まんびきかそぐ家族構成。 『万引き家族』は「家族の映画」でも「貧困の映画」でもなかった(真鍋 厚)

【万引き家族の結末】ラストで子供はどうなった?解釈や名前に隠された意味は?

まんびきかそぐ家族構成

もくじ• 「万引き家族」のあらすじ 是枝監督の映画「万引き家族」のあらすじは STORY 高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。 彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。 足りない生活費は、万引きで稼いでいた。 社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。 体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。 出典: 「万引き家族」の家族構成は• 柴田初枝・・・樹木希林さん• 柴田治・・・リリー・フランキーさん• 柴田信代・・・安藤サクラさん• 柴田亜紀・・・松岡茉優さん• 柴田祥太・・・城桧吏くん• 凛(じゅり)・・・佐々木みゆちゃん です。 予告動画はこちらです。 今日一日のことしか考えれないような、悲しい家族になった人たちの話です。 貧しさから抜け出せなくなったこの家族は、どのみち崩壊するしかなかったのでしょうが、虐待を受けていた少女を連れて帰ってしまったことから、急な坂を転げ落ちるように壊れ始めます。 では映画の最後はどんな結末になるのでしょうか? スポンサーリンク 「万引き家族」の結末 映画「万引き家族」の予告動画でもあったように、凛の虐待からの保護は誘拐となってしまい、祥太は万引きで捕まってしまいます。 そして結末はどうなるのでしょうか… 子どもたちはどうなる? 「万引き家族」の柴田家の子どもたちは• 柴田亜紀・・・松岡茉優さん• 柴田祥太・・・城桧吏くん• 凛(じゅり)・・・佐々木みゆちゃん ですが・・・亜紀は長女役だけど子供じゃないので、ここでは祥太と凛についてネタバレします。 祥太は万引きで逃げる最中に、橋の上から飛び降りて大怪我をし、警察に捕まります。 わざと、飛び降りたのです。 それがきっかけになって、血の繋がりのない、偽名で生きている柴田家の秘密が明らかになっていきます。 祥太は小さい時、真夏のパチンコ屋の駐車場にいました。 車内の温度が上がる中、親がパチンコが終わるのを待たされていたのです。 そのまま放っておいたら、幼い命は失われてであろう祥太。 そんな祥太を見つけてしまった車上荒らし中の治。 本当の親はどこかにいて、車のナンバーも記憶していたので、探そうと思えば探せるのです。 でも、最終的に祥太は、施設で暮らすことになります。 その後実の両親を探すかどうかはわかりません。 凛は、虐待する実の両親のところに返されてしまします。 そして再び虐待は始まり、ベランダから外を見つめる凛でした。 治と信代夫婦はどうなる? 治(リリー・フランキーさん)は、祥太(城桧吏くん)が橋から飛び降りた時、逃げました。 祥太は実の父親ではない治の気持ちを試したのでしょうか。 祥太は拾われた子供でした。 全てが明らかになり、信代が全ての罪を被り、祥太は施設に行くバスに乗ります。 そのバスを祥太を、治は走って追いかけます。 大切な息子を失うまいと、必死で走るのです。 信代(安藤サクラさん)は、初枝と本物の親類でした。 実は信代は夫からDVを受けていて、その夫をこの世から消してくれたのは治だったのです。 治は刑務所に入ることになり、信代は治が出所するのを初枝と一緒に待っていたのです。 凛とはDVと虐待を受けて育った者同士でしたが、最後はしっかり母として娘を愛していました。 取り調べで警察官が放った言葉を聞いた信代は、演技を超えた涙を流すのです。 スゴイですね、安藤サクラさん。 祖母・初枝と長女・亜紀はどうなる? 初枝は、年齢も年齢なので・・・亡くなります。 それは家族にとって、収入源が無くなるということでもありました。 だから・・・亡くなったことは秘密に。 庭に・・・遺棄するのです。 一見、年金のために初枝が亡くなったのを隠蔽したように見えますが、存在を明らかに出来ない治たちには、葬式を上げることも、墓を作ることも出来なかったのかもしれません。 元々家出少女だった亜紀。 亜紀は初枝に利用されていたのです。 形としてはですが。 亜紀は、初枝を捨てた元夫の孫でした。 家出してきた亜紀を面倒見る代わりに、初枝は亜紀の両親からお金をもらっていました。 信頼していた初枝に裏切られていたと知り、絶望する亜紀。 でも、亜紀は最後に、誰もいなくなった家に帰ってきます。 何を思って帰ってきたのか、帰ってきて何を思ったのか・・・。 スポンサーリンク 最後に 偽りの家族だったけど、本当の家族より家族になってたんですよね。 でも家族に本物も嘘もないと思うので、血のつながった家族では作れない形の家族だとも思いました。 家族は血縁関係より、一緒にいた時間で出来るものだし。 ちょうど1年前に、同じようにやるせない映画があったな…と思ったら「昼顔」ですね。 今年の「万引き家族」は、「昼顔」と別の次元で重いです。 そもそも学がないとか、稼げないとか、貧困から脱出できないのは本人のせいもあるんだけど、やっぱり本人たちのせいだけじゃなくて。 貧困から抜け出すための知識が必要なのか、とか日本中で話し合えればいいですよね。 特に行政や教育に携わる人が、「万引き家族」をフィクションとして終わらせずに話し合うと良いと思います。

