蓄膿症 漢方。 蓄膿症は漢方で完治できる?効く市販薬とは?

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の漢方薬/漢方薬について

蓄膿症 漢方

鼻が詰まる、鼻の中に嫌なにおいがするといった症状に悩まされている方はいませんか?蓄膿(ちくのう)症は別名「副鼻腔炎」とも呼ばれる病気で、症状は急性のこともあれば慢性的に続くことも少なくありません。 この蓄膿症を治療するには西洋薬以外にも漢方を飲む方法もあります。 蓄膿症を治療するには、「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」や「葛根湯(かっこんとう)」などいろいろな処方が使われます。 漢方は自分の体質にあったタイプを選ぶことが大切です。 この記事では蓄膿に漢方薬の選び方と、口コミでも人気の漢方薬についてランキング形式で紹介していきます。 自分に合った漢方薬を見つけて、蓄膿を改善していきましょう。 この記事を監修したのはこの人! 薬剤師としての臨床経験 8年(総合病院門前および小児科門前など多岐に渡る)他、外資系製薬企業でのDIおよび学術職等、製薬企業勤務 6年 薬学修士アロマテラピー検定1級 漢方養生指導士ISC(インテンシブヨガサークル)修了 蓄膿の原因とは? 蓄膿は鼻がつまったり、鼻の中でイヤな臭いがしたりする病気で、ひどい場合には頭痛や頭重感を感じることもあります。 蓄膿は慢性化してくると匂いがわからなくなってきたり、生活にも支障をきたすことがあります。 まず最初に蓄膿とはどんな病気なのか、その原因は何なのかについて説明していきます。 そもそも蓄膿ってどんな病気? 蓄膿というのは、副鼻腔炎とも呼ばれる鼻の病気です。 鼻の鼻腔(穴の奥)にある「副鼻腔」という部分に膿がたまることで、鼻が詰まって息が苦しくなったり、嫌な匂いがするといった不快な症状に悩まされます。 副鼻腔炎の中でも特に「膿(うみ)」がたまる場合を「蓄膿症」といいます。 蓄膿症には急性の場合と慢性の場合があります。 急性副鼻腔炎・・症状の期間が1ヶ月未満 慢性副鼻腔炎・・3ヶ月以上症状が続く 以上のように分類されます。 それぞれ原因が異なり、症状も異なることがあります。 一時的な症状であっても、症状を放置していると慢性化してしまうこともあります。 それぞれの原因については次から詳しく見ていきましょう。 細菌やウイルスの感染による蓄膿 風邪をひいた後に蓄膿症になることがありますが、これはウイルス感染や細菌感染が原因です。 その細菌やウイルスが副鼻腔まで入り込んで、粘膜に炎症を起こしてしまうのです。 その状態を放置していると治りきらないままに悪化して慢性の副鼻腔炎になることもあるため注意が必要です。 鼻づまりが長引いているという方は注意してください。 細菌感染を起こした場合には、病院では抗生物質や膿の排出を助ける薬を使って治療することが一般的です。 アレルギーによる蓄膿 アレルギー性鼻炎の方の中には副鼻腔炎を合併している方が3割から4割程度いるというデータがあります。 ハウスダストやダニや花粉症などに対するアレルギーにより、副鼻腔に慢性的な炎症が起きてしまうのです。 そもそものアレルギー源を断ち切らない限り、症状を繰り返してしまい、慢性化してしまうため非常に厄介です。 漢方的に考える蓄膿とは 鼻づまりや膿が副鼻腔に溜まっている状態のことを、漢方的には「水(すい)」が溜まっているということが原因と考えます。 その「水(すい)」がたまることで、鼻がむくんでしまうと鼻づまりが起こります。 また、鼻のむくみにより「気」や「血」の流れが妨げられると、気が熱としてこもるようになって、乾燥を引き起こします。 すると鼻水がどろっとしてきて外に出にくくなってきます。 また熱がこもることで頭が痛くなったり、重く感じることもあります。 蓄膿に効く漢方の選び方 蓄膿を改善するには、いくつかの手段がありますが漢方もその1つです。 場合によっては抗生物質などによる治療が必要なこともありますが、漢方は体調を整えながら蓄膿を改善していくために役立ちます。 蓄膿に効く漢方とはいっても処方はいくつかあるため、自分にあった種類を選ぶことが大切です。 ここでは蓄膿に効く漢方の選び方を紹介します。 蓄膿症の急性期のとき、急な鼻づまりに ・鼻づまりが強くて呼吸がしづらい ・鼻づまりの症状、蓄膿の症状が急性である このような急性の蓄膿や鼻づまりには、「葛根湯加川キュウ辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)」がおすすめです。 溜まった「水」の排出を促して、鼻づまりを解消していきます。 