肌襦袢 たたみ 方。 着物は脱いだ後のお手入れが大切!長襦袢のたたみ方

長襦袢、二部式襦袢、半襦袢の違いとは?

肌襦袢 たたみ 方

長襦袢はやっぱりたたまないとダメ?袖たたみではNG? 長襦袢といえば着物の下に着るものなので多少シワが入っていても大丈夫!なんて思っていませんか? 着物に隠れているようで実は目につく場所からチラリと見え隠れする長襦袢は着物の影の立役者と言っても過言ではありません。 衿から見えるのも長襦袢ですし袖口からもチラリと見えることもあります。 さすがに裾からは見えませんがそれでもチラリとのぞく長襦袢がしわくちゃだととてもだらしない女性に見えてしまいます。 特に衿の美しさは着物の醍醐味とも言える部分ですので、長襦袢と言えどキレイにたたんでおきましょう。 袖たたみはすぐにたためない場合の応急処置としては使えますが、長期間袖たたみにすると衿の部分の形がキレイに決まらなくなるためおすすめできません。 長襦袢は着物とはたたみ方が違うのでややこしく感じるかもしれませんが、以前にたたんだ際の線が必ずついているのでその線に従いながらたたんでいくとうまくたためます。 まずは気負わずに気軽にトライしてみましょう! 長襦袢を脱いでからたたむまで 長襦袢は着物の下に着るものなので、着物よりも汗が付着しやすくなっています。 着物を脱いだら衿の中に入っている衿芯を取り出し、縫ってある場合は糸を取り除いてから着用時の汗を飛ばすためにも風通しの良い日陰で半日~1日は着物ハンガーに吊るしておきましょう。 また、着用時に長襦袢の衿の部分(半衿)にファンデーションが付着したりして汚れが気になる場合は衿の部分の布(半衿)を糸を丁寧に切って外し、手洗いまたはクリーニングに出しましょう。 汗をかく季節なら長襦袢自体をクリーニングに出すこともおすすめです。 それ以外の季節であれば半衿のみ外してお手入れしておくことで、衿の黄ばみやカビを防ぐことができます。 長襦袢をたたむ際は広い場所で、手をキレイに洗ってからたたみましょう。 また、床やフローリングの上でたたまなくてはいけない場合は衣装敷などを活用するとこれからたたむ長襦袢を汚しません。 長襦袢によっては衿を中に折り込む場合もありますが、基本的には長襦袢についている折れ線にしたがってください。 その際以前にたたんであった際の折れ線に従って折るようにしてください。 その際、手を手刀のように使って半分に折るようにするとキレイにたためます。 振袖以外の長襦袢の場合は袖下までで一度折り、そこから再度半分に折ります。 参考にこちらの動画もどうぞ。 長襦袢をたたむ時のコツと注意点 長襦袢は素材によってたたみやすさが違い、ポリエステル素材はハリがあるためたたみやすく、正絹素材は着物に比べて歪みやすいためたたみにくく感じます。 正絹の長襦袢をたたむ時は布目に合わせて手のひらでしわを伸ばし、前身頃と後ろ身頃、袖の表と裏をしっかり合っていることを確認しながらたたむとキレイに収まります。 たたんだ長襦袢の保管方法は? たたんだ長襦袢をタトウ紙に包んだら通気性の良い和ダンスや桐たんすに収納しましょう。 着物類を収納したたんすは風通しの良い場所に置き、直射日光が当たらないようにしてください。 着物と同様、プラスチック製の収納ケースは通気性が悪すぎるため着物類の保管には不向きです。 防虫剤は生地に触れることで変色の可能性が高くなるので、できるだけ直接生地には触れないよう注意して入れましょう。 さいごに いかがでしたか? 長襦袢のたたみ方は着物とは違いますが、ある程度の手順を理解していればあとは折れ線にしたがってたたむだけなので、決して難しいものではありません。 きちんと覚えて次に着る時にシワシワで着られない、なんてことのないようにしておきましょう。 着物を着るならお手入れやたたみ方の知識もつけるようにしておきたいものですね。 関連記事になります。 合わせてご覧ください。

