大 地震 の 可能 性。 韓国での地震にドイツが警告!?朝鮮半島で大地震が起きる可能性…日本も他人事ではない!【世界情勢】

千葉県で震度5弱の地震は東日本大震災の余震。「9年も経って…」と驚きの声

大 地震 の 可能 性

南海トラフ地震の予測可能性の現状と「南海トラフ地震に関連する情報」の運用開始に至る経緯 政府は、南海トラフ地震が発生した際に想定される被害を少しでも軽減する観点から、平成28年6月に、中央防災会議防災対策実行会議の下に「南海トラフ沿いの地震観測・評価に基づく防災対応検討ワーキンググループ」(以下、「ワーキンググループ」という)を設置し、地震発生予測の現状を踏まえた防災対応の検討を開始しました。 ワーキンググループでは、まず、最新の科学的知見に基づく地震発生予測の現状を整理するため、「南海トラフ沿いの大規模地震の予測可能性に関する調査部会」(以下、「調査部会」という)がワーキンググループの下に設置されました。 調査部会が平成29年8月に公表した報告では、地震発生予測の現状について以下のとおり指摘されました。 地震の規模や発生時期の予測は不確実性を伴う。 現時点において、地震の発生時期や場所・規模を確度高く予測する科学的に確立した手法はない。 南海トラフ地震の想定震源域であるプレート境界の固着状態の変化を示唆する現象を検知すれば、定性的には地震発生の可能性が高まっていることは言える。 この調査部会の報告を受けて、平成29年9月に公表されたワーキンググループの報告では、南海トラフ地震の予測可能性の現状を踏まえた防災対応のあり方について以下のとおり指摘されました。 地震発生予測に関する現在の科学的知見を防災対応に活かしていくという視点は引き続き重要である。 南海トラフ沿いで異常な現象が発生した際に速やかに防災対応を実施するためには、南海トラフ沿いの観測データの分析・評価結果について適時的確な情報の発表が重要である。 そのためは、気象庁に、迅速に対応できる学識経験者による評価体制の整備が必要である。 地震発生予測の現状を踏まえた新たな防災対応の検討を計画的に着実に実施する必要がある。 また、この防災対応が決まるまでの間にも、南海トラフ沿いで異常な現象が観測される可能性があるため、当面の暫定的な防災体制を、国・地方公共団体はあらかじめ定める必要がある。 以上を踏まえ、気象庁では、新たな防災対応が定められるまでの当面の対応として、平成29年11月1日から以下の対応を実施しています。 「南海トラフ地震に関連する情報」の発表・・・南海トラフ全域を対象として、異常な現象を観測した場合や地震発生の可能性が相対的に高まっていると評価した場合等に「南海トラフ地震に関連する情報」の発表を行う。 なお、これに伴い、東海地震のみに着目した従来の「東海地震に関連する情報」の発表は行わない。 「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」の開催・・・南海トラフ全域を対象として地震発生の可能性を評価するにあたって、有識者から助言いただくために、「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」を開催する。 その後、平成30年12月に中央防災会議の有識者会議において「南海トラフ沿いの異常な現象への防災対応のあり方について」がとりまとめられ、平成31年3月には、内閣府が「南海トラフ地震の多様な発生形態に備えた防災対応検討ガイドライン(第1版)」を公表し、防災対応をとるべき3つのケースごとの具体的な防災対応が整理されました。 気象庁では、これら防災対応が国が示す基本計画(南海トラフ地震防災対策推進基本計画)に位置づけられた令和元年5月より、南海トラフ地震に関連する情報を「南海トラフ地震臨時情報」と「南海トラフ地震関連解説情報」として発表しています。 この対応を実施するため、気象庁では、国土地理院、海上保安庁、国立研究開発法人防災科学技術研究所、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立大学法人東京大学、国立大学法人名古屋大学、及び静岡県などの関係機関の協力を得て、南海トラフ全域の地震活動や東海地域とその周辺の地殻変動の観測データを24時間体制で監視しています。

