ある まじき と は。 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

「あるまじき」に関連した英語例文の一覧と使い方

ある まじき と は

女優とは女のイヤな部分を凝縮した生き物。 週刊誌記者として300人以上の「女優」に取材したことのある著者が体験した「女優」たちの痛いエピソードの数々。 高慢、特権意識、虚飾、自意識過剰の「女優」たちと対極にあるのが高峰秀子だった。 のちに高峰秀子の養女となった著者が描く「かあちゃん」高峰の凛とした生き方と凡俗女優たちとの対比を描く異色のエッセイ。 なぜ高峰秀子は女優が嫌いだったのか。 ・待たせない ・自作を観ない ・マネージャー、付き人を持たない ・自分のポートレートを飾らない ・話が短い ・化粧が薄い ・美容整形をしなかった ・年齢を多くサバ読む ・主演女優なのに演技力がある ・トロフィーを捨てた ・落ちぶれなかった ・太らなかった ・自然に引退した ・目立つのが嫌い ・人の手を煩わせない ・「私」を押し出さない ・子役から大成した 前編 ・子役から大成した 後編 ・弱い者の味方だった ・特別扱いを嫌った ・人を地位や肩書で見ない その1 ・人を地位や肩書で見ない その2 ・貧乏な男と結婚した ・家庭を優先した ・金と権力になびかず ・女優が嫌いだった……などエッセイ26編 『女優にあるまじき高峰秀子』(斎藤明美著、草思社)は、私の好きな高峰秀子の考え方、生き方を覗き見する愉しみを提供してくれます。 「ほっといてくれ。 高峰とは、そういう人だった。 女優をやめ、執筆をやめ、毎日、好きな読書と夫のために食事を作るだけの生活。 『今が一番幸せ』。 晩年、口癖のように、高峰は言っていた。 その面差しの、老いて何と晴れ晴れしく美しかったことか。 これほど欲望のない人を、私は知らない」。 「毎日をどう生きるか、どんな生活を送るか、それが高峰にとって最も大事なことだったのであり、それが結果として太らなかったという事実を残した。 それだけだったと思う。 朝六時に起きると、夫を起こさぬようにそっと雨戸を開けて、洗面所で顔を洗い歯を磨き、髪をとかして身づくろいをする。 台所に行って、前の晩にカウンターに用意してあるコーヒーメーカーでコーヒーをたて、夫が食べるリンゴ半分、ヨーグルト、そしてカフェオレを作る。 朝食が終わると、後片付けをして、午前中は手紙の返事や礼状書き、時には執筆。 やがて支度して、十一時半に昼食。 終わると後片付けをして、夕食のしたごしらえをしておき、午後は大好きな読書をする。 夕方四時半にもなれば、おもむろに台所に行って本格的に夕食を作り・・・。 特別な用事が入らない限り、高峰はこれら一日の行いを、五分と違わず、毎日続けた。 儀式のようだった。 三度の食事以外、間食はもちろん、コーヒー一杯口にしない人だった。 それが大女優・高峰秀子の暮らしであり、『今が一番幸せ』と言わしめる日常だった」。 「彼女(高峰)の自伝『わたしの渡世日記』を読めばわかる。 私は高峰に出逢うずっと前に初めてこの本を読んだ時、彼女が二十代半ばで妻ある男と泥沼のような関係になっていたという記述を読んで、目を疑った。 何もこんなことまで書かなくても・・・と思う一方で、この人はすごい人だと思った。 書くからには嘘やきれいごとは書かない。 そういう著者の覚悟が見えて、圧倒された」。 私の『わたしの渡世日記』に圧倒された経験があります。 「容易には人に心を許さない。 悪い言葉で言えば猜疑心が、高峰にとって、松山善三という人に出逢うまで、己を守る唯一の武器であり、黙ってじっと人間の有様を観察することが、学校へ行けない彼女に残された勉強の場だったのだ。 何が善で何が悪か。 何が美しくて、何が醜いか。 人に頼らず、自分自身で判断する」。 果たしてこのような基準を持つ女性がどれだけいるだろう?」。 「高峰が自分で勝手に考えていた結婚の時期、三十歳。 その四カ月前、つまり昭和二十八年の夏、一人の青年が高峰秀子に交際を申し込んだ。 瀬戸内の小豆島で、木下恵介監督が高峰を主演に『二十四の瞳』という映画を撮影していた時である。 それは、横浜郊外の農家の納屋の二階に住む、給料日に五目ソバを食べるのが唯一の贅沢だった、当時松竹の四段階システムの下から二番目であるサード助監督、高峰より一歳年下の、松山善三という青年だった。 『高峰秀子さんと交際させてください』。 青年は、師匠である木下監督に言う。 ・・・月給一万二千五百円に対して映画一本のギャラが百万円、片や映画界に入ってまだ三年のサード助監督、片やキャリア二十五年の大スター、知名度ゼロに対して、『日本国 高峰秀子様』で海外から手紙が届く超有名人・・・。 確かに二人は『釣り合わなかった』。 ・・・そして彼女は続けた。 『いい人はいい仕事をするだろうと思いました』。 昭和三十年三月二十六日、高峰秀子は結婚した。 それは半年の交際を経た、奇しくも高峰三十歳、最後の日だった」。 「何しろ二十九歳の夫が『高峰邸』に運び込んだ『財産』は、リヤカー一杯の古本だけ。 知名度はゼロ。 脚本家をめざすと言っても先は不明だ」。 「私には今でも忘れられない光景がある。 台所で菜っ葉を洗いながら、高峰がポツリと言った言葉である。 『かあちゃん(=高峰)は小さい時から働いて働いて・・・。 だからきっと神様が可哀相だと思って、とうちゃん(=松山)みたいな人と逢わせてくれたんだね』。 『三カ月もたない』『三年で別れる』と記者たちに賭けまでされた『釣り合わぬ』男女は、死が二人を分かつまで、見事に連れ添った」。 高峰という女性の素晴らしさ、見事さを再認識しました。

