プラレールアドバンス。 プラレールアドバンス (ぷられーるあどばんす)とは【ピクシブ百科事典】

プラレールアドバンス (ぷられーるあどばんす)とは【ピクシブ百科事典】

プラレールアドバンス

概要 [ ] 従来ので使われていた青いプラスチックのレールをとして使用し走行する。 動力には単四乾電池を使用し、4両編成を基本とする。 一般的なプラレールとは異なり、動力車が編成の中間に組み込まれ、スイッチ切り替えで前後進することができる。 これは、時代のからにかけて販売されたの技術を時代の進歩に即した形で復活させたものである。 車体のバランスも実物に近くなり、従来のプラレールにはなかったの表現もある。 2011年度を受賞した。 プラレールアドバンスのレールと情景部品は専用のものに加え、これまで発売された従来のプラレールの一部のレールと情景部品、さらにTOMIXやシリーズなどのNゲージ用のやアクセサリーも使用可能であり、鉄道模型のようにを作ることもできる。 提案を出した時期は2010年の春頃であった。 このきっかけは2001年に発売された「タイムステーションD51」のモノレールとされる。 プラレールアドバンス車両一覧 [ ] タカラトミーから発売されているプラレールアドバンスの車両一覧である。 (平成24年)9月発売の車両からは一部に連結機構が採用され、2編成併結した8両編成での走行も可能になった。 なお、8両編成で走行する時は連結されている車両も動力車のスイッチを入れて、同じ向きに合わせる必要がある。 ストップレールで停車する時はタイミング良く同時にレバーを停車し、発車する時はレバーを同時に発車させる必要がある。 (平成25年)8月発売からは専用の橋脚と坂直線レールの採用により、坂や立体交差などのレイアウトが作成可能になり、専用の橋脚で橋脚下にレールを敷けるようになった。 (平成26年)10月発売からIRコントロールユニット ACS で赤外線での遠隔操作ができるようになり、発車、加速、減速、停車、前後進、バンド切り替えが思いのままに操作できるようになった。 また、ここから、このシステム対応車両が続々登場する。 (平成28年)7月発売からアドバンスリンクシステム ALS でたくさんの車両をコントロールできて、プラレールアドバンスの特徴であるすれ違いが増えるようになる。 このシステムは、第3弾まで発売している。 車両単品の通常枠は、2012年12月発売分時点での18種が上限となり、2013年8月以降は、新製品が投入される毎にナンバリングの重複する旧製品が販売終了となった。 車種は、初期は東海道・山陽新幹線の車両が多くラインナップされていたが、2013年以降、徐々にJR東日本の新幹線・首都圏在来線の車両を中心としたラインナップに移行していった。 発売された車両 [ ] 編成車両(4両編成) 2011年10月14日発売• AS-01 【N700A新幹線と置き換えで販売終了】• AS-02 【E5系新幹線はやぶさ(連結・ACS対応)と置き換えて販売終了】• AS-03 3000番代【923形3000番代ドクターイエロー(ACS対応)と置き換えて販売終了】• AS-04 【E231系500番台山手線(ACS対応)と置き換えて販売終了】• AS-05 特急電車(雷鳥)【レッドサンダーと置き換えで販売終了】• AS-06 ()【E3新幹線とれいゆ(連結・ACS対応)と置き換えて販売終了】• 3000番代新幹線(N700系3000番代新幹線 スターターセット)【エントリーセットに置き換えられ販売終了】 2012年4月21日発売• AS-07 【近鉄観光特急しまかぜと置き換えて販売終了】• AS-08 【C57 1号機 SLやまぐち号と置き換えで販売終了】• AS-09 【寝台特急カシオペアと置き換えて販売終了】• AS-10 N700系新幹線 みずほ・さくら【N700系新幹線みずほ・さくら(ACS対応)と置き換えて販売終了】• AS-11 【E233系京浜東北線(ACS対応)と置き換えて販売終了】• AS-12 【京成スカイライナーと置き換えて販売終了】• 2012年9月29日• AS-13 (連結仕様)【先頭車用の連結パーツを同梱】【E3系新幹線0番代(連結・ACS対応)と置き換えて販売終了】• AS-14 (連結仕様)【先頭車用・後尾車用の連結パーツを同梱】【D51 200号機と置き換えて販売終了】• AS-15 (連結仕様)【先頭車用・後尾車用の連結パーツを同梱】【E259系成田エクスプレス(連結・ACS対応)と置き換えて販売終了】• (E5系新幹線 連結&複線ポイントレールセット)【後尾車用の連結パーツを同梱】 片方の連結パーツのみ同梱されている車両は単体では連結できず、別売りの連結仕様の車両がないと連結できない。 