ゆき ぽ よ 直方。 『【筑前路001】山あいの静かな温泉、「脇田温泉 ホテル楠水閣」に泊まる』飯塚・中間・直方(福岡県)の旅行記・ブログ by なゆきさん【フォートラベル】

交差点名一覧【福岡県直方市】

ゆき ぽ よ 直方

先日の記事で直方バスセンターが9月末をもって廃止されてしまう見通しであることを記事にしましたが、なんと今度は田川市の後藤寺バスセンターまでも9月をもって廃止されてしまうということです。 つい数年前まで当たり前に存在した筑豊三都の「バスセンター」が全滅することになります。 飯塚は規模縮小の上、西鉄飯塚バスターミナルという最新鋭のバスターミナルに生まれ変わりましたが、後藤寺については再建されることなく県道沿いに新設される一般のバス停に格下げとなる予定です。 あわせて田川地区でダイヤ改正を実施するそうです。 筑豊特急・筑豊急行については当地より約1km西側の西鉄後藤寺営業所発着に変更となり、当停留所の代替バス停には停車しないとのこと。 ただし、乗客の利便性向上のため伊田発着の「バイパス直行」などを増便して対応するするとのことですが、西鉄からは詳細なリリースが出ていないため、今後についてはまだまだ未定です。 従来のバイパス直行のほか飯塚経由の便も伊田から毎時1本ほどが新設されます。 しかし、後藤寺営業所は市街地からはかなり離れてしまう上、アクセスも良好とは言えず残存路線の乗客減少が心配されます。 さて、このバスセンターの特筆すべき点は、テナントビルとしてバスセンターの上に700席を超える大型シアター「ターミナル会館」があったことです。 1988年に営業終了して久しいですが、西側に行くほど屋根が低くなっている建物の構造などからその階上の姿を想像できます。 近年、閉鎖・解体が噂され始めた頃から地元有志が往年の姿を復刻した立て看板を作っていて、往時の栄光を伝えています。 数年前まではうどん店や生花店なども入居して、窓口にも係員がいてそれなりに活気があったのですが、無人化されてからは閑散とした空気だけが残っています。 また、過去にはここから300mほど南に行った上本町に「田川寿屋」があり、他の寿屋より明らかにお金をかけたレンガ風の外装のお洒落な6階建ての立派な店舗に別館を持つ巨大店舗が田川市の商業の頂点としてそれはそれは大いに賑わっていました。 もう郊外にミスターマックスやロヂャース 現:ルミエール などが開店していた1994年前後にこのあたりを通ることも多かったのですが、週末になると上本町や大黒町の交差点にはかなり多くの歩行者がいて驚いたものでした。 ところが、少しずつ郊外にショッピングセンターができ始めた1995年あたりを境にこのあたりの人通りは急速に落ち込みはじめ、数年後には不採算店舗にまで低迷し2000年に閉鎖されてしまったようです。 その2年後には寿屋も経営破たんしました。 現在は跡地に平屋のローソンが建っているのが切なくなってしまいます。 