五 等 分 の 花嫁 壁紙。 【髪色・ピアス】五等分の花嫁の誰が風太郎の花嫁に?考察・予想・伏線

『五等分の花嫁』122話(最終話) 感想:6人の物語ここに完結!最高の感動にありったけの感謝を!

五 等 分 の 花嫁 壁紙

『五等分の花嫁』人気投票 さて、そんな『五等分の花嫁』で人気投票結果発表がありました。 いやまて落ち着け。 当然、三玖ちゃんが1位なのだろうが油断は禁物だ。 近年はマイベストヒロインと思っても世間一般の人気との乖離は起きちゃってましたからね。 『ゆらぎ荘』の雲雀ちゃんとか『ぼく勉』のうるかちゃんとか、当たり前のように1番の人気キャラだと思ったら違うんだもんなぁ…。 <関連記事> そういった事があって『五等分の花嫁』の人気投票も不安があったわけです! ドキドキしながら結果を見ました。 たくさんのご応募、ありがとうございました。 風太郎は6位にランクイン! 気になる1位は? 47号発売中! — 週刊少年マガジン公式 shonenmagazine1 !? 1位 三玖(2393票) まじで1位取ってしまった。 1番人気です。 しかも大差のぶっちぎりの1位!これはすなわち正ヒロイン…冒頭の お嫁さんも三玖ということでいいんだろうか。 いいともー!え?五月? まあ、『五等分の花嫁』は五月がどう見ても正ヒロインのように描かれてはいます。 普通に考えれば花嫁も五月と思うでしょう。 ところがどっこい!ここで三玖が一番人気だと証明した意味は大きい。 どうせ五月ENDなんだろと諦めてはいけない。 読者の声が絶対神ともいえる作者の心を動かすことだってあるのだ。 作者といえど人の子。 人気商売の漫画家です。 資本主義社会の歯車なのです。 読者の声を無視することはできない! 読者から三玖エンドを望む声が大きければ、 「そっちの方がいいのかな…?」と気持ちが揺らぐはずなのだ。 そして三玖は人気投票で1位を取った。 つ・ま・り…? やったね!三玖ちゃん大勝利! 二乃の結果について 5位 二乃 1位 三玖(2393票) 2位 四葉(1403票) 3位 五月(1235票) 4位 一花(1170票) 5位 二乃(1003票) さて、1位に関しては納得なんですが5位「二乃」にはおいおい…。 ちょっと待ってくれと。 その結果は無いんじゃないのかと。 二乃が5姉妹で一番下ってどういうことだってばよ? ちなみに自分の中で甲乙をつければ「三玖>二乃>一花>五月>四葉」です。 もう三玖と二乃 両者と結婚したい、もしくは お嫁さんは三玖で愛人は二乃という未来を夢に見てるだけにこの結果はどうなのかなーって思うよ。 投票期間の時期はベストだったんですよ。 人気投票開始は49話掲載時でしたので、ちょうど二乃に風が吹いたところだったし。 それなのに一番人気がないってどういうこっちゃねん! 二乃こそ最も成長してるヒロイン 2話 二乃は可愛かったか可愛くなかったでいえば可愛く無かった。 これは紛れもない事実。 5姉妹それぞれ事情がありましたが、1人だけ冷酷に突き放し消えろとまで言いのけてましたからね。 こんな子は御免だと読者が思うのは仕方ないでしょう。 ラブコメというハートを温めて欲しい作品なのに心が凍ってしまうツンドラ気候のようなヒロインでしたからね。 心が凍死してしまいます。 しかし!しかしである! 寒いツンドラがあってこそツンデレという「デレ」の温もりがあるのです。 暖かさは微塵も無かったが、それは過去です。 なんだかんだで徐々に解凍されていく姿こそ二乃の醍醐味でしょう。 50話 最近の二乃はヒロインとしての成長力には目を見張るものがありました。 