天ぷら粉と薄力粉の違い。 天ぷら粉の作り方|卵なしでサクッと仕上げる我が家の黄金比

天ぷら粉の作り方|卵なしでサクッと仕上げる我が家の黄金比

天ぷら粉と薄力粉の違い

サッくり食感に仕上げるためには 工夫が必要です。 小麦粉・水・卵は 冷やしてから使って下さい。 小麦粉の特徴である粘りが出ないよう混ぜるときも切るように 軽く混ぜて下さい。 小麦粉よりも軽い食感には簡単に仕上がりますが、通常の天ぷらより サッくり軽くなり過ぎてしまいます。 見た目も白っぽくなるので竜田揚げのような食感・見た目になりやすいです。 天ぷら粉は簡単に調理できるよう小麦をベースに調味料が配合されている製品です。 小麦粉は小麦を原料としていてグルテン成分により粘りが出やすい製品です。 片栗粉はジャガイモを原料としていてでんぷん成分によりサッくり軽く仕上がります。 小麦粉は代用に向いています。 ただ、多少の工夫が必要になります。 片栗粉は代用出来ますが、 見た目、食感に違いが結構出ます。 あると便利な天ぷら粉ですが、うっかり切らした場合大体常時キッチンにある粉類の小麦粉や片栗粉の違いや代用について調べてみました。 どちらも揚げ物に適した粉製品なので代用出来ますが、工夫が必要だったり、見た目、食感が変わってしまうというデメリットももちろんあります。 上手に活用したいと思います。 それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

「強力粉」と「薄力粉」と「小麦粉」の違い

天ぷら粉と薄力粉の違い

小麦粉には性質によって「強力粉」「中力粉」「薄力粉」の3種類に分かれます。 はじめてパン作りをされる方にとって、ちょっとわかりにくいのが小麦粉の種類ですよね。 ホームベーカリーを買ったけど、強力粉と薄力粉ってどう違うの?とか、どっちを買えばいいの?って迷ってしまいます。 このグルテンがたくさん入っていると生地は強くなり、イースト菌が吐き出す二酸化炭素を生地の中で風船のように膨らんで受け止めます。 焼成で温度が上がると空気が膨張し、さらに大きく膨らみます。 「はるゆたか」や「春よ恋」「はるきらり」「キタノカオリ」などが北海道では強力粉の原料として使用されています。 パスタなどに使われるデュラムセモリナと呼ばれる小麦は非常に硬い小麦で、北海道産ではそこまで硬い小麦はまだ開発されていませんが、上記の強力粉であれば北海道産らしい美味しいパスタを作ることもできます。 中力粉 たん白がほどよく含まれ、麺の歯ごたえ、弾力を生み出します。 強力粉では麺が硬くなりすぎてしまい、薄力粉では逆に弱くなり、プツプツ切れる麺になってしまいます。 北海道産はもともと中間質小麦が多く、非常に良質の中力粉が生産されています。 北海道にラーメン文化が定着しているのにも納得できますね。 外国産小麦粉に比べてモチモチとした弾力・コシが強く美味しい麺に仕上がります。 薄力粉 たん白がもっとも少ない小麦粉を薄力粉といいます。 たん白が少ないため生地に粘りが生まれません。 ふわっとしたスポンジケーキやスフレ、シフォンケーキなどたん白の少ない軽い生地の方がふんわりと大きく膨らみます。 たん白値が低ければ低いほど価格も高くなります。 クッキーや焼き菓子などはどんな薄力粉でも美味しく出来上がりますが、スポンジケーキなどふんわりしたお菓子に使うならたん白値の低い小麦がベターです。 下の表は小麦粉のたん白値の一覧表です。 それぞれ 赤 = 強力粉 | 青 = 中力粉 | 緑 = 薄力粉 となっています。 たん白値によって厳密に種類を割れられているのではなく、用途によってある程度分類されています。

次の

天ぷら粉と小麦粉の違いとは?