次の

韓国での地震にドイツが警告!?朝鮮半島で大地震が起きる可能性…日本も他人事ではない!【世界情勢】

大 地震 の 可能 性

スポンサードリンク 千葉県で2017年に大地震が起こる可能性大!と予測した高橋教授 「1から2ヶ月以内」高橋教授の地震予測 2016年12月28日に発生した茨城沖地震。 3、 最大震度6弱という規模の地震は年末のニュースとして大きく取り上げられました。 実はこの 茨城沖地震の予測を的中させて一躍話題になったのが、立命館大学・歴史都市防災研究所の 高橋学教授です。 高橋教授は2016年12月初頭、『週刊女性』で次のように発言していました。 次に地震活動が活発化しそうなのは福島県沖の南です。 茨城、千葉両県の沖合で M6〜7クラスの大地震が数か月以内に発生する確率が高い。 (週刊女性PRIMEから引用) この予測は恐ろしいばかりの精度で的中し、12月28日に茨城沖地震が発生したわけですが、それだけでは終わりません。 高橋教授は <次に危ないエリア>として次のように述べています。 次は 1〜2か月以内に 千葉県沖 かその内陸部で、M6〜7クラスの地震が発生するとみています。 千葉県沖というのは犬吠埼など 県北の沖合です。 内陸というのは 千葉県内だけでなく、東京や東京湾を含めた 首都圏直下です。 実は、昨年後半から 千葉、茨城、東京、埼玉、群馬、栃木では 小さな地震が頻発しています。 防災の備えを再確認してください。 (週刊女性PRIMEから引用) 「 千葉」という言葉が何度も登場しているように、今回の 地震の中心は千葉にあるようです。 2016年も千葉県や茨城県で地震が頻発していたことから、「2016年がXデーか!?」とする向きもありました。 <関連記事> 高橋教授が「1~2ヶ月以内に千葉県沖かその内陸部で、M6~7クラスの地震が発生する」と発言したのは2017年1月末頃。 つまり、、、 「 2017年2月から3月の間に 千葉県で大地震が発生する可能性がある」 ということでしょう。 茨城県沖地震を的中させた高橋教授。 信憑性は高そうです。 「数十センチの津波でも危険」高橋教授の警告 さらに高橋教授は地震によって津波が発生した場合の 危険度について次のように警告しています。 「もし地下街にいたとしたら、すぐ地上にあがってください。 地下街に出入りする階段はだいたい30度の角度で設計されており、10センチの津波がザーッと流れ込んだら、波に足をとられて高齢者や子どもはもちろんのこと、たいていの女性は手すりにつかまっても地上にあがることなどできません。 30センチの津波ならば体力自慢の男子大学生でも無理です」 (週刊女性PRIMEから引用) 都市部は地下街やデパ地下、ビルの地下なども数多くあるため、即時の退避が必要です。 スポンサードリンク 2018年の前兆現象 千葉県に大きな被害をもたらす地震の一つはやはり 首都圏直下型地震。 2016年から引き続き、2018年も 前兆?と思われる現象が多数報告されています。 <関連記事> 関東大震災、阪神淡路大震災、新潟県中越沖地震、東日本大震災、熊本地震など、甚大な被害をもたらした 近年の巨大地震では前兆現象が多数あったと言われてきました。 こうした予兆・前兆と思われる類は「迷信だ」と過信するのではなく、きちんと情報を確認して備えをしておくことが大切だと考えます。 千葉県で地震雲も多数目撃されている 地震の前兆現象として 3. 11や 熊本地震でも多数の目撃情報があった地震雲。 2017年2月に入ってからというもの、 千葉県などの首都圏エリアで 地震雲の目撃情報が多発しています。 こちらも要警戒です。 ただ、高橋教授をはじめとした地震の 専門家の予測や、3. 11の予言を的中させた松原照子氏の 新たなる予言、そして多数観測されていると思われる 前兆現象などから、「千葉県で地震が起こる可能性がある」と言えるでしょう。 <関連記事> 地震はいつ起こるかわからないのが世の常。 しかし、刻一刻と近づくXデー。 このような状況下で私たちができることは可能な限りの備えと対策をすることではないでしょうか。 <こんな記事も読まれています> スポンサードリンク -.

次の

M7級以上の地震が30年以内に高確率で発生するエリアは?

大 地震 の 可能 性

南海トラフ地震の想定震源域 地球深部探査船「ちきゅう」 FNNが独占取材を許された、全長210mの 地球深部探査船「ちきゅう」。 海底面から約7000mまで掘り進み、南海トラフ地震の発生メカニズムを解明しようと、震源域の調査を行っている。 国の検討会は11日、中央防災会議で南海トラフ地震対策の報告書案を提示した。 報告書案では大地震につながる可能性がある異常現象について、 「半割れ」・「一部割れ」・「ゆっくりすべり」の3ケースに整理した。 その中でも最も危険視されているのが「半割れ」で、震源域の東西のいずれかで、マグニチュード8クラスの地震を観測するケースだ。 「半割れ」が起きた場合、残る反対側地域でも、新たな巨大地震が誘発される可能性があると指摘されており、そのため被害が出ていない地域でも、新たな地震発生から30分以内に30cm以上の津波が予想される沿岸部の住民は、 1週間ほど避難すべきとしている。 この地域で起きた、過去2回の「半割れ」では、いずれも東側で最初の地震が発生し、1854年のケースでは32時間後。 1944年のケースでは2年後に、西側で同規模の地震が発生している。 しかし、臨時情報が出された後に、どのような対策をとるかは決まっておらず、政府は今年度中にも最終報告書をもとにガイドラインを作成。 それをもとに来年以降、自治体が防災計画の策定をはじめるという。 和歌山県串本町総務課の枠谷徳彦 防災・防犯グループ長: 平日の昼間だと、皆さんお仕事されたり、そういう状況で発表された時に、どういう対応をするかというのは、今後考えていく課題になってきます。 愛知県田原市役所防災対策課の三竹雅雄課長: (実際に)揺れていないのに皆さん、避難行動をとっていただけるかどうかっていうことがありますね。 報告書でまとまった3パターンとは 被害を最小限に食い止めるため、住民への周知徹底を含めた対策が急がれるが、南海トラフ地震の対策としてどういうものが具体的にまとまったのだろうか。 フジテレビ社会部 気象庁担当 長坂哲夫: 8ヶ月に及んで検討会が行われた結果、まとまったんですが、まず大前提として地震は突然起こるものということです。 ですから南海トラフでも全域が一気に割れちゃう可能性もあるんですが、どこかで異常な現象を捉えたとして、それがまさに全域が割れる前兆のような現象の場合、事前に準備をしようと、3つのパターンに分けた防災対応の方向性が示されました。 それから、 1週間ぐらいはかなり高いです。 それを過ぎると、徐々に可能性が低くなっていくということで、1週間と言う数字が今回出たのだと思います。 また、南海トラフ地震は津波の被害が懸念されているため、地震が起きて津波発生までに、 30分で30cm以上が予想されている地域は1都13県139市町村あり、図の中で蒼に塗りつぶされている地域だという。 (「プライムニュース イブニング」12月11日放送分より).

次の