鬼滅192。 鬼滅の刃~192話のネタバレ&あらすじ!日の呼吸十三の型とは? | 8ラボ(はちらぼ)

【鬼滅の刃】192話ネタバレ!ついに現る日の呼吸【夜明けまで】

鬼滅192

Contents• 炭治郎は夢で見た縁壱(よりいち)と祖先の炭吉(すみよし)のやりとりを思い出します。 自分は夢を見ていただけだが、それでも、ほんの僅かな手首の角度の違い、足の運びの違い、呼吸の感覚を知り、自分の無駄な動きに気づけたと炭治郎。 炭治郎は、縁壱は物静かで素朴な人だったと、夢で見た縁壱を回想します。 すやこさんが剣の型を見たいとせがんだら、見せてくれるような優しい人で、炭吉さんはそれをつぶさに見ていた。 一つも取りこぼさずその瞳に焼きつけた。 日の呼吸は息を忘れるほど綺麗だった。 あまりにも美しすぎた。 後に神楽(かぐら)として受け継がれていった理由がわかる。 剣を振るう時、縁壱さんは人ではなく精霊のように見えた。 すやこさんや子供たちが喜んではしゃぐと、照れくさそうにうつむいていた。 また遊びに来て下さいと言ったけど、別れ際、縁壱さんは炭吉さんに耳飾りをくれた。 ああ、縁壱さんはもうここにこないのだと思った。 遠ざかって行く物悲しい後ろ姿に、涙が出てきた。 炭吉は縁壱へ向かって叫びます。 縁壱さん、後に繋ぎます。 貴方に守られた命で・・・俺達が、貴方は価値のない人なんかじゃない! 何もなせなかったなんて思わないでください。 そんなこと、絶対誰にも言わせない。 俺がこの耳飾りも、日の呼吸も後世に伝える。 約束します!! 「ありがとう」と、縁壱は笑顔で答えます。 日の呼吸(ヒノカミ神楽)の13の型 感謝しながら手を振る縁壱に、炭治郎は、俺の方こそ俺達の祖先を助けてくれてありがとうと感謝します。 貴方がいなければ俺達はうまれていません。 貴方が信じて逃した珠代さんの協力で、無惨を追いつめることができました。 貴方が見せてくれた日の呼吸で俺は、戦うことができます。 十二個の型は驚くほど正確に伝わっていました。 何百年も経つのに。 円舞(えんぶ)• 碧羅の天(へきらのてん)• 烈日紅鏡(れつじつこうきょう)• 幻日紅(げんにちこう)• 火車(かしゃ)• 灼骨炎陽(しゃっこつえんよう)• 陽華突(ようかとつ)• 飛輪陽炎(ひりんかげろう)• 斜陽転身(しゃようてんしん)• 輝輝恩光(ききおんこう)• 日暈の龍・頭舞い(にちうんのりゅう・かぶらまい)• 炎舞(えんぶ) 貴方が見せてくれた型も十二個でしたと炭治郎。 炭治郎は回想します。 炎柱さんが聞いた十三個めの型についてずっと考えていた。 型の名前で気になっていたことがある。 それから父さんの言葉。 そして今、無惨の体の造りを見て確信した。 無惨の攻撃をくぐり抜け、脳と心臓を斬り続けるんだ、夜明けまで。 十二の型は円舞と炎舞で全て繋がる。 途方もない、きっと俺は地獄を見るだろう。 縁壱さんや父さんのような才覚が俺にはない。 それどころか、命が夜明けまでもつかどうかわからない。 さらに無惨の逃亡をどう阻止するか。 ここで炭治郎は、煉獄(れんごく)の父親を思い出し、自信を失う理由がよくわかると考えます。 縁壱さんですらできなかったことが、自分にできるのだろうか? 炭治郎は自分を鼓舞します。 それでも俺は、今、自分にできることを精一杯やる、心を燃やせ、負けるな、折れるな。 無惨の攻撃の秘密が判明 無惨の激しい攻撃が炭治郎を襲います。 それらの攻撃をかわしながら反撃する炭治郎に、縁壱の姿を重ねる無惨。 「亡霊が・・・!」と、無惨は苛立ち、さらに攻撃の激しさが増します。 無惨の攻撃を受けながらも、炭治郎は無惨の攻撃の秘密を理解します。 みんながやられた理由、それは、無惨の背中の九本の管(くだ)と両腕、それを上回る速度の管を八本、腿(もも)から出して攻撃していた。 無惨は変幻自在、固定された姿で認識すると思わぬ攻撃を喰らう。 やっぱり繋がる、そういうふうにできてる。 そうですよね?縁壱さん。 そして、繋ぎます、次は十二の型全てをと決意します。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 鬼滅の刃192話の感想 日の呼吸の13の型は別にあると思ってましたが、十二の型を繰り返すことで円環(えんかん)を成し、十三個めの型になるとのこと。 つまり、13の型は別にあるということではなさそうですね。 それにしても、十二の型が全て繋がる。 円のようにグルグルと繋がって繰り返せるとは思いませんでした。 炭治郎の父親が朝まで舞っていたのは、十二の型を繋いで繰り返していたということですかね。 そうなると、炭治郎は既に日の呼吸13の型を子供の頃に見ていたのですね。 縁壱から炭治郎の祖先、炭吉へ繋がった日の呼吸。 そして耳飾りも繋がっていきました。 そしてもう一つ、これも今更ですが、無惨の心臓は七つ、脳が五つで合計12個。 だから12個の型なのかと、本当に今更ですが、今回の192話を読んでて気づきましたw 鬼滅の刃193話のネタバレはコチラになります。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』192

