ドコモ ケータイ 補償 交換。 5000円で新品と交換!!ドコモの『ケータイ補償サービス』を徹底検証。

ドコモで機種変更・下取りのためケータイ補償を利用したがお得なケース

ドコモ ケータイ 補償 交換

皆さんは、持ち歩くとき、スマホをいつもどこにしまっていますか? 筆者のオレオレ統計では、男性はどちらかというと、パンツの後ろのポケットに入れている人が多い印象があります。 いわゆるケツポケですね。 かく言う自分も、メインのスマホはケツポケに収納し、必要なときにすぐ取り出せるようにしていました。 そんな持ち運び方が災いしてか、先日、ソフトバンクの5Gプレサービスを取材するために向かったフジロックの会場で、悲劇が起きました。 5Gで受信されたVRコンテンツがどのようなものかを確認すべく、ゴーグルを装着し、一通りのデモを体験しました。 六本木からVR空間に入っていた別の参加者とハイタッチして、盛り上がっていた矢先のこと。 ゴーグルを外し、メールをチェックしようとケツポケに入った「P20 Pro」を取り出したところ、指に違和感が。 裏返してみると、背面がバッキバキに割れていたのです。 重かったのかな...... スマホを落下してこうなるならまだしも、ポケットに入れていただけということもあり、一瞬、何が起こったのかよく分かりませんでした。 落下での破損とは違って、決定的瞬間を目撃できたわけではありませんが、おそらく筆者の体重にスマホが耐えられなかったのでしょう。 ハイタッチする際に椅子に座りながら体をひねったこともあり、過度な負荷がかかってしまったのかもしれません。 発売、購入から1年以上経っていることもあり、何度か地面や床に落としているため、ダメージが蓄積していた可能性もあります。 それはさておき、このままだと使い続けるのに難があります。 幸い基板やディスプレイは無事で、普通に操作することはできましたが、持つとガラスが手に刺さってちょっと痛い......。 ドコモで「P30 Pro」を予約していたため、それを待ちつつケースをつけてしのぐ手もありましたが、この情勢ではいつ発売されるかも分かりません。 仕方がないので、ケータイ補償サービスを使い、リファービッシュ品に交換することにしました。 ケータイ補償を利用すべく、越後湯沢駅に向かうバスの中で、iPhoneを使ってポチポチと手続きを進めていきました。 すると、端末選択時に以前とは違った選択肢が提示されました。 リファービッシュ品だけでなく、外装を交換していない「B品」と呼ばれるリフレッシュ品も選べるようになっていたのです。 以前、ケータイ補償を利用した際には、この選択肢はありませんでした。 こちらを選ぶと、代金が8100円から4320円に安くなるようです。 ただ、せっかく交換するのであれば、見た目も新品同様にしたいところ。 4000円程度の差であれば、外装交換されていた方がいいと考え、今回は通常のものを選択しました。 都内在住の筆者は、「エクスプレス配送」と呼ばれる配送を選べるようです。 これを利用すると、手続き終了から、なんと4時間程度で自宅などの指定した場所に、交換する端末が送られてくるとのこと。 「速すぎて、さすがにビックリするわ」と思いつつ、ものは試しとういことで、今回はこのエクスプレス配送を選択してみました。 ちなみに、こちらを選ぶと、料金は3240円高くなります。 通常配送でも翌日になるため、背面ガラスが割れた状態ならそちらでも十分とはいえますが、本当に4時間で送られてくるのであれば、全損したときにはありがたいサービスといえるでしょう。 料金は3240円高くなるが、4時間ほどで届くという その後、新幹線に揺られて都内の自宅へ。 途中、30分ほど寄り道してしまいましたが、申し込みから3時間後ぐらいには、家に到着しました。 家族に何か届いていなかったか確認してみたところ、見慣れた段ボール箱を発見。 なんと、出張先から家に帰る間に、交換品が届いていたのです。 キャリア版のファーウェイ端末は、同社のカスタマーサービスセンターで修理をしてもらえませんが、これなら、ほぼその代替になりそう。 毎月、ケータイ補償代を払っているということはありますが、これなら安いといえます。 正味3時間程度で到着したようだ ちなみに、利用するまですっかり忘れていましたが、ケータイ補償の拡充については、5月に開催されたドコモの発表会でもサラッと紹介されていました。 新サービスは6月から。 上記では、B品以外のエクスプレス配送やWeb割引は、すべて始まったばかりということになります。 早速、新サービスのお世話になってしまうとは...... と若干残念な気持ちにはなりますが、ユーザーにとっては安心感があります。 大手キャリアならではの体験といえるかもしれません。 ただし、9月からは、一部のドコモショップでの店頭交換にも対応する予定です。 交換を急ぎたい人は、そちらを利用するといいでしょう。 データの移行には、ファーウェイ端末の独自機能である「Phone Clone」を利用しました。 まず、新旧両方の端末にPhone Cloneをインストール。 アプリ起動後、旧端末で新端末のQRコードを読み込み、移行したいアイテムにチェックをつけ、実行すると、自動的にデータのコピーが始まります。 クローン(Clone)と銘打っているのも、伊達じゃないといった感じでしょうか。 待つこと1時間30分ほどで、データのコピーが終了しました。 特に手間取ることなく、新端末に環境が移行でき、ファーウェイの実力を思い知った次第です。 ただし、Phone Cloneも完ぺきではありません。 内部データまで完全にコピーでき、旧端末と同じようにすぐに使えたアプリがあった一方で、IDやパスワードの再入力を求められたリ、不具合が発生してしまうケースもあったりで、状況はアプリ次第。 中でも、認証や決済に関わるアプリは、丸ごとコピーするのは難しかった印象があります。 たとえば、dアカウントアプリはそのままコピーできたものの、認証時にエラーが出てしまい、使いものになりませんでした。 三菱UFJ銀行のアプリも、なぜかPhone Cloneでコピーした状態だと、指紋認証でログインするための設定ができませんでした。 iDアプリも、あまり調子がよくなかった記憶があります。 ほかにも、いくつか起動しないアプリがありましたが、これらはすべて、「設定」から「アプリと通知」を選び、「アプリ」の中から当該アプリを選択したあと、「ストレージ」から「データを消去」すると、利用可能になりました。 その場合は、アプリ内のデータをいったん消去すればいい おそらくですが、アプリ側が何らかの端末情報を見ていて、それが変わってしまったために不具合が起きていたのだと思われます。 ホイホイとコピーできてしまっては、セキュリティ的に不安なところもあるため、それはそれでいいのかもしれません。 いずれのアプリも、上記の方法でリセットできたため、今現在は、特に困らず使えています。 完ぺきではありませんが、データを1つ1つ移すよりもはるかに簡単で、その日のうちにほぼ環境は再現できました。 そんなわけで、背面がバッキバキになったP20 Proは、その日のうちに新端末に変わりました。 まさかの"ケツ圧故障"でしたが、入っててよかったケータイ補償。 毎月の支払い額は上がってしまいますが、端末も高額化しているため、転ばぬ先の杖として、契約しておくことをオススメします。

