ひな祭り レシピ 簡単 おかず。 ひな祭りメニューでちらし寿司以外のおかずは何にする?子供が喜ぶアイデア20選

ひな祭り料理は簡単おかずをプラス!揚げ物&サラダレシピ12選

ひな祭り レシピ 簡単 おかず

ひな祭り料理の付け合わせ、おかず、雛祭りの夕飯献立。 人気・定番・簡単!ひな祭りに合う料理と副菜レシピ。 ひな祭りの献立は「ちらし寿司」と「ハマグリのお吸い物」が定番です。 雛祭りのちらし寿司に、もう1品!子供が喜ぶお祝いの付け合わせは、日本の伝統料理の菜の花のお浸し、茶わん蒸し、山菜の天ぷらが雛祭りのお祝いらしい料理です。 ひな祭り料理の付け合わせ、献立を徹底的に解説しています ひな祭りの付け合わせ、人気・定番・簡単!ひな祭りに合う料理&おかずレシピは?• ひな祭りの日、お祝いの夕食はどんなメニュー?• 子供が喜ぶ雛祭りの献立、付け合わせ特集!!! 雛祭りの食べ物と言えば、ひし餅や雛あられを思い浮かべますよね。 デザート系のおやつではなく、夕食の献立はどうでしょうか。 雛人形と桃の花を飾り、白酒と一緒に食事をしてお祝いをするのが、雛祭りですよね。 雛祭りの献立と付け合わせまでを解説しています• 雛祭りは、桃色(=厄払い、魔除け)、白(=浄化)、緑(=健康、長寿)の意味があり、雪(白)がとけて大地に草(緑)が芽生え、桃の花(桃色)が咲くっと春を待ちわびることも意図しています。 ちらし寿司は、全ての色がはいってますよね。 だから、雛祭りに相応しいメイン料理なのです。 対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。 つまり、ひな祭りにハマグリを食べる意味は、仲の良い夫婦、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物だからです• 番外編「お吸い物にハマグリを使わず、はまぐりの酒蒸しを作るのもあり!」 ハマグリは縁起ものです。 絶対に、お吸い物につかわなければならない訳ではありませんが、お吸い物となると、一人ずつ用意しますよね。 貝類が苦手な人もいるので、おもてなしの時などは、お吸い物にハマグリを使わず、はまぐりの酒蒸しを、みんなで取りあって食べる形式にする方が無難です ひな祭りの献立!ちらし寿司とお吸い物に、もう1品、何を付け合わせる?• ひな祭りの付け合わせ「菜の花のお浸し」• ひな祭りの付け合わせ「茶わん蒸し」• ひな祭りの付け合わせ「だし巻き卵」• ひな祭りの付け合わせ「山菜の天ぷら」• ひな祭りの付け合わせ「レンコンの金平」• ひな祭りの付け合わせ「焼きアナゴ」• 番外編「男の子もいる家庭は、唐揚げを作ろう。 女の子のお祝いにスネちゃうのを防止」 ひな祭りは、女の子のお祝いです。 小さい男の子と女の子がいる家庭では、自分をかまってくれない!とお兄ちゃんの方が、ふてくされてしまうことも!?女の子のお祝いごとですが、念の為、男の子が喜ぶおかずも作りましょう。 そんな時は、唐揚げが一番、いいですが、意外と焼き鳥も相性が良いです。 焼き鳥ちらし寿司があるぐらいです。 ひな祭りの料理は全般的に、タンパク質が不足しがちなので、チキンがあるとしっくりきますね.