次の

【N1文法】~としてあるまじき/にあるまじき

ある まじき と は

「社会人としてあるまじき発言だ!」 「人としてあるまじき行為だ!」 このような「あるまじき」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 ニュースや新聞、雑誌などで使われることも多いです。 日常会話ではあまり使わないかもしれませんが、ビジネスシーンなどかたい言葉を使うような場では会話の中でも使うことがあるでしょう。 「あるまじき」は前後の文脈からも、ポジティブな意味ではなく、何かいけないこと、ダメなことだという悪い意味であることはわかると思います。 ですが、「あるまじき」とはどういう意味なのか、よくわからないという人もいるでしょう。 「あるまじき」とはどういう風に使う言葉なのか、「あるまじき行為」って一体どんな行為なのか、しっかり確認しておきましょう。 今回は、「あるまじき」の意味と使い方!「あるまじき行為」とは?【類義語・例文】についてご説明いたします! 目次• 「あるまじき」の意味 「あるまじき」は「あってはならない。 不都合である。 とんでもない」という意味です。 「あるまじき」という言葉だけを初めて聞いた時には意味がわからなかったかもしれませんね。 「あるまじき」は連語といって、二つの単語が連結して一つの単語になったものです。 「ある」と「まじき」に分けると意味がわかります。 「ある」は動詞「あり」の連体形で、いわゆる「~がある」、物事が存在するという「ある」です。 「まじき」は文語「まじ」の連体形です。 古文を勉強した人ならおなじみかもしれませんが、古典文法の「まじ」は打消し推量や打消し意思、打消し当然、禁止、不可能といった意味の助動詞です。 「〜してはいけない」「〜はずがない」などと訳せます。 現代語では音が変化して「まい」ということも多く、「~すまい」「~などあるまい」などと使います。 この「ある」と「まじ」が合わさったのが「あるまじき」で、 「あってはならない」「あるはずがない」といった意味になるのです。 「あるまじき」の使い方 「あるまじき」は 「あってはならない」という意味で使います。 連体詞的に、名詞を修飾して使います。 かなり文語的なかたい響きなので、あまり女性や若い人は使いませんが、改まった場やニュース、文中などではしばしば見聞きしますので、例文で確認しておきましょう。 【例文】• 社会人としてあるまじき態度だ。 市長としてあるまじき行為である。 武士にあるまじき卑怯さだ。 弁護士としてあるまじき発言が問題になっている。 「あるまじき行為」とは? さて、「あるまじき」は「あるまじき行為」という使い方をされることがとても多いです。 ニュースや新聞、雑誌などで様々な事件や問題に対して「あるまじき行為である」というような言い方をしているのをよく見聞きしますよね。 この「あるまじき行為」、よく聞く言葉ですが正確にはどういう意味なのでしょうか。 「あるまじき行為」とは、「あるまじき」の意味からも「あってはならない行為」という意味であることがわかると思います。 「あってはならない行為」、つまり「絶対にしてはいけない行為」ということです。 