レイドおすすめポケモン。 ポケモン剣盾でゼラオラのマックスレイドバトルを攻略!おすすめのポケモンは輝石サイドン!|ポケモニット

【ポケモン剣盾】レイドバトルの攻略情報と厳選方法【ソードシールド】

レイドおすすめポケモン

ぼーまんだ 「サイコカッター」でゲージを素早く溜めて、 メタグロスなど「エスパー」ポケモン中心に 「シャドーボール」、カイリューなど「ドラゴン」ポケモン中心に 「れいとうビーム」がおすすめです。 ジムによく置かれるハピナスなど「ノーマル」ポケモン対策を考慮すると、「かくとう」技の「きあいだま」も魅力的です。 ただし 「きあいだま」は1ゲージ技で撃つまでに時間がかかり、ダメージ効率を考えると「ルカリオ」「ローブシン」「カイリキー」のほうが優秀なためおすすめです。 アメと「ほしのすな」を多く使いますが、 技を開放させて幅広いポケモンに対応可能とすることで『ミュウツーでノーマルタイプ以外のポケモンを倒す』という役割ができます! すごいわざマシンを使って『レイドバトルで活躍させたいけどどちらの技を覚えさせようか…』となったときは、 活躍の場が広い「シャドーボール」がおすすめです。 ただし「サイコブレイク」の高威力は非常に魅力的なため、 最終的には「ねんりき/サイコブレイク」と「サイコカッター/シャドーボール」のミュウツーを 1体ずつ以上揃えておきたいです。 GOバトルリーグおすすめ技 トレーナーバトル(GOバトルリーグ/GOロケット団バトル)での「ミュウツー」が覚える技のデータ(性能)は以下です。 ジム・レイドバトルとは異なります。 トレーナーバトル:覚えるわざデータ ノーマルアタック わざ 威力 時間 Ene DPT EPT だーくらい 「きあいだま」が多くのポケモンに有効 有利かどうかは残りシールド数などにも影響しますが、 「はがね」「ノーマル」タイプポケモンは 「きあいだま」がヒットすればほぼ一撃で倒すことができます。 環境トップクラスの「ディアルガ」「メルメタル」「カビゴン」あたりに活躍できる点は非常に魅力的です。 「シャドーボール」は多くのポケモンに等倍以上ダメージとなる強力技です。 「ギラティナ」に効果抜群となる点は魅力的ですが、受ける攻撃はこちらも効果抜群となる傾向にあるため有利とまではなりません。 「れいとうビーム」も魅力的 「ミュウツー」はスペシャルアタックに多種多様な技を覚えることができるため、 どれを覚えさせるかは悩みどころです。 その中で 「れいとうビーム」を覚えることで「カイリュー」「ガブリアス」やひこう系の「トゲキッス」に有効打を持つことができます。 役割特化型となりますが、 相手が出してきそうなポケモンや流行を読んで 「れいとうビーム/きあいだま」型のミュウツーもおすすめです。

次の

【ポケモンGO】目的別おすすめレイドバトル!星3で狙いたいレイドボスは?|ポケらく

レイドおすすめポケモン

また、色違いのゼラオラが出てくるレイドも存在し、かなりの高難易度になっている模様です。 おすすめのポケモン ゼラオラを効率よく倒すためのおすすめのポケモンを何匹か紹介します。 サイドン(しんかのきせき) サイドンは『ひらいしん』の特性を持ち、味方への電気技を吸い寄せる効果があります。 ゼラオラのタイプ一致技を完封できるとかなり楽になるので、育てている人は連れて行くと良いでしょう。 ゼラオラのマックスレイドバトルでは倒されないことが重要であり、火力のあるドサイドンよりも、耐久1. 5倍になった輝石サイドンのほうが活躍できます。 地震は味方を巻き込んでしまうので、地面技は地震ではなく10万馬力を採用しましょう! ガラガラ(アローラのすがた) アローラのガラガラもサイドン同様『ひらいしん』の特性を持っています。 サイドンと異なる点は、• 格闘技が無効• 炎技が半減 といった点になります。 悪技を持っていないゼラオラに対しては、アローラガラガラも非常に良い対策となるでしょう。 サンムーンを遊んでいた人ならボックスに眠っている可能性が高いので、この機会に引っ張り出してみてください。 ゼラオラは『つめとぎ』や『ふるいたてる』で能力を上げてくることがあるのですが、専用技の『シャドースチール』には相手のステータス変化を奪う効果があるため、戦いが非常に楽になります。 電気技をサイドンに引き受けてもらえれば、格闘無効なのも嬉しいところです。 オーロンゲ マーシャドーが用意できない場合には、『いたずらごころ』の特性を持つオーロンゲがおすすめです。 先制で挑発を入れたり両壁を展開することができ、イカサマで火力を出していくことも可能です。 バリア時には挑発が無効化されてしまう点がマーシャドーと比べるとネックになりますが、壁による安定感の高さはオーロンゲに軍配が上がります。 技は、イカサマ、ちょうはつ、ひかりのかべ、リフレクターの編成がおすすめです。 ルナアーラ 輝石サイドンやオーロンゲが揃っている状態で、残りのポケモンに迷ったときにはルナアーラが有力な選択肢となります。 高い数値を誇り、 HP満タン時に受けるダメージを半減できる『ファントムガード』の特性がとても優秀です。 (ミュウツーのときとは違い、あられダメージや全体技のふぶきもないので削られにくいです) 地面技がないため弱点をつくことはできませんが、レイドバトルは行動回数を稼いでバリアを削るゲームであるため、特に問題はないでしょう。 マーシャドーと組む際には、ルナアーラに両壁を貼ってもらうのもいいかもしれません。 まとめ ゼラオラのレイドバトルには輝石サイドンがおすすめです。 100万人のトレーナーがゼラオラに勝利することで色違いのゼラオラが貰えるので、是非参加してみてください!•

