読書感想文。 読書感想文の書き方!社会人に求められるレポートの構成・例文

読書感想文はコピペで済ませよう!そのまま使える例文を一挙20件公開

読書感想文

読書感想文の書き方 どんなことにもやり方や攻略法があるように、読書感想文にも『書き方』があります。 まずは読書感想文の書き方について、全体的に分かりやすく解説していきます。 年齢にふさわしい内容の本を選ぶ 読書感想文を書くためには、まず、何の本について書くかを決める必要があります。 本を選ぶ際には、「 子供に年齢にふさわしい内容かどうか」について考えてみてください。 年齢と比べてあまりに幼すぎる内容だったり、逆に難しすぎたりすると、子供が読書感想文を書くことに飽きてしまうかもしれません。 子供の年齢に合う本にはどのような種類があるかは、インターネットや書店などで公開されているので参考にしてみてください。 cocoiroでも下記の記事で年齢別におすすめの本を紹介しています。 題名は簡潔に分かりやすく 読書感想文の題名は、「簡潔に」「分かりやすく」を意識してシンプルに書きましょう。 具体的なテクニックとして本のタイトルや著者名、登場人物名を入れる方法や、本のテーマを題名に書いてしまう方法などもあります。 また、読書感想文の題名は最初に書いて終わりではなく、読書感想文を書き終わった後に書いた内容と題名に相違がないか照らし合わせてみると、より良い題名に仕上げることができます。 題名の書き方についてさらに詳しくはこちらの記事で解説しています。 伝わりやすい構成にする 読書感想文を書く際にはいきなり原稿用紙に書き始めるのではなく、メモ帳やノートなどを使って、あらかじめ全体の構成を練っておくことがおすすめです。 最初に構成を練っておくと、書いているうちに話があちこちに飛ぶということが少なくなくなり、論理的な読書感想文に仕上がります。 論理的な読書感想文は内容が理解しやすく、主張や感想も明確なため評価も高くなるでしょう。 また、あらかじめ構成が決まっていれば書く内容に悩んで筆が止まることがなくなり、結果的に早く書き終えることができます。 読書感想文の構成にはいくつかパターンがありますが、以下の4段構成がおすすめです。 書き出し• あらすじ• メインテーマ• 締めくくり 書き出しにはパターンがある 題名と名前を書き、構成を決め、いざ書き出そうと思っても、最初の1文字が出てこないという経験をしたことはありませんか? 読書感想文に限らず、作文でも小論文でも、『書き出し』に悩む人は多いと言われています。 この「書き出し方が分からない」という問題には、 書き出しのパターンを知るというアプローチ方法がおすすめです。 読みやすい読書感想文の書き出しにはいくつかのパターンがあり、そのとき題材にした本や読書感想文の内容に合わせてパターンを使い分ければ、何もないところから書くよりも簡単に書き出しを書き始めることができます。 読書感想文の書き出しパターンについてはこちらの記事で解説しています。 印象に残る締めくくりにする 構成で決めたことを書き終わったら、読書感想文の締めくくりに入りましょう。 読書感想文の締めくくりでは、「 その本を読んで何を感じ、何を伝えたかったのか」ができるだけ読者の印象に残るように書くことがポイントです。 具体的なテクニックとしては、その本を読んで学んだことを明言したり、自分と照らし合わせてどのように解釈したかを書くと良いでしょう。 他にも読書感想文の締めくくりを書くテクニックはいくつかありますので、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 読書感想文で書く内容の考え方 読書感想文の書き方を理解したあとは、書く内容の考え方を身につけてみましょう。 書く内容というのは、感想文を構成する1つひとつの要素とも言えます。 書き方が分かっても、この要素が少ないと内容の薄い読書感想文になってしまいます。 それでは、読書感想文をコンクール入賞作品を例に使用してご紹介します。 本を読んだ理由・きっかけ 書き出しでは、その本を読もうと思った理由やきっかけを考えましょう。 