へきれき 意味。 「晴天霹靂(せいてんのへきれき)」の意味や使い方 Weblio辞書

「晴天霹靂(せいてんのへきれき)」の意味や使い方 Weblio辞書

へきれき 意味

気になる項目をクリック• 1.「青天の霹靂」の意味 「青天の霹靂」は 『せいてん の へきれき』と読みます。 「青天」は何となく分かるとしても、「霹靂」はなかなか普段目にする言葉ではないですよね。 まずは、「青天の霹靂」の正しい意味や成り立ちについて見ていきましょう。 1-1.意味は『突然の変動・大事件』 「青天」は『青く晴れ渡った空』を、「霹靂」は『急に雷が激しくなること』を意味します。 つまり、雲一つない晴れ渡った青空に突然雷が鳴り出すということが、 『予期しない突然の出来事・事件』の比喩となっているのです。 簡単に言えば、「青天の霹靂」とは『突然に起こるびっくりするようなこと』を意味する言葉なのです。• 1-2.「青天の霹靂」の 由来は中国の詩人 「青天の霹靂」の由来は、中国南宋の有名な詩人「陸游(りくゆう)」の『九月四日鶏未鳴起作(九月四日鶏未だ鳴かず起きて作る)』という詩であると言われています。 この詩の中の 「青天に霹靂を飛ばす」という一節が語源となっています。 この詩を書いているとき、陸游は病床に臥せっていました。 その陸游が突然起き出し、筆を走らせたそうです。 その筆の勢いを雷に例えた表現が 「青天の霹靂」なのです。 1-3.【NG】『晴天の霹靂』としないよう注意! 「青天」の『青く晴れ渡った空』という意味から、「 晴天の霹靂」と思っている人も少なくないようです。 しかし 、「晴天の霹靂」とするのは間違いです。 語源である陸游の詩に倣えば「青天」が正しい漢字。 意味としては通じるかもしれませんが、文字にする際は間違えないように注意しましょう。•

次の

「青天の霹靂」とは?意味や使い方を由来を含めてご紹介

へきれき 意味

靂の書き順【筆順】 読み方 『 靂』の字には少なくとも、 レキ・ リャクの2種の読み方が存在する。 意味 霹靂(へきれき)/激しく鳴るかみなり 熟語 四字熟語 「靂」の漢字を語中にもつ四字熟語を表にまとめる。 「靂」が入る四字熟語 青天霹靂 せいてんへきれき 霹靂【へきれき】 「霹靂く」は「はたたく」と読む。 晴天の霹靂。 霹靂く【はたたく】 雷が鳴りとどろく。 『竹取物語』:水無月の照り霹靂くにも、障らず来たり。 「霹靂」は「へきれき」と読む。 青天の霹靂【せいてんのへきれき】 晴れわたった青空に、突然の雷鳴が轟 トドロ くこと。 突然に起こった大事件・事変。 まったく予期しなかった出来事。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「靂」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 11057 新大字典 講談社 18641 新潮日本語漢字辞典 新潮社 13925 大漢和辞典 大修館書店 42523 大漢語林 大修館書店 12659 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 まとめ 「靂」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

次の

【鬼滅の刃】霹靂一閃とは四字熟語?意味や読み方まとめ

へきれき 意味

読み方: 別表記:、晴天の霹靂、、、、 生じてに人をようなな、という意味で用いられる。 なくとして、人を(あるいはを)させるような、、あるいはを受けた際ののこと。 青天の霹靂の「」は青く渡った空のことであり、「」はのことである。 すなわち、としてが生じるというが、突然のに驚くのに用いられている。 を耳にしたときなどに「青天の霹靂だ」というを用いる。 としては、もしていなかったが起こることを意味する「根耳に」が挙げられる。 「」を「」にて「晴天の霹靂」とするが用いられるもある。 「」も「」も、ともにやにはない。 ただし、は「晴天の霹靂」のは・語・の類とが多い。 「青天の霹靂」はであり、()の・が詠んだ「放翁病過秋、忽起作醉墨。 正如久、飛」というをとする。 としてに扱う、という、「」が、「」はである、としうる。 ただしのにおいて必ずしも「青天の霹靂」が「晴天の霹靂」はとされているか、。 青くた空に突然起こる。 空がだんだんに曇って、今に降るかとしていても、のはのを容易に動かない。 いし間のをあたえて、それからポツポツて来るというで、昔のような不意撃ちをない。 などはである。 (『むかし』(、(• するや大。 の奇答に ( )としていただったので、と熊城にとると、それがまさに だった。 知るはずのないあのを、この人のみはどうしての。 (『』) 由来• の「夜雞未鳴起作(鳴かず起きて)」中の句「放翁病過秋 忽起作醉墨 正如久 飛」による。 「」は、。 青くた空に、突然が出すこと。 から、「」であり「 晴」はとする、の類は多いが、もともと、「」も「」も「青くた空」を意味する近音(はる)のであり、のから元末にした禅書「続」などには、「」「」のが、、「」をとし。 「」においても、「」のにおいて、「晴天の霹靂」をしている。 英語:• : 청천벽력• : kirkkaalta taivaalta• : grom z jasnego nieba• : imprevisto• : senin•

次の