女工哀歌 あらすじ。 【感想・ネタバレ】あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史のレビュー

新着情報

女工哀歌 あらすじ

少女たちはどこに消えたのか? 家出中の女子高生ミチルを連れ戻す仕事を引き受けた私は、彼女の周辺に姿を消した少女が複数いることを知る。 好評葉村晶シリーズ (「BOOK」データベースより) 前回のをご覧頂いたツイ友のMさんから『探偵っつーよりハリウッド映画のスパイみたいw』とメッセ頂きまして。 そこで、もちっと現代ニッポンのリアルな探偵ヒロインは居ないものかと本棚を漁ってみたら…ありましたありました。 クールでもタフネスでもない、フリーの女性調査員・葉村晶が主人公の「悪いうさぎ」。 フリーの調査員といえば聞こえはいいが、要するに何でも屋、フリーターだ。 月に六十万以上稼ぐときもあれば、六千円のときもある。 忙しいときは寝るヒマもないし、仕事がなければ即、飢える。 六十万円稼いでワッハッハの月はあまり無い模様。 葉村さん、お暇な時は一組あたり九十円のイヤリング作りの手内職まで請け負う女工哀歌。 うっうっうっ、 フリーター稼業は厳しいのう。 ところで「悪いうさぎ」は葉村晶シリーズの3冊目にあたります。 で、長編としては1冊目。 私個人としては、シリーズ中で一番「悪いうさぎ」が好きなのですが、もしもこれから若竹七海の葉村晶シリーズを読もうという人がいるならば。 悪いことは言わない。 前2冊の短編から、手を出した方が良い。 ただでさえ災難続きのトラブル体質な葉村晶が、短編ならともかくとして、長編小説だと まるまる1冊分の災難てんこもりドンと来い状態。 細木数子もびっくりの大殺界で、読んでるだけで不幸に腹いっぱい。 んもぅ可哀相で涙ちょちょ切れちゃうよ。 作者の若竹七海は、主人公の葉村晶に何か恨みでもあるのかい?! どこらへんが災難なのかというと、そもそもの最初の1ページ目から。 家出した女子高生を連れ戻す依頼で、足の甲を骨折してナイフで刺されて入院&手術。 しかもやったのは同じ調査員仲間よ? その調査員仲間には謝罪されるどころか、逆恨みされて自宅アパートまで襲撃され、なおかつそいつのモンペママンに『うちの松夫ちゃんに精神的苦痛を与えた』とハンドバッグでぽかぽか頭を殴られるのよ? 家出少女は夜中に警察署まで呼び出すし、その果てに家まで押しかけてくるし、少女の親や知り合いに呼ばれて出向いても、水の一杯も出やしない。 数少ない友人は結婚サギにひっかかりそうだし、忠告しようと思えば逆ギレされる。 玄関にゴミはぶちまけられるしカラスには襲われるし、通りすがりの人には骨折した足を踏まれるし。 拉致されてトラックの荷台に二日間監禁されるわ、そのせいで暗所恐怖症にはなるわ、 乗ったタクシーの運転手さんには延々と痔の話をされるわ。 「アルマジロの尿が効くって話を小耳にはさんだんだけれど」 運転手は言った。 「アルマジロの尿っていったいどこで買えばいいのかわからなくて、困ってるんです。 これがいまいちばんの悩みですよ」 わたしは彼が心底うらやましかった。 「おまえはいいうさぎだな。 前のうさぎたちも、いいうさぎだったが、おまえほどじゃないな。 一度罠にかかったうさぎってのは、ホントにおとなしくなるもんだ」 災難続きの葉村さん。 着るのは赤いアノラック。 かぶるのは黒い、うさぎのかぶりもの。 んー、山登りとだけ言っておこうかな?ただの山登りじゃないけどね。 だって賞金200万円だしね。 だって災難続きの葉村さんだしね。 山道を行く、赤いアノラックを着た黒いうさぎが、果たして良いうさぎなのか悪いうさぎなのかは判らねど。 いやあ、探偵って大変。 ハリウッド映画のスパイとはちょっと違う、現代ニッポンのリアル(?)な探偵哀歌でした。 ところでアルマジロの尿って、いったいどこで売ってるんでしょうね? きっと葉村さんなら探し出してくれる。 運転手さん、ご依頼お待ちしてます。 シシドカフカが葉村晶ってのは「ずいぶん若返ったね~!葉村ちゃーん!」(原作では四十肩だし)と喜ばしいところですが、悪いうさぎか…とうとう…シシドカフカの世界残酷物語か…。

次の

根室女工哀史のネタバレ!女が虐げられてる残酷オムニバス集!

女工哀歌 あらすじ

Posted by ブクログ 2016年11月22日 大竹しのぶの映画のイメージが強くて(予告編のみ)、悲惨な境遇の女工さんの物語かと思っていた。 360人を超える聞き取り調査や、飛騨や信州へ何度も足を運んでのルポルタージュだったのですね。 資本家に搾取された労働者としての一面だけでなく、飛騨に残るよりはマシと考える、または是非とも製糸工場で働きた いと望む人達がいたというのは驚きだった。 それは飛騨という特殊性もあるかもしれないが、世界を意識しだした日本が置かれていた脆弱さが背景にあるのだろう。 残念なことに、紆余曲折を経ながらも、結局彼等の労苦を通して獲得された外貨が、最終的には海の藻屑となってゆく軍艦に姿を変えていってしまった。 自分はその歴史から何を学んで活かしていけるのだろうか?• Posted by ブクログ 2016年08月06日 富岡製糸場が世界遺産に登録されて以来、気になっていたので読んでみた。 女工として働いていた人たちへのインタビューを重ねた、とても丁寧につくられた本でした。 読む前は、人身売買に近い形で工場へ連れていかれ劣悪な環境で働かされる、というイメージだけを持っていましたが、貧しい村の生活から逃れるために自分か ら進んで家を出て働きに行ったものがいたことや、高額の報酬を得て誇らしい気持ちで故郷に帰った思い出など、想像もしなかったことが語られていました。 また、経営者側の状況や、当時起きたストライキの様子など知らないことだらけで、もっと早く読めばよかったと思っています。