鬼滅192

かなり危ない状態の 炭治郎 たんじろうを見て 愈史郎 ゆしろうは何本もの注射を打ちますが、 他の隊士がそれを見て、そんなに何本も注射を打って大丈夫か!? と心配して尋ねますが 愈史郎 ゆしろうはギロリと隊士を睨み 「うるさいだまれ!攻撃を受けてから時間がたっているからかなりまずい状態なんだ!! 」 と怒鳴り返します。 そして 炭治郎 たんじろうが握り締めている日輪刀を 炭治郎 たんじろうの手から離そうとしますが、 炭治郎 たんじろうがものすごい握力で握り締めているために離すことが出来ません・・・ その時 愈史郎 ゆしろうが打った注射の効果があらわれたのか、 炭治郎 たんじろうの脈が戻ってきました! その後も鬼殺隊の隊士の 村田 むらたさんは必至に 炭治郎 たんじろうに呼びかけますが、 またすぐに 炭治郎 たんじろうの脈は弱ってしまいます。 炭治郎 たんじろうを助けるために必死で大きな声で呼びかけます。 「脳と心臓が複数ある!信じがたしこの男!しかもそれが移動するとは!? 無惨 むざんが今まで以上の速度、威力で凄まじい音をたてながら攻撃した直後 その場にいたすべての者達が吹き飛んでしまいました。 この時の 無惨 むざんの凄まじい攻撃でその場にいた全員が吹き飛び、戦況が一変してしまったのです。 目の前にはそれまでと打って変わって絶望的な光景が広がっています・・・ 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは・・・ 壁に背中から突っ込んでいて、両腕にも瓦礫が落ちて使えない状態なうえに左足の膝から下がなくなっているように見えます。 不死川実美 しなずがわさねみは・・・ 建物の上部に頭から突っ込んだ状態で足しか見えません。 我妻善逸 あがつまぜんいつは…壁にめり込んだ状態で 右腕が見えていません・・・。 善逸がやられるところを見ると心が痛いのは何故なのでしょう!? そして、唯一意識のある 栗花落 つゆりカナヲは、 額と口から血を流しながら、 「速すぎる・・・」 「こんなに差があるなんて・・・」 と、日輪刀を持つ手も震え、まともに動くことすら出来ないでいましたが とどめを刺そうとする 無惨 むざんに鬼殺隊の隠しがやめてくれ!と物陰から飛び出ます。 、 無惨 むざんの腕が間一髪で切り落とされました! 切断面は焼け焦げ、「ジジ」と、皮膚の焼ける音も聞こえます。 そうです!待望の瞬間がやってきたのです!! 無惨 むざんが 炭治郎 たんじろうに斬られた断面を見てるうちに 炭治郎 たんじろうはすぐさまカナヲのピンチに駆けつけようと 後方にいた鬼殺隊の隠しの人に 栗花落 つゆりカナヲを預け、 そんな 炭治郎 たんじろうの姿をみた 栗花落 つゆりカナヲは涙があふれ、 「炭治郎」「炭治郎・・・」と必死に声をだします。 