大嫌いだった主人公を徐々に受け入れてるというか気持ちが揺れていたのは明らかでした。 冷たいヒャド系呪文しか使えなかったあの二乃がだよ?回を重ねるごとに物凄い勢いで魅力を開花させていき、ついには熱いメラ系呪文を覚えてるわけですよ。 今ではマヒャドと同時にメラゾーマを使いこなしつつある。 そう! 究極の呪文「メドローア」を放てる状態になりつつある。 全てを消し去る破壊力なのです。 それがツンデレなのです。 美味しいツンデレとは農業 これがデレ部分のうま味だよ 一口に「ツンデレ」と言いましても、これがなかなか奥が深いのです。 大きく分けると「天然もの」と「養殖もの」があります。 具体的に言えば、養殖は最初からデレてる状態で素直になれずにツンツンしてしまうヒロインですな。 完成された「ツンデレ」状態で提供されます。 これはこれで美味しいですよ。 でもね、本当に 脂が乗って絶品なのは「天然もの」に限ります。 天然は育てるのがマグロぐらい面倒くさいですからね。 なんたって、最初は「大っ嫌い」からスタートして「大好き」にさせなくてはいけません。 大変なんですよ。 それが二乃なのです。 また、 天然のツンデレというのは農業にも通じてます。 何も無いところから畑を耕して、種をまいて、水をやって、じっくり育つのを待たなくてはいけません。 事実、二乃はここまで育てるのに 59話もかけました。 苦労したからこそ本当に美味しいくなるんですねぇ。 ここまでじっくり育てた 二乃はついに実りの季節を迎えたのです。 いつ収穫するか?今でしょ! 好きよ 感無量である。 フータローに聞こえてたどうかは分かりませんが確かに二乃は「好きよ」と言ったのです。 自分の気持ちに素直になったのです。 じっくり育てた二乃が、ついに 実りの季節を迎えたのです。 あとは収穫して美味しく頂くだけです。 苦労した甲斐あるよ。 めちゃくちゃうめーっす。 「天然ものツンデレ娘」って育てるのが面倒くさいヒロインだけに、四苦八苦してようやく実って、食べ頃になったのすからね。 今、人気投票やればトップに食い込むな!間違いない(確信)。 あの二乃がここまで育ったのかと感動ものですわ。 三玖と二乃の頂上決戦 いやはやそれにしても…。 「三玖VS二乃」はまさに 世紀の一戦と呼ぶに相応しい。 「アントニオ猪木VSジャイアント馬場」「辰吉丈一郎VS薬師寺保栄」「朝青竜VS白鵬」「メッシVSロナウド」「アムロ・レイVSシャア・アズナブル」「矢吹ジョーVS力石徹」「孫悟空VSベジータ」「曹操VS劉備」「武田信玄VS上杉謙信」に勝るとも劣らない頂点の戦いなり。 責任取ってよね これまでの『五等分の花嫁』最強の破壊力といえば 三玖の「責任取ってよね」であることは誰もが認めるところでしょう。 みんな悶絶死しました。 可愛すぎて。 完全に三玖の一人舞台だったと言えます。 しかし、まさかまさかである。 二乃も負けてはいませんでした。 究極呪文「好きよ」で対抗するのであった。 最強のカード切ってきたー!以前の三玖に匹敵するほどの威力ですよ!これは…!インパクト的にも勝るとも劣りません。 好きよ 三玖がギャリック砲クラスの「責任取ってよね」を放てば、二乃は三倍かめはめ波クラスの「好きよ」を放って、両者の波動はまったくの互角!すごい戦いになったものです。 ふぅー。 なんという息をもつかせぬ攻防戦でしょうか。 三玖と二乃の「可愛さ」は天元突破です。 両者一歩も譲らず。 お互いが持てる魅力を存分に発揮し、「いつか見た花嫁」の座を全力で勝ち取りにきてます。 ラブコメ漫画多しと言えども、これほどの名勝負はめったにお目にかかれませんよ。 未来の花嫁!現在空位!.

