液 タブ。 液タブの一般的な使い方を簡単解説(液晶ペンタブレット初心者用)

とにかく安い液晶タブレット(液タブ)人気おすすめ10選!OS搭載ワコム製品も紹介

液 タブ

Contents• 板タブ(ペンタブ) 出典: 板タブ 板タブは、別名「ペンタブ」とも呼ばれ、ペンと専用の板がセットでペンタブと接続したモニターを見ながら使用するポインティングデバイスの一種です。 板タブ(ペンタブ)を利用する3つのメリット• 肩が凝りにくい• モニターが見やすい• 価格が安い 板タブ(ペンタブ)には、人によって以上の3つのメリットがあります。 このメリットについて、以下では解説をしていきます。 1.肩が凝りにくい 肩がよく凝るという方の場合、板タブは、モニターを見ながら板タブに対して専用のペンを用いて情報を入力していくため、前傾姿勢にあまりならないため肩が凝りにくいです。 2.モニターが見やすい 小さなモニターよりも大きなモニターでポインティング作業をしたいという場合、板タブは、モニターとポインティングデバイスが分離しているため、モニターの拡張性が高いです。 そのため、モニターを自分好みの大きさに交換・設定ができ、モニターが見やすいというメリットがあります。 3.価格が安い 板タブは液晶がない差分安く購入することができます。 安い板タブは液タブの2分の1以上の安さで購入でき、『経済的に余裕のない方』や『安い板タブで充分』と思っている方におすすめです。 ただしPC画面又はPC画面のようなモニターがないと使えないのでそこは良く確認して購入しましょう! 板タブ(ペンタブ)を利用する1つのデメリット• 描きたい場所がぱっと見わからない 板タブ(ペンタブ)には、以上の1つのデメリットがあります。 このデメリットについて、以下では解説をしていきます。 1.描きたい場所がぱっと見わからない 板タブはペン ペン先のセンサー を板に近づけて、モニターを見ながら描きたい場所に調整します。 なのでぱっと見ペンをどこに落とせばいいのかわからず、煩わしいです。 板タブをおすすめする人• 購入費を安く済ませたい人 以上の特徴をお持ちの方が板タブをおすすめしたい人です。 以下に詳細を記述していきます。 1.購入費を安く済ませたい人 板タブはモニターがついていない分、液タブと比べ安いです。 液タブ 出典: 液晶タブレット 液晶タブレットは、コンピュータ用のポインティングデバイスの一種です。 液晶に直接ペンで書き込むような入力が可能です。 液タブを利用する3つのメリット• より直観的な操作ができる• 持ち運びがラク• 電気があればどこでも描ける 液タブには、人によって以上の3つのメリットがあります。 このメリットについて、以下では解説をしていきます。 1.より直観的な操作ができる 板タブと比較すると液タブの方がより直観的な操作ができます。 板タブはペンを板に近づけて、モニターを見ながら描きたい場所をポインタで探して調整しますが、液タブの場合は液晶に直接描き込むので、どこにペンを持っていけばいいかが目でみて簡単にわかります。 2.持ち運びがラク 液タブには起動するのにパソコンが必須のタイプと不要のタイプの2種類があります。 特にパソコン不要で使える液タブを購入すると持ち運びが非常に便利です。 3.電気があればどこでも描ける 前述のパソコン不要の液タブでは液タブ単体で使用できるので、電気さえあればどこでも本格的に描けます。 液タブを利用する2つのデメリット• 腰や肩が痛くなる• 目が疲れる 液タブには、以上の2つのデメリットがあります。 このデメリットについて、以下では解説をしていきます。 1.腰や肩が痛くなる 前かがみで書くので、長い時間作業すると腰まわりが痛くなってきます。 2.目が疲れる ほとんどの液タブはそこまで大きくなく、細かいところを描いたりするため、筋肉が固まって目の疲労感が大きいです。 液タブをおすすめする人• アナログ Gペンなど で絵を描いてきた人やアナログ初心者 以上の特徴をお持ちの方が液タブをおすすめしたい人です。 以下に詳細を記述していきます。 1.アナログ Gペンなど で絵を描いてきた人やアナログ初心者 僕もそうですがアナログで絵を描いてきた人は液タブをおすすめします。 今までと同じ感覚で描けてストレスが少ないです。 僕は液タブが好き 板タブの場合ペンを近づけるまで正確な位置がわからないのがストレスで、直観的に操作しやすい液タブが僕は好みです。 今回は、板タブ(ペンタブ)と 液タブはどっちがいいのか比較をしました。 僕はより直感的に操作が出来て、腰に優しい液タブが好きです。 最後までご覧頂きありがとうございました!.