次の

【ネタバレあり】『万引き家族』解説:登場人物の名前に隠された意味とは?

まんびきかそぐ家族構成

第71回カンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞した映画『万引き家族』。 日本映画の同賞受賞は、1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来21年ぶりの快挙です。 「万引き」という犯罪で生計を立てている一家を描いた本作には、批判も含めて多くの声が集まりました。 是枝裕和監督が本作で伝えたかった、本当のメッセージとは何なのでしょうか。 この記事では『万引き家族』をネタバレありで、感想を交えながら徹底解説&考察していきます。 家族の本当の関係や、劇中何度も出てきた「スイミー」が意味するもの、ラストシーンから読み取れる彼らのその後について考えてみませんか? この記事は映画のネタバレに触れています。 未鑑賞の方はご注意ください。 柳楽優弥の主演男優賞受賞が話題となった2004年の『誰も知らない』では、親に見放された子供たち。 2013年の『そして父になる』では、出生時の病院で子供を取り違えられ、血縁と過ごした時間との間で悩む2つの家族。 2016年の『海よりもまだ深く』では離散した家族のその後の交流。 漫画原作の『海街diary』でも、親と一緒に生活することのできなかった姉妹たちが、腹違いの妹と家族になるという、今までの是枝作品に通じるストーリーがそのまま映像化されています。 このように是枝裕和監督はこれまで様々な家族を自分の作品の中で描いてきました。 家族とはなんだろうという問いかけとも思えるこれらの作品たちの延長線上に、本作『万引き家族』は位置しています。 治と祥太を筆頭に、初枝はパチンコ店で他人のドル箱を大胆にネコババしたり、信代もクリーニング店に預けられた洋服のポケットなどに入っていた物を家に持ち帰ったりしていました。 もう1つの意味としては、「万引き 誘拐 されて集まった家族」だということ。 治は、りんを団地の外廊下から、治と信代は祥太をパチンコ店の駐車場から連れ帰りました。 広い意味では、信代、治、亜紀も初枝に拾われたと言えるでしょう。 実は仮題は『声に出して呼んで』で、脚本も「お父さん」「お母さん」と子どもに呼ばれたい、と願う主人公の気持ちを軸に描いていたのだとか。 プロデューサーら宣伝側の「内容が伝わりやすいタイトルを」との依頼により、現在の『万引き家族』に変更されました。 作中で小学校にも通えていない祥太が国語の教科書を朗読するシーンがあります。 祥太が読んでいるのはレオ・レオニ作の『スイミー』。 兄弟を失った黒い魚のスイミーが、兄弟そっくりの赤い魚たちと協力して、兄弟たちを食べたマグロを追い払って平和を手に入れる話です。 是枝裕和監督は、本作を「スイミーを読んでくれた女の子」に向けて作っていたと製作後に思うようになったと語っています。 しかし、ただ取材先で出会った少女へのトリビュートに留まらないと思えるほど、スイミーたちと祥太たち「家族」の姿は似ています。 それぞれが力のない存在である彼らが「家族」という大きな魚に扮して、社会というマグロに立ち向かおうとしていたのではないでしょうか。 亜紀だけは万引きする描写がなく、治や信代が給料を生活費に充てる中、初枝により収入を渡さなくても良いとされていました。 作中で初江は、前夫の月命日に後妻との間に生まれた息子夫婦が住む家を訪れ、供養ついでに慰謝料などの名目で金を無心しています。 亜紀はこの家の長女ですが、息子夫婦と初枝の間で彼女は海外留学中になっており、都内にいるとは知られていません。 亜紀が初枝の家にやって来たのは、才能あふれる妹・さやかに両親の愛情を奪われ、居場所を失ったと感じて家出をしたから……。 勤務先の風俗店「JK見学クラブ」での源氏名を「さやか」にしている点でも、妹へのコンプレックスが伺えますね。 本人からではないにせよ、初枝はすでに金を受け取っていると判断したのでしょう。 しかし、実際には慰謝料を貯めていたので、何らかの意図があったのかもしれません。 治たちの疑似家族は、祥太がわざと目立つように万引きをしたことが原因で瓦解しました。 事件を起こしたのは、「妹」のりんを助けるためだったのでしょうか。 それとも、犯罪を生業とする生活のおかしさに気付いてしまったからでしょうか。 何が答えなのかははっきりしていません。 なぜなら祥太は理由を語らなったからです。 祥太だけではなく、「家族」の誰もが自分の思いや世の中のことを語ろうとしません。 彼らには圧倒的に言葉が足りないのです。 もし、最初から万引きが悪いことで、悪いことをしなければ、自分たちは生きられないと伝えていたら、祥太の行動は違っていたのではないでしょうか。 また、初枝も亜紀の親から受け取ったお金を使わずに溜め込んでいたことを言っていれば、最後にわだかまりを残すことはなかったはずです。 彼らを崩壊させたのはりんを迎え入れたことでも、祥太がわざと捕まったことではなく、彼らの間に言葉が足りなかったことだと考えることもできます。 映画のラストでは、亜紀が警察で全てを話し、りん =北条じゅり の未成年者誘拐、初枝の死体遺棄など一家が犯してきた罪状は信代がひとりで引き受けました。 その後、信代は刑務所に入り、祥太は児童保護施設に入居し、治は一人暮らしを始めます。 治は信代の元へ面会に行っているようですし、今後も関係を続けていくのでしょう。 亜紀に関する描写はありませんが、実家へ戻ったか、一人暮らしの可能性も。 特に祥太は小学校で優秀な成績を残し、趣味にも精を出すなど最も新しい生活を謳歌しているようで、治たちとの日々に別れを告げるような表情さえ見せました。 一方、親元に戻ったりんは、母親からのネグレクトなど児童虐待が復活し、治と出会った時と同じ団地の外廊下で一人きりでした。 そしてラストは、台に乗って外を見ようとするりんの寂しげな表情を映し出し、『万引き家族』は幕を閉じるのです。 あえて最後で、血の繋がった家族と生活するりんの悲惨さを描いたところに、是枝監督からの問題提起があるのかもしれません。 血の否定ではなく、家族を家族たらしめるものとは?それは絆でも、他の何かでもいいのではないかという、多様性の提案にも感じました。 カンヌ映画祭の審査委員長を務めたケイト・ブランシェットは、本作を「見えない人々 Invidsible People 」の物語であると表現しました。 そんな本作を形作ったのは、見えない人々とは対照的な豪華俳優陣。 リリー・フランキーや樹木希林、安藤サクラや松岡茉優を始めとする、主演級の華やかな顔ぶれが揃っています。 しかし、彼らは演技合戦という表現が似合わないほど、自然な表情と言葉遣いで静かに社会の片隅で生きる人々を演じました。 池松壮亮や片山萌美、山田裕貴もわずかな出演時間ながら、主役の家族たちとはまた異なる「見えない人々」としての役目を果たしています。 彼らの名演技によって、映画『万引き家族』は多くの人の心に刺さる作品になったと言っても過言ではありません。