天ぷら粉と薄力粉の違い

小麦粉と薄力粉はきっと、同じものをさしていると思われます。 ただ、小麦粉の中の種類に薄力粉・中力粉・強力粉と区分されるんです。 区分のされ方は、小麦粉の中に含まれる「グルテン」というタンパク質の量によってわけられています。 グルテンの少ない順に 薄力粉<中力粉<強力粉です。 薄力粉はケーキやクッキー、天ぷらに。 中力粉はうどんなどに。 強力粉はパンなどに使われることが多いです。 さて片栗粉。 こちらはジャガイモやさつまいもなどのでんぷんから作られています。 ジャガイモ等から作る前は「カタクリ」という植物の根っこから作られていたと聞いたことがあります。 揚げ物にするときは、片栗粉の方が歯ざわりが「かりっ」とするような気が…(あくまで、私の主観です。 どちらにしても、粉をまぶす際は、揚げる直前にまぶさないと、時間を置くとべチャッとして、揚げずらくなると思います。 小麦粉は含まれるタンパク質の割合と性質によって強力粉、中力粉、薄力粉といった種類に分けられ、生地にしたときの粘りなどが違ってくるため使い道も変わってきます。 強力粉はパン、パン粉、ラーメンなど。 中力粉はうどん、素麺、冷や麦、お好み焼き、たこ焼き、餃子の皮など。 そして薄力粉が、ホットケーキやクッキー、そして天ぷらなどの揚げ物の衣に使われます。 それに対し片栗粉は植物から精製した純粋なでんぷんで、本来は名前の通りユリ科のカタクリという植物から採取されます。 しかし最近はジャガイモから精製されるものが主流です。 から揚げ、竜田揚げの衣として、または中華料理などでとろみをつけるのに使われます。 和菓子の葛餅に使われる葛粉も、マメ科の葛という植物から精製されたでんぷんです。 こうも使い道が違うため、仕上がりや味の違いを気にする次元ではなかったりします。 A ベストアンサー 何の料理か分かりませんが、 揚げ出し豆腐的なものなら、まったく問題なしです。 私は、片栗粉で作る方が、あんやらつゆやらに絡んだ時のぷるぷる&パリパリが好きです。 レシピに小麦粉と書いてあっても、ぷるぷるが美味しそうだったら 片栗粉をチョイスします。 揚げ衣の代わり全般に、小麦粉の代用で片栗粉は使えますよ。 (パン粉系の衣のつなぎをのぞく) 見た目は変わりますけど、違った食感が得られます。 唐揚げじゃなくて、かつ、ぷるぷる感はいらないレシピだと、片栗だとちがっちゃうかも。 例えば、ムニエルにはやっぱり小麦粉。 (片栗をブレンドするとぱりぱりして簡単) 小麦粉は、コンビニにも売ってますから、不安だったら、150円出費しましょ。 A ベストアンサー レシピに「小麦粉」と書いてある場合は、普通「薄力粉」を指します。 薄力粉と強力粉は、「グルテン」という名前のたんぱく質の量が違います。 「グルテン」はもちもちとした粘り成分で、「グルテン」を取りだして加工すると生麩になります。 生麩ってもっちりしてますよね。 薄力粉はグルテンが少ないです。 クッキーやケーキやてんぷらの衣はこれを使います。 なるべくグルテンを引き出さないように作った生地を焼いたり揚げたりすることで、軽い食感になったりサクサク出来ます。 クッキーを強力粉で作ったことありますが、やっぱりどうしても固く、歯ごたえがありすぎでした…。 強力粉はグルテンが多いです。 パンはこちらを使います。 こね上がる頃には薄く伸ばせるくらい伸びの良い生地が作れるのはグルテンのおかげです。 そのグルテンが空気をしっかり抱きこむので、ふっくら伸びの良いパンになります。 確かにどちらも小麦から出来た粉なので、違うのを使うと絶対出来ないとは言いませんが、種類が違うので、レシピ通りにしたほうが楽においしく作れます。 Q いつもお世話になっています。 鍋料理が便利なのですが、何日くらい痛まず食べられるのでしょうか。 一人暮らしで、何食にも分けて食べています。 一日目 夕食 鍋を肉、あさりなどでだしを取りながら、きのこ、玉ねぎ、にら、キムチなどで鍋を作る。 四人前くらい。 汁をなるべくすくわずに。 二日目 朝 残りの鍋を普通に火を通してたべる。 三日目 朝 水を足し袋ラーメンをいれてゆでる。 夜 お米をいれて、雑炊にする。 4皿は冷凍しておく。 こんな感じで、何食か分けているのです。 鍋からは直接食べていません。 麺類も具もほかの器にとって食べています。 ただ、うどんやラーメンはそのまま鍋でゆでてます。 家の中は寒いです。 夏にやるつもりはありません。 できれば面倒なので野菜の追加で、五日目、六日目と増やしていけたらいいのですが、 衛生面とかでこの料理はいいのでしょうか? A ベストアンサー 皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。 鍋ごとでは難しいですが。 蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。 これで全く問題ないです。 問題は、鍋の材質です。 土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。 アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。 衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。 人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です。 僕は調理師をしていて、賄いを自分の分だけ作ってます。 ほぼ同じようなことをしてます。 僕は冷凍すらめんどくさいので、食べ切るまで続けます。 出し汁や野菜、肉を足しながら、忙しい時は10日位。 ちなみに、常に室温で置いてます。 店の食材に匂いが移るといけないので。 調理場は暖房を使わないので、営業時間内は室温12、13度です。 火をしっかり加熱していれば、この室温でも1週間は大丈夫です。 僕は大鍋で作って、これには味付けはしません。 味のバリエーションが減るので。 水炊きの状態です。 疲れてめんどくさい時は、柚子ぽんや塩だれで水炊き風にします。 あとは、食べ切る分だけ小鍋に移し、そのつど味付けすればいろんな味が楽しめます。 無駄にしない限り経済的だと思います。 水や出し汁を足す時はある程度鍋の出しが減ってきてからの方が良いと思います。 皆さんのおっしゃる通り加熱を十分して、しっかり冷まし、冷蔵庫で保管すれば1ヶ月だって持ちますよ。 鍋ごとでは難しいですが。 蓋やラップも完全に冷めないと、中が蒸れて腐る原因になります。 これで全く問題ないです。 問題は、鍋の材質です。 土鍋は染み込むので、長期間の使用は鍋を痛めます。 アルミ鍋もどちらかというと腐蝕しやすいのでステンレス鍋がお薦めです。 衛生面でしたら手洗いや清潔な食器を使うことの方が大切です。 人間なんて結構丈夫にできてるからあまり神経質にならなくても大丈夫です...

次の