次の

【ドコモ】機種変更はケータイ補償サービスのリフレッシュ品を使おう!

ドコモ ケータイ 補償 交換

docomo のケータイ補償サービスを利用して Xperia Z3 SO-01G をリフレッシュ品に交換しました。 申し込み翌日に届くのはさすがです。 スマホの耐久テストを実施 2016 年 3 月某日、スマホの耐久テストを行いました。 実験方法は「不注意により高さ 1m の位置から Xperia Z3 SO-01G を自然落下させる」というものです。 実験結果 画面にヒビが入りました。 同時に画面右上と中央部分がタッチに反応しなくなりました。 というわけで、ドコモの「ケータイ補償サービス」を利用することにしました。 「ケータイ補償サービス」とは• 「ケータイ補償サービス」とは、ドコモが行っているサービスの 1 つです。 ただし交換端末は新品ではなく、ドコモが回収した端末を修理して 新品同様になったリフレッシュ品になります。 今回はこのケータイ補償サービスを使って Xperia Z3 SO-01G のホワイトをリフレッシュ品に交換しました。 申し込み翌日に届く素早い対応 リフレッシュ品が配達されたのは申し込みの翌日でした。 公式サイトでも「お申込みから 1 日~ 2 日以内」との記載があるので、遅くても 2 日で手元に届きます。 急ぎで欲しい人には最適です。 配達されたのは、ケータイ補償サービスの書類が多数と、データ移行や初期化の方法が簡単にまとめられた「ご利用ガイド」が 1 冊。 ヒビが入った Xperia を返送するための封筒。 リフレッシュ品の Xperia Z3 SO-01G が 1 台です。 リフレッシュ品といっても外装は新品と見分けがつかないほど綺麗です。 画面にも保護シールが貼られていて傷ひとつありません。 起動して確認したところ本体のバージョンは Android 5. 0 でした。 この機種の発売時の状態は Android 4. 4 なので新品ではないことは確かです。 Xperia Z3 を 2 台横にならべたところ。 返却するのが惜しいです。 ローエンドモデルの格安スマホ 1 台です。 Amazon を参考にすると、Android では「 」や「 」、Windows 10 Mobile だと「 」といった端末が同価格帯にあります。 これらのスマホもコスパ的には十分優れているのですが同じ値段で Xperia Z3 が手に入ることを考えると、ケータイ補償サービスはいいのかなと思います。

