ニュー速vip ライブドア。 VIPとは (ビップとは) [単語記事]

ニュー速VIPブログ、惜しまれつつ閉鎖か : しょーもなジャーナル。

ニュー速vip ライブドア

2ちゃんねるのニュー速VIP板から面白いスレッドを見つけ出し、レスを厳選して転載したり、さらには画像等でアレンジを施したりして、それらを記録し続ける人気ブログ「」が8日、開設以来欠かさなかったスレッド紹介をすることなく、意味深な記事のみをポストして読者を騒がせている。 どうやら管理人の心理的変化により閉鎖を考えているようだが、いわゆるブログ病が主な原因だと思われる。 ブログ病とは、自分が持つブログに対して方向性を見失い、時として軽い鬱状態に陥る病気で、主として人気ブロガーが陥り易い傾向にある。 アクセスの増大やメディアに取り上げられることによる読者からの期待感、それに応えようとするプレッシャー、増殖する類似ブログとの品質差を明確にしなければならないという元祖としての宿命。 まずこれらが第一だと考えるうちに、ブログの更新が義務である、または誰かに更新させられているような錯覚を覚え更新ができなくなる、または更新する意欲が無くなるのがブログ病の症状だ。 あの眞鍋かをりでさえも、この病気に悩まされモチベーションが激減、一時期更新を停滞させたのも記憶に新しい。 眞鍋かをりはしばらくしてブログの更新を復帰させたが、ニュー速VIPブログはどうなるか、人気ブログ故にその去就が注目されるところだ。 :該当記事 :閉鎖宣言 BMP閉鎖宣言文抽出: てのは冗談で本当に閉鎖します 短い間でしたけど、ありがとうございました 相互リンクしていただいている方は 申し訳ないですけど削除しといてください みんなが忘れた頃に また復活しようかなと思っています でもその時は今みたいに毎日更新ではなく 不定期更新の形を取ると思います ではでは さよおなら プゥ 最後に思いついた渾身の必殺ギャグwwwww 尚、今回の発表についても管理人がVIPPERであるだけに釣りであるとの意見もあるが現段階での真相は不明。 ただし向こう一週間は特別企画開催と称して毎日24時に更新されるが、一部では管理人のブログ閉鎖までの往生際の悪さを指摘する声もあがっている。 暗号解読気分でどうぞ.

次の

ニュー速VIP

ニュー速vip ライブドア

VIPとは、• Very I の略記。 要人・重要人物の意味。 正式には「・・ピー」と読むがでは「ビップ」と読まれることが多い。 作動性腸管ペプチド(V pt)の略記。 VIP産生性の、VIPが有名。 ニュース速報 VIP 板の通称。 開設されたのの一つ。 : 本稿では3を取り扱う。 ニュース速報 VIP 板 ニュース速報 VIP 板はにおいて最も利用者が多く、を代表するである。 に誕生。 元々は、というの撃退機によって移動させられたを収容するとして誕生した。 簡単にいえばの掃き溜めとして作られた。 しかし、すぐに撃退機は止された。 誕生した間からとんでもない勢いのあるとして上に君臨した。 名前に「」と付いてはいるが、の「」とは関係のないになったのでの速報とは縁の上なんでもありのである。 また「vip」とも付いているが、vipは本来「重要人物・要人」を意味する言葉であり、掃き溜めの人物に対する皮で付けられたと推測されている。 ニュー速VIPを利用している人は「 」と呼ばれる。 を自認して恥じない民とは違い、一般的に達はかつ、等、として低なのがである。 そのため良くも悪くもが多く、三行以上のが読めないとされる 『長い、三行で』等。 また非常にがよく、彼らが通った後はも木も枯れてしまうと表現されている。 代わりにでなく()が生え変わるとも。 には「突撃」と称して住人が他に建立するへ「VIP」等の書き込みを大量に残す、という行為が頻繁に繰り返された。 そのため、基本的な思考を持つ古くからのが多数を占めていた等では、ニュー速VIP・の存在が忌み嫌われていたことも。 自分達をと自称するせいか、やたら選民意識・同族意識が高いが、自称とはたいてい仲が悪い。 また、な為に簡単にかかを見極めることが難しい為、のふりをしたが多い。 数は多いが上の・所謂「」等の賑やかし要員として認識されているが、所詮であり体性がい場合もある。 「敵にすると恐ろしいが味方にすると頼りない」という言葉があるほど。 のでありVIPの元であるとはまた別の意味でだとされる もっとも、これはほめ言葉的な意味合いで。 、が「 以下、禁止でVIPがお送りします」になり、 禁止が明記された。 VIPクオリティ 当初、掃き溜めとして誕生したVIPは状態であり、の間にも似た混沌からは数々の名・・が生まれることとなった。 また、『』・等の要因が重なっての数が最高を記録した当時の時代に合わせ、急に拡大していったVIPは、たった数年でを代表すると認識されるようになった。 その勢いとの豊富さから「VIP」という言葉が生まれるほどであった。 同時に、この言葉は彼らにとって最大級の賛辞でもあったのである。 因みに、『 』だの『』だの、上で使われる多くの・もVIPがハシリである。 決して発祥ではないので留意すること。 しかし、頃から数が緩やかに低下し始め、に接続出来る機器がになった事によるの流入によるの低下も進み、徐々に衰退していった。 では、が秩序に乱立している状態であり、往時の勢いはどない。 それでもで最大の数を誇るという立ち位置は健在。 ニコニコ動画との関係 初期はに民・らが利用しており、それがのの方向性を決定付けるのに寄与した。 しかしに開放が進み始めると、VIPの性格と合わない あるいはを知らない がに増え始め、徐々に轢が生まれ出した。 こうしたはVIPで「」と称されVIPにが立つ度に卑下・・なりすましが繰り返された。 そうしたの存在が嫌悪感を強くしたといえる。 今も強くしている が立つ中で、人員過剰となったから人員過少となったVIPへ若年が流れ込むという逆流現を懸念し、VIPの勢いの失墜、の全てを嫌がるが増えていった。 実際におけるの紹介の中でもVIPのが元のはが高く、そのがきっかけかVIPにが少なからず流入しているようだ。 民が初期として、「はわしがそだてた」等と手のひらを返すのにべ、は上述の理由もあり本気で を嫌い、闇に食ってかかるフシがある。 ただ多くのはの全てを嫌っているわけではなく、「はを消して見るがは嫌い」と言う者が多い。 普段視聴するかどうかに関わらず、大概のはのぐらいは一応持っている。 また、なるものを不定期に開催したり、が盛り上がりを見せる等との関係が切れているわけでもない。 とは今ではの仲? であるが、端からは良き、持ちつ持たれつの関係であると認識されているのが実情であるし、も、彼らがのに与えたの大きさを軽視すべきではない。 現在のVIP• 利用年齢層が拡大し、下はから上は代のまでいる。 大半がから4,代。 が乱立し、から人が来るために内容の質がとても低下している。 からの利用者が増え、昔ながらのVIPを知っているものは少数となった。 関連動画 騒動時の裏で行われていた ニュー速VIP発の「」のOP VIPの「」でされた曲 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 関連サイト• VIP•

次の

ニュー速VIPブログ、惜しまれつつ閉鎖か : しょーもなジャーナル。

ニュー速vip ライブドア

VIPとは、• Very I の略記。 要人・重要人物の意味。 正式には「・・ピー」と読むがでは「ビップ」と読まれることが多い。 作動性腸管ペプチド(V pt)の略記。 VIP産生性の、VIPが有名。 ニュース速報 VIP 板の通称。 開設されたのの一つ。 : 本稿では3を取り扱う。 ニュース速報 VIP 板 ニュース速報 VIP 板はにおいて最も利用者が多く、を代表するである。 に誕生。 元々は、というの撃退機によって移動させられたを収容するとして誕生した。 簡単にいえばの掃き溜めとして作られた。 しかし、すぐに撃退機は止された。 誕生した間からとんでもない勢いのあるとして上に君臨した。 名前に「」と付いてはいるが、の「」とは関係のないになったのでの速報とは縁の上なんでもありのである。 また「vip」とも付いているが、vipは本来「重要人物・要人」を意味する言葉であり、掃き溜めの人物に対する皮で付けられたと推測されている。 ニュー速VIPを利用している人は「 」と呼ばれる。 を自認して恥じない民とは違い、一般的に達はかつ、等、として低なのがである。 そのため良くも悪くもが多く、三行以上のが読めないとされる 『長い、三行で』等。 また非常にがよく、彼らが通った後はも木も枯れてしまうと表現されている。 代わりにでなく()が生え変わるとも。 には「突撃」と称して住人が他に建立するへ「VIP」等の書き込みを大量に残す、という行為が頻繁に繰り返された。 そのため、基本的な思考を持つ古くからのが多数を占めていた等では、ニュー速VIP・の存在が忌み嫌われていたことも。 自分達をと自称するせいか、やたら選民意識・同族意識が高いが、自称とはたいてい仲が悪い。 また、な為に簡単にかかを見極めることが難しい為、のふりをしたが多い。 数は多いが上の・所謂「」等の賑やかし要員として認識されているが、所詮であり体性がい場合もある。 「敵にすると恐ろしいが味方にすると頼りない」という言葉があるほど。 のでありVIPの元であるとはまた別の意味でだとされる もっとも、これはほめ言葉的な意味合いで。 、が「 以下、禁止でVIPがお送りします」になり、 禁止が明記された。 VIPクオリティ 当初、掃き溜めとして誕生したVIPは状態であり、の間にも似た混沌からは数々の名・・が生まれることとなった。 また、『』・等の要因が重なっての数が最高を記録した当時の時代に合わせ、急に拡大していったVIPは、たった数年でを代表すると認識されるようになった。 その勢いとの豊富さから「VIP」という言葉が生まれるほどであった。 同時に、この言葉は彼らにとって最大級の賛辞でもあったのである。 因みに、『 』だの『』だの、上で使われる多くの・もVIPがハシリである。 決して発祥ではないので留意すること。 しかし、頃から数が緩やかに低下し始め、に接続出来る機器がになった事によるの流入によるの低下も進み、徐々に衰退していった。 では、が秩序に乱立している状態であり、往時の勢いはどない。 それでもで最大の数を誇るという立ち位置は健在。 ニコニコ動画との関係 初期はに民・らが利用しており、それがのの方向性を決定付けるのに寄与した。 しかしに開放が進み始めると、VIPの性格と合わない あるいはを知らない がに増え始め、徐々に轢が生まれ出した。 こうしたはVIPで「」と称されVIPにが立つ度に卑下・・なりすましが繰り返された。 そうしたの存在が嫌悪感を強くしたといえる。 今も強くしている が立つ中で、人員過剰となったから人員過少となったVIPへ若年が流れ込むという逆流現を懸念し、VIPの勢いの失墜、の全てを嫌がるが増えていった。 実際におけるの紹介の中でもVIPのが元のはが高く、そのがきっかけかVIPにが少なからず流入しているようだ。 民が初期として、「はわしがそだてた」等と手のひらを返すのにべ、は上述の理由もあり本気で を嫌い、闇に食ってかかるフシがある。 ただ多くのはの全てを嫌っているわけではなく、「はを消して見るがは嫌い」と言う者が多い。 普段視聴するかどうかに関わらず、大概のはのぐらいは一応持っている。 また、なるものを不定期に開催したり、が盛り上がりを見せる等との関係が切れているわけでもない。 とは今ではの仲? であるが、端からは良き、持ちつ持たれつの関係であると認識されているのが実情であるし、も、彼らがのに与えたの大きさを軽視すべきではない。 現在のVIP• 利用年齢層が拡大し、下はから上は代のまでいる。 大半がから4,代。 が乱立し、から人が来るために内容の質がとても低下している。 からの利用者が増え、昔ながらのVIPを知っているものは少数となった。 関連動画 騒動時の裏で行われていた ニュー速VIP発の「」のOP VIPの「」でされた曲 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 関連サイト• VIP•

次の