「タイトルがおもしろそうだったから」「表紙の絵がかわいらしかったから」「自分の好きなこと・興味のあることに関する内容だったから」「先生や親からおすすめされたから」など、簡単な理由でかまいません。 以下の段落では、小中学校、高校に分けて例文を掲載します。 小学生の読んだ理由例 私は本屋でぐうぜん、この本を見つけました。 なんで子供が子育てなんか、と思うかもしれません。 この本にマンガが入っていなかったら読んでいなかったかもしれません。 でも今、読んでよかった、と思っています。 だって、親の気持ち、友達の気持ちがよく学べたからです。 (引用元:) 中学生の読んだ理由例 私がこの本を見つけたとき、帯の「大切な忘れ物を届けに来ました」という言葉が私の目を引きつけました。 大切な忘れ物とはいったいどういうことなんだろう。 そう思ったとたん、自分はとても大きな忘れ物をしているのではないかという気持ちになりました。 このコンクールに応募することは決めていましたが、どの本にするのか決めていなかったところにとても大きな課題が目の前に現れたようでした。 私は迷わずこの本を読む事に決めました。 (引用元:) 高校生の読んだ理由例 私は、高森顕徹夜さんの『光に向かって123のこころのタネ』という本を読みました。 理由は、「こころのタネ」とはどんなことなのか気になったからです。 (引用元:) 本のあらすじを簡潔にまとめる 読書感想文の読み手が本の内容を知っているとは限らないので、主人公の性格や特徴、出来事、そのほかの登場人物などを含め、本のあらすじを紙に書き出します。 ただし、あくまでも感想文なので、あらすじは短く簡潔にまとめるようにしましょう。 「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうやって・どのように」を子供に意識させて書かせるようにし、本の内容から得た印象も書くといいでしょう。 小学生のあらすじ例 この物語は、幼なじみの小学五年生秋山璃在と飛鳥井渡のもとへ川上サジという転校生がやってくることから始まる。 それまで微妙な距離があったリアルとアスカだったが、サジのおかげで、二人の距離は縮まっていく。 そしていろいろな出来事を乗り越えながら三人は絆を深めていった。 (引用元:) 中学生のあらすじ例 「シルヴィ以後」の生活は、ジュールずには辛く悲しい日々だった。 シルヴィが、奈落の淵にいくのを止められなかったことで、自分を責め続けるジュールズ。 (中略)深い悲しみの淵からジュールズを救ったのは、最愛の妹を守ろうとするシルヴィの強い想いだったのだ。 (引用元:) 高校生のあらすじ例 浅川は、朝鮮にいる兄からの手紙の「朝鮮には不思議な温かさのある焼き物があり、それを見ると、無性にお前に会いたくなる。 」という言葉に惹かれ、(中略)だが、浅川は、価値が全くないと世間が見向きもしない白磁の美しさに一目ぼれし、白磁の世界にのめりこんでいく。 (引用元:) あらすじの書き方についてはこちらの記事でも例文つきで解説しています。 最も印象に残っていることを思い出す 「おもしろい・楽しい・悲しい・怖い」など本を読んで最も強く感じたことや、好きな場面やセリフ、感動したことや共感したこと、気になったことなど、最も印象に残っていることや最も心に残っていることをその理由とともに書きましょう。 小学生の印象に残っていること例 ぼくが一番心に残っている場面は、林間学校でのバクロ大会の場面だ。 リアルが抱えてきた過去やサジの秘密、アスカの今の思い……三人はそれぞれ本当の自分と向き合い、それを打ち明けることができた。 「おまえがそんなにすごいやつじゃなくたって、ぼくたちはリアルのことがちゃんと好きだよ」 アスカが言ったこの言葉がぼくの心に強く響いた。 (引用元:) 中学生の印象に残っていること例 本を読み終えて、静かに目を閉じた私の心に浮かんだのは、「今」を精一杯生きるという言葉だった。 (引用元:) 高校生の印象に残っていること例 最も印象に残った言葉がある。 浅川の人柄に影響を与えたと考えられ、浅川がまだ幼い頃に祖父に言われた次の言葉である。 (引用元:).