次の

ドコモケータイ補償でiPhoneをリフレッシュ品に交換。サービスについて【まとめ】

ドコモ ケータイ 補償 交換

NTTドコモでは、スマートフォンのさまざまな保証制度を用意しています。 いざという時の保険ともいえる制度になっていますので、内容を知っておくことは備えとして大切です。 ここではその保証内容を解説していきましょう。 NTTドコモでは、さまざまな保証を用意している NTTドコモではスマートフォンの「まさか」に備えるために、さまざまな保証制度を用意しています。 この制度はAndroidとiPhoneで異なります。 まずはそれぞれの保証制度について、概要を説明していきましょう。 Androidの場合 Androidの場合は、保証書に沿った1年保証が受けられます。 また「ケータイ補償サービス」を利用することで、以下のサービスも受けられます。 1、修理代金や交換電話機の費用を抑えられる 2、ポイントで電池パックやポータブル充電器と交換できる 3、もしもの場合のデータ復旧が1,000円で受けられる それぞれの詳しい内容は、以後の項目で説明します。 iPhoneの場合 参照:Apple iPhoneの場合は、原則として以下のどちらかのサービスを選ぶことになります。 上記サービスはそれぞれ一長一短があります。 特に画面の修理費用が安く抑えられることが特徴です。 その一方、補償期間は2年間に限定されます。 「ケータイ補償サービス for iPhone&iPad」の場合は 月額料金を払い続ける限り補償の対象となります。 しかし不具合が起きた場合の対応は修理ではなく交換となります。 なお本記事ではこれ以降、主にAndroidのスマートフォンについて解説していきます。 iPhoneの保証制度の詳細は、「記事をご参照ください。 スマートフォンには1年程度の保証期間があります! この期間中、取扱説明書に記載の使い方に沿って使用していたにもかかわらず故障した場合は、スマートフォンの保証書を持参すれば無料で修理が受けられます。 なお保証書は自然に起きた故障を保証するものですから、以下のような原因で起きた故障は保証の対象外となりますので注意が必要です。 対象外例・落としたりぶつけたりした場合 ・水ぬれ ・電池など消耗品の不具合 ドコモのケータイ補償サービスとは!? ケータイ補償サービスは、故障や水濡れ、盗難、紛失などのトラブルに対し、月々一定額の料金を支払うことでいざという時の出費を抑えられるサービスです。 発売時期等 月額料金 2017年11月以降発売のdocomo with対象機種 330円 2014年冬モデル以降で上記以外のスマートフォン 500円 上記以外で2013年冬モデル以降に発売のスマートフォン 380円 受けられる4つのサービス。 1、保証対象の故障の場合、保証期間が過ぎても修理可能期間までは無償で修理 2、保証対象外の破損や故障でも同一機種を格安でお届け、修理料金は最高5,000円 3、電池パックやポータブル充電器とポイントを交換できる。 4、ケータイデータ復旧サービスの復旧料金が大幅割引され、1,000円で利用可能(通常8,000円) それでは各種サービス内容についてご説明します。 保証対象の故障 水濡れ・全損(内部基板の変形・破損)・改造(ソフトウェアの改造も含む)および、ドコモ指定の故障取扱窓口以外で修理した電話機は保証対象外となります。 保証対象外 〜水濡れや全損、紛失〜 水濡れや全損、紛失などの補償対象外であっても、以下の料金で同一機種のスマートフォンがお届けされます。 発売時期等 契約者の負担金 2017年11月以降発売のdocomo with対象機種 5,000円 2014年冬モデル以降で上記以外のスマートフォン 7,500円 上記以外で2013年冬モデル以降に発売のスマートフォン 1回目5,000円 2回目8,000円 3、電池パック安心サポート 「ケータイ補償サービス」に加入している方は、現在お持ちのスマートフォンを1年以上利用している場合、所定のポイントと交換で電池パックやポータブル充電器が提供される「電池パック安心サポート」サービスを受けられます。 ポイントはdポイントの他、ドコモポイントが利用できます。 また必要なポイントは2,000ポイントです。 お持ちの機種が電池の取り外し可能かどうかによって、交換可能な製品は変わります。 電池の取り外し 交換可能な製品 利用者で可能な機種 電池パック、ポータブル充電器の中から選択 利用者では不可能な機種 ポータブル充電器のみ 最近発売の機種は電池の大容量化により、ほとんどが利用者で電池の取り外しができなくなっています。 