2012年12月28日発売• AS-16 (連結仕様)【先頭車用・後尾車用の連結パーツを同梱】【E4系新幹線(連結・ACS対応)と置き換えて販売終了】• AS-17 (連結仕様)【先頭車用の連結パーツを同梱】【E235系山手線(ACS対応)と置き換えで販売終了】• AS-18 【E233系湘南色と置き換えて販売終了】• &(E2系やまびこ・E3系つばさ 連結&ガイドレールセット) ガイドレールが2セット付属し、連結パーツはE2系やまびこには後尾車用、E3系つばさには先頭車用を同梱。 2013年4月12日発売(一般販売は2013年7月25日発売)• スペシャルエディション E231系500番台みどりの山手線 一般販売されるまでは通信販売サイトのタカラトミーモール、プラレールショップの全店で先行販売されていた。 2013年8月3日発売• AS-09 【京浜急行新1000形アルミ車(ACS対応)と置換えで販売終了】• スペシャルエディション EF510 寝台特急カシオペア(北斗星色) EF510の色を北斗星色に変更したもの。 AS-12 【阪急1000系と置き換えで販売終了】• (E6系新幹線 連結&立体交差レールセット)【先頭車用の連結パーツを同梱】 2013年10月24日発売• AS-01 【N700A新幹線のぞみ(ACS対応)と置き換えて販売終了】• AS-05 3両目と4両目の貨物コンテナは積み替え可能で、従来のプラレールになかった中央にも積み替え可能(2両目は動力車になっており、コンテナは固定されている)。 TOMIXや用などのNゲージ用のコンテナを搭載することはできない。 2013年12月27日発売• AS-07• AS-18 【E233系湘南色(ACS対応)と置き換えて販売終了】 2014年6月12日発売• AS-08• (D51 200号機 蒸気機関車 エントリーセット)• スペシャルエディション 2014年10月11日発売• (W7系北陸新幹線かがやき IRコントロールセット) 2014年10月30日発売• AS-02 (連結仕様・ACS対応)【後尾車用の連結パーツを同梱】• AS-03 923形3000番代(ACS対応)• AS-04 (ACS対応)• AS-13 (連結仕様・ACS対応)【先頭車用の連結パーツを同梱】• ACS-01 IR コントロールユニット 2014年12月26日発売• AS-10 N700系新幹線みずほ・さくら(ACS対応)• AS-11 E233系京浜東北線(ACS対応) 2015年4月23日発売• AS-06 E3系新幹線とれいゆ(連結・ACS対応)• AS-18 E233系湘南色(ACS対応) 2015年6月25日発売• E3系新幹線つばさ・E2系新幹線連結セット 2015年7月16日発売• AS-14 D51 200号機(ACS対応)D51 200号機 蒸気機関車 エントリーセットのD51 200号機の単品版 2015年10月8日発売• 超電導リニアL0系高架レールセット 2015年11月5日発売• AS-15 E259系成田エクスプレス(連結・ACS対応)• AS-16 E4系新幹線(連結・ACS対応) 2015年11月21日発売• E6系新幹線こまち IRコントロールセット 2016年4月2日発売• AS-01N700A新幹線のぞみ(ACS対応) 2016年6月23日発売• AS-17E235系山手線(ACS対応)• H5系新幹線 連続発車ステーション• 連続発車ステーション 2016年8月4日発売• AS-09 京浜急行新1000形アルミ車(ACS対応)• 交互発車ステーション 2016年11月3日発売• 全線発着!