次の

【ネタバレ感想】『万引き家族』を徹底解説&考察!ラストシーンが意味する本当の家族の形とは

まんびきかそぐ家族構成

『万引き家族』上映中 C 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 『万引き家族』、最初に観た時より、いま何気なく再生した予告編にやられてしまいました! 号泣です。 予告編の作りのうまさもあるんでしょうが、映画ってたぶん観るタイミングがあるんだと思います。 機が熟すというか、自分と映画の出会うべきポイントがあるというか。 いや、歳を重ねることで、映画のどこに反応するかは変わり、それが面白さのひとつなので、本当はいつ観たっていいんですけどね。 東京の下町の小さな家で、肩寄せあって暮らす大家族。 名前は紹介されるが、映画の中に姓は出てこない。 それもそのはず、彼らは戸籍上の、本当の家族ではないからだ。 子どもから大人まで、何らかの理由で行き場をなくした人々が辿りついた場所。 父の治(リリー・フランキー)は土木現場、母の信代(安藤サクラ)はクリーニング工場で働いている。 にも関わらず、その収入は祖母の初枝(樹木希林)、長女の亜紀(松岡茉優)、次女のりん(佐々木みゆ)、長男の祥太(城桧吏)ら家族を養えるものではない。 何のぜいたくをしているわけでもないのにだ。 だから初枝の年金も当てにするし、ちょっといかがわしいところでのアルバイトも、万引きもする。 設定は、東京の下町。 原案・脚本の是枝監督は、台東区、荒川区あたりをイメージしているのだろう。 実際にロケが行われたのも、このあたりが多い。 まず、初枝が亜紀と一緒に年金を下ろしに行くシーン。 このシーンが撮影されたのは (台東区松が谷3-18-13)。

次の