しかし最新機種でも「らくらくスマートフォン」は電池の取り外しが可能ですから、この機種を利用している場合は選択肢が広がるでしょう。 4、ケータイデータ復旧サービスが格安に! スマートフォンを利用していると、突然電源が入らなくなったり、画面が表示されないなどのトラブルにあう場合があります。 この場合、そのまま交換や処分してしまうと、スマートフォン内部のデータは二度と利用できなくなってしまいます。 ケータイデータ復旧サービスを利用することで、電源が入らなかったり操作できないスマートフォンからデータを救出できる可能性があります。 受付はドコモショップで行っています。 一部でもデータの取り出しができた場合、以下の料金が請求されます。 ケータイ補償サービスを契約中 1,000円 ケータイ補償サービスを未契約 8,000円 データを全く取り出せない場合 無料 復旧できたデータの受取には、以下の方法が使えます。 1、専用アプリでデータを復元する「ネット受取」 2、ドコモショップでデータを復元する「ショップ受取」 なおこのサービスを申し込んだ場合、スマートフォンは分解されるため、手元には戻ってきません。 修理の申込み先が選べる NTTドコモでは、修理の申し込み先も選べることが特徴です。 対面で申込みをしたい場合は、ドコモショップで申込みが可能です。 また店舗が遠い場合や忙しい方の場合は、「オンライン修理受付サービス」を使って宅配便でのやり取りが可能です。 注意なお修理の結果、データが削除される場合があります。 このため修理を依頼する前には、可能な限りデータのバックアップをしておきましょう。 ドコモショップへ持ち込み 修理の申込み先としては、ドコモショップへの持ち込みが最も簡単な方法です。 あなたがどのような契約を結んでいるかわからなくても、窓口で検索して教えてくれます。 あなたは不具合のあるスマートフォンを持っていけばよいのです。 なおドコモショップへ行く際には、念のため身分証明書を持って行くとよいでしょう。 オンラインでも受付可能 忙しい方やドコモショップが遠い方でも、インターネットや電話で申し込むことで修理を依頼することが可能です。 依頼すると代替機とともに「修理機種お預かりキット」が送られます。 修理完了までには1~2週間かかりますが、その間は代替機でドコモの電話番号やメールが使えます。 但しアプリ等は再インストールが必要です。 なお水濡れの場合やロックが解除できない場合、SDカードなどが挿さったままの状態では、修理はできません。 修理依頼前に「ケータイトラブル診断」の利用がおすすめ お持ちのスマートフォンがうまく動作しないからといって、すべてが故障とは限りません。 明らかに故障と分かる場合は別ですが、そうでない場合は修理を依頼する前に 「ケータイトラブル診断」を活用するとよいでしょう。 ケータイトラブル診断は質問に答えていく形式で、誰でも活用できます。 故障と思っていた内容がそうでなかったり、設定を変えれば動くといった場合もありますから、一度確認してみるとよいでしょう。 まとめ これまで、NTTドコモのスマートフォンについての保証内容を説明してきました。 NTTドコモでは、月額330円~500円でサービスが受けられる「ケータイ補償サービス」が軸となっています。 このサービス自体、修理代金が5,000円までになったり、紛失や盗難んにあっても数千円の出費で同じ機種のスマートフォンが使えるといった補償サービスが含まれています。 これ以外にも、電池パックやポータブル充電器を2,000ポイントで入手できたり、ケータイデータ復旧サービスを1,000円で受けられる等の特典があります。 もっとも、スマートフォンも電気製品ですから、保証期間があります。 この期間中に自然故障した場合は、保証書に沿った範囲での修理が受けられます。 該当する場合は、原則として無償修理となるでしょう。 これらのサービスは、すすめられるままに何となく入っている方も多いと思います。 しかし、いざという時のために保証内容を知っておくことは大切です。 何かが起きる前に、早めに確認しておきましょう。 参考: NTTドコモ 総合カタログ 2017年12月版 節電、節約でこんなお悩みをお持ちの方!• 5万円節約できるケースも少なくありません。 まずは試しに5分程度で出来ますので料金シミレーションで今の電気料金と比較をしてみましょう。 以下料金シミレーションが出来る、おすすめの電力会社をご紹介します。 【Looop でんき】? 全国対応、シンプルに電気代が安い? オススメポイント• 3人以上の世帯は特にお得になる! 紹介記事 1、 2、 【東京ガス】? 豊富なセット割で利用者80万人超え? オススメポイント• ガソリン、灯油、経由がお得に? オススメポイント•

次の