次の

『五等分の花嫁』86話 感想、写真の子の真実と中野四葉を縛る枷!過去を乗り越える鍵はどこにある...!?

五 等 分 の 花嫁 壁紙

三玖の 髪型って結構独特ですよね。 自身のなさの表れなのか、前髪を伸ばし顔を隠しています。 しかし、完全に隠すワケではなく、まぁまぁ見えてしまっています。 また、三玖には絶妙な 陰キャっぽさに魅力がありますよね。 陰キャっぽいけどメチャメチャ可愛いというギャップにやられてしまっている人は少なくないはずです。 三玖のミステリアスな性格が、多くのファンを惹きつける理由の一つだと思います。 自分が風太郎のことが好きだという気持ちに、不器用ながらも真剣に向き合っています。 手段を選ばないとか(一花)• 何よあんなやつとか(二乃)• 素直になれないとか(四葉)• 食べ過ぎちゃうとか(五月) 他の4人とは違って自分の気持ちに素直に向き合い、風太郎に振り向いてもらえるように一生懸命なところがとても魅力的です。 色っぽさを出そうとしていないにもかかわらず、ついうっかり出てしまっているという感じです。 上手く言えないんですけど、 「 何か色っぽい」っていうやつですね。 笑 草食系(あるいは絶食系)男子が増えてきている現代では、アニメのキャラクターに求めるのは思いっきり色気があるよりも ちょっとぴり色っぽいなのかもしれませんね。 三玖の魅力についてはここら辺にして、 三玖の可愛い名シーンランキングの紹介に移ります。 三玖(みく)の可愛い名シーン(画像)・名セリフランキング それでは、第10位から発表します。 可愛い画像のオンパレードなので、 悶え死注意です。 笑 第10位 あの女生徒・・・(第70話) ーコミックスより 第10位は、第70話で風太郎が他の女子と喋っているのを見て 「あの女生徒・・・」と言っているシーンです。 他の五つ子と風太郎が喋っていてもこんな反応はしないんで、他の子にはキビシイようですね。 この頬っぺたを膨らませている顔が凄く可愛いですね。 第9位 プププ(第60話) ーコミックスより 第9位は、第60話で 風太郎が三玖にお悩み相談をしているシーンです。 風太郎が、友達が女の子に好きと言われて戸惑っているという話をしています。 しかし、三玖は風太郎の話であることがお見通しです。 「プププ」という笑い方と表情が可愛いですね。 笑 第8位 ぐ・・・偶然・・・(第60話) ーコミックスより 第8位は、同じく第60話で 三玖と風太郎が休みの日に偶然出会ったシーンです。 三玖は「まさかこんなところで好きな人と会っちゃうなんて」という顔をしています。 この表情が何とも言えず良いですね。 これは夏休みに久々に風太郎と会ったシーンです。 あの三玖がメチャメチャ積極的になっていますね。 ストーリーを追うごとに三玖の成長が感じられます。 「私にも塗ってほしいな」はなかなか攻めていますね。 笑 第6位 浴衣姿(第84話) ーコミックスより 第6位は、第84話の 浴衣シーンです。 三玖が浴衣に着替え、風太郎へお披露目する場合ですね。 「似合ってるかな?大丈夫かな?」という表情にグッときます。 似合ってるに決まってます!笑 第5位 好きな男子とかできた?(第3話) ーコミックスより 第5位は、第3話の 三玖と四葉が恋バナをしているシーンです。 四葉に「三玖はどう?好きな男子とかできた?」と訊かれた時の、この表情! 可愛い過ぎです!!! これだけ違う表情を描き分ける作者の春場ねぎさんに頭が上がりませんね。 第4位 陶 晴賢(すえ はるかた)(第3話) ーコミックスより 第4位は、同じく第3話で 三玖が風太郎を屋上に呼び出した時のシーンです。 第5位で四葉との恋バナをした後に、屋上で「す、す、、、」と言えば、 「好き」が来ると思いますよね。 しかし、三玖は、朝に風太郎が出した問題に答えたかっただけでした。 この時の風太郎の落胆っぷりは、想像に難くないですね。 笑 第3位 風太郎との追いかけっこの後(第4話) ーコミックスより 第3位は、第4話の 風太郎と三玖の追いかけっこの後のシーンです。 先程、三玖の魅力の話で 「三玖は何か色っぽい」と言いましたが、撤回します。 三玖は 「とても色っぽい」です。 タイツを脱いでるシーンなんて、足フェチにはたまりませんね。 第2位 好き(第84話) ーコミックスより 第2位は、第84話の 修学旅行でデートをしている時に「好き」と言ったシーンです。 なんて素敵なシーンでしょうか? 人から指を刺されて、こんなに嬉しいシチュエーションは他にはありません。 唐突だったので、凄く驚きました。 まさか、このタイミングで来るのかと。 そして、次の第85話を読んでもっと驚くことになります。 第1位 当たり(第67話) ーコミックスより 第1位は、第67話の 五月の姿をしている三玖を風太郎が当てた時のシーンです。 嬉しいという感情が思いっきり行動に現れていますね。 三玖のこの嬉しそうな顔を見ると、こっちまで嬉しくなる、そんな表情ですね。 この場面を読んだ時は、あの照れ屋でモジモジの三玖がまさかこんな大胆な行動をするとは、と驚いたことを覚えています。 すごく素敵なシーンだと思います。 他のキャラクターの可愛いシーン・名セリフランキングの記事もあるので、是非ご覧ください。 まだ第1期を観ていないという方やアニメをもう1度観たいという方は、是非第2期が放送される前にご覧ください! アニメは日本最大級の動画サービスで視聴できます。 の 特徴は次のとおりです。 無料登録で31日間無料で動画見放題!• 無料登録で600円分のポイントゲット!• 月額1990円で使い放題! なら登録してから 31日間無料で楽しむことができます! あまり大きい声では言えませんが、目当てのアニメなどを観た後で 解約すればお金はかかりません。 なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。 『五等分の花嫁』の マンガを無料で読む方法を知りたい方は、関連記事をご覧ください。