次の

ポケモン剣盾でゼラオラのマックスレイドバトルを攻略!おすすめのポケモンは輝石サイドン!|ポケモニット

レイドおすすめポケモン

1 ファイナルトーナメントを勝ち進む 2 まどろみの森に行く 3 ナックルシティのナックルスタジアムに向かう 4 ローズとポケモンバトル 5 ホップに話しかけ、リフトを上がる 6 階段を上るとムゲンダイナ フォルム1 と戦闘開始 7 倒すとムゲンダイナとのマックスレイドバトルが始まる 8 ムゲンダイナを倒し、最後に捕まえる ホップに話しかける際にレポートする ローズとの戦闘後、ホップに話かけるとムゲンダイナがいるタワートップまでリフトで上がることになります。 ムゲンダイナとの戦闘前に 階段を上る移動が入るので、その際にレポートを書いておくのがおすすめです。 オートレポートは切っておこう 今までオートレポートにしていた方は手動に変更しないと厳選ができないため、設定でオフにしておきましょう。 設定>おまかせレポートをしないで切ることができます。 撃破後イベント捕獲に ムゲンダイナは1回戦目で捕まえることができず、2回戦目はレイドバトルになるので、通常の捕獲のように HP調整などをしてボールを投げる必要がありません。 レイドバトルでHPを削った後、ストーリーの流れで捕獲することになります。 好きなボールを用意しておこう イベント捕獲になるので、 どんなボールでも確定で捕まえることができます。 つまりオシャボ厳選ができます。 ムゲンダイナとのイベントが進行する前に、あらかじめ捕まえるボールを用意しておくのがおすすめです。 ムゲンダイナは厳選するべき? ムゲンダイナは性格や実数値など厳選しておくべきなのか掲載しています。 レイドで重宝するため厳選はしておきたい ムゲンダイナが覚える「 ダイマックスほう」は、ダイマックスに対して2倍のダメージを与える効果を持ちます。 レイドは高個体のポケモンやキョダイマックスの厳選、アイテム収集などで頻繁に利用することになるので、必然的に 使用頻度が高くなるため出来るだけ厳選はしておきたいです。 バトルタワーやトーナメントでも活躍 バトルタワーやトーナメントといったクリア後のエンドコンテンツでも、持ち前の種族値の高さや優秀な専用技で活躍ができるポケモンです。 ムゲンダイナのおすすめの性格 ひかえめがおすすめ ムゲンダイナの性格は、レイドで頻繁に使用することになる「ダイマックスほう」が特殊技のため、 特攻補正がかかるものが望ましいです。 中でも、特殊アタッカーでは不要になる攻撃補正が下がり、特攻補正が上がる「 ひかえめ」が最もおすすめです。 ミントであとから補正変更も可能 本編クリア後に挑戦できるバトルタワー関連のBPショップ報酬などで入手できる「ミント」を使えば、性格の補正値を変更することができます。 ただし必要BPが50と重いので、簡単に変更はできません。 ムゲンダイナ理想個体の実数値 ジャッジが使えないため実数値で確認 ムゲンダイナを捕獲する段階では、ストーリーの進行度的にまだジャッジ機能が使えず、一目でどこがVか確認できないため、個体値まで粘る場合は理想個体の実数値をあらかじめ知っておく必要があります。 素早さ130族なのでトップクラスに足が速く、ドラゴン技だけでなく、 シャドーボールや ヘドロウェーブといったサブウェポンで様々なポケモンに対応できます。 レイド特化ならHC252 完全にレイド特化にするなら、生存率を上げるためにH(HP)に振ってHC252振りもありです。 CS型でもLV100ならそこまで気になりませんが、たまに星5レイドのダイアースやダイサイコが怖い場面もあるので、そういった場面でより安定すると思います。

次の