その立場にある人が絶対にしてはいけないようなことをしてしまった、不適切なことをしてしまったという時に、それは「あるまじき行為」である、と表現するわけです。 【例文】• 公私混同も甚だしく、経営者としてあるまじき行為だ。 生徒に体罰を加えてけがをさせるなど、教師にあるまじき行為だ。 勤務中にゲームに夢中になるなんて、社会人としてあるまじき行為だ。 「あるまじき」の類義語 「あるまじき」の類義語には次のようなものがあります。 あってはならない• ありえない• とんでもない• 不適切な• もってのほか• 目に余る• 断じて許容できない• けしからん いずれも「だめだ!」「ひどい!」というような意味の言葉で、中でも「あってはならない」は「あるまじき」と同じ意味だと考えて良いでしょう。 「あるまじき」は厳しい印象の言葉なので、書き言葉や報道などでよく用いられますが、もう少しくだけた会話の中なら他の言葉に置き換えても良いですね。 「あるまじき」の対義語 「あるまじき」の対義語は「ありがち」です。 「ありがち」は「世間によくあること」という意味です。 他にも、文脈に応じて反対の意味の言葉は「ふさわしい」「適切な」「申し分のない」なども考えられますね。 まとめ 「あるまじき」はあってはならないという意味の言葉でした。 古めかしい響きなので、これまで使ったことがなかったかもしれません。 叱咤したり非難したりする時に使われたりしますので、あまり人から「あるまじき行為だ!」なんて言われたくはないですね。 ですが、意味や使い方をしっかり理解して、聞いたときにもきちんと理解できるよう、この機会にぜひ覚えておきたい言葉です。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の

女優にあるまじき高峰秀子

ある まじき と は

説明 接続 名詞+としてあるまじき+名詞 名詞+にあるまじき+名詞 意味 不该有的 不相称的 作为…不应该有的行为 ~してはいけない ~すべきではない 解説 職業や立場を表す名詞に接続して、その地位に相応しくない行為を批判・非難する文法です。 後項には言動や発言、行為、行動、態度などがよく接続されます。 例文 (1) あの反則はプロ としてあるまじき行為だ。 (那个犯规是作为专业人士不应该有的行为。 ) (2) それは政治家 としてあるまじき発言だった。 (那是作为政治家不应有的发言。 ) (3) 社会人 にあるまじき行動。 (作为社会人不应有的行动。 ) (4) 部下 としてあるまじき失礼な発言。 (作为部下不该有的失礼的发言。 ) (5) 薬品の個人的使用・売買は医者 としてあるまじき行動だ。 (药品的个人使用、买卖是作为医生不应有的行为。 ) (6) 教師 としてあるまじき言動。 (作为教师不应有的言行。 ) (7) 思い返すと、昨日のは大人 としてあるまじき言動だった。 (回想起来,昨天那不该是作为大人的言行。 ) (8) 犯罪者に加担するなど警察官 としてあるまじき行為だ。 (袒护犯罪者是作为警察不应该有的行为。 ) 備考 似ている文法「」 似ている文法「」.

次の