寿屋閉鎖後の田川は一気に郊外化が進んでしまい、商店街には人がいなくなりバスの利用者も一気に減少してしまったそうです。 バスセンターの過去の栄光を今回も取り上げて行きましょう。 今回は昭和56年と、田川市内線の大量廃止前、2002年のダイヤを公開します。 時刻表の公開に際しての注意事項です。 無断転載は絶対にやめてください。 発覚した場合は公開を中止します。 転載等を発見された場合はご連絡をお願いします。 運行会社への問い合わせはご遠慮ください。 一部誤記、記載ミスがあることもあります。 その際はご容赦ください。 この時刻表は現在の運行ダイヤではありません。 また廃止された系統も多数ありますのでご注意ください。 感想、情報はコメントまたはTwitterでお願いします。 この時刻表の公開は当時の貴重な情報をバス好きの皆様と共有し、一緒に懐かしむことを目的としています。 以上、ルールとマナーをお守り頂きお楽しみをお願いします。 市内系統や飯塚行きの普通系統の40番の時刻はわかりません。 資料集め中です。 小倉行きは急行と普通の2本立てですね。 同時発車も1日数回あったようです。 資料がないのでわかりませんが、緑急行かなにかが運行されていたのでしょうか?? のちに両路線は折衷するかのように「快速」に統合され、10年ほど前までは1時間に2~3本走っていましたが、ここのところ大幅に減便されてきています。 行橋もまだ多く運行されています。 路線は飯塚~行橋線となっており一部の便が直通運行していたようです。 34番を飯塚ゆきと表記していますが、行橋~仲哀トンネル止めの番号で正しくは35番だそうです。 作成後にご指摘をいただきました。 情報ありがとうございました。 また、福岡行き急行は直方系統も多数運行されており、当時は全体の6割程が田川系統だったようで、意外にも現在より本数は控えめです。 また、一部の便は田川~飯塚の区間便です。 区間便は出入庫時を中心に2000年代の初めまでは運行されていました。 では続きまして、市内線のダイヤです。 こちらは西鉄の公式ホームページのものです。 なんとなく遊びで印刷していました。 こんなに本数あるのか、って。 まさか、数年でこれらがほとんどなくなるなんて思いもしませんでした。 これを残してて良かったと思います。 特急や快速、上山田行きなど一部は入りきれず印刷できませんでした。 2002年11月みたいですねw 伊田本町口のバス停に、これらの系統の面影が残っていたのでアップしておきます。 長くなりますが、あえて列挙します。 一部誤記があるかもしれません。 詳しい方の情報、補足をお待ちしています。 もう、使われなくなったのりばたち。 9番のりばまでぎっしりありました。 現在では9路線ないというのに。 田川快速も乗客減により中型運用が増加しており、大型での運行は少なくなってきています。 寂れ行く炭都の栄光を残す、このバスセンター。 あなたもぜひその目に焼き付けてくださいね! ありがとう、バスセンター。 さようなら。

