆(大豆)、昆布、シイタケ、ナツメ、ミカンの皮/ビタミンC 大豆 1日(630ml)当り 0 0 7. 0-13. 5g 0. 14 10未満 約50 - 糖質2. 0〜5. 1g 食物繊維5. 0〜8. 4g 機能性関与成分:葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)22mg 機能性関与成分:難消化性デキストリン(食物繊維として)5g 大麦(カナダ産)、ハトムギ、とうもろこし、ハブ茶、発芽大麦、玄米、たんぽぽの根、あわ、きび、小豆、かぼちゃ、キャベツ、ごぼう、ナツメ、にんじん、ゆずの皮/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 0. 02 1. 02 1. 7 0. 5 8. 2 0. 06-0. 1 約20 約50 約20 牛乳、砂糖、脱脂粉乳、抹茶(国産)、カゼインペプチド、デキストリン、食塩/セルロース、香料、乳化剤、ビタミンC、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、安定剤(カラギナン) 乳 1日(1本:260g)当り 62 2. 6 0 11 0. 2-0. 4 約50 約110 約50 機能性関与成分:ラクトノナデカペプチド(NIPPLTQTPVVVPPFLQPE)2. 4mg、カルシウム約50mg 緑茶(国産)/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 0. 03 10未満 約10 約10 緑茶(国産)/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 0. 03 約1 約10 約10 プーアル茶、烏龍茶/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 3〜13 10未満 約10 約20 茶ポリフェノール 600mg PET2L1本当り プーアル茶、烏龍茶/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 0. 02 10未満 約10 約20 緑茶(国産)、プーアル茶、玄米/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 5〜15 10未満 約10 約20 茶ポリフェノール 1040mg PET2L1本当り 緑茶(国産)、プーアル茶、玄米/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 0. 03 10未満 約10 約20 緑茶(国産)/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 0. 03 1未満 約10 約10 烏龍茶/ビタミンC - 100ml当り 0 0 0 0 0. 03 1未満 10未満 約10• エネルギー:5kcal未満/100ml(100g)当たり たんぱく質:0. 5g未満/100ml(100g)当たり 脂質:0. 5g未満/100ml(100g)当たり 炭水化物:0. 5g未満/100ml(100g)当たり ナトリウム:5mg未満/100ml(100g)当たり• 食品表示法の施行に伴い、商品パッケージへの表示は順次対応していきます。

次の

国産麦茶

麦茶 の 原料

こだわっているから本当においしい 昭和15年から変わらない製法と、技を守る職人が、 こころを込めて、本気で作っています。 昭和15年(1940年)弊社は、先々代によって創業されました。 当時はまだ練馬区独立前で、板橋区の時代です。 当時の弊社周辺は農家が多く、会社の裏を流れる石神井川ではコイやフナが釣れたそうです。 周辺の農家の収穫物である米や麦を加工するところから弊社の歴史は始まりました。 現在では近隣の農家は数件のみとなりましたが、創業以来、安心かつ、おいしさにこだわった商品を製造してまいりました。 大地の恵みである穀物を、素材本来の風味を生かし、長年の経験が物を言う職人の技術で製造しております。 2018年8月3日 毎日新聞経済プレミア (有料記事)「この人、この土地」だから生み出せる一品 に掲載されました 2018年7月20日 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)ご当地情報 東京に掲載されました。 2018年6月27日 長らくお待たせいたしました。 オンラインショップが本日よりオープンいたしましたので、ぜひご利用ください。 2018年6月26日 6月26日(火)16:00~ショップチャンネル様に出演。 生放送にて東京麦茶パックを販売致します。 2018年6月12日 DHC「みんな、げんき?7月号」に掲載されました。 2018年4月24日 すがも四の市に出展致します。 場所 巣鴨信用金庫 本店3Fホール 2018年4月14日 立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 「コンサルティングメソッド」パートナー企業として参加致します。 2017年8月7日 毎日メディアカフェにて「伝統産業を守る東京の生産者」をテーマにお話しします。 ぜひお越しください。 社名 有限会社 川原製粉所 所在地 〒176-0003 東京都練馬区羽沢3-27-1 電話 03-3991-1365 ファックス 03-3991-1371 設立 昭和52年12月22日 代表者名 代表取締役 川原 渉 資本金 600万円 取引先銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 阿波銀行 巣鴨信用金庫 加盟団体 全国麦茶工業協同組合 全国きな粉工業会 営業種目(製造卸部門 ) むぎ茶(麦茶) 国内産無農薬六条大麦使用(丸粒麦茶 ティーパック麦茶) 国内産六条大麦及び二条大麦使用 (丸粒麦茶、ティーパック麦茶、棒麦茶) ワンパック麦茶、各種 家庭用、業務用 きなこ(黄名粉) 国内産無農薬大豆使用きな粉 国内産(北海道産府県産)大豆使用きな粉 国内産契約栽培大豆使用きな粉 ・ 黒豆きな粉 上記の原料大豆を使用したきな粉 小さいものは2gより、 業務用20kg詰まで用途に応じた焙煎、粉砕 製菓原料 おこし種 ・ 黒丸生種 ・ うるち丸生種 ・ 白丸種 ・ 風船種 玄米粉 ・ 麦こがし ・ 業務用 玄米茶・健康茶 草加シルバー玄米茶の素 ・ ゴールド玄米茶の素 ハト麦茶 ・ ハブ茶 ・ 黒豆茶 ・ 業務用 いりぬか(煎糠) 国内産米糠使用いりぬか 国内産契約栽培米糠使用いりぬか 500g、17kg詰 営業種目(穀物加工卸部門 ) 大麦 ・ 大豆 ・ 米 ・ 他穀物の焙煎加工 粉砕加工、餅加工、生種加工.

