エロ動画24時。 あなたの知らない看護婦 ~性的病棟24時~

ギャル エロ動画 kira★kira8周年×美6周年スペシャルコラボ企画

エロ動画24時

あなたの知らない看護婦 ~性的病棟24時~ Complete Edition あなたの知らない看護婦 ~性的病棟24時~ 第一話 天使たちの素顔 あなたの知らない看護婦 ~性的病棟24時~ 第二話 私を永遠に汚して… ストーリー 頑張りやの清純ナース。 日夜誘惑してくる妖艶ナース。 ドジをふみまくる新米ナース。 母性本能に溢れる熟練ナース。 そんな献身的な看護婦たちのいる病院に、 検査入院する事になった主人公・洋介。 かいがいしく世話をされるうち、 次第に煩悩を我慢できなくなってしまう。 そんなある日、洋介は重要なメールを見てしまう。 秘密を握った洋介の陵辱はエスカレートしていく。 【スタッフ】 原作:G. J?/プロデューサー:村上幸太郎/ 演出:咲坂守/脚本:佐和山進一郎/作画監督:小林まもる/監督:雷火剣/ 製作・発売・販売:株式会社ミルキーズピクチャーズ 【キャスト】 白鳥天音:岩田由貴/赤峰玲:かわしまりの/小川菜々:青川ナガレ 綾沼ちとせ:広森なずな/十文字洋介:ワンモアチャンス あなたの知らない看護婦 第一話 天使たちの素顔 Anata no Shiranai Kangofu: Seiteki Byoutou 24 Ji Episode 1 【動画】 【Slutload】 【Cliphunter】 【Youjizz】 【Empflix】 【Hardsextube】 あなたの知らない看護婦 第二話 私を永遠に汚して… Anata no Shiranai Kangofu: Seiteki Byoutou 24 Ji Episode 2 【動画】 【Slutload】 【Cliphunter】 【Youjizz】 【Empflix】 【Hardsextube】.

次の

ASMR淫語病棟24時

エロ動画24時

YouTubeで盛り上がっているASMRというジャンルに手を出したことはとても良いと思う。 しかし残念なのは制作側にASMRへの理解度が足りなかったことである。 ASMRというのは技術のことでは無い。 ASMRという録音技術で云々と冒頭で出演者が解説しているけれども録音技術に関して言うのであればそれはバイノーラル録音では無いのか。 ASMRというのは何かしらの録音技術のことを指すのでは無く、そのジャンルの作品を聴いた時に人間に起こる反応や現象のことだと考える。 元々AV女優さんとASMRというジャンルの相性は良いとは思っていたのでこの点を反省して次に生かしてくれるのであれば今後には非常に期待が出来る。 また、淫語をひたすら並べるだけではASMRにはなり得ない。 確かにこれはYouTubeに投稿された作品では無くあくまでAVなので抜けないといけないというのも理解は出来る。 しかし、AV女優さんの演技力があれば淫語なんか並べなくても十分性的な興奮を引き起こすことも出来ると考えられるし、今作に出演されている女優さんにはそれだけの実力があったと思う。 それと正直男優さんの反応や声は要らない。 女優さんの声を聴いていて非常に気持ち良くなっているところに男の声が入って来ると邪魔なだけで非常に不快であった。 通常のAVであればそれも許せる要素なのだが、録音方法も合間って男優の声も耳元で聞こえてしまうためそこは通常のAV以上に気になってしまった。 今後このようなジャンルを取り扱う場合には男優の反応は字幕だけにして欲しい。 個人的にはYouTubeのような場所でAV女優さんがエロい単語を使わなくても吐息やオノマトペだけでASMRをやっているところを見てみたかったのだが、YouTube側でそれがなかなか実現されないのでAVとしてでは無くても単にASMRの作品というだけでも構わないので出して欲しいと思っている。 抜けない作品をAV女優さんを使って出せというのも意味不明な要求であると分かってはいるが是非お願いしたい。 かつて昭和の頃に存在したエロカセットの文脈上にあると言っていいだろう。 AVにおいてもそうした音声メディア文化を取り入れた作品が現れるのは自然な流れであって、既にバイノーラル機材を使ったものや、VRとバイノーラルを組み合わせた作品は作られている。 バイノーラル録音の発達やASMR動画がブームになっているのだから、じゃあこれをAVにも取り入れよう、という発想は当然出てくる。 今作もその余波にあることは疑うべくもないことだ。 しかしながら今作の出来は決して褒められたものではなかった。 まず、冒頭で「ASMRとは録音技術のことで」と言っていたが、ASMRとはあくまでも脳の反応・状態のことであって、録音技術のことではない。 録音技術のことを言っているならば「バイノーラル録音」だ。 どうもこの作り手はASMRとバイノーラルを勘違いしているらしい。 こうした間違いや失敗は作品全体にも現れており、全体を通して見てみると、肝心の「音の録り方」が全くなっていない。 「音」は今作の一番の要であるなのはずだが、それが出来ていないとはどういうことか。 まず、フェラチオや手コキといった行為の最中にいまひとつバイノーラル機材の特性を生かしきれていない。 これはバイノーラル録音を取り入れた他のAVにも散見されるが、行為を見せるためにバイノーラル機材がほとんど無いも同然になっている。 肝心のバイノーラル機材を持て余している。 それから細かい不満点にはなるがシーンとシーンの間に入る電子音がうるさい。 これに輪をかけてうるさいのは男優の声や吐息である。 一般のAVならともかく、ヘッドホンやイヤホンで見ることを前提とした、女優から発せられる音や淫語がメインの作品でこれを聞かされるのはかなりきつい。 男優は吐息を我慢するべきだし、音声を編集してカットすべきだ。 挙げ句の果てには、外を走る救急車のサイレンがが丸々入っていたので驚いた。 外の音が入る心配のないスタジオで撮影するか、それが予算的に厳しいのなら通り過ぎるまで一旦撮影を止めるとか、何故しないのか。 わざと残したのだろうか。 だとしたら何の意図で残したのか。 長くはなったが、総じて「音フェチ」アダルトビデオを本気で作る気があるとは思えない作品だった。

次の

あなたの知らない看護婦 ~性的病棟24時~ 第二話 私を永遠に汚して… : 一番抜けるエロアニメ動画

エロ動画24時

YouTubeで盛り上がっているASMRというジャンルに手を出したことはとても良いと思う。 しかし残念なのは制作側にASMRへの理解度が足りなかったことである。 ASMRというのは技術のことでは無い。 ASMRという録音技術で云々と冒頭で出演者が解説しているけれども録音技術に関して言うのであればそれはバイノーラル録音では無いのか。 ASMRというのは何かしらの録音技術のことを指すのでは無く、そのジャンルの作品を聴いた時に人間に起こる反応や現象のことだと考える。 元々AV女優さんとASMRというジャンルの相性は良いとは思っていたのでこの点を反省して次に生かしてくれるのであれば今後には非常に期待が出来る。 また、淫語をひたすら並べるだけではASMRにはなり得ない。 確かにこれはYouTubeに投稿された作品では無くあくまでAVなので抜けないといけないというのも理解は出来る。 しかし、AV女優さんの演技力があれば淫語なんか並べなくても十分性的な興奮を引き起こすことも出来ると考えられるし、今作に出演されている女優さんにはそれだけの実力があったと思う。 それと正直男優さんの反応や声は要らない。 女優さんの声を聴いていて非常に気持ち良くなっているところに男の声が入って来ると邪魔なだけで非常に不快であった。 通常のAVであればそれも許せる要素なのだが、録音方法も合間って男優の声も耳元で聞こえてしまうためそこは通常のAV以上に気になってしまった。 今後このようなジャンルを取り扱う場合には男優の反応は字幕だけにして欲しい。 個人的にはYouTubeのような場所でAV女優さんがエロい単語を使わなくても吐息やオノマトペだけでASMRをやっているところを見てみたかったのだが、YouTube側でそれがなかなか実現されないのでAVとしてでは無くても単にASMRの作品というだけでも構わないので出して欲しいと思っている。 抜けない作品をAV女優さんを使って出せというのも意味不明な要求であると分かってはいるが是非お願いしたい。 かつて昭和の頃に存在したエロカセットの文脈上にあると言っていいだろう。 AVにおいてもそうした音声メディア文化を取り入れた作品が現れるのは自然な流れであって、既にバイノーラル機材を使ったものや、VRとバイノーラルを組み合わせた作品は作られている。 バイノーラル録音の発達やASMR動画がブームになっているのだから、じゃあこれをAVにも取り入れよう、という発想は当然出てくる。 今作もその余波にあることは疑うべくもないことだ。 しかしながら今作の出来は決して褒められたものではなかった。 まず、冒頭で「ASMRとは録音技術のことで」と言っていたが、ASMRとはあくまでも脳の反応・状態のことであって、録音技術のことではない。 録音技術のことを言っているならば「バイノーラル録音」だ。 どうもこの作り手はASMRとバイノーラルを勘違いしているらしい。 こうした間違いや失敗は作品全体にも現れており、全体を通して見てみると、肝心の「音の録り方」が全くなっていない。 「音」は今作の一番の要であるなのはずだが、それが出来ていないとはどういうことか。 まず、フェラチオや手コキといった行為の最中にいまひとつバイノーラル機材の特性を生かしきれていない。 これはバイノーラル録音を取り入れた他のAVにも散見されるが、行為を見せるためにバイノーラル機材がほとんど無いも同然になっている。 肝心のバイノーラル機材を持て余している。 それから細かい不満点にはなるがシーンとシーンの間に入る電子音がうるさい。 これに輪をかけてうるさいのは男優の声や吐息である。 一般のAVならともかく、ヘッドホンやイヤホンで見ることを前提とした、女優から発せられる音や淫語がメインの作品でこれを聞かされるのはかなりきつい。 男優は吐息を我慢するべきだし、音声を編集してカットすべきだ。 挙げ句の果てには、外を走る救急車のサイレンがが丸々入っていたので驚いた。 外の音が入る心配のないスタジオで撮影するか、それが予算的に厳しいのなら通り過ぎるまで一旦撮影を止めるとか、何故しないのか。 わざと残したのだろうか。 だとしたら何の意図で残したのか。 長くはなったが、総じて「音フェチ」アダルトビデオを本気で作る気があるとは思えない作品だった。

次の