次の

振袖のたたみ方。振袖着物と長襦袢の畳み方。|お祝いの着物

肌襦袢 たたみ 方

たたみ方のおもな種類 本だたみ (ほんだたみ) 長着(ながぎ)や羽織(はおり)の正しいたたみ方です。 女物、男物、単衣(ひとえ)、袷(あわせ)はこのたたみ方をします。 袖だたみ (そでだたみ) 本だたみに対する仮のたたみ方で、一時的にたたむ場合に用います。 夜着だたみ (よぎだたみ) 二枚重ねの長着や絵羽(えば)模様のきもの、子供のきもの、夜着(よぎ)、丹前(たんぜん)などのたたみ方です。 留袖、男物の紋付き、刺繍(ししゅう)や箔(はく)のある訪問着は、紋や模様を傷めないようこのたたみ方をします。 襦袢だたみ (じゅばんだたみ) 襦袢(じゅばん)やコートなどのたたみ方です。 羽織だたみ (はおりだたみ) 衿の折り返しの「きせ」(縫い目通りではなく深く余分に折られたところ)を崩さずぴったり折りたたむのがコツ。 コートもこのたたみ方をします。 袋帯のたたみ方 袋帯の一般的なお太鼓部分に響かないたたみ方をご紹介します。 名古屋帯のたたみ方 名古屋帯の一般的なお太鼓部分に響かないたたみ方をご紹介します。 ポイント• 明るいところで、広げる場所をきれいにしてたたみます。 きものに汚れがつかないように、たとう紙を敷いた上などでたたむようにしましょう。 いずれのたたみ方の場合も、左手側に衿肩、右手側に裾がくるように置きます。 晴れ着や礼服の模様部分と紋には、薄紙をあてると良いでしょう。 きものは、衿をキチンとたたむのが決め手です。 本だたみ (ほんだたみ) 長着(ながぎ)や羽織(はおり)の正しいたたみ方です。 女物、男物、単衣(ひとえ)、袷(あわせ)はこのたたみ方をします。