次の

大学生の読書感想文の書き方のコツや高評価を得るポイントとは│ふじや流プラス

読書感想文

中学生、高校生の夏休みの宿題で大変な宿題の1つは「読書感想文」ですよね。 数学や英語のプリント等は答えが決まっているので、どうにかこうにか終わらせる事ができますが、 読書感想文は「本の感想」というオリジナルな文章を考えなければなりません。 苦手な人には「頭をかきむしりたくなるくらい苦痛」な作業です。 何を隠そう私も、中学・高校時代は読書感想文を書くのにとても苦労していた一人です。 が、今は「物書き」みたいな仕事をしているせいか、簡単な読書感想文ならサラサラと書けるようになりました。 「原稿用紙5枚分も文章なんて書けない!」 と思うかもですが、大丈夫!中学生や高校生の読書感想文はコツをつかめば、原稿用紙5~6枚分の感想くらい簡単に書くことができますよ。 というワケで今回は「 中学生・高校生の読書感想文の書き方」を例付きで紹介します。 読書感想文の書き方に悩んでいる中高校生の男子・女子はぜひ参考にしてくださいね。 中学生の読書感想文の書き方 早く終わらせる方法はコレ! それでは早速読書感想文の書き方を紹介していきますね。 が、もし決めていないなら早めに決めてしまいましょう。 読書感想文で読む本の選び方ですが、基本的に中学生の場合 「主人公に共感できる本」を選ぶのがおすすめですよ。 そちらの方が断然、感想文を書きやすいからです。 「共感できる本自体が分からない」という人は、具体的なおすすめ本をそれぞれ「読書感想文を書く時のポイント」付きでまとめていますので良かったら読んでみてくださいね。 それは、本を読む時に「読書感想文に活かせそうな箇所」を見つけたら 付箋を貼っておく事です。 こうしておくと後から「あれ?さっき読んだあの部分、どんな内容だったっけ?」と悩んだ時にサッと見直せるのでかなり時間を短縮する事ができます。 特に「主人公のセリフや言葉であなたが強く心を動かされた1文」は読書感想文の書き出しとしても使えますので、付箋を貼り付けておくように強くおすすめします。 この時点ではただのメモなので、 文章の上手いヘタなんて気にしなくて大丈夫です。 思いついた事をズラーッと書いていってください。 「何を書いていいのかわからない」という人は読んだときに貼り付けていた付箋部分を読み直してみると良いですね。 この印が本文の最後「起承転結」で言うならば、「転の最後」もしくは「結のまとめ部分」に持ってくる場所です。 読書感想文はこの 「1番言いたい事」に向かって他のメモを順番通りに並べていく作業です。 パズル感覚で楽しみながら並べていきましょう。 とは言っても、これだけではピンとこない人も多いと思いますので、以下で更に詳しく説明しますね。 スポンサーリンク 中学生の読書感想文 構成はどうする? 中学生の読書感想文 構成はどうしたらいいの? 中学生の読書感想文を書くとき「構成」をどうするか気になりますよね。 基本的には ・題名 ・起(書き出し) ・承(本文1、中1) ・転(本文2、中2)*なくてもOK ・結(まとめ、終わり、結び) こんな感じの構成でOKです。 1つ1つ具体的に言っていくと以下のようになりますよ。 中学生の読書感想文 題名の書き方例 題名は「読書感想文の顔」とも言える重要な部分です。 にも関わらず、読書感想文を書く人のほとんどが「〇〇を読んで」という味気ないタイトルを付けてしまいます。 これではちょっと寂しすぎます。 どうせなら他人とは違ったインパクトのある題名を付けて、同級生から一歩飛びぬけてやりましょう。 ・「舟を編む」と私 ・「くちびるに歌を」が私に教えてくれた事 ・「下町ロケット」を読んで私は変わった これだけでもぐっと印象が変わりますよね。 が、この題名はほんの一例です。 こちらに更にたくさんの題名アイディアをまとめていますので、題名が決まらないという人は参考にしてくださいね。 