トレインラッシュターミナル 2016年12月28日発売• AS-12 阪急1000系(ACS対応) 発売が予定されていた車両 [ ]• 323系大阪環状線(ACS対応) 2017年上半期に発売が予定されていたが(雑誌などに試作品も掲載されていた )、2017年4月に公式サイト上で発売中止が発表された。 プラレールアドバンス専用レール・情景部品 [ ] 坂直線レールと橋脚以外はプラレールアドバンス専用で、従来のプラレールでは使用できない。 AR-01 ストップレール(プラレールアドバンス専用架線柱2本付属)• AR-02 クロスポイントレール(プラレールアドバンス専用架線柱2本付属)• AR-03 ガイドレール• AR-04 ターンアウトレール(プラレールアドバンス専用車止め2個付属)• AR-05 複線ポイントレール(プラレールアドバンス専用架線柱2本付属)• AR-06 坂直線レール(1 - 3段目までの橋脚を2個ずつ付属) 坂直線レールを6本入り。 2段目の橋脚はミニ橋脚の2段分と同じ高さだが、固定されたもので取り外しはできない。 坂直線レールと付属の橋脚は、従来のプラレールでも使用可能。 AJ-01 対向式駅 公式記載はないものの、対向式駅は各種橋脚上に設置したり、背中合わせにして島式ホームとすることができる。 ホームの延長も可能。 AJ-02 橋脚 ミニ橋脚の3段目に相当する橋脚を6個入り。 ブロック橋脚では橋脚下にレールを敷いて走行できなかったが、専用の橋脚はレールを敷いて走行できる(レールを中心に敷く必要がある)。 AJ-03 跨線橋 ミニ橋脚の3段目に相当する高さとなっている。 上のパーツは取り外すことができ、跨線橋の上側に駅を設置したり、立体交差の駅を跨線橋で行き来できるような形にしたりできるようになった。 使用可能なプラレールのレール・情景部品 [ ] ポイントの付いたレールはすべて走行不可、また傾斜のあるレールは基本的に下りでしか使えない。 使用可能レール部品 [ ]• R-01 直線レール• R-03 曲線レール• R-04 複線直線レール(付属の架線柱は使用不可)• R-05 複線曲線レール(付属の架線柱は使用不可)• R-07 2倍直線レール• R-09 複線外側曲線レール• R-21 2倍曲線レール• R-26 高架直線レール(橋脚下に敷いたレールは走行不可)• R-27 高架曲線レール(橋脚下に敷いたレールは走行不可)• ECO エコ直線レール• ECO エコ曲線レール 使用可能情景部品 [ ]• J-01 トンネル• J-02 のびるトンネル• J-03 小さな鉄橋• J-09 車庫• J-14 ブロック橋脚(橋脚下に敷いたレールは走行不可)• J-15 ミニ橋脚• J-22 複線ブロック橋脚(橋脚下に敷いたレールは走行不可)• ECO エコブロック橋脚(橋脚下に敷いたレールは走行不可)• このほか、セット品に含まれていた複線外側高架曲線レール、高架トンネル、切通しレールなどが使用できる。 使用可能なTOMIXの情景部品 [ ] トミーテックの公式ホームページでは、 「プラレールアドバンスとトミックスの建物(ストラクチャー)を組み合わせて、さらに発展したあそびを楽しんではいかがですか!? 」と記述され、TOMIX用のストラクチャーの一部が流用できると説明されている。 4006 わらぶき農家• 4008 商店セット• 4013 近郊住宅• 4015 角店セット• 4018 総合ビル• 4019 中型ビル• 4026 アパート• 4027 郊外型レストラン(和風)• 4028 郊外型レストラン(洋風)• 4034 マンション• 4035 ペンション• 4038 パチンコ店• 4039 郊外店• 4042 商業ビルA• 4043 商業ビルB• 4044 商業ビルC• 4045 大型ビル(ダークグレー)• 4048・4049 ラウンドビルセット• 4050・4051 スクエアビルセット• 4062・4063・4070・4071 コンビニエンスストア• 4064・4065・4068・4069 ガソリンスタンド なお、ホームページに記述はないものの、同じくトミーテックから発売されているシリーズについては、、、およびの商品を除き併用が可能であり、他のメーカーのNゲージ用のストラクチャーやアクセサリーも同様である。 出典 [ ] [].

