コロナ ウイルス 豊橋 市。 【愛知コロナ】愛知県豊橋市で新型コロナウイルス感染者が確認される

【愛知コロナ】愛知県豊橋市で新型コロナウイルス感染者が確認される

コロナ ウイルス 豊橋 市

豊橋市議の長坂です。 自家製とよっすい、愛飲しています。 さて、豊橋市役所から、市税・国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料、水道料金の支払い猶予について、案内がありました。 また、電気・ガス事業者(中部電力・サーラエナジー社)からも、電気・ガス料金について、支払い猶予の案内が出ていますので、そちらも併せてご紹介します。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に係る税金・保険料・水道料金等の支払の猶予について 豊橋市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、一時的に税金、保険料、水道料金等のお支払いが困難な方に対し、下記のとおり納付相談及び支払猶予の相談に応じます。 1 税金(市税・国民健康保険税) (1)納付相談• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、納税が困難な方• 開始日 地方税法第 15 条の規定に基づき随時受付• 相談窓口 市役所納税課 電話 0532-51-2241• その他 令和2年5月 17 日(日)に電話による納税相談を実施 (2)猶予制度について• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により事業の継続が困難になったり、休業や自宅待機などで給料が大幅に減少したなどの事情で市税の納付が困難と認められる方• 猶予期間 猶予申請があった日から原則 1 年以内 2 後期高齢者医療保険料 (1)納付相談• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、納付が困難な方• 受付 随時• 相談窓口 市役所国保年金課 電話 0532-51-3132 (2)猶予制度について• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、後期高齢者医療保険料の納付が困難と認められる方• 猶予期間 原則6か月以内 3 介護保険料 (1)納付相談• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、介護保険料の納付が困難な方• 開始日 随時受付• 相談窓口 東三河広域連合豊橋窓口(市役所長寿介護課内)電話 0532-51-3130 (2)猶予制度について• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により事業の継続が困難になったり、休業や自宅待機などで給料が大幅に減少したなどの事情で介護保険料の納付が困難と認められる方• 猶予期間 猶予申請があった日から原則 1 年以内 4 水道料金等(水道料金、下水道使用料) (1)納付相談(電話相談)• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、水道料金等が納付期限までに支払うことが困難な方• 開始日 令和2年3月30日(月)• 相談窓口 上下水道局お客さま料金センター 電話 0532-51-2712 (2)支払猶予について• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、水道料金等の支払いが困難な方で、猶予申請書を提出された方• では!.

次の

新型コロナウイルスへの対応について

コロナ ウイルス 豊橋 市

豊橋市では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、県の休業協力要請に応じて、期間中、休業又は営業時間短縮に全面的に取り組んだ市内の中小事業者や個人事業主の方に協力金を支給します。 愛知県と豊橋市が連携して行う休業協力金(愛知県連携型50万円)と、豊橋市が独自で行う休業協力金(豊橋市独自型25万円)の受付を開始しますので、以下のとおり、お知らせいたします。 豊橋市独自型25万円の受付については、 をご確認ください。 なお、愛知県連携型50万円と豊橋市独自型25万円の両方の交付を申請することはできません。 愛知県の制度が固まり次第、受付方法等を決定し、お知らせいたします。 申請方法• 1.郵送の場合• 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、郵送で提出して ください。 2.持参の場合• 申請書類を市役所東館地下1階に設置した専用ボックスに投函することで提出ができます(封筒に、「新型コロナウイルス感染症対策協力金申請書在中」と明記)。 投函できるのは、9時から17時まで(土、日、祝日を除く)となります。 令和2年6月30日(火)の17時までに投函してください。 なお、原則として対面での受付・説明は行いません。 ご不明な点は申請受付(電話:0532-51-2964)で対応させていただきます。 提出書類 申請書類の作成前にをご覧ください。 申請に必要な様式はダウンロードしてください。 パソコン環境などがない方向けに、豊橋市役所地下1階又はお近くの窓口センターでも様式を配布しています。 <愛知県・豊橋市新型コロナウイルス感染症対策協力金(愛知県連携型50万円)の 申請に必要な書類>• 2.愛知県・豊橋市新型コロナウイルス感染症対策協力金の申請に関する誓約書• 3.その他必要な添付書類• 一度提出された書類は返却しません。 申請先について 豊橋市に申請できる事業者は、豊橋市内に本店がある法人及び豊橋市を納税地(税務署へ提出する開業届に記載)としている個人事業主です。 豊橋市に事業所があっても、県内他市町村に本店(納税地)のある法人(個人事業主)は、そちらの市町村への申請になります。 また、本店所在地または納税地が愛知県外の場合は、愛知県への申請になります。 詳しくは、申請先自治体のホームページ等をご確認ください。 支給の決定 申請書類を受理した後、その内容を審査の上、適正と認められるときは協力金を支給します。 支給の方法 申請書類の審査後、申請書類に記載の振込先口座へ協力金を振り込みます。 支給対象 協力金の交付に関する詳細は、 愛知県ホームページ をご参照ください。 toyohashi.

次の

豊橋の病院にいる新型コロナ感染者の勤務先は?どこの人や会社で発生しているか調査!

コロナ ウイルス 豊橋 市

豊橋市議の長坂です。 自家製とよっすい、愛飲しています。 さて、豊橋市役所から、市税・国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料、水道料金の支払い猶予について、案内がありました。 また、電気・ガス事業者(中部電力・サーラエナジー社)からも、電気・ガス料金について、支払い猶予の案内が出ていますので、そちらも併せてご紹介します。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に係る税金・保険料・水道料金等の支払の猶予について 豊橋市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、一時的に税金、保険料、水道料金等のお支払いが困難な方に対し、下記のとおり納付相談及び支払猶予の相談に応じます。 1 税金(市税・国民健康保険税) (1)納付相談• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、納税が困難な方• 開始日 地方税法第 15 条の規定に基づき随時受付• 相談窓口 市役所納税課 電話 0532-51-2241• その他 令和2年5月 17 日(日)に電話による納税相談を実施 (2)猶予制度について• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により事業の継続が困難になったり、休業や自宅待機などで給料が大幅に減少したなどの事情で市税の納付が困難と認められる方• 猶予期間 猶予申請があった日から原則 1 年以内 2 後期高齢者医療保険料 (1)納付相談• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、納付が困難な方• 受付 随時• 相談窓口 市役所国保年金課 電話 0532-51-3132 (2)猶予制度について• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、後期高齢者医療保険料の納付が困難と認められる方• 猶予期間 原則6か月以内 3 介護保険料 (1)納付相談• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、介護保険料の納付が困難な方• 開始日 随時受付• 相談窓口 東三河広域連合豊橋窓口(市役所長寿介護課内)電話 0532-51-3130 (2)猶予制度について• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により事業の継続が困難になったり、休業や自宅待機などで給料が大幅に減少したなどの事情で介護保険料の納付が困難と認められる方• 猶予期間 猶予申請があった日から原則 1 年以内 4 水道料金等(水道料金、下水道使用料) (1)納付相談(電話相談)• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、水道料金等が納付期限までに支払うことが困難な方• 開始日 令和2年3月30日(月)• 相談窓口 上下水道局お客さま料金センター 電話 0532-51-2712 (2)支払猶予について• 対象者 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響により、水道料金等の支払いが困難な方で、猶予申請書を提出された方• では!.

次の