ボックスフレッシュ 匿名 特定。 ‎「BoxFresh 匿名質問アプリ

質問箱サービス『BoxFresh』とは?その使い方・Botの自動質問への対応・ログインできない場合など徹底解説!

ボックスフレッシュ 匿名 特定

BoxFresh ボックスフレッシュ の質問の消し方 BoxFresh ボックスフレッシュ は匿名で質問ができるサービスとして人気です。 インスタなどでも活用できることから、多くのユーザーがダウンロードしています。 BoxFresh ボックスフレッシュ の基本的な使い方は下記記事で紹介していますので、参考にしてください。 一度質問してしまうと消せない BoxFresh ボックスフレッシュ は、 一度質問をしてしまうと取り消すことはできません。 質問をされた方は、その質問を非表示にすることはできますが、質問側は操作を取り消せません。 ブロックなどを行えるのも回答側なので、質問側が質問を削除するといった操作は不可能となっています。 質問を投稿したページには戻れない BoxFresh ボックスフレッシュ はTwitterを利用して、相手の質問箱にアクセスします。 そのページより、相手に質問を送るのが、基本的な利用方法です。 「質問をおくる」というボタンを選択した時点で、そのページに戻ることはできません。 次のページでは「送信しました」という表示のみで、次のページ進むボタンさえありません。 アイコンを押せば、BoxFresh ボックスフレッシュ の公式アカウントにアクセスができるだけとなっています。 退会処理やログアウトをしても質問は残っている BoxFresh ボックスフレッシュ では、プロフィールの編集画面より退会処理、ログアウトが行えます。 これはアプリ版でもブラウザ版でも行うことができる操作です。 ただ、このような操作をしても一度質問した内容が消えることはありません。 アンインストールしても、質問内容は消えませんでした。 BoxFresh ボックスフレッシュ はダウンロード制限がかかっており、一度アンインストールするとダウンロード出来ない可能性があります。 ダウンロード出来ない場合の対処法は下記記事で紹介していますので、参考にしてください。 Twitterとの連携を解除することもできますが、連携を解除したところで、自身のタイムラインにBoxFresh ボックスフレッシュ に関するツイートが無くなるだけです。 BoxFresh ボックスフレッシュ の退会方法などは下記記事で紹介しています。 利用しなくなった場合などは、下記記事を参考にしてください。 質問をするときはよく考えてする BoxFresh ボックスフレッシュ では一度した質問を消すことはできません。 個人情報に関わるような質問をしたとしても、回答側が答えてしまうとツイートとして表示されます。 基本的には特定されることのないサービスですが、悪質な質問をしてしまうとブロックされてしまう可能性もあります。 質問を行う時は、よく考えて相手の迷惑にならないか、個人情報などを含んでいないかを確認するようにしましょう。 質問相手を特定される可能性も考えておく BoxFresh ボックスフレッシュ は匿名でできる質問箱ですが、条件を絞り込むことである程度特定が可能なサービスです。 匿名投稿ではあるものの、質問の内容や条件などを絞ることで、ばれてしまう可能性もあります。 BoxFresh ボックスフレッシュ で質問相手を特定することができるかについては下記記事で紹介しています。 今後質問を削除する機能が実装される可能性はある 現時点で、BoxFresh ボックスフレッシュ では一度投稿した質問を削除することはできません。 これは、BoxFresh ボックスフレッシュ だけでなくPeing ペイング なども同じです。 ただ、BoxFresh ボックスフレッシュ の利用規約には、下記のような文言があります。 本サービスは、複数の利用者が投稿、修正、削除等の編集を行える機能を含む場合があります。 これは未来的に質問を削除できる機能を搭載することが可能性があるということになります。 一度投稿した質問を削除・編集などができるようになれば、便利になるかもしれません。 まだ、実装されることは確定ではありませんが、サービスに期待してもいいのではないでしょうか?.

次の

Twitterやインスタで人気の『質問箱』アプリ・サービスのまとめ

ボックスフレッシュ 匿名 特定

jp までお気軽にお問い合わせください。 【広告出稿のお問い合わせ】 広告出稿についてはsales app-cm. jp までお気軽にお問い合わせください。 【メディア取材のお問い合わせ】 メディア取材については media app-cm. jp までお気軽にお問い合わせください。 その上で今日起きたことを伝えるので見て頂きたい。 インスタのプロフィールのリンクからサイトver. のTwitter連携が外れていて使えなくなった。 これに関しては連携し直せた為、あくまで起きたことだけ伝えます 2. アプリver. で開こうとすると、開いた段階の画面でロードが続き、終わったかと思えばアプリが勝手に落ちるといったことが起きました。 これで現在来ている質問が見れないので速やかに治して頂きたいです。 この2点が今日起きたこととなります。 このこともあり、評価は4をつけさせて頂きましたが、治るようでしたら5に直させていただきます。 ご理解の上、早急に対応して頂ける事を切に願っております。 悪質なコメントに困っています。 もっと送れないように徹底して欲しいです。 「嫌い」漢字では送れませんが、「きらい」や「き、ら、い」と書けば送れるし最悪すぎます。 下ネタもいっぱい送られて来るし、入れて損しました。 質問者をブロックすると言うのを押しても、繰り返し送られてくるし。 会社に報告文を送ったら、誰が書いたのか見れるようにして欲しいです。 匿名で思いやりのある言葉を送られてきたら、嬉しいですが、質問とは言いがたいような事ばかり言われます。 誰が書いたのかを見て怒りたいのではなく、その人をインスタやTwitterでブロックしたいんです。 お願いします。 悪質な下ネタなどに困っています。 私はすごく辛い気持ちで、しんどいんです。 そりゃログインできないんですから評価できないのも当然です ちなみに僕が使っているiPad mini 4でもログインできませんでした。 メイン機のZenfone 5Zでもダメだったので運営Twitterにコンタクトを取るも返事が来ない。 たまたまiPhone 8で会員登録でましたが、マイページのどこにも「退会」ボタンが無い。 一応Web版にはありましたが何度試してもエラーが発生して退会できない。 ハッキリいってサービスとして最悪。 その程度のこともテストせずに提供開始したのかって感じで呆れっぱなしです Webサイトどころか企業ホームページすらSSL暗号化が適用されていないところを見ると、その程度の企業なんだなって思わざるを得ない 回答などで入力した情報が悪用されたら怖いので早く退会させてください.

