背中 ニキビ カビ。 背中や胸のニキビが、実はカビのマラセチア菌が原因!? │ TREND STYLE

背中ニキビ(身体ニキビ)の症状・原因|くすりと健康の情報局

背中 ニキビ カビ

気がつくとたまに顔をだす背中の赤いブツブツ キレイにしているのに、なんでできるの? なぜか、たまに背中や首・デコルテなどにできてしまう「赤いブツブツ」。 とくに背中は普段見えない場所だからこそ、見つけてしまったらなおさら気になってしまいますよね。 しかも、できているときは気づかなかったけど、後々見てみたらしっかりと跡が残ってた!なんてことも。 一見ニキビのようにも見える、これ。 実はいわゆる 普通のニキビとはできる原因が違うようです。 ニキビは毛穴の詰まりと皮脂が原因といわれています。 肌のターンオーバーがうまくいかないと、過剰な皮脂が発生して毛穴が詰まって排出されるはずの皮脂がどんどんたまっていく・・・という悪循環に。 すると、その皮脂を栄養とする「アクネ菌」がより繁殖してしまい、炎症を起こして発疹ができてしまいます。 これが、ニキビです。 一方、背中やデコルテなどからだにできる赤いブツブツは、主に「毛のう炎(毛包炎)」と呼ばれる皮膚の病気で、「黄色ブドウ球菌」などの細菌の他に、 「真菌」というカビの一種が原因で起こることも多いといわれています。 具体的には、細菌や真菌(カビ)が毛穴の奥の毛包という皮膚組織層まで侵入し繁殖することで、毛穴のある場所にボツボツした発疹ができ、周囲に赤みが見られるようになります。 こういった赤いブツブツ、これがいわゆる「からだニキビ(毛のう炎)」です。 でも、毎日きちんとお風呂に入っているのに、なんでカビ?って思っちゃいますよね。 「からだニキビ」を引き起こす原因の細菌や真菌(カビ)は、実は普段から健康な皮膚の表面にいる常在菌なのです。 だからこそ、誰にでも発症する可能性があるのです。 つまり清潔にしていたとしても、夏に強い紫外線を浴びたり、冬の暖房によって肌が乾燥したり、または体内環境の乱れで肌の免疫機能が低下してしまったりすると、 常在菌の均衡バランスが崩れて細菌や真菌(カビ)が必要以上に増殖し、からだニキビが発症してしまうことがあるというわけです。 汗をかきやすい夏場や、肌が乾燥しやすい冬場など、季節に関係なく発症するのも特徴のひとつです。 「ニキビのようなものだし、ま、いいか」と適当に放置していると、 悪化して痛みをともなうおできになったり、跡が残ってしまうケースもあるため、早め早めにケアすることを意識するようにしましょう。 ケアをしているのに、赤いブツブツが治らない! どんな薬が効くの? そもそも、背中や胸の中央部分はほかの場所に比べて皮脂腺が多く、皮脂分泌が盛んなため、「からだニキビ」ができやすい部位ともいわれています。 また、背中は普段目にする機会が少ないので、どうしても症状を見過ごしてしまいがち。 しかも、放置しておくとなかなか治りにくいのがからだニキビの厄介なところだったりします。 背中やデコルテにからだニキビを見つけたら、 すぐにOTC医薬品を使ってセルフケアをするようにしましょう。 前述のとおり、アクネ菌が原因で起こる一般的なニキビと背中にできる赤いブツブツは、原因となる菌が違う場合があるので、原因菌に「効果がある」成分が入った市販薬を正しく選ぶことがポイントです。 たとえば、 「クロマイ-N軟膏」というお薬は、からだニキビをはじめとする皮膚トラブルの様々な原因菌に効果を発揮してくれます。 からだニキビの原因菌には細菌と真菌(カビ)がありますが 「クロマイ-N軟膏」には細菌に効く2つの抗生物質と、抗真菌成分の「ナイスタチン」が配合されており、皮膚組織内での細菌や真菌(カビ)の繁殖を抑え、からだにできた赤いブツブツを改善してくれるのです。 薬を使ったセルフケアと並行して、からだニキビができないように普段から予防しておくことも大事です。 意外と盲点なのが、お風呂やシャワー時の石鹸やシャンプーなどの洗い残し。 背中も含めてからだの汚れをしっかりと洗浄することを意識してください。 このときにオススメしたいバスアイテムとして、低刺激性の薬用洗浄料 「クリアレックスWi」があります。 殺菌成分と消炎成分が清潔な皮膚環境を作り、肌荒れなどのトラブルを予防してくれます。 そして肌の乾燥を防ぐために、入浴後に保湿することも習慣化させたいものです。 疲れや睡眠不足、ストレスによるホルモンバランスの乱れも、からだニキビの発症に大きく関与しているので、規則正しい生活を送ってホルモンバランスを整えることも予防ケアのひとつです。 それでもできてしまったら、 「クロマイ-N軟膏」の出番です。 これからの季節、肌の露出も少しずつ増えてくるので、からだにできた赤いブツブツはしっかり治しておしゃれを楽しみましょう。

