耐熱 塗料。 耐熱スプレー

耐熱塗料の検索結果

耐熱 塗料

電話・の対応をお休み させていただいております。 インターネットからのご注文の受付は、24時間対応しております。 ・当ホームページ上に掲載されている「塗装平米数」は、あくまでも基本膜厚を保持した場合の数字です。 吸い込みの激しい塗面等、状況により使用量が大きく増減する場合がございます。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください 詳しくはでご確認願います。 修正の場合、商品の税別金額が修正され加算されますのでご注意くださいませ。 ・配送は 西濃運輸便・ ヤマト運輸便でお届けいたします(お選び頂けません)。 ・配送料金は、 お届け地域により異なります。 ご注文を確認後、当店にて送料を修正させて頂きます。 予めご了承くださいます様お願い申し上げます。 ・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の当日もしくは 翌日発送を心掛けておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。 ・色見本は、 DM便 (ヤマト運輸) に対応しております。 (12:00〜13:00は昼休憩) 平日 9:00〜18:00 土 9:00〜15:00 メールでのお問い合わせはからお願いいたします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 ・お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管いたします。 官公庁等の公的機関から法律に定める権限に基づき開示を求められた場合以外は、 事前の同意なく第三者への開示はいたしません。 〜安心してお買い物をお楽しみ下さいませ〜.

次の

耐熱塗料の検索結果

耐熱 塗料

簡単にできる耐熱塗料は無いと思います。 特に手軽といえばやはりホームセンターなどで購入できる耐熱スプレーでしょうか、それでも直火にさらされる箇所では長持ちしません。 施工時の注意は耐熱スプレーは徐々に温度をあげていき硬化させる物ですから、塗装直後はべたべたして触る事ができませんそこに注意して一度焼いてから硬化させてください(少々臭いもでます)石油ストーブやコンロ類でも直接火に当る部分はやはり簡単に錆びてしまいます。 そういったものは金属の放熱効率をあげて熱を逃がす事で塗料が焼けにくくなっているのが実情です。 もちろんウレタン塗装などでは持ちませんが・・炭焼きコンロなどは主に黒染め(パーカーライジング)処理されているとおもわれます。 ですが・・これも下地処理に主に使用される方法で含有する油分が抜ければやはり錆びてしまいます。 今回はホームセンターや金物店で販売しているスプレー缶を使用してみてはいかがでしょう?硬化に時間が掛かりますが耐熱温度の高い物がやはりより強力です。 表面がザラザラしているので不適との事ですが・・数回塗り重ねた後、600番~1000番のサンドペーパーで水をつけながら均一に磨く(耐水ペーパー使用)とかなり滑らかになりますよ ナイス: 4 通常の塗料は熱にはまったく絶えられません。 エアーウレタンなどは燃えてしまうでしょう。 ガスコンロの五徳などは塗装ではなく七宝焼きの様な処理ですし、多くのBBQコンロや石油ストーブの金物部分は使用するまでの一時的な処理で、使用する前に焼くように指定されているものが多いです。 (耐熱の役割は初めから無いと言う事です) どの様なものに使用するのかわかりませんので、耐熱塗料のトップメーカー「オキツモ」のHPをご覧になって見てください。 通販もあります。 okitsumo. html 250度の耐熱を求めるなら倍の500度耐熱の商品を使うことをお勧めします。 ナイス: 2.

次の

水性無機耐熱塗料「サーミス」

耐熱 塗料

1963年以来プラント用耐熱塗料とその応用製品を通じて技術を磨いてまいりました。 PRTR法、RoHS規制に代表される重金属類、ハロゲン化合物などの製品からの排除も重要です。 さらに永年培ってきた耐熱塗料の技術を応用して無機質バインダーと有機質バインダーとの複合材料の開発にも成功し、さまざまな業種のニーズに応えられる機能性コーティングメーカーを目指し、常にクオリティの向上に努めます。 水溶性の特殊バインダー水溶性特殊耐熱バインダー等、有機・無機複合化技術等を駆使しお客様オリジナルのコーティング材も開発いたします。 ご相談の際には、専門知識を持ったコーディネーター(営業)がお客様と相談させていただき、最適な塗料製品をご提供いたします。 ご不明な点などございましたらご納得していただけるまでご説明いたします。 近年省エネルギー、二酸化炭素の排出削減などエコロジーへの対応が強く求められております。 弊社におきましても1992年より耐熱塗料の水性化を主目標に定め開発を進めて2004年3月ようやく「アクアガンマーAGシリーズ」として完成し、業界に先駆けて水溶性耐熱塗料を完成し上市いたしました。 この水溶性耐熱塗料「アクアガンマー」の開発過程でさまざまな派生技術が生まれプラント用途以外に対する水溶性耐熱塗料及び水溶性塗料、水溶性の特殊バインダー、水溶性特殊耐熱バインダー等多数開発されています。 また「アクアガンマーAGシリーズ」はフォースターを取得いたしました。 上記に加え、シルバー色水性耐熱塗料で特化則対応品を開発しました。 また、RoHS規制に代表される重金属やハロゲン化合物、ホルムアルデヒドの製品からの排除も環境保全の立場から重要な事柄です。 このように弊社は環境対応を重視した製品開発を進めてまいります。 これからも独自の技術開発力を駆使し常に「人と環境にやさしい」信頼性の高い製品づくりに取り組む事を責務として環境対応を重視した製品開発を進めてまいります。

次の