この処方は 比較的体力がある方の鼻づまりに効果があります。 麻黄(まおう)を含むため、汗がダラダラ出てくるような体力が弱っている方や虚弱な方には向きません。 慢性の蓄膿で鼻水がのどに落ちてくる方 ・蓄膿が慢性化している ・喉の奥の方に鼻水が落ちてくる感じがある ・鼻づまりがある ・鼻水がどろっとしていて粘性が高い ・咳が出る 鼻水が粘っこく外に出てこないのに、鼻の奥から喉の方へと落ちてきてひっかかるような症状を後鼻漏(こうびろう)といいます。 後鼻漏の症状がある場合には、咳を伴うこともあります。 このような症状では、辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)がおすすめです。 鼻茸ができてしまったり、鼻づまりがひどくなっている慢性の蓄膿にも効果が期待できます。 体質としては熱がこもっていて、乾燥が強く、匂いがわからなくなっているような方におすすめです。 喉の腫れ・にきび・皮膚炎や皮膚の乾燥がある方 ・蓄膿、鼻づまりだけでなく扁桃腺も腫れている ・皮膚の乾燥やかゆみ・ニキビにも困っている ・ネバネバした黄色い鼻水が出る このように 皮膚の乾燥や炎症なども伴うような方には、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)がおすすめです。 この処方はニキビの治療にも使われることで知られていますが、元々は風邪や鼻炎の時の薬でも使われます。 体質としては体力が中程度以上にあり、皮膚の色が浅黒い方、手足の裏に脂汗をかきやすい方に向いています。 体のなかに溜まった余計な熱を冷まして「気」を巡らせていくことで蓄膿を改善します。 便秘を伴う方の蓄膿症 ・蓄膿とともに便秘にも悩んでいる ・肥満傾向である このようなタイプには防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)を使うことがあります。 防風通聖散というと、便秘やメタボのための処方として知られていますが、実は適応症には副鼻腔炎も含まれているのです。 便秘がちで高血圧、お腹がぽっこり出ているような方の副鼻腔炎で効果が期待できます。 自分でも気をつけられることから改善していきましょう。 食事に食べ物に気をつける たとえば飲酒、脂っこいもの、小麦や牛乳、塩辛いものや甘いもの、くだものなどです。 もし何かしらの食べ物を食べたときに症状が悪化するようならば、その食品を一旦抜いてみて様子を見てみるとよいでしょう。 また、アレルギーがある方は、アレルギー源を取り除くことが大切です。 原因がわからない方はアレルギー検査を受けてみると良いでしょう。 鼻うがいを試してみる また、鼻うがいも有効です。 鼻腔の中を専用の洗浄水で洗い流すことで、詰まっている膿を出してすっきりすることができます。 鼻うがいは専用の液体が入った市販品もありますが、家庭でも作ることができます。 ただし、清潔な作ったばかりのうがい液で行わないと、感染を起こすこともあるため衛生面には気をつけて行いましょう。 ツボ押しでスッキリ 薬を飲んでもスッキリしない時、お金もかけずに自分でできるのがツボ押しです。 鼻づまりの時には、鼻の通りをよくするツボを押すと効果的です。 だるさや疲れに効くツボ 人差し指と親指の間の水かきにあたる部分にあるツボが合谷(ごうこく)というのですが、このツボは、蓄膿症によるだるさや疲労感に効果があります。 鼻づまりに効くツボ 鼻づまりに効くツボとしては、「上星」がおすすめです。 頭のおでこより少し上の生え際から指2本分あたり上がったところの頭の中央部にあります。 この部分をプッシュしてあげると鼻がすっきりしますよ。 蓄膿症のような症状に悩む方に効くツボ 鼻づまりに効くツボにとして、「印堂」もおすすめです。 眉と眉の間の眉間の部分にあります。 この部分を押すことで蓄膿症の詰まった感じを楽にすることができますよ。 以上のようなツボ押しは一時的な対処法として効果が期待できます。 ただし、これだけでは根本的な解決とはならないため、他の治療法と合わせて取り入れていくようにしましょう。 まとめ 風邪をひいた後に急に蓄膿症になった時や、慢性の蓄膿症で悩んでいる方は、今回紹介したような漢方でも治療することができます。 ただし、蓄膿症の状態によっては西洋医学による抗生物質などを用いた治療や外科的な治療が必要なこともあります。 しばらく服用しても効果がない場合は早めにお医者さんに相談するようにしてください。 また、蓄膿に効く漢方は今回紹介したように症状によって使い分けることが大切です。 自分にあった処方を見つけて辛い症状を改善していくために役立ててくださいね。 この記事を監修したのはこの人!.