次の

背中や首・デコルテにできたニキビのような「赤いブツブツ」、実は『カビ(真菌)』が原因かも!?(Vol.26)|健康美塾|第一三共ヘルスケア

背中 ニキビ カビ

いつもならすぐ治るはずのニキビがなかなか治らなかったり、ニキビ薬を塗っているのに変化なし、という方、実はそれニキビではないかもしれません。 原因はなんと「カビ」の可能性があるのです! このカビとは「マラセチア菌」という誰の肌にも存在する「常在菌」。 マラセチア菌による吹き出物は「マラセチア毛包炎」と呼ばれており、普段は悪さをしません。 しかしある原因によってニキビのようなブツブツができてしまうのです。 マラセチア菌による吹き出物とニキビの違いとは? マラセチア菌には、いろいろな種類があります。 マラセチア・ダーマティス、マラセチア・レストリクタ、マラセチア・グロボーサ、マラセチア・シンポディアリス、マラセチア・ファーファーがあり、これらの菌は健康な肌なら存在していても問題がなく、むしろ肌を弱酸性に整えて肌のコンディションを保つ役割をしてくれます。 では、マラセチア菌と普通のニキビの原因となるアクネ菌の違いは何でしょうか? アクネ菌が原因の通常のニキビの場合、ニキビの中には皮脂やアクネ菌などの雑菌が詰まった芯があります。 この芯を除去したり、芯が小さくなることで普通のニキビならやがて治ります。 しかしマラセチア菌が原因の吹き出物の場合、ブツブツの中に芯はありません。 放っておいても治ることはまずなく、ニキビのように大きくなることもありません。 このマラセチア菌によるニキビの特徴は、普通のニキビよりも小さく広範囲に広がっていることが多いです。 アクネ菌によるニキビ 出典: 普通のニキビは一カ所に単体、または数個できることが多いです。 マラセチア毛包炎による吹き出物 出典: マラセチア毛包炎の場合は、小さな吹き出物が広範囲にできる傾向があります。 マラセチア菌がブツブツを作ってしまう原因は? マラセチア菌によってニキビのようなブツブツができてしまう原因は、皮脂や汗だと言われています。 一般的に皮脂や汗が多くなる夏に症状が悪化する人が多く、皮脂が好物のマラセチア菌が増加し、症状が現れることが多いです。 また、オイリー傾向の人にも多く存在するため、ニキビなのかマラセチア菌による毛包炎とよばれるものなのか、見極めることが大切になります。 間違ったケアでニキビ薬ジプシーになった私の経験 私は高校生のころ、ニキビをはじめとした吹き出物にずっと悩まされていました。 当時は「吹き出物=ニキビ」だと思っていたので、ニキビができたら洗っておけばいいと思い、ニキビ用の洗顔料を使いごしごしと洗っていました。 強い洗浄力の洗顔料を使用した影響で肌がガサガサになり、ニキビも一向によくなりません。 他のニキビ薬を試しても治らず、イライラしてぶつぶつを引っ掻き、肌が真っ赤になってしまうこともありました。 見かねた親に連れられて皮膚科に行ったら、「いわゆるニキビではなくてカビです」と言われて大ショック!でも「すぐ治りますよ」と言われてほっとしました。 抗菌剤の軟膏を処方され塗るようになったら、いつの間にか治っていました。 この時、医師から「ニキビケアでは治らないから気を付けてくださいね」と言われました。 ニキビだと思っている人は、一度カビを疑ってみるといいかもしれません。 マラセチア菌による毛包炎ができやすい場所はどこ? マラセチア菌が原因の毛包炎ができやすいのは、顔(額やこめかみ)や頭皮、首、背中、胸など、皮脂が比較的に多い場所です。 さらに、マラセチア毛包炎は温熱の影響で出現するとされているため、特に夏場の気温が高く、湿気の多い時期などは注意が必要です。

次の

マラセチア菌が原因で背中ニキビが出来る?市販薬で治せる?