次の

質問箱サービス『BoxFresh』とは?その使い方・Botの自動質問への対応・ログインできない場合など徹底解説!

ボックスフレッシュ 匿名 特定

『Amazon Hub ロッカー』とは 「Amazon Hub ロッカー」はAmazonが行っている「宅配ロッカー」のサービスで、駅やコンビニ、スーパーなどにそのロッカーが置かれています。 宅配ロッカーとは、宅配物を(自宅ではなく)ロッカーに配送してもらい、自分が好きな時に受け取れる、というものです。 宅配ロッカーとしては、ヤマト運輸系の『PUDO』が有名ですが、「Amazon Hub ロッカー」もそれと同様のサービスです。 (参考)宅配ロッカー「PUDO」 Amazonで商品を購入する際に、送り先をAmazon Hub ロッカーに指定しておくことで、好きなタイミングでロッカーから商品を受け取ることができます。 「Amazon Hub ロッカー」の魅力とは Amazonの画面から、配送先として「Amazon Hub ロッカー」を指定できる この点が「Amazon Hub ロッカー」の最大の魅力ではないかと思いますが、Amazonの購入画面で、配送先として宅配ロッカーを直接指定することができます。 現状(2019年9月時点)、Amazonの画面からPUDOのような宅配ロッカーを配送先として直接指定することはできませんが、「Amazon Hub ロッカー」であれば指定できます。 このことにより、自宅近くにAmazon Hub ロッカーがあれば、Amazonで購入したものを毎回ロッカーで受け取れるようになります。 そうなれば、自宅に不在で再配達をしてもらうようなことを避けられます。 「Amazon Hub ロッカー」の利用時間は? ロッカー自体の利用時間は24時間ですが、スーパーや駅などの構内に置かれていることが多いため、実際に利用できる時間帯は、その店舗の営業時間内に限られます。 「Amazon Hub ロッカー」の設置場所は? 現在のところ、東京都や神奈川県を中心に設置され、その数は次第に増えています。 ファミリーマート• 小田急電鉄の駅構内• スーパー「Fuji」の店内 のような場所に置かれます。 最新の設置場所についてはから確認できます。 「Amazon Hub ロッカー」の使い方 ロッカーでAmazonの商品を受け取るまでの流れ Amazonにて、商品をカートに入れた後、レジに進みます。 配送先としてAmazon Hub ロッカーを指定して購入を完了します。 (この部分の手順については、この後で解説しています) しばらくして、購入した商品が宅配業者によってロッカーに配送されると、メールが届きます。 そのメールで受取用のバーコードを表示できます。 参照: 自分が配送先に指定したロッカーに行きます。 端末のスキャナに受取用のバーコードをかざします。 商品が入っている扉が自動的に開くので、荷物を受け取ります。 Amazonの商品購入時に配送先として「Amazon Hub ロッカー」を指定するには• 対象となる地域の周辺に「Amazon Hub ロッカー」がある場合、検索結果に表示されます。 ロッカーを選択し、届け先として登録します。 なお、一度「届け先」として登録しておけば、次回以降はいちいち検索せずに、簡単に同じロッカーを指定できます。 ロッカーごとに変わった名前が付けられている ちなみに、ロッカーには名前が付けられています。 キンモクセイ• サンマ• コスモス こんなふうに、ロッカーにつけるにしてはちょっと変わった名前です。 魚、花、食べ物の名前が多いようです。 この名前は、Amazon Hub ロッカーの右上の端あたりに表記されています。 「Amazon Hub ロッカー」の利用で注意すべきこと 商品の保管期間は3日間 商品がロッカーに入ってから3日以内に引き取る必要があります。 保管期間を過ぎると、注文は返品されキャンセル扱いになります。 Amazon. jpが発送する商品のみが対象 Amazon Hub ロッカーでの受け取りは、Amazon. jpが発送する商品のみが対象となります。 出品者が発送する商品は受け取ることができません。 特定の商品は配送対象外となる 一部危険物や、重量・サイズが大きい商品、Prime NowやAmazonフレッシュなどの商品は配送対象外となります。 お店で荷物を受け取る『Amazon Hub カウンター』もある ロッカーではなく、飲食店や小売店などで商品を受け取れる『Amazon Hub カウンター』というサービスもあります。 こちらはコンビニ受け取りに近い形のサービスで、対象となる店舗にて店員にバーコードを示して荷物を受け取るものです。 自宅の近くにAmazon Hub ロッカーが無くとも、「Amazon Hub カウンター」の対象となっている店舗があれば、こちらを利用するという手もあるでしょう。 商品の保管期間が14日と長いことも特長です。 Amazon Hub カウンターの対応店舗についてはから確認できます。

次の