次の

ひな祭りに食べたい人気・簡単レシピ。桃の節句に子供と一緒に作りたいちらし寿司&ケーキレシピ10選

ひな祭り レシピ 簡単 おかず

もくじ• ひな祭りのちらし寿司レシピ 簡単に作るとしたら? まず、ちらし寿司用のごはんは、通常より少し硬めに炊きましょう。 炊き上がったらおひつに移すと良いですが、ない場合はボウルなどに移します。 そこへ、市販の寿司酢を適宜振り入れ、切り混ぜます。 しゃもじでご飯を切り分けるようにしながら、上下をひっくり返すとおいしく混ぜられますよ。 ですが、あまりしっかり混ぜすぎると「酢飯キリタンポ」になりかねませんので、ご注意をw さぁ、これですし飯ができました。 以下、 おすすめの具を挙げてみますね。 お寿司なんだから、やっぱ寿司ネタがおいしい! 貝柱やイクラ、イカなど、みんなが大好きなお刺身を乗せましょう。 カニ身やマグロの赤身などを使うと、見た目も華やかになりますね。 すし飯の上に細切りの海苔を散らし、その上へ 「絵を描くように」盛り付けるとかっこよくでき上がりますよ。 アート気分で配置してみてください。 また、イクラやウニなど、崩れてバラバラになってしまいそうな具は、大葉(シソ)に乗せると香りも見た目もアップしますよ。 意外と煮物が合う! 椎茸やタケノコ、れんこん、にんじんなどは、けっこうちらし寿司に使われる具ですよね。 これ以外にも、厚揚げなど、煮物にしておいたものを並べてもヘルシーでけっこうおいしいのです。 前日に余った煮物やおでんなどがあれば、薄く切って乗せたり、細かくして混ぜてみてください。 簡単に味に深みが出せるので、なかなかオススメです。 そして、やはり仕上げにグリーンの色味を足すと、ぐっと素敵に見えます。 グリンピースやサヤエンドウ、水菜の葉っぱの部分などを添えてみてください。 ひな祭りレシピ 簡単なおかずのアイデア どこの家庭でも、ひな祭りにはちらし寿司を作ることが多いですが、合わせるおかずに悩むことも多いでしょう。 普段のおかずでも良いのですが、やはりひな祭りは見た目が大事ですので、焼肉や野菜炒めをそのまま出すと、華やかさがなくなってしまってちょっと寂しいものです。 そんな、ちらし寿司に合わせるおかずのポイントは、ご飯である主食が酸っぱいので 酢の物は作らないということと、見た目が良く子どもでも食べやすいものを選ぶ、ということですね。 簡単にできるレシピとしては、焼肉や野菜炒めの場合なら、炒めたものをレタスやサニーレタスに巻いて、お皿に盛りつけると華やかですし、食べやすくなります。 から揚げは小さめに揚げて、 一つ一つ楊枝やピックを指すと一気にパーティーメニューっぽく演出できます。 スティック状やサイコロ状に切って味付けしたものを焼きます。 焼いた後は海苔や薄焼き玉子を細く切ったもので巻きつけると、いつもと違った雰囲気になります。 ひな祭りは女の子のお祭りですが、おかずはなにか特別なものを、と考えなくても、 デコレーションや切り方などに注目するだけでお祭り気分が出せますよ。 ひな祭りレシピ 簡単なデザートのアイデア 華やかなちらし寿司と合わせるおかずが決まったところで、ひな祭りにはかわいらしく、女の子のお祭りをイメージさせられるような色合いのデザートを作ってみましょう。 この時期なら、 いちごが手に入りやすい食材です。 もちろん、そのままピックに刺して並べたり、チョコレートがけにしたりするのもいいですね。 ですが、それだけだと手抜きっぽく見えたり、ワンパターンに陥りがちです。 甘ずっぱくて色合いもひな祭りらしい、いちごのデザートレシピを知っておいても損はありません。 牛乳を鍋に入れて火にかけ、マシュマロを入れます。 甘さはマシュマロの甘さを基本に、足りなければ砂糖を追加してください。 牛乳の粗熱を取り、透明な器に入れて冷蔵庫で冷やして固めます。 冷やすとプルンプルンのブランマンジェ風になります。 冷やしてる間に、いちごを形が無くなるまでつぶしておきます。 2に、3のつぶしたいちごのソースを上からかけます。 その上から練乳をかけて甘さを調節してください。 あれば、ミントの葉っぱなどを上に乗せて飾りつけしてみましょう。 色合いは、牛乳の白といちごの赤が対比して、とてもきれいに見えます。 非常に簡単で、楽に見栄えの良いひな祭りのデザートができますので、ぜひ作ってみてください。 まとめ ひな祭りは、子供が喜ぶメニューにすればいいだけなので、いつもの味でも見せ方を変えるだけでOKなんですよね。 大人と違って・・・(笑) ちらし寿司の盛りつけも、丸い器に寿司飯を入れて、中華屋さんのチャーハンのように丸まった状態の上から適当に具材を乗っけただけでも、びっくりするほど可愛く見えちゃうんです。 いつものお食事でも、 「食べやすくカラフルに」をテーマにして、ひな祭りらしい華やかさを出してみてくださいね。

次の

ひな祭りの献立で簡単なものレシピ付きで紹介!メニューを時短で揃える!