次の

五等分の花嫁のアニメの作画がひどい!作画崩壊シーン・画像まとめ

五 等 分 の 花嫁 壁紙

風太郎、羨ましい! 前回はいきなり五年後の結婚式まで飛んで行ってしまい、驚きとワクワクが止まりませんでした。 しかし今回より再び現在に時系列が戻っていきます。 風太郎は林間学校での熱がひどくなり病院で入院してしまうことになってしまいました。 なので姉妹たちが揃ってお見舞いにやって来たのですが…。 可愛い女の子たちに来てもらえるなんて羨ましいですね。 結局一花は風太郎のことが気になって学校を辞めないことにしまいた。 問題が一個片付きましたね。 良かった。 一花がいるとラブコメパートが圧倒的に面白くなるので、休学しなくて本当に良かったと思います。 これからは恋する乙女でありながら風太郎をからかう立場になるのでしょうか? そして二乃の圧倒的なヒロインっぷり! お嬢さまっぽい高飛車な態度は崩さないものの、真っ先に病室に入り、姉妹の中で一番早くお見舞いに参上しました。 口ではきつい態度を取っていますが、誰よりも風太郎を心配しているのです! そしてそのことを他の姉妹に黙って欲しいと思っており、何かこう素直じゃなくて良くないですか!この乙女ってした感じが! そして思い出が詰まったミサンガをつい見てしまったのもポイントが高い。 きっと少し嬉しく思っているのでしょう! 風太郎変わったな 以前の風太郎には姉妹に勉強を教えるのは家族の為にお金を稼ぐための目的でしかありませんでした。 ですが今の風太郎は姉妹といると元気がもらえて一緒に居ると楽しいと思い始めています。 現在では勉強を教えるのも自分や家族の為だけじゃなく、 姉妹たちのためを思ってやっています。 以前のトゲトゲしすぎていた風太郎では考えられないことでした。 病院の人をどこかで見た事があるとは? 風太郎はメガネではなく顔が見えなかった方の病院の先生のを見覚えあると言っていました。 「これからもはげみたまえ」 この先生は風太郎について何か知ってそうなセリフまで言っています。 また、顔が見えていないのも謎ですね。 本作のキャラでルックスが分かっていない男性キャラは五つ子姉妹のお父さんぐらいしかいません。 顔を隠されてしまうとどうしても彼を連想してしまいます。 ですがお父さんは病院に勤務している訳ではなく、タワーマンションにオフィスを構えていると思われます。 今の姉妹たちの勉強のできない様子を見たら、あの子は結局お手本になることは出来ずに失敗したと思います。 確かに姉妹5人は揃って勉強が出来ませんが、彼女達の父はお金持ちなので金銭的に苦労するということはないでしょう。 僕はあの子が風太郎と出会った時には母が亡くなってしまい、精神的に不安だったからこんな言葉を言ってしまったと考えていますが…。 あの子には彼女なりの特別な事情があったのでしょう。 「バイバイ」 この言葉は幼い風太郎に告げられた無慈悲な別れの言葉です。 あの子は何かしらの事情で風太郎と離れなければいけなくなったのでしょう。 風太郎にとってはあの子と別れた記憶は最悪な思い出で姉妹たちに元気をもらった後に見たくないようなものでした。 これにより五月があの子である可能性が高まったでしょう。 ちなみにあの子が風太郎を呼ぶときには本名で「上杉風太郎くん」と呼びます。 現在五月は風太郎のことを「上杉くん」と呼びます。 五月があの子でも違和感がないように感じますね。 ですが五月は風太郎が「昔あった女の子と再会するため」に勉強を頑張っているということを知りません。 あの子の正体を五月だと仮定した場合、五月はライトノベルのハーレム主人公並みに鈍感だということになってしまいます。 違和感ありまくりです。 結局あの子の正体は誰なのでしょうか? まとめ 今回林間学校編でのトラブルはすべて片付いてスッキリしたと思った矢先、新しい謎が次々に登場しました。 病院の先生• その時に生徒手帳の写真の女の子についての話題も出てくるでしょう。 次号の過去編にてその謎が少しでも判明すると嬉しく思います。

次の