づ ローマ字 表記。 小学校で教えるローマ字は日本式で決まり! IchigoJamプリント「ローマじでうつ、カタカナ

長男の名前は蒼真『そうま』と言います。ローマ字にすると、どうな...

づ ローマ字 表記

九州のローマ字表記は「Kyus hu」と「Kyus yu」のどちらが正しいのか? こちらに移って十数年になるが、いまだにこれが分からない。 印象としては「Kyushu」の方が多く使われている。 事実、Googleで検索をかけると「Kyushu」は約541万件。 一方の「Kyusyu」は約48万件と10分の1足らず。 「もしかして:Kyushu」と誤字を疑う表示も出てきてしまい、結果は「Kyushu」の圧勝となる。 だが勿論これだけを以って「Kyushu」が正しいとは断言はできない。 印刷デザインの仕事においては言葉として正しいか否か?よりも違和感なく通じるか否か?が正義。 ゆえに特に理由がなければ私も多数派の「Kyushu」を使うようにしてきた。 で、九州に住んでいればそのうちどこかで分かるだろうということで、どちらか正しいのかは脇に置いてきた。 しかしこれが何年経っても分からない。 そもそも九州の人は、アイデンティティとして、こんな些細なことにこだわったりはしないのだ。 だがアナログにおいては些細な違いでしかない「Kyushu」と「Kyusyu」も、デジタルにおいては全く別。 一文字違えばウェブサイトのアスセスすら出来なくなってしまう。 というわけで、この問題に決着をつけるべく、行政のホームページともいえる『電子政府の総合窓口』[]で検索をかけてみた。 結果はなんと!・・・ 「Kyushu」:4330件 「Kyusyu」:2540件 ・・・決着どころか一般よりも混戦ではないか!「Kyushu」派が勝ってはいるものの、「Kyusyu」も3分の1を上回る。 どちらが一般的なのかすらあやふやになってきてしまった。 ここはもう少し詳しく調べてみるしかあるまい。 地方支分部局の名称などを頼りに、各省庁をざっと勢力分けしてみた。 だが「Kyusyu」派も政治、司法、農林水産業、そして税金を押さえ侮れない。 教科書を司る文科省は「Kyushu」派だが、地図を司る国土地理院は「Kyusyu」派と学術的にも一歩もひかない。 こうなったらローマ字表記のプロ:外務省に決めてもらいましょう。 再度検索。 おっ!どうやら「Kyushu」派のようだ。 ・・・・・・と思ったら、2000年「九州・沖縄サミット」の表記が「Kyusyu-Okinawa Summit」になっている箇所をいくつか発見! ・・・・・・。 サミットの名前だぜ、おい。 ・・・大丈夫かよ。 やっぱり年金データすら管理出来ない国だけのことはあるな。 ふう・・・。 九州のことを調べようとして「Kyushu」で検索しても目的のサイトやファイルが見つからなかった・・・そういうことも頻繁に起きてしまっているだろう。 ネット社会においては大きな損失だ。 国際化やら観光客誘致やら云々する前に、この事態をどうにかしないといけないんじゃないんかねぇ? 兎も角、「Kyushu」と「Kyusyu」の決着はつかず。 分かったのは国のイイカゲンさばかりであった。 なお「Kyushu」がより優勢な民間においても「Kyusyu」派も存在する。 例えばJALは「Kyushu」派だが、ANAは「Kyusyu」派。 しんきんは「Kyushu」派だが、ろうきんは「Kyusyu」派だ。 支社名は「Kyushu」だがブランド(「エース」)では「Kyusyu」という、JTBのようなイイカゲンな会社も多い。 ウェブサイトにアクセスする時も、検索をかけて何かを調べる時も、常に「Kyushu」と「Kyusyu」の双方を試すべし。 試してみて損はない。 そのためここでは 1 九州支局の英語表記で使われている方 2 支局のない省庁ではざっと見たところでホームページでの使用頻度(引用、地名以外の固有名詞、リンクは除く)の高い方に分類した。 Twilog Twitter 過去ログ new entries• 1 archives• 5 links• profile• search this site. mobile recent comment.