それを聞いた 炭治郎 たんじろうは「うん、遅くなってゴメン」と・・・ その後、 無惨 むざんに向き合う 炭治郎 たんじろうを見て、 無惨 むざんは・・・ 「 酷 みにくい姿だ」「これでは」 「どちらが鬼かわからないな 竈門炭治郎 かまどたんじろう」と・・・ そして、言葉の後に 炭治郎 たんじろうを見るとそこにはかつて自分を死の淵まで追い込んだ『 継圀緑一 つぐくによりいち』の姿とかぶる 炭治郎 たんじろうの姿を重ねて見てしまいます。 炭治郎 たんじろうはとてもおだやかに、 無惨 むざんに話しかけます。 と思った矢先の出来事でした・・・ その瞬間にかつてなかったほど強力な攻撃を仕掛けてきた 無惨 むざんの前に、 その場にいたものすべてが吹き飛び大惨事となってしまいました・・・ それぞれの安否がとても心配な中、数人は五体満足ではないのではないか!? と思わせるような描写があります。 悲鳴嶼 ひめじまさんは左足がないようですし、 伊黒 いぐろさんは左腕がなんか怪しく、 不死川 しなずがわさんの上半身が壁に突っ込んでいてどうなってるかわからない状態で、 善逸 ぜんいつの右足もなんか変なほうに向いていて、 と相当ヤバい状況なのですが、その中でもひときわはっきりと危険な状態の人がいます・・・ それが、この方です・・・ あああああ! この足と髪型は絶対 義勇 ぎゆうさんですよね!! 手前に転がってるのはあきらかに 義勇 ぎゆうさんの右腕ですよね!? これは悲しすぎる・・・あまりにも悲しすぎる・・・ しかも 義勇 ぎゆうさんの右腕って利き腕ですよ!! なにかの間違いであって欲しいです・・・ 悲鳴嶼 ひめじまさんの右足もなんか怪しいですよね!? それがこちらです! 左下をよく見て下さい! 『 悪鬼 あっきを 滅殺 めっさつせよ!! 』 『 次号 じごうセンターカラーで逆襲開始!! 』 無惨 むざんが 逆襲開始 ぎゃくしゅうかいし!! とはなりませんよね!? あきらかに 鬼殺隊達が逆襲を開始する的な告知ですよね!? もし今週話の内容がそのままであれば、この告知がうそになってしまいませんか!? 赫 あかくないですよね!? 攻撃を受けてしまい本体にダメージを受けたとしても、 さっきまで 赫 あかかった 赫刀 しゃくとうが急にもとに戻るのは変じゃないでしょうか!? それが・・・ よく見比べてみて下さい! な、治っていませんか!? さすがに1週間で(作中では数分? )で治るものでしょうか!? 以上の点から、おそらく 無惨 むざんはまた 愈史郎 ゆしろうの術のせいで 現実とは違うものを見させられてるのではないでしょうか!? 愈史郎 ゆしろうの 血鬼術のネタ晴らしと•