ひな祭り レシピ 簡単 おかず

もくじ• ひな祭りのちらし寿司レシピ 簡単に作るとしたら? まず、ちらし寿司用のごはんは、通常より少し硬めに炊きましょう。 炊き上がったらおひつに移すと良いですが、ない場合はボウルなどに移します。 そこへ、市販の寿司酢を適宜振り入れ、切り混ぜます。 しゃもじでご飯を切り分けるようにしながら、上下をひっくり返すとおいしく混ぜられますよ。 ですが、あまりしっかり混ぜすぎると「酢飯キリタンポ」になりかねませんので、ご注意をw さぁ、これですし飯ができました。 以下、 おすすめの具を挙げてみますね。 お寿司なんだから、やっぱ寿司ネタがおいしい! 貝柱やイクラ、イカなど、みんなが大好きなお刺身を乗せましょう。 カニ身やマグロの赤身などを使うと、見た目も華やかになりますね。 すし飯の上に細切りの海苔を散らし、その上へ 「絵を描くように」盛り付けるとかっこよくでき上がりますよ。 アート気分で配置してみてください。 また、イクラやウニなど、崩れてバラバラになってしまいそうな具は、大葉(シソ)に乗せると香りも見た目もアップしますよ。 意外と煮物が合う! 椎茸やタケノコ、れんこん、にんじんなどは、けっこうちらし寿司に使われる具ですよね。 これ以外にも、厚揚げなど、煮物にしておいたものを並べてもヘルシーでけっこうおいしいのです。 前日に余った煮物やおでんなどがあれば、薄く切って乗せたり、細かくして混ぜてみてください。 簡単に味に深みが出せるので、なかなかオススメです。 そして、やはり仕上げにグリーンの色味を足すと、ぐっと素敵に見えます。 グリンピースやサヤエンドウ、水菜の葉っぱの部分などを添えてみてください。 ひな祭りレシピ 簡単なおかずのアイデア どこの家庭でも、ひな祭りにはちらし寿司を作ることが多いですが、合わせるおかずに悩むことも多いでしょう。 普段のおかずでも良いのですが、やはりひな祭りは見た目が大事ですので、焼肉や野菜炒めをそのまま出すと、華やかさがなくなってしまってちょっと寂しいものです。 そんな、ちらし寿司に合わせるおかずのポイントは、ご飯である主食が酸っぱいので 酢の物は作らないということと、見た目が良く子どもでも食べやすいものを選ぶ、ということですね。 簡単にできるレシピとしては、焼肉や野菜炒めの場合なら、炒めたものをレタスやサニーレタスに巻いて、お皿に盛りつけると華やかですし、食べやすくなります。 から揚げは小さめに揚げて、 一つ一つ楊枝やピックを指すと一気にパーティーメニューっぽく演出できます。 スティック状やサイコロ状に切って味付けしたものを焼きます。 焼いた後は海苔や薄焼き玉子を細く切ったもので巻きつけると、いつもと違った雰囲気になります。 ひな祭りは女の子のお祭りですが、おかずはなにか特別なものを、と考えなくても、 デコレーションや切り方などに注目するだけでお祭り気分が出せますよ。 ひな祭りレシピ 簡単なデザートのアイデア 華やかなちらし寿司と合わせるおかずが決まったところで、ひな祭りにはかわいらしく、女の子のお祭りをイメージさせられるような色合いのデザートを作ってみましょう。 この時期なら、 いちごが手に入りやすい食材です。 もちろん、そのままピックに刺して並べたり、チョコレートがけにしたりするのもいいですね。 ですが、それだけだと手抜きっぽく見えたり、ワンパターンに陥りがちです。 甘ずっぱくて色合いもひな祭りらしい、いちごのデザートレシピを知っておいても損はありません。 牛乳を鍋に入れて火にかけ、マシュマロを入れます。 甘さはマシュマロの甘さを基本に、足りなければ砂糖を追加してください。 牛乳の粗熱を取り、透明な器に入れて冷蔵庫で冷やして固めます。 冷やすとプルンプルンのブランマンジェ風になります。 冷やしてる間に、いちごを形が無くなるまでつぶしておきます。 2に、3のつぶしたいちごのソースを上からかけます。 その上から練乳をかけて甘さを調節してください。 あれば、ミントの葉っぱなどを上に乗せて飾りつけしてみましょう。 色合いは、牛乳の白といちごの赤が対比して、とてもきれいに見えます。 非常に簡単で、楽に見栄えの良いひな祭りのデザートができますので、ぜひ作ってみてください。 まとめ ひな祭りは、子供が喜ぶメニューにすればいいだけなので、いつもの味でも見せ方を変えるだけでOKなんですよね。 大人と違って・・・(笑) ちらし寿司の盛りつけも、丸い器に寿司飯を入れて、中華屋さんのチャーハンのように丸まった状態の上から適当に具材を乗っけただけでも、びっくりするほど可愛く見えちゃうんです。 いつものお食事でも、 「食べやすくカラフルに」をテーマにして、ひな祭りらしい華やかさを出してみてくださいね。

次の