次の

液タブの一般的な使い方を簡単解説(液晶ペンタブレット初心者用)

液 タブ

Contents• 板タブ(ペンタブ) 出典: 板タブ 板タブは、別名「ペンタブ」とも呼ばれ、ペンと専用の板がセットでペンタブと接続したモニターを見ながら使用するポインティングデバイスの一種です。 板タブ(ペンタブ)を利用する3つのメリット• 肩が凝りにくい• モニターが見やすい• 価格が安い 板タブ(ペンタブ)には、人によって以上の3つのメリットがあります。 このメリットについて、以下では解説をしていきます。 1.肩が凝りにくい 肩がよく凝るという方の場合、板タブは、モニターを見ながら板タブに対して専用のペンを用いて情報を入力していくため、前傾姿勢にあまりならないため肩が凝りにくいです。 2.モニターが見やすい 小さなモニターよりも大きなモニターでポインティング作業をしたいという場合、板タブは、モニターとポインティングデバイスが分離しているため、モニターの拡張性が高いです。 そのため、モニターを自分好みの大きさに交換・設定ができ、モニターが見やすいというメリットがあります。 3.価格が安い 板タブは液晶がない差分安く購入することができます。 安い板タブは液タブの2分の1以上の安さで購入でき、『経済的に余裕のない方』や『安い板タブで充分』と思っている方におすすめです。 ただしPC画面又はPC画面のようなモニターがないと使えないのでそこは良く確認して購入しましょう! 板タブ(ペンタブ)を利用する1つのデメリット• 描きたい場所がぱっと見わからない 板タブ(ペンタブ)には、以上の1つのデメリットがあります。 このデメリットについて、以下では解説をしていきます。 1.描きたい場所がぱっと見わからない 板タブはペン ペン先のセンサー を板に近づけて、モニターを見ながら描きたい場所に調整します。 なのでぱっと見ペンをどこに落とせばいいのかわからず、煩わしいです。 板タブをおすすめする人• 購入費を安く済ませたい人 以上の特徴をお持ちの方が板タブをおすすめしたい人です。 以下に詳細を記述していきます。 1.購入費を安く済ませたい人 板タブはモニターがついていない分、液タブと比べ安いです。 液タブ 出典: 液晶タブレット 液晶タブレットは、コンピュータ用のポインティングデバイスの一種です。 液晶に直接ペンで書き込むような入力が可能です。 液タブを利用する3つのメリット• より直観的な操作ができる• 持ち運びがラク• 電気があればどこでも描ける 液タブには、人によって以上の3つのメリットがあります。 このメリットについて、以下では解説をしていきます。 1.より直観的な操作ができる 板タブと比較すると液タブの方がより直観的な操作ができます。 板タブはペンを板に近づけて、モニターを見ながら描きたい場所をポインタで探して調整しますが、液タブの場合は液晶に直接描き込むので、どこにペンを持っていけばいいかが目でみて簡単にわかります。 2.持ち運びがラク 液タブには起動するのにパソコンが必須のタイプと不要のタイプの2種類があります。 特にパソコン不要で使える液タブを購入すると持ち運びが非常に便利です。 3.電気があればどこでも描ける 前述のパソコン不要の液タブでは液タブ単体で使用できるので、電気さえあればどこでも本格的に描けます。 液タブを利用する2つのデメリット• 腰や肩が痛くなる• 目が疲れる 液タブには、以上の2つのデメリットがあります。 このデメリットについて、以下では解説をしていきます。 1.腰や肩が痛くなる 前かがみで書くので、長い時間作業すると腰まわりが痛くなってきます。 2.目が疲れる ほとんどの液タブはそこまで大きくなく、細かいところを描いたりするため、筋肉が固まって目の疲労感が大きいです。 液タブをおすすめする人• アナログ Gペンなど で絵を描いてきた人やアナログ初心者 以上の特徴をお持ちの方が液タブをおすすめしたい人です。 以下に詳細を記述していきます。 1.アナログ Gペンなど で絵を描いてきた人やアナログ初心者 僕もそうですがアナログで絵を描いてきた人は液タブをおすすめします。 今までと同じ感覚で描けてストレスが少ないです。 僕は液タブが好き 板タブの場合ペンを近づけるまで正確な位置がわからないのがストレスで、直観的に操作しやすい液タブが僕は好みです。 今回は、板タブ(ペンタブ)と 液タブはどっちがいいのか比較をしました。 僕はより直感的に操作が出来て、腰に優しい液タブが好きです。 最後までご覧頂きありがとうございました!.