次の

ヘボン式ローマ字綴方表

づ ローマ字 表記

「『いいづか』をパソコンで入力する時、『づ』は『DU』だよね?」-。 取材先で「飯塚」の表記が話題になった。 「IIDUKA」と打つと平仮名で「いいづか」と正しく変換されるが、「IIZUKA」だと「いいずか」と表記される。 だが、飯塚市内のローマ字看板は「IIZUKA」とZを使っている。 なぜ、「D」ではなく「Z」なの? 気になる謎に迫った。 飯塚市役所庁舎は「IIZUKA」、飯塚オートは「IIZUKA AUTO」、イイヅカコスモスコモンもやはり「IIZUKA」。 同じ「塚」の字があるJR吉塚駅(福岡市博多区)も「YOSHIZUKA」で「Z」を使っている。 ヒントは64年前にあった。 1954年12月9日、第5次吉田内閣が終わる前日だった。 「ローマ字のつづり方」という内閣告示が吉田茂首相名で出されていた。 その中に、一般的に使用されるローマ字を「訓令式」と呼び、濁点などを含めて五十音順で定め、ローマ字で国語を書く際に推奨した。 問題の「づ」だが、内閣告示には、「づ」「ず」ともに「ZU」と表記されている。 ローマ字の表記方法としては、訓令式以外には、ヘボン式、日本式があり、「づ」のヘボン式は訓令式と同じだが、日本式では「DU」と記されている。 内閣告示の前書きには、国際的関係など事情がある場合は、ヘボン式や日本式を使っても差し支えないとしている。 文化庁文化部の担当者によると、「ローマ字のつづり方はあくまで提示しているもので、強制ではない。 自治体の表記はそれぞれが決めている」という。 飯塚市に尋ねると、市は54年の内閣告示を基に訓令式の「ZU」を使用し、「いいづか」は「IIZUKA」と表記しているという。 市が管理する施設に「DU」を使った表記はなく、「ZU」を使う理由はここにあったようだ。 14日から同市仁保の筑豊ハイツをメイン会場に開催される飯塚国際車いすテニス大会のテニスコートには「Iizuka Japan」と大きく描かれている。 飯塚は、「IIZUKA」として世界に発信される。

次の

【ローマ字変換】あなたの名前をローマ字(ヘボン式)に変換|茶トラネコ日記

づ ローマ字 表記

放送で使うローマ字表記は、昭和29(1954)年、内閣告示「ローマ字のつづり方」に示されている表記の範囲で行っています。 「フ」は「hu」と「fu」のどちらの表記も示されており、どちらを使うこともできます。 ローマ字表記には、いろいろな方式がありますが、方式によって「フ」の示し方が違い、2つの表記があるわけです。 ローマ字表記の方式の代表的なものは、以下の3つです。 ヘボン式・・・標準式とも言われる。 幕末に日本にやってきたアメリカ人宣教師ジェームズ・ヘボンが考案した表記法。 日本語の仮名づかいによらず、発音によってつづるため、英語の知識をもった人がこのつづりを見れば、日本語の発音が読み取りやすい。 日本式・・・明治18(1885)年に公案された表記法。 五十音図に基づく子音と母音の組み合わせでおのおのの音を表した表記法。 訓令式・・・昭和12(1937)年の内閣訓令「国語ノローマ字綴方ニ関スル件」で示された方式。 日本式に近い形で整えられている。 「ローマ字のつづり方」にはこの3つの方式が、第1表と第2表とに分けられて示されています。 第1表に示されているのが「hu」で、これは、3つの方式で言うと、日本式と訓令式です。 また、第2表に示されているのが「fu」でヘボン式です。 日本語の「フ」が、英語の「f」の発音に近いということを示すため、ヘボン式では「f」を使っています。 内閣訓令および内閣告示「ローマ字のつづり方」は『NHK漢字表記辞典』の付録に全文が示されています。 また、「ローマ字表記」について、に関連記事があります。 あわせてご覧ください。 メディア研究部・放送用語 山下洋子.

次の