次の

プラレールアドバンス

プラレールアドバンス

概要 2011年に登場した、の姉妹商品。 対象年齢は 6歳以上。 鉄道模型並みの大きさで、プラレールのレール片側を走行する 現行のレールを複線として走行。 現在まで、車両、専用レール、専用情景、セット品が発売されている。 後述するが、連結やリモートコントロールが可能となったので、文字通り「進化」したといえるだろう。 車両は主に、、、などが発売されている。 プラレール当初の基準のサイズというものは果たせなくなった。 このためトミカと比べるとだいぶ小さい。 ただ、のコンテナをトミカので運ぶ場合には良いサイズだと思われる。 との違い 車体が小さくなり、4両となったが、車両の長さ自体は3両のプラレール車両とほぼ同じである。 Nゲージ感覚で楽しむことができるので「大人のプラレール」というキャッチフレーズもあった。 ディテールも鉄道模型並みにリアルで、初期生産商品のほとんどには、なんと 方向幕や 車両番号まで印刷で表示するという徹底ぶりを見せた。 現在は行き先や列車番号は印刷されていないものが多い。 ただし、レールの片側を走行する関係上、通常のプラレールよりも脱線しやすいというリスクも伴う。 レールをつなげるときは、段差やレールとレールの間を開けないようにすることが重要。 進化1:連結 違う車両同士を連結して走行させることが可能。 セット品、単品商品に連結パーツがついており、交換することで連結を楽しむことが出来る。 マグネット式ではなく、完全手動である。 なお、2車両を連結・走行させるので、電池も2車両分必要となる。 連結を前提とした2車両が現在もセット販売されている。 進化2:IRコントロール 2014年10月、プラレールアドバンスをコントロールすることができる「IRコントロールユニット」が登場。 IRコントローラーで、車両の前後進・加減速 スピード各15段階 、急停車などの操作が可能。 対応車両は「かがやき」をはじめ、、、などが登場。 今後発売される車両も基本はIR対応になると思われる。 またIRコントロール対応車両は、パッケージに「ACS対応」と赤いマークで記載されているので分かりやすい。 進化3:ALS ALSはアドバンス・リンク・システムの略である。 これまでのプラレールはそれぞれの車両がここで動いていたが、それを同じ車両を使用したままでレイアウト内の車両を連動させることができるようになった。 今回は駅のセンサーで列車を感知する方式なのでACS非対応車でも使えると思われる 未検証。 注意 連結仕様車両のカバーパーツと連結パーツは小さいので紛失には注意。 安定走行させるために、モーター車以外にもおもりが乗っている。 これを外してしまうと軽くなりすぎて脱線しやすくなるので注意。 また、電池は入れたままにしていると、液漏れ等の事故につながるので、遊んだあとは面倒でも電池を外しておこう。 プラレールには破損した時のための連結パーツが別売りされているが、プラレールアドバンスでは別売りされていないので、破損しても交換ができない 使用しない車両から拝借すればできないこともないが・・・。 なので車両を繋げる際は丁寧に行おう。 暗雲… ところが、2016年末を最後に新製品の発表が途絶え、発売が予定されていたが発売中止になるなど、暗雲が立ち込めていたが、公式サイトが1年近く更新がないため、とみても間違いないだろう。 現在、店舗で販売されているものはアウトレットだと思ったほうが良い。 というか店舗でさえプラレールアドバンスの姿を見ることが少なくなってきた。 そもそも完全に忘れ去られている店舗もあれば、少量の車両が置いてある程度である。 ごくまれに情景などの商品をほぼすべて置いてある店舗もあるが。 結局、「成長したユーザーは本式の鉄道模型へと進んでしまう」という幾多のリアル系鉄道玩具の轍をふんでしまったのだろうか。 レール・情景部品 のレールや情景部品はほとんど使用可能。 ただし、明らかに脱線するようなレール ターンアウトレール等 については、専用のレールを販売している。 情景部品は駅関連のもののみ。 少し高いが好みで鉄道模型用の建物などを加えても面白いだろう。 というかが公式で推奨していた。 余談 車両単品で「スペシャルバージョン」が発売されていた。 対象車両は• 7000番台• 寝台特急 がカラー の2車種。 今後色違いなどのバーションが発売されるのかどうかは不明。 関連リンク プラレールアドバンスオフィシャルサイト 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