次の

麦茶の栄養成分!ミネラルが多いから夏におすすめというのは本当?

麦茶 の 原料

麦茶の原料は、主に国産のはだか麦が使われていますが、最近は麦の入手困難から、外国産が使われていることもあります。 外国産でも安全な麦はたくさんありますが、できれば国産のものをと思うのは消費者として自然な気持ちでもあるでしょう。 「麦茶」は日本人に多く愛されている飲料であり、そして夏の暑い時期には特に消費量が多くなります。 俳句の世界では季語として使われている程です。 麦茶がなぜ愛されているのか。 それは豊かな香りはもちろん、ノンカフェインであること、また甘味料や保存料などが一切使われていないこと、そして作り方の簡単さがあるでしょう。 麦茶は主にティーバッグに入ったもの、または焙煎された大麦の状態のものを煮出したり、水出ししたりしながら、味と香りを出していきます。 冷蔵庫で冷やせば、夏の水分補給のお供となるほどの、日常生活に欠かせない飲み物です。 毎日飲むものだからこそ安心できるものをと、国産が求められています。 しかし、国産の麦茶が安心とは言っても、国産でも農薬を使っている場合があります。 信頼できる業者から確かな品質のものを選ぶことも必要となってくるでしょう。 国産の麦茶かどうかを調べるには、麦茶のパッケージ書かれてある産地を確認します。 安価なものは外国産である場合が多いです。 その割合は意外と高く、それは、国産は一般に水分が多く、加工が難しい場合とされている為です。 しかし、昨今の国産重視のニーズに応え、企業も国産の麦茶に力を入れています。 「国産有機」と書かれてある麦茶は栽培方法にもこだわりが見られ、品質の高いものとなっています。 麦茶の種類は、六条大麦と二条大麦と二種類ありますが、昔から麦茶として使用されているのは「六条大麦」です。 二条大麦はビールに使用されています。 しかし、二条大麦が麦茶として使われることもあるようです。 日本人が、この国産の麦茶にこだわる理由は、安全面の他に香りの良さがあげられるでしょう。 香りの良さを追求するため、業者によってはその産地までこだわって製造されています。 さて、国産の麦茶は現在どこの産地が有名でしょうか。 麦茶の原料である大麦は国内生産が50パーセントを占めています。 産地は茨城県、群馬県、広島県などで作付けされています。 この大麦は白米と混ぜて炊いたり、ビール原料にしたりと用途が違うと、生産地も変わります。 そしてこだわりで選んだ大麦は、その後焙煎されます。 その焙煎方法も様々なものがあり、砂釜や鉄釜、そして炭火で遠赤外線効果を狙ったりと、その追い求める味や用途によって変わります。 どの焙煎方法が自分の嗜好に合うか、実際に飲んで確かめてみてもよいでしょう。 高い品質の国産の麦茶は多少高価ですが、安全性が保証され味も良く、体にも優しい麦茶を毎日の飲料として取り入れると、日々の生活がまた楽しいものになることでしょう。 カテゴリー: 作成者:.

次の