次の

【感想・ネタバレ】あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史のレビュー

女工哀歌 あらすじ

JUGEMテーマ: 6月3日に「女工哀歌(じょこうエレジー)」のDVDが発売となりました。 私たちの生活とは切り離せない「中国製」の服たち。 皆さんのクローゼットの中にも、きっと「中国製」のタグがついた洋服や下着が たくさん入っているはず。 でも、そんな私たちが毎日身につける服を一体誰が、どんな風に作っているのか 想像したことはありますか? 劇場公開時も多くの方からご好評をいただいた本作ですが、見逃してしまった 方はレンタルも同時リリースとなりますので、一度ご覧になってみてください。 ( 青字の媒体はウェブで閲覧可能。 どうやって中国の工場の撮影許可を得たのか?など興味深い内容になっています。 ちなみにこの「女工哀歌 エレジー 」ですが、ドキュメンタリー映画祭の最高峰とも呼ばれる、アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭にて、国際的な人権保護活動団体であるアムネスティのヒューマン・ライツ・アワードを受賞しています。 そこで公開を記念して、より映画を深く見るためのパネルディスカッションを行うことになりました。 ご参加の皆さまには、『女工哀歌』公式パンフレットと特典をプレゼント致します。 11:00〜12:00ですので、12:50からの初回とあわせてご参加いただけます。 jp まで。 「女工哀歌 エレジー 」をご覧になった方から、「この映画は別に中国の、この工場だけの問題じゃないですよね?」という感想をよく伺います。 確かにその通りで、先日は労働問題でも特に「児童労働」の問題について積極的に活動をされているNPO法人ACE(エース)のスタッフの方が、試写会にいらして下さいました。 特にこの映画が上記の感想と同じく、「特定の個人を攻撃するもはなく、システム全体について疑問を投げかけるもの」という点で評価して頂きました。 コレと同じようなことが、ジーンズだけでなく、様々な分野でおきているのが現実です。 のほうでもご紹介いただきましたので、是非ご覧ください。 で、劇場でもらえるのと同じ特典がつくチケットも購入できます。 (下記のコメントはACE代表の岩附由香さんより頂きました。 ) 「日本がかつて経験した女工哀史さながらの、現代社会において経済発展が目覚しい中国の縫製工場で働く女子の過酷な労働条件と生活が丸ごとわかる秀作。 主人公やそのまわりにいる女の子の日常から垣間見れるひとりひとりの幸せ・悲しみが描かれながらも、工場長の生活を見ると経済のグローバル化に見られる普遍的な貿易の構造と権力関係が理解でき、社会問題をつづるドキュメンタリーとしてその複眼性は評価できる。 ちなみに、もしこの工場をSA8000の基準に照らして監査したら、強制労働、児童労働他、重大な違反が見つかるため、絶対認証できません!」(ACE 岩附) 同時期にポレポレ東中野で上映する作品の試写を見てきました。 舞台となる場所は日本ですが、同じく「仕事」に関する映画なので、ご紹介します。 、予告編もご覧になれます。 映画の内容はリンク先の解説のほうが詳しいので、ぜひ一度見てみてください。 とにかく、なにをおいても「良く撮ったな〜」と驚かされた作品です。 『女工哀歌 エレジー 』も、中国の工場で撮影というのはとても困難なので、同じことをよく言われたのですが、こちらも凄いです。 もちろん、主人公のトラック運転手の労働条件も酷いのですが、いまだにヤクザまがいの人間を使って、それを阻止しようとするこの会社の社長!彼にとってはあれがフツーなのかもしれませんが、働くほうはたまったものじゃないです。 しかも、恐ろしいのは、このトラック運転手の方も労働組合を知るまでは、それがフツーだと思って長過酷な労働を続けていたということです。 このあたりも「女工哀歌 エレジー 」の女の子たちと一緒だなぁ、と思ってみてました。 個人が悪いのか、システムが悪いのか、どちらに変えるべき要素がより多くあるのか? 考えてみる良い素材だと思います。 10月4日から上映予定だそうです。 また、「女工哀歌(エレジー)」の半券提示で、「フツーの仕事がしたい」も同じく割引が適用されます。 どうぞこの機会に、両作あわせてご鑑賞ください。 「…それでも少女たちは屈託なく明るい。 この女工たちの姿を見ていると、日本の明治、大正の『女工哀史』や『ああ野麦峠』もこうだったのだろうと感じさせる。 少女たちは何があろうと明るいのである。 これだけが唯一の救いだ。 」 確かに、生活はめちゃくちゃ大変そうなのですが、 そんな中、ふと「でもこのジーンズはいている人って、どんなに大きいんだろう?」とか話し合って笑う子達の描写に、リアリティと逞しさを感じてしまうのでした。

次の