次の

液タブが映らなくなるのはなぜ? ありがちな4つの原因

液 タブ

デジタルイラストを描くときは ペンタブレット(ペンタブ・板タブ)で 描くことはよく知られています。 しかし、 今では液晶ペンタブレット(液タブ)という 画面に直接ペンを載せて絵を描くタイプの ペンタブを使用する人が急増しています。 様々な液タブが販売されていますが、 その中で共通した使い方を中心に取り上げます。 今までペンタブ(板タブ)を使っていて 板タブと液タブの違いが分からない人や、 液タブやデジタルイラスト初心者で、 そもそも液タブをどんな風に使うのか 分からない人は参考にしてください。 Cintiq 13HDをはじめとした ワコムの液タブが一番売れているので ワコムだけの使い方を紹介する部分もあります。 板タブ(ペンタブ)と液タブの違いとは? 液タブと板タブの詳細な違いについては 別途記事でまとめてあります。 違いを詳しく知りたい場合はそちらを参照してください。 では、 ペンタブについて簡単におさらいしましょう。 ペンタブレット(ペンタブ・板タブ)は、 タブレットという板状の装置を 専用のペンでなぞることで モニターのカーソルを動かす入力装置です。 筆圧や傾きを検知できるペンタブもあり、 実際のペンのように動かせるので デジタルイラストには最適のデバイスです。 ペンタブの特徴は ペンを動かす場所と見る場所が違う点です。 それまで紙に描いていた人や デジタルイラスト初心者は かなりの違和感を抱きやすいです。 人によっては慣れるまでに半年かかったり、 時には慣れることができずに挫折する人もいます。 板タブで代表的なペンタブレットは ワコムのIntuos Proです。 一方、液タブとは、 液晶画面に直接ペンを当てて、 そのままそこに線が描画されるペンタブレットです。 液タブは液タブ単体では機能しません。 デスクトップ型のPCでのモニターを PC本体に繋げないと何も映らないのと同じで、 液タブもPC本体やノートPC、mac等に 接続しないと使えるようにはなりません。 つまり 液タブは単なるモニターでしかないのです。 イメージ的には 液タブをPCに繋ぐと液晶モニターが もう一つ追加されるイメージです。 メインモニターにあるウィンドウを 横にマウスでドラッグしてみると、 追加されたモニター(液タブの画面)の方に 移動してくるのが分かると思います。 つまり液タブを使用すると 基本はマルチモニター環境になるのです。 基本的には液タブの画面を見て絵を描きます。 イラストの全体像を別ウィンドウに表示して メインモニターで表示し、 詳細部分を液タブの画面に映して 描き込むといった使い方が一般的です。 ちなみに、 ワコムのCintiq Companion2のように PCなしでも液タブだけで動く物もありますが、 値段が高い割にはスペックがやや貧弱なのがネックです。 また、 普通のタブレット端末でもイラストが描けるので 絵かきの道具を1台で済ませたい場合は タブレットという選択もありだと思います。 ただ、タブレットも弱点はあります。 値段はともかくスペックが貧弱すぎるんです。 線画だけならまだしも、 レイヤーを何枚も重ねたりする場合は かなりもっさりする場合が非常に多いです。 古いドライバはアンインストール 以前にペンタブや液タブを使っていた場合は、 そのドライバは必ずアンインストールして置いてください。 他の液タブのドライバ同士が競合し合って 正常に動かない可能性がありますし、 実際にその報告がされています。 液タブとパソコンを接続する 液タブをPCやノートPCなどと接続するには 通常はケーブルを使って繋げます。 入力端子はHDMIだったり DVIだったり製品によりまちまちです。 