次の

その長襦袢、正しいサイズですか?着付けは長襦袢で決まる!長襦袢の重要性を学ぼう

肌襦袢 たたみ 方

振袖を脱いだ後の後始末について 成人式の振袖をレンタルした場合でも、自宅で脱いだらお店に返しにいかないといけませんね。 いつまでも着物ハンガーに 干しっぱなしにしていてはいけません。 振袖着物や襦袢のたたみ方を、詳しくご紹介いたします。 【振袖】着物と長襦袢のたたみ方 振袖着物の畳み方は、訪問着や小紋などのお袖の短い着物と基本的には同じですが、袂が長いので狭い場所で、裾側・衿側と上下に分けて たたむのは、慣れないとちょっと大変かもしれません。 できるだけ、着物全体を広げられるくらいの広い場所で、キレイに広げてからたたむのがわかりやすいと思います。 振袖のたたみ方には、「本たたみ」と「夜着(よぎ)たたみ【夜具たたみ】」があります。 夜着たたみは、ふき綿(裾に入れる綿)入りの振袖や花嫁さんの大振袖のような豪華な刺繍の入った着物をたたむ時に使うたたみ方です。 留袖や七五三の着物も「夜着たたみ」することがあります。 一般的な振袖の着物の場合には、「本たたみ」するので良いと思いますが、元々の仕立て上がった際につけられた「たたみあと(折れ線)」がついて いると思いますので、その折り方に従って畳んでください。 振袖の本たたみ 訪問着や小紋など、お袖の短い着物と同じたたみ方です。 着物を汚さないための着付け専用の敷物です。 本来は、 衣装敷きの上でたたんでから「たとう紙」や風呂敷へ移しますが、たとう紙に収めるのなら初めから衣装敷きの上に敷いて、その上でたたむと移動する際に たたんだ着物が崩れるという失敗がありません。 ママやお姉ちゃんの振袖の場合、数年使っている場合には、新しいものに変えてください。 本ページ写真の たとう紙は、もう取り換え時のレベルです。 たとう紙(文庫紙)について 着物のたとう紙について。 たとう紙の種類と取り換え時期の目安など。 裾側・衿側と分けてたたむ方法。 着物を全部広げられない場合でもたためます。 【2】着物の下前側の脇線 脇縫い)を持って、着物の裾を合わせ、キレイにととのえます。 【3】着物の下前側。 衽線あたりに折りアトがあると思うので、その線に沿って衿先のちょっと上あたりまで返します。 衽の縫い目と折りあとが違う場合には、折りあとに従ってください。 【4】着物の上前側。 衿先や衿下・裾線を下前の着物に合わせるように重ねます。 【5】着物の上前の脇縫いをつまみ、下前の脇縫いの上に重ねます。 この時、上前の衽線あたりの折りアトから折るようにし、 下前と上前の裾線や衿下の端をキレイに合わせてください。 【6】着物の上前の脇縫いをつまみ、下前の脇縫いの上に重ねます。 この時、上前の衽線あたりの折りアトから折るようにし、 下前と上前の裾線や衿下の端をキレイに合わせてください。 【7】ここまでキレイに出来ていれば、背中心(背縫い)がまっすぐ出て、着物の下部が長方形にたためているはずです。 着物の左後身頃が表面に出ていますが、手のひらでポンポンと触って、中にシワができていないか?確認しておきましょう。 【8】下部がキレイにできたら、今度は上部。 裾が乱れないようにくるっと巻いて短くしたら、衿側を左ひざ近くまで引き寄せます。 着物を右へずらすような感じです。 【9】上部は、最初に衿をたたみます。 折あとが付いていると思いますので、三角にキレイに折ってください。 返却後、店舗側で衿を外してクリーニングに出すはずですから。 【9-1】衿は、衿付け(縫い目)に沿ってではなく、少し背縫い側に落ちて、三角に折りアトがあると思います。 【9-2】まず下側の衿を折って、上の衿を重ねます。 【9-3】背縫いの頂点(矢印)を意識して、なるべく衿にシワが寄らないように、折り紙を折るような要領で衿をたたみます。 これを三角に取ってたたみ直すと、衿の折山にこんなに差ができました。 衿肩あきから折って、 キレイに衿がたためるのであれば、縫い目で折っても構いません。 【10】下前の衿に合わせて、上前の衿を折って重ねたら、衿の折山と衿先を左右の手でつまんで引っ張るとピンとなります。 もう一度、衣紋の三角部分がキレイに折り込まれているか?を確認してください。 【11】衿をたたみ終わったら、身頃を触ってシワが無いかを確認し、左袖をキレイに広げて、袖付から折り返して重ねます。 【12】たとう紙の長さ(または、折アトに従って)袖を折り上げて、身頃を2つ折りにして重ねます。 袂を左手で押さえておいて、 身頃を返すと袖が乱れにくいです。 【13】右袖をキレイに広げて、写真丸印のところを手で持って、パタンと裏側に袖を返します。 動画を観ていただくとわかりやすいかと思います。 【14】最後に裏へ送った袂を折り上げれば出来上がり。 【15】衿がキレイに畳めているか?へんなシワやたるみはないか?手のひらや指で確認をしてから、たとう紙のひもをかけます。 普段用の着物でしたら、ワタシはそのまま桐箪笥に仕舞ってしまいますが、大事なフォーマル着物の場合には、 「たとう紙」を使って仕舞います。 【1】衿を左手側にして、脇縫いが両端にくるように着物をたたみます。 上前が上に乗るように重ねてください。 【2】衿肩あきの縫い目にそって、衿を内側に折ります。 【3】内側に折った衿肩あきの上に、左右の衿を重ねます。 折山はもともとの折りアトに従ってください。 【4】着物袖付から、袖を前に合わせます。 【5】着物を崩さないように二つ折りにします。 長い物差し等を当てて折ると、キレイに折れるそうです。 【6】さらに着物を二つに折って完成です。 夜着たたみは、きもの枕を挟んでおくと、折りアトが付きにくくなります。 刺繍が擦れたり、金箔が貼りついたりといったことを防ぐために、和紙を巻いたり・挟んだりすると良いです。 夜着たたみは、「たたみ上がり」の幅が広くなりますので、収納場所を選ぶかもしれません。

次の