背中 ニキビ カビ

食生活・生活習慣を改善しているのに背中ニキビが治らない• ニキビケア薬品を使っているのに背中ニキビが治らない ニキビ対策を行っているのにも関わらず、背中ニキビが治らないという場合…もしかすると 背中のブツブツはマラセチア菌によってできる マラセチア毛包炎かもしれません… マラセチア菌とは肌カビの一種で、顔・頭・胸・背中など皮脂の多い場所を好みます。 誰の皮膚にでもいるこのマラセチア菌が背中ニキビの原因になることがあります。 マラセチア菌は普段は人畜無害で優しい奴なんですが、増殖しすぎると肌にトラブルを引き起こす厄介な奴なんです。 普段温厚で優しい人が怒るとめちゃ怖いってやつですね。 マラセチア菌による代表的な疾患は以下の2つです。 ニキビだと思っていた奴が実はカビでした~なんてそんなのあり? コラージュフルフルと出会うまでは僕がコレまで行ってきたニキビ対策を記述してありますが、飛ばしても問題ありません。 コラージュフルフルとの出会うまで 僕はこれまで様々な背中ニキビ対策を行ってきました。 それらを紹介していきたいと思います。 背中ニキビが無視できない程増えてしまい、かかりつけの皮膚科に行きました。 「ひきにくさ~ん」と美しい看護士が呼ぶので診療室に入り、服を捲り上げ背中を見せました。 「なるほど~ニキビだねえ」「薬出しときますね」その間わずか1分。 仕事早い。 紛れもない名医です。 診察代を払い、ニキビ患者にはおなじみの外用薬 「ディフェリン」と 「ダラシン」を渡されました。 それから毎日 「ディフェリン」と 「ダラシン」を塗り続けましたが、背中ニキビが一向に良くなることはありませんでした。 顔ニキビには抜群の威力を誇った最強ツートップ外用薬が背中ニキビには通用しませんでした。 コイツです。 開封した瞬間病院のあのエタノール臭がぽわわわ~んと香ってきたので、コイツは期待できる!と胸を高鳴らせました。 それから毎日コイツをボディタオルで泡立てて全身を洗い。 入浴後には化粧水をつけて保湿していましたが結果は可もなく不可もなく… 結局この商品は効果があるのかないのかもいまいちわかりませんでした。 ただこの当時は基本的に毎日シャワーで、雑に体を洗っていたことと、ボディタオルで背中をごしごしと洗っていたのが肌に悪かったではとも思います…。 故にこいつの真のパワーは測れていません。 力こそパワー やり方はいたって簡単。 どう見てもニキビだろ!なんだよカビって…バカにするんじゃないよ! どのニキビ対策の記事を読んでもこれさえすれば治ると書いてあるが実践しても治らない。 ふざけるなよ そんなぶつけようのない怒りが溢れていました。 社会人になり金銭的に余裕ができたので僕は長年の背中ニキビとの戦いに終止符を打つべく動き出しました。 その一手目が「 コラージュフルフル」でした。 ボディーソープに2500円って高すぎません?と思いながら意を決して購入しました。 翌日自宅に商品が届き、早速使い始めることに! ちなみに先日紹介した泡立て器ほいっぷるんを使って泡立ててから、全身を手でなでるように洗っています。 ダイソーで売ってるはずので探してみてね このコラージュフルフルですが、 使い始めて2週間ほどで背中ニキビは確実に減り、新しい背中ニキビができにくくなりました。 コレで洗顔もしているのですが小鼻の赤みも薄くなりました。 これまで色々試してきた中で全く良くならなかったことを考えるとすごい効果です。 ここで僕はいままでニキビだと思っていたできものは 本当はカビだったんだ!と実感することができました。 だから 背中ニキビに悩んでいるなら是非コラージュフルフルを使ってみて!と自信を持って言えます! 価格の割には量が少ないのが欠点ですが… しかしほいっぷるんを使って泡立てれば1プッシュで全身洗えますし、約245プッシュできるそうなので 一日1プッシュで約半年、 2プッシュで約3か月持ちます。 泡立て器を使った場合はむしろコスパも良いのでは…?????.

次の