Cintiq 13HDはHDMI。 Cintiq 22HDはDIV。 Cintiq 27QHDはDisplayPortとHDMI。 ワコム製品以外ではD-Sub(VGA)の場合もあります。 PC側に対応した入力端子がない場合は 変換ケーブルが必要になります。 ワコムの液タブには変換ケーブルは付属していません。 市販の変換ケーブルを使えば 変換できるので心配はいりません。 PC側に入力端子が二つあれば それまで使っていたメインモニターと 液タブを二つ接続して マルチモニター環境を構築できます。 入力端子が一つしかない場合は 液タブだけを接続することになります。 その場合は、液タブが メインモニターの役割も果たします。 最低でも入力端子が一つあれば 液タブは使えるということです。 液タブでのペンの使い方 液タブのペンも板タブと同じような使い方をします。 ペンを液晶パネルから少し離して動かすと 画面のカーソル(ポインター)が動きます。 線を描くときは ペンをパネルに接触させて動かします。 強く押し当てると筆圧が強い状態を作り出せます。 ペン先でコンと一回タップするとクリックで、 二回タップするとダブルクリックになります。 また、 傾き検知できるCintiqシリーズでは、 ペンの傾き加減によって線の太さや向きを変えることができます。 ペンにはサイドボタンがついていて、 右クリックや他の様々なショートカットキーを 割り当てることで作業効率が向上します。 ペンは消耗品です。 液タブのペンも使っていると ペン先が削れてきますので 削れてきたら別売りのペン先と取り替えます。 ファンクションキーを使って作業効率アップ (画像はCintiq 22HD) 液タブのサイズが一定以上の大きさになると 液タブを立てかけるスタンドがついているのが一般的です。 スタンドの角度を調節することで 自分の描きやすい体勢で描くことができるようになります。 角度を段階調節できるタイプと シームレスに調節できるタイプがあります。 Cintiq 13HDは3段階調節で、 Cintiq 22HDはシームレスに調節するタイプです。 また液タブのスタンドには 横回転に対応した物もあります。 このタイプのスタンドは Cintiq 22HDなどのちょっと大きめのサイズの 液タブで採用されることが多いです。 スタンドを使うと かえって描きにくい場合もあります。 たとえば、 紙に描く場合と違って 腕を浮かせて描くことになるので、 腕や肩が疲れてくることもあります。 また、 Cintiq 13HDなど13インチ程度のサイズでは 体重のかけ具合や筆圧の強さによっては スタンドの前の方が浮いてしまうこともあります。 そのせいもあって スタンドを敢えて使わずに 膝に載せて絵を描いたり、 平らなところにぺたっと置いて 紙のように回転しながら描く人もいます。 マッピング画面切り替え機能とは? ワコムの液タブ限定の話題になりますが、 Cintiqシリーズには マッピング画面切り替え機能が搭載れています。 マッピング画面切り替えは、 ボタン一つで液タブだけで モニター全部を操作したり 操作するモニターを切り替える機能です。 液タブの画面だけで 他のモニターの画面にあるウィンドウなどを操作できます。 マッピング機能が分かりやすい動画があります。 設定によっては メインモニターに完全対応させれば 普通のペンタブ(板タブ)として使うこともできます。 液タブはワコム製品が有名ですが HUIONなどの海外メーカーも安価で人気があります。 そのどちらも 使い方の基本は同じです。 ワコムの液タブや海外メーカーの液タブで、 おすすめできるものを集めて 詳細に比較した記事もあるので、 良かったら参考にしてください。

次の