次の

第23話 さよなら後藤寺バスセンター物語 : 陸の孤島のバス日記

ゆき ぽ よ 直方

先日の記事で直方バスセンターが9月末をもって廃止されてしまう見通しであることを記事にしましたが、なんと今度は田川市の後藤寺バスセンターまでも9月をもって廃止されてしまうということです。 つい数年前まで当たり前に存在した筑豊三都の「バスセンター」が全滅することになります。 飯塚は規模縮小の上、西鉄飯塚バスターミナルという最新鋭のバスターミナルに生まれ変わりましたが、後藤寺については再建されることなく県道沿いに新設される一般のバス停に格下げとなる予定です。 あわせて田川地区でダイヤ改正を実施するそうです。 筑豊特急・筑豊急行については当地より約1km西側の西鉄後藤寺営業所発着に変更となり、当停留所の代替バス停には停車しないとのこと。 ただし、乗客の利便性向上のため伊田発着の「バイパス直行」などを増便して対応するするとのことですが、西鉄からは詳細なリリースが出ていないため、今後についてはまだまだ未定です。 従来のバイパス直行のほか飯塚経由の便も伊田から毎時1本ほどが新設されます。 しかし、後藤寺営業所は市街地からはかなり離れてしまう上、アクセスも良好とは言えず残存路線の乗客減少が心配されます。 さて、このバスセンターの特筆すべき点は、テナントビルとしてバスセンターの上に700席を超える大型シアター「ターミナル会館」があったことです。 1988年に営業終了して久しいですが、西側に行くほど屋根が低くなっている建物の構造などからその階上の姿を想像できます。 近年、閉鎖・解体が噂され始めた頃から地元有志が往年の姿を復刻した立て看板を作っていて、往時の栄光を伝えています。 数年前まではうどん店や生花店なども入居して、窓口にも係員がいてそれなりに活気があったのですが、無人化されてからは閑散とした空気だけが残っています。 また、過去にはここから300mほど南に行った上本町に「田川寿屋」があり、他の寿屋より明らかにお金をかけたレンガ風の外装のお洒落な6階建ての立派な店舗に別館を持つ巨大店舗が田川市の商業の頂点としてそれはそれは大いに賑わっていました。 もう郊外にミスターマックスやロヂャース 現:ルミエール などが開店していた1994年前後にこのあたりを通ることも多かったのですが、週末になると上本町や大黒町の交差点にはかなり多くの歩行者がいて驚いたものでした。 ところが、少しずつ郊外にショッピングセンターができ始めた1995年あたりを境にこのあたりの人通りは急速に落ち込みはじめ、数年後には不採算店舗にまで低迷し2000年に閉鎖されてしまったようです。 その2年後には寿屋も経営破たんしました。 現在は跡地に平屋のローソンが建っているのが切なくなってしまいます。 寿屋閉鎖後の田川は一気に郊外化が進んでしまい、商店街には人がいなくなりバスの利用者も一気に減少してしまったそうです。 バスセンターの過去の栄光を今回も取り上げて行きましょう。 今回は昭和56年と、田川市内線の大量廃止前、2002年のダイヤを公開します。 時刻表の公開に際しての注意事項です。 無断転載は絶対にやめてください。 発覚した場合は公開を中止します。 転載等を発見された場合はご連絡をお願いします。 運行会社への問い合わせはご遠慮ください。 一部誤記、記載ミスがあることもあります。 その際はご容赦ください。 この時刻表は現在の運行ダイヤではありません。 また廃止された系統も多数ありますのでご注意ください。 感想、情報はコメントまたはTwitterでお願いします。 この時刻表の公開は当時の貴重な情報をバス好きの皆様と共有し、一緒に懐かしむことを目的としています。 以上、ルールとマナーをお守り頂きお楽しみをお願いします。 市内系統や飯塚行きの普通系統の40番の時刻はわかりません。 資料集め中です。 小倉行きは急行と普通の2本立てですね。 同時発車も1日数回あったようです。 資料がないのでわかりませんが、緑急行かなにかが運行されていたのでしょうか?? のちに両路線は折衷するかのように「快速」に統合され、10年ほど前までは1時間に2~3本走っていましたが、ここのところ大幅に減便されてきています。 行橋もまだ多く運行されています。 路線は飯塚~行橋線となっており一部の便が直通運行していたようです。 34番を飯塚ゆきと表記していますが、行橋~仲哀トンネル止めの番号で正しくは35番だそうです。 作成後にご指摘をいただきました。 情報ありがとうございました。 また、福岡行き急行は直方系統も多数運行されており、当時は全体の6割程が田川系統だったようで、意外にも現在より本数は控えめです。 また、一部の便は田川~飯塚の区間便です。 区間便は出入庫時を中心に2000年代の初めまでは運行されていました。 では続きまして、市内線のダイヤです。 こちらは西鉄の公式ホームページのものです。 なんとなく遊びで印刷していました。 こんなに本数あるのか、って。 まさか、数年でこれらがほとんどなくなるなんて思いもしませんでした。 これを残してて良かったと思います。 特急や快速、上山田行きなど一部は入りきれず印刷できませんでした。 2002年11月みたいですねw 伊田本町口のバス停に、これらの系統の面影が残っていたのでアップしておきます。 長くなりますが、あえて列挙します。 一部誤記があるかもしれません。 詳しい方の情報、補足をお待ちしています。 もう、使われなくなったのりばたち。 9番のりばまでぎっしりありました。 現在では9路線ないというのに。 田川快速も乗客減により中型運用が増加しており、大型での運行は少なくなってきています。 寂れ行く炭都の栄光を残す、このバスセンター。 あなたもぜひその目に焼き付けてくださいね! ありがとう、バスセンター。 さようなら。