次の

蓄膿におすすめの漢方の人気ランキング5選

蓄膿症 漢方

漢方薬は主に中国の何千年もの歴史に裏打ちされた薬学の一つです。 漢方の組み合わせはなんと何十万通りもあるといわれていて語りだすと終わりがありません。 長い歴史を持つ漢方は蓄膿症など様々な疾病に効果が見られています。 一般的に漢方と聞くと薬草を煎じていくものを想像する方が大勢いらっしゃいます。 有名な会社で言うとツムラの漢方薬が一番有名なものの一つです。 もちろん植物性の成分を使った漢方もたくさんあります。 実は漢方には動物性のものも使われています。 中国の薬局に行くと実際に実物を見ることもできますが、その種類の豊富さにびっくりされると思います。 牛や鹿、他にもスイギュウなど意外な動物のものを利用しています。 ほかにも漢方で利用されているのが鉱物性のものです。 鉱物というのは琥珀のことなんです。 漢方のための琥珀があるということにまずびっくりですね。 鉱物には実はたくさんのミネラルが含まれているんです。 例えば石膏には含水硫酸カルシウムが多く含まれています。 こんな様々なものを利用して作られるのが漢方なんです。 そんな様々な漢方の飲み方も様々なものとなっています。 一般的にツムラなどで見られるのが粒状のものです。 西洋薬とよく似たもので水を使って一気に飲むものです。 ほかにもいかにも漢方という感じなのが煎じて飲むものです。 長時間漢方の材料を煮込んで飲むというものです。 なかなか自宅でするのは難しいですが専用の電気の煎じ器を利用するのもよいでしょう。 こんな漢方を使って蓄膿症治療をされている方もたくさんいらっしゃるようですね。 ツムラ漢方の葛根湯加川辛夷などは多く利用されているようです。 漢方は西医と違って即効性があるわけではありませんが、時間をかけて原因から治療することができます。 大勢の方が蓄膿症の治療で利用しています。 もちろん漢方と西洋医学の薬を両方用いることもできます。 それぞれの良い所を十分に生かせるものを選び服用しましょう。