プラレールアドバンス (ぷられーるあどばんす)とは【ピクシブ百科事典】

プラレールアドバンス

概要 2011年に登場した、の姉妹商品。 対象年齢は 6歳以上。 鉄道模型並みの大きさで、プラレールのレール片側を走行する 現行のレールを複線として走行。 現在まで、車両、専用レール、専用情景、セット品が発売されている。 後述するが、連結やリモートコントロールが可能となったので、文字通り「進化」したといえるだろう。 車両は主に、、、などが発売されている。 プラレール当初の基準のサイズというものは果たせなくなった。 このためトミカと比べるとだいぶ小さい。 ただ、のコンテナをトミカので運ぶ場合には良いサイズだと思われる。 との違い 車体が小さくなり、4両となったが、車両の長さ自体は3両のプラレール車両とほぼ同じである。 Nゲージ感覚で楽しむことができるので「大人のプラレール」というキャッチフレーズもあった。 ディテールも鉄道模型並みにリアルで、初期生産商品のほとんどには、なんと 方向幕や 車両番号まで印刷で表示するという徹底ぶりを見せた。 現在は行き先や列車番号は印刷されていないものが多い。 ただし、レールの片側を走行する関係上、通常のプラレールよりも脱線しやすいというリスクも伴う。 レールをつなげるときは、段差やレールとレールの間を開けないようにすることが重要。 進化1:連結 違う車両同士を連結して走行させることが可能。 セット品、単品商品に連結パーツがついており、交換することで連結を楽しむことが出来る。 マグネット式ではなく、完全手動である。 なお、2車両を連結・走行させるので、電池も2車両分必要となる。 連結を前提とした2車両が現在もセット販売されている。 進化2:IRコントロール 2014年10月、プラレールアドバンスをコントロールすることができる「IRコントロールユニット」が登場。 IRコントローラーで、車両の前後進・加減速 スピード各15段階 、急停車などの操作が可能。 対応車両は「かがやき」をはじめ、、、などが登場。 今後発売される車両も基本はIR対応になると思われる。 またIRコントロール対応車両は、パッケージに「ACS対応」と赤いマークで記載されているので分かりやすい。 進化3:ALS ALSはアドバンス・リンク・システムの略である。 これまでのプラレールはそれぞれの車両がここで動いていたが、それを同じ車両を使用したままでレイアウト内の車両を連動させることができるようになった。 今回は駅のセンサーで列車を感知する方式なのでACS非対応車でも使えると思われる 未検証。 注意 連結仕様車両のカバーパーツと連結パーツは小さいので紛失には注意。 安定走行させるために、モーター車以外にもおもりが乗っている。 これを外してしまうと軽くなりすぎて脱線しやすくなるので注意。 また、電池は入れたままにしていると、液漏れ等の事故につながるので、遊んだあとは面倒でも電池を外しておこう。 プラレールには破損した時のための連結パーツが別売りされているが、プラレールアドバンスでは別売りされていないので、破損しても交換ができない 使用しない車両から拝借すればできないこともないが・・・。 なので車両を繋げる際は丁寧に行おう。 暗雲… ところが、2016年末を最後に新製品の発表が途絶え、発売が予定されていたが発売中止になるなど、暗雲が立ち込めていたが、公式サイトが1年近く更新がないため、とみても間違いないだろう。 現在、店舗で販売されているものはアウトレットだと思ったほうが良い。 というか店舗でさえプラレールアドバンスの姿を見ることが少なくなってきた。 そもそも完全に忘れ去られている店舗もあれば、少量の車両が置いてある程度である。 ごくまれに情景などの商品をほぼすべて置いてある店舗もあるが。 結局、「成長したユーザーは本式の鉄道模型へと進んでしまう」という幾多のリアル系鉄道玩具の轍をふんでしまったのだろうか。 レール・情景部品 のレールや情景部品はほとんど使用可能。 ただし、明らかに脱線するようなレール ターンアウトレール等 については、専用のレールを販売している。 情景部品は駅関連のもののみ。 少し高いが好みで鉄道模型用の建物などを加えても面白いだろう。 というかが公式で推奨していた。 余談 車両単品で「スペシャルバージョン」が発売されていた。 対象車両は• 7000番台• 寝台特急 がカラー の2車種。 今後色違いなどのバーションが発売されるのかどうかは不明。 関連リンク プラレールアドバンスオフィシャルサイト 関連タグ 関連記事 親記事.

次の