次の

『【筑前路001】山あいの静かな温泉、「脇田温泉 ホテル楠水閣」に泊まる』飯塚・中間・直方(福岡県)の旅行記・ブログ by なゆきさん【フォートラベル】

ゆき ぽ よ 直方

先日の記事で直方バスセンターが9月末をもって廃止されてしまう見通しであることを記事にしましたが、なんと今度は田川市の後藤寺バスセンターまでも9月をもって廃止されてしまうということです。 つい数年前まで当たり前に存在した筑豊三都の「バスセンター」が全滅することになります。 飯塚は規模縮小の上、西鉄飯塚バスターミナルという最新鋭のバスターミナルに生まれ変わりましたが、後藤寺については再建されることなく県道沿いに新設される一般のバス停に格下げとなる予定です。 あわせて田川地区でダイヤ改正を実施するそうです。 筑豊特急・筑豊急行については当地より約1km西側の西鉄後藤寺営業所発着に変更となり、当停留所の代替バス停には停車しないとのこと。 ただし、乗客の利便性向上のため伊田発着の「バイパス直行」などを増便して対応するするとのことですが、西鉄からは詳細なリリースが出ていないため、今後についてはまだまだ未定です。 従来のバイパス直行のほか飯塚経由の便も伊田から毎時1本ほどが新設されます。 しかし、後藤寺営業所は市街地からはかなり離れてしまう上、アクセスも良好とは言えず残存路線の乗客減少が心配されます。 さて、このバスセンターの特筆すべき点は、テナントビルとしてバスセンターの上に700席を超える大型シアター「ターミナル会館」があったことです。 1988年に営業終了して久しいですが、西側に行くほど屋根が低くなっている建物の構造などからその階上の姿を想像できます。 近年、閉鎖・解体が噂され始めた頃から地元有志が往年の姿を復刻した立て看板を作っていて、往時の栄光を伝えています。 数年前まではうどん店や生花店なども入居して、窓口にも係員がいてそれなりに活気があったのですが、無人化されてからは閑散とした空気だけが残っています。 また、過去にはここから300mほど南に行った上本町に「田川寿屋」があり、他の寿屋より明らかにお金をかけたレンガ風の外装のお洒落な6階建ての立派な店舗に別館を持つ巨大店舗が田川市の商業の頂点としてそれはそれは大いに賑わっていました。 もう郊外にミスターマックスやロヂャース 現:ルミエール などが開店していた1994年前後にこのあたりを通ることも多かったのですが、週末になると上本町や大黒町の交差点にはかなり多くの歩行者がいて驚いたものでした。 ところが、少しずつ郊外にショッピングセンターができ始めた1995年あたりを境にこのあたりの人通りは急速に落ち込みはじめ、数年後には不採算店舗にまで低迷し2000年に閉鎖されてしまったようです。 その2年後には寿屋も経営破たんしました。 現在は跡地に平屋のローソンが建っているのが切なくなってしまいます。 寿屋閉鎖後の田川は一気に郊外化が進んでしまい、商店街には人がいなくなりバスの利用者も一気に減少してしまったそうです。 バスセンターの過去の栄光を今回も取り上げて行きましょう。 今回は昭和56年と、田川市内線の大量廃止前、2002年のダイヤを公開します。 時刻表の公開に際しての注意事項です。 無断転載は絶対にやめてください。 発覚した場合は公開を中止します。 転載等を発見された場合はご連絡をお願いします。 運行会社への問い合わせはご遠慮ください。 一部誤記、記載ミスがあることもあります。 その際はご容赦ください。 この時刻表は現在の運行ダイヤではありません。 また廃止された系統も多数ありますのでご注意ください。 感想、情報はコメントまたはTwitterでお願いします。 この時刻表の公開は当時の貴重な情報をバス好きの皆様と共有し、一緒に懐かしむことを目的としています。 以上、ルールとマナーをお守り頂きお楽しみをお願いします。 市内系統や飯塚行きの普通系統の40番の時刻はわかりません。 資料集め中です。 小倉行きは急行と普通の2本立てですね。 同時発車も1日数回あったようです。 資料がないのでわかりませんが、緑急行かなにかが運行されていたのでしょうか?? のちに両路線は折衷するかのように「快速」に統合され、10年ほど前までは1時間に2~3本走っていましたが、ここのところ大幅に減便されてきています。 行橋もまだ多く運行されています。 路線は飯塚~行橋線となっており一部の便が直通運行していたようです。 34番を飯塚ゆきと表記していますが、行橋~仲哀トンネル止めの番号で正しくは35番だそうです。 作成後にご指摘をいただきました。 情報ありがとうございました。 また、福岡行き急行は直方系統も多数運行されており、当時は全体の6割程が田川系統だったようで、意外にも現在より本数は控えめです。 また、一部の便は田川~飯塚の区間便です。 区間便は出入庫時を中心に2000年代の初めまでは運行されていました。 では続きまして、市内線のダイヤです。 こちらは西鉄の公式ホームページのものです。 なんとなく遊びで印刷していました。 こんなに本数あるのか、って。 まさか、数年でこれらがほとんどなくなるなんて思いもしませんでした。 これを残してて良かったと思います。 特急や快速、上山田行きなど一部は入りきれず印刷できませんでした。 2002年11月みたいですねw 伊田本町口のバス停に、これらの系統の面影が残っていたのでアップしておきます。 長くなりますが、あえて列挙します。 一部誤記があるかもしれません。 詳しい方の情報、補足をお待ちしています。 もう、使われなくなったのりばたち。 9番のりばまでぎっしりありました。 現在では9路線ないというのに。 田川快速も乗客減により中型運用が増加しており、大型での運行は少なくなってきています。 寂れ行く炭都の栄光を残す、このバスセンター。 あなたもぜひその目に焼き付けてくださいね! ありがとう、バスセンター。 さようなら。

次の