というのも、書き始めに読み手が興味を持つような魅力的な文を書ければ、あとの文章が少しぐらいおかしくても 最後まで好印象を持たれることが多いからです。 読書感想文で最も大切なところは「書き出し」と言っても過言ではありません。 ですので、読み手が興味を持つような書き出し方をしてください。 具体的には以下のような事を書くと良いですね。 ・なぜこの本を選んだのか理由を書く ・本を読んだ感想を一言でまとめて書く ・会話から始めてみる(本を読んだ時に主人公のセリフで感動したところに付箋を貼っておけば、それで決まりです) 「これだけじゃよく分からないから、もっと具体的な書き出し例を知りたい!」という人はこちらを参考にどうぞです。 例えば「この本で主人公は~~~して、次に~~~して、私にはそんな事できないのでスゴイと思いました」こんな読書感想文は失敗例です。 ただし、「読書感想文のできはどうでもいい。 評価を気にしない人はそれでも良いでしょう。 が、「できるだけ良い読書感想文を書きたい!」という人なら「あらすじ」や「ただの感想」ではなく、「本を読んで、 自分の過去を振り返りどう思ったか」を書きましょう。 こんな風に書くと難しそうですが、コツを掴めば簡単です。 例えば「部活」がテーマの本であなたが野球部に入っているとしたら、 ・野球の練習がキツクてくじけそうになった時 ・ライバルに負けた時 ・初めてホームランを打った時 ・守備がうまくいった時 ・チームで目標を達成した時 ・部員間でケンカした時、協力した時 こんな時、「過去の自分はどう感じてどう行動したのか」を書きます。 読んだ本の内容を書くのではなく、「あなた自身の生活」について振り替えれば良いだけなので、簡単に書けそうですよね。 中学生の読書感想文 まとめの書き方 本文まで書いてしまえば、後は最後に「まとめ」を書くだけです。 本文と一緒で何も難しい事を書く必要はありません。 ポイントは過去の自分が「 本を読んだことでどのように変わったのか」を書けばOKですよ。 ・以前はできなかった事が、本を読んでできるようになった ・本を読むことでこんな考え方ができるようになった ・本に出会って、こんな目標ができた ・本で学んだ事を活かしてこんな事をしていきたい こんな感じで書けば良いですね。 ね?以外に簡単に書けそうでしょ。 中学生の読書感想文 コツや注意点は? ある程度の構成が決まったら、次は実際に原稿用紙に書いていきましょう。 1発で書ける自信がない人は先にノートに書いてみると良いですね。 書くときは最初に書いていたメモを中心に書きますが、全部メモ通りに書く必要はありません。 長すぎる時はいらない場所を削れば良いし、逆に短いようならエピソードを膨らませる等して文字数をかせぎましょう。 読書感想文を早く終わらせる方法は、「とにかく手を動かしてなんでも良いので書いてみる」事です。 手を動かさないことには読書感想文は終わりません。 心配しなくても、書いているうちに不思議と文章がまとまっていきますよ。 読書感想文を書いてしまったら、最後に何度か読み直し「間違いがないか」「読んでいて矛盾点がないか」等を確認すれば、読書感想文のできあがりですよ。 読書感想文を原稿用紙に書くときの注意点は? ちなみに原稿用紙の書くときはこのようなことに注意してくださいね。 ・題名は3文字下げて書く ・名前は苗字と下の名前の間を1マスあける。 名前の下も1マスあける。 ・文章の始めは1マスあける。 ・会話は「」を使って書く ・句読点(。 、)や小さい文字(ゃ、ゅ、ょ、っ)が1番上のマスになる時は、前の行の最後に文字と一緒に書くか、マスの下に書く。 一緒に読まれている人気記事 『』 『』 中学生・高校生の読書感想文の書き方まとめ いかがだったでしょうか?中学生、高校生の読書感想文で高評価されたいなら、あらすじやただの感想を書くのではなく、本の内容を自分の生活と関連付けて書くのが1番ですよ。

次の

中学生の読書感想文の宿題!書き方は始めが肝心?書き出しのコツとは?

読書感想文

もくじ• 読書感想文の宿題を早く終わらせるコツ 読書感想文を書きやすい本を選ぶ 読書感想文の宿題を早く終わらせるには、まずは、「どんな本を選ぶか」がとても大切なカギとなります。 簡単に言えば、 子供が一気にのめり込んで読んでしまうような本がおすすめです。 読みたくない本を与えられて、読書感想文を書かされるという状況は、子供の本嫌いを助長してしまう可能性があります。 お子さんの興味を持っている分野の本を数冊提案し、子供が自らが読みたい本を選ぶということが肝心だと思います。 子供が自ら読みたい本があれば、理想的です。 そうでない場合は、普段の会話などから、子供の興味のある分野を把握し、親御さんが何冊か提案すると良いのではないかと思います。 例えば、ペットの犬を大切にしているお子さんであれば、犬が登場するストーリーに感情移入しやすいでしょう。 サッカーチームに所属しているお子さんであれば、憧れのサッカー選手に関する本に興味を抱くでしょう。 普段の様子を観察して、お子さんの興味関心がどういうところにあるのかを考えてみてはいかがでしょうか? 学校で今学んでいることや、お友達との関係などの経験、祖父母との関連の出来事など、子供さんの最近の生活や経験から、興味を持って読めると思われる本を一緒に探してあげましょう。 本を読んだ後、親子で感想発表会を行う 白紙の原稿用紙とにらめっこの状態が何時間も続くということが、多くの家庭でくり広げられているかもしれませんが、本を読んだだけで読書感想文をスラスラ書ける子供はあまりいません。 何を書いていいかわからず、書き出しの1文も書けずに、何時間も経ってしまうことが多いのではないでしょうか。 それを防いで、早く宿題を終わらせるためにも、親御さんも完璧でなくても良いので、子供の本を読むことをおすすめします。 そして、本を読み終わった子供と、楽しいチャットタイムを設けましょう。 例えば、パパやママが、子供さんに以下のような質問をしてあげてみてださい。 この本の作者はどんなことを伝えたいと思う?(高学年向け) 感想発表会で話したことを書き出そう! 何かまとまった文章を書きたい時、いきなり書き始めると、とりとめもない文章になってしまう恐れがあります。 ですから、可能ならば、アイデアマップのようなものを作成し、全体の構想を練ってから書き始めると、一気に書き終えることができます。 読書感想文の構成には、さまざまなパターンがあると思いますが、自分の経験を盛り込むことで、本の感想文に深みが出てきます。 今回は、定番パターンということで、自分の経験と照らし合わせて書く方法に絞ってご紹介しています。 上記で読書感想文を書きやすくする準備として、親子でチャットタイムを設けようと提案しました。 これだけでも書きやすくなると思いますが、話し合ったことや浮かんだアイデアをメモとして書き出すと更に書きやすくなります。 読書をインプットとすると、書き出すアウトプット活動をすることで、頭の中のさまざまなアイデアが整理されます。 自分の頭で考えて、自分の言葉に直すことで、さらに書きたいことが明確になってゆきます。 読書感想文のための事前準備メモのフォーマットを作成しました。 読んだ本について、いくつかの質問に、自分の考えを書いてみることをおすすめします。 以下は、読書感想文用の準備メモのフォーマット(テンプレート)です。 (PDF版) 宜しければ、ダウンロード・印刷してお使いください。 自分の言葉で、アイデアを書き出し、文章の構成を考えたら読書感想文はスムーズに書けるのではないかと思います。 準備メモを参考にして、構成を考えよう! 書きたいことが決まったら、次は、構成を考えましょう。 読書感想文の構成としては、 一番伝えたいことを最後に力強くまとめるということが大切です。 伝えたいことを、説得力のある形でまとめるために、自分の体験などの具体例や本のあらすじなども紹介する必要が出てくるかもしれませんね。 一番言いたいことを考える• あらすじ紹介の部分を考える• 自分の体験談との比較をしてみる どのような流れで書くと、伝えたいことがわかりやすくなるかという点を考えて、自分なりに構成を作りましょう。 読書感想文など、作文を書くときは、 3つの部分に分けて構成を考えると、読む人にとってわかりやすく、自分も書きやすい文章が書けるでしょう。 以下は、感想文の構成の参考例です。 はじめ(序論)• 印象に残った部分• 本を読んだきっかけ• 一番言いたいことの暗示 なか(本論)• あらすじをまとめる部分• 自分の感想を書く部分• 自分の考えが変わったことなど• 自分の体験談と比較する部分など おわり(結論)• 本を読んで勉強になったこと• 主人公や著者に伝えたいこと• 自分が一番伝えたいこと 構成が決まったら、 作ったメモは参考にする程度で良いので、後は自由に自分の言葉で原稿用紙に下書きを書いていきます。 まずは、文字数などをあまり深くは気にせず、構成に沿って書いて、後で推敲(すいこう)(清書する前により良く書き直す作業)をします。 読書感想文の書き出しを考えよう! 構成も決まったし、一番言いたいことも決まった、さあ、始めよう!と思った時に悩む部分が、読書感想文の書き出しですね。 本の引用文から書き始める(印象に残ったセリフや文章を引用する) 下書きができたら、推敲して清書! 一回下書きをしたら、何回か自分の書いた文章を読み直してみましょう。 漢字の間違いや、カギカッコの使い方、不自然だなと思う文章は、どんどん正しい文に直していきます。 話が変わるため、段落を改める部分や、句読点のチェックも忘れずに行いましょう。 また、もっと良い表現がないか、例えば、 「悲しい」という表現の他に、「涙がどんどん出てきました」 と いう表現を使ってみるなど、使う表現もより良いものにできないか考えてみましょう。 文字数が足りなければ、ふくらませる部分がないか検討し、また、文字数が大幅に超えている場合は、余計な部分を減らす作業も必要です。 伝えたいことを、コンパクトに分かりやすく伝えることを考えて、丁寧に見直しをしたら、清書に進みましょう。 読書感想文を早く書くコツ・まとめ 読書感想文をスムーズに終わらせると、残りの夏休みは思いっきり楽しめるでしょう。 最終日に焦らなくても良いように、早めに取り組まれることをおすすめします。 早く終わらせるコツは、良い本を選ぶこと、アイデアを出してメモとして書き出すことです。 一見、時間がかかりそうに思われるステップですが、真っ白な原稿用紙を何日も何日も放置するよりは、早く終わるのではないでしょうか? 毎年出題される宿題ですから、年々、早く終わらせられるようになると良いですね!.

次の