次の

《鬼滅の刃》ネタバレ192話詳細!ヒノカミ神楽13個目ノ型

鬼滅192

鬼滅の刃22巻192話のネタバレ 縁壱との別れ 炭治郎は祖先の記憶を目覚める直前まで見ていた。 すやこにせがまれる形で、日の呼吸の型を披露することになった縁壱。 炭吉はそれを一つも取りこぼさないよう瞳に焼き付けた。 縁壱の型は後に神楽として伝えられるのがわかるほど美しいものだった。 型の披露が終わると、すやこと子供がはしゃいで喜び、縁壱は照れくさそうにうつむく。 そして別れの時、炭吉はまた来るように勧めたが、縁壱はそれに答えず耳飾りを渡す。 もうここには来ないのだろうと炭吉は思った。 遠ざかっていく縁壱の物悲しい後ろ姿に、炭吉は涙をこぼす。 炭吉は去りゆく縁壱に、貴方は価値のない人なんかじゃない、何も為せなかったなんて思わないでと叫ぶ。 縁壱は静かに振り向く。 そして炭吉は、貴方に守られた命でこの耳飾りも日の呼吸も後世に伝えると約束する。 それを聞いた縁壱は笑顔で一言ありがとうと告げるのだった。 十三個目の型 無惨と対峙しながら炭治郎は縁壱に対し感謝の念を抱く。 縁壱が祖先を助けてくれたことで自分が生まれ、珠世を逃してくれたおかげで無惨を追い詰めることができている。 そしてあの日見せてくれた日の呼吸で戦うことができる。 十二個の型は何百年も経つのに驚くほど正確に伝わっていた。 十三個目の型とは新しい別の型などではなく、十二の型の最初の型である円舞、そして最期の型である炎舞、同じ読み方のこの二つの型を繋げることによって完成するのではないか。 夜明けまで無惨の攻撃を避けながら、型を繋げ心臓と脳を斬り続ける。 当時の炎柱が自身を失った理由とはこれだったのだろう。 その途方も無さに炭治郎も不安を覚えるが、それを振り払い心を決めると、無惨に斬りかかる。 それを防ぎ、反撃する無惨。 反撃を喰らってしまう炭治郎だったが、柱たちがやられた攻撃の正体が、攻撃するときだけ腿から出る八本の管であることを見破る。 そして再び斬りかかる炭治郎。 攻撃は全て防がれたものの、炭治郎は型同士が繋がる事をしっかりと確認する。 そしていよいよ十二の型全てを繋ぐことに挑む炭治郎。 その刀はみるみる赫く変わっていった。 鬼滅の刃22巻192話の扉絵とタイトル考察 今回は扉絵が無く、炭治郎の祖先の記憶を思い返すシーンから始まります。 エピソードタイトルは「廻る縁(めぐるえにし)」。 これは縁壱が珠世を見逃したことや、炭吉を救ったことが、廻り廻って無惨を追い詰めているということを表しているのでしょう。 鬼滅の刃22巻192話の名台詞 今回印象に残った台詞は、炭吉の「この耳飾りも日の呼吸も後世に伝える、約束します!!」です。 おそらくこの前の台詞も含めてだと思うのですが、これを聞いた縁壱は笑顔になり涙を浮かべます。 こんなにはっきりとした縁壱の笑顔が描かれたのは、作中でも初めてではないでしょうか。 感情をあまり表に出さない縁壱が、喜びをあらわにするのは、よほど嬉しかったのだと思います。 この前の台詞では思いが完全に一致したという演出なのでしょうか、炭吉ではなく炭治郎が叫んでいるコマが描かれておりそれも印象的でした。 鬼滅の刃22巻192話の感想・考察まとめ 炭治郎の見た祖先の記憶の続きと、炭治郎と無惨の対決が描かれた今回。 縁壱の耳飾りと日の呼吸はこうやって受け継がれたんですね。 無惨や黒死牟の目を逃れることができたのは、炭吉やその子どもたちが剣士でなく、神楽として伝えていたからなのでしょう。 無惨と対峙した炭治郎は十二個の型をすべて繋げることで十三個目の型になると確信します。 縁壱が無惨と対峙した時に剣技が完成したと言っていたのは、こういうことだったのですね。 無惨を倒す方法は明らかになったものの、それはとてつもなく過酷なものでした。 炭治郎はやり遂げることができるのでしょうか。 193話の展開に注目しましょう。

次の