次の

蓄膿におすすめの漢方の人気ランキング5選

蓄膿症 漢方

『不快な鼻の症状』の中でも、男女問わず多いのが蓄膿症です。 鼻の不快感から、仕事に集中できない、夜息苦しくて眠れない・・など日常的に強いストレスを感じることもあるようです。 風邪の後や花粉症などのアレルギー症状が原因で発症しやすく、症状が慢性化した状態を一般的には蓄膿症(慢性副鼻腔炎)と呼んでいます。 蓄膿症は、細菌感染や外部刺激によって、鼻奥の副鼻腔が炎症を起こし膿が溜まった状態です。 蓄膿症でよくみられる不快症状には• ・鼻がつまる• ・ドロッとした鼻水が出る• ・のどにネバネバしたものがはりついている感じがする• ・鼻の中や鼻水がくさく感じる• ・緑色の鼻水がでる• ・目の奥や下が痛い• ・頭が重い、頭痛がする• ・歯が浮いた感じ• ・においや味が分からない などがあります。 風邪や花粉症などのアレルギー症状との大きな違いは、蓄膿症では、発熱がなく、粘りの強い黄~緑色の鼻水が続くことといわれています。 蓄膿症は、慢性化し症状が長引くことも多く、年単位で悩まれる方もいらっしゃいます。 そのような方の場合、一時的に症状を抑えても、また何かのきっかけで再発することが多いようです。 漢方では、蓄膿症の原因となっている体の根本的な原因を改善していくことで、不快な症状を緩和していくことを考えます。 一般的な蓄膿症の治療法 現代医学において、蓄膿症の治療では、• 鼻ポリープ(鼻茸)がある場合や、なかなか良くならない蓄膿症の場合は、内視鏡による手術を行うこともあるようです。 蓄膿症を漢方で考えると? 蓄膿症の原因を漢方的には次のように考えます。 漢方的には、『肺』の機能低下は『鼻』のトラブルに繫がることが多く、風寒邪気がきっかけで蓄膿症に発展することも多いようです。 漢方薬では、肺に侵入した熱をとりながら鼻の炎症をとる鼻淵丸や辛夷清肺湯などを用います。 漢方的には、情緒の乱れをコントロールする『肝』に余分な熱が生じた状態で、この熱が肺を傷付け、粘りの強い黄色の鼻水や鼻つまりの原因となるようです。 普段からイライラしたりや口が苦く感じることもあるようです。 漢方薬では、鬱熱をとりながら巡りをよくする竜胆潟肝湯や荊芥連翹湯などを用います。 湿は粘りが強く、停滞すると鼻の粘膜が腫れて鼻づまりが強くなったり、量が多いとドロドロした鼻水が大量に出る、頭痛や倦怠感にもつながることがあります。 漢方的には脾胃湿熱の状態で、胃腸に溜まった余分な水分(湿)を取り除く勝湿顆粒や茵陳五苓散などを用います。 治りの遅い蓄膿症の方は、胃腸のはたらきが弱く、肺気に必要な栄養が不足していることが多いようです。 その結果、漢方的には、脾肺気虚の状態(免疫力が低下している状態)になっていると考えられます。 くしゃみ、透明な大量の鼻水が出る、臭いが感じにくい、疲れやすさや息切れを感じるなどの特徴的な症状もみられます。 漢方薬では、症状を緩和する漢方と合わせながら、気を高め免疫を調整する衛益顆粒や胃腸機能を高めて気を生み出す健胃顆粒、補中益気湯などを用います。 蓄膿症と漢方のまとめ 蓄膿症は、日常生活の中でも根気よく治療していくことが大切です。 症状が長引く原因には、毎日の食事内容や生活習慣の中にあることも多いです。 胃腸に負担がかかりやすい冷たいものやアルコール、脂っこいものや甘いものなど摂り過ぎていませんか? また、睡眠不足は免疫力の低下を招く原因でもあります。 免疫力を高めて、鼻の粘膜を強化することも蓄膿症の予防や再発防止には大切です。 良質な睡眠と規則正しい食生活とともに、ご自分の体質にあった漢方薬をご服用頂くことが蓄膿症の改善につながります。 蓄膿症がなかなか良くならない方は、一度漢方専